たまの日記

最近は弾丸旅行ばかりです。

12月の京都(3):ベッセルホテルカンパーナ京都五条・シングルルーム(2021年12月)

今回宿泊したのは定宿のベッセルホテルカンパーナ京都五条である。

公式サイト|ベッセルホテルカンパーナ京都五条|最安値

9月末にも宿泊したばかりでもうブログ記事の常連でもあるのだが、今回、7回目にして初めて予約通りのスタンダードシングルルームにようやく?宿泊できたので改めてレポートしたいと思います。

これまでひたすらスタンダードツインルームにアップグレードされてきたことを考えるとちとがっかりとも言えるが、それだけお客さんで賑わっている証左ともいえる。

外観・ホテル設備

IMG_6440.JPG

IMG_6575.JPG

9月末の宿泊から変わった点として、アメニティが歯ブラシ以外全て1階から必要分をピックアップする形になっていた。

洗面台が寂しく見えるのは残念だが、もらえるアメニティが減ったわけではないので環境保護の観点では良いことなんだろうなと思います。

スタンダードシングルルーム

今回アサインされたのは3階のスタンダードシングルルームです。

IMG_6441.JPG

部屋の広さは16平方メートルとそこまで狭くはないのだが、これまで6回スタンダードツインにアップグレードされた身からするとちと狭さを感じてしまう。

IMG_6446.JPG

ベッド幅は140cmと、スタンダードツインのベッド幅120cmよりも実は広いはずなのだが、そこまで差は感じなかった。

IMG_6442.JPG

IMG_6445.JPG

机の広さもスタンダードツインよりも一回り小さいが、一応添い寝を含めて2人泊まれるので椅子が2脚あるのは好感が持てる。 キャリー置き場も小さいながらもきちんと用意されているのはさすがである。

一方、クローゼットがなく、ハンガーが壁にかける形になっているのはちょっと使い勝手が悪い。ハンガーは沢山あったけど、正直この配置でそんなに洋服はかけられないよね。

IMG_6449.JPG

バストイレは恐らくスタンダードツインと広さは変わらないかなと思うが、シャンプー類がローラアシュレイじゃなかった。これはシングルだからなのか、全体で変わったのかはちょっと不明。9月末のスタンダードツインはローラアシュレイだった。 まあ、大浴場行くので別になんだって良いのだけど。

IMG_4500.JPG
(写真は2020年12月の4階のもの。今回の3階も基本同じ)

今回、一番がっかりしたのが部屋の場所。 324号室だったのだが、立体駐車場に面していて昼でも窓の外が薄暗かった。 シングルルームは壁に面しているので窓からの景色は望めないというのは知ってたのだが、中庭に面した部屋であれば外光は部屋に入るはずなのである。部屋割りを見る限り、今回の部屋の方が若干広そうなのではあるが、昼も薄暗いのはちょっと勘弁だったかなぁ…。

ハイブリッドな朝ごはん

翌朝。お楽しみの朝食であります。

IMG_6584.JPG

IMG_6591.JPG

6時半の開始直後に行ったのだが、早くも混んでいた。 この前は6時半なんか数人しかいなくて席選び放題、ブッフェ台から離れた窓側席に客が座るなんて全然なかったのに、満席とはいかなかったもののスタッフが案内するほど混んでいた。混んでいたらいたで密だしなんだかなぁと思わなくはないけど、この夏のガラガラさを考えると、ここまで客が戻ったのは嬉しいことだ。スタッフさんなんか感無量なんではないでしょうかね。

IMG_6583.JPG

IMG_6586.JPG

IMG_6585.JPG

IMG_6587.JPG

夏の頃は皿のサイズも寂しい日があったけど、今日は全部大皿。相変わらずメニュー豊富なので目移りしますね。

IMG_6589.JPG

朝から沢山美味しいご飯を食べられて今回も満足です。

ベッセルホテルカンパーナ京都五条のまとめ

今回も快適な宿泊だったけど、部屋が薄暗かったのがちょっと残念だったかなぁ…。 あと、部屋着が部屋になくて取りに行ったのもマイナス。客が多いとやっぱサービスレベルに粗が出るのはしょうがないとはいえ、用意すべきものを忘れるというのはちょっといかんかなという気がする。

とはいえ、自分にとっての定宿の地位は揺るがず、次回もまたお世話になるように思います。