南紀白浜旅行記(2):JL1385便で南紀白浜へ

2013年06月16日

南紀白浜旅行記(2):JL1385便で南紀白浜へ

4月27日。往路は羽田16:35発のJL1385便である。

娘のピアノが終わった後、クルマで羽田空港へ向かうが、クルマで羽田空港と言えば、昨年味わった大渋滞
なので嫁から今回は事前予約の厳命を受けたのだが、予約に出遅れて空港駐車場の事前予約は最初できなかった。
なので民間駐車場にしようかと思ったのだが、ゴールデンウィークは高い上に、料金が1日単位なのでこの日程だと3日間になるとかなり割高になってしまうこと、そして一番いやだったのはキーを渡して移動させられること(自分で泊めたところで何かあった場合は諦めがつくが、他責でそうなるのは勘弁である)なので躊躇してたところ、キャンセルした人がいたのか無事空港駐車場が予約ができた。
もう少し空港駐車場の予約枠増やしてくれないかな…。

もっとも、結果的には駐車場は混雑はしていたものの前回みたいな入場待ちはなく、恐らく予約なしでも泊められたと思うのだが、たった500円の安心材料は大きかった。
今後も午後便とかの場合は使うことにしよう。

さて昨年11月以来の羽田空港第1ターミナルはさすがに結構混んでいた。

130427_001.JPG

JALなのでラウンジには入れないので、スタバやキハチでスイーツを食べた後、搭乗口へ。
地方路線なんで21番と端っこである。遠い…。

130427_002.JPG

130427_003.JPG

優先搭乗で入り、真っ先に乗りこむ娘(先行きすぎて写真に写ってない…)
一方息子は「ヒコーキ怖い…」って。弱虫だな。。。

130427_004.JPG

130427_005.JPG

JL1385便の機材はエンブラエルE170・JA219J号機。
エンブラエルはJALとしては初搭乗だが、機材としては6年前にフロリダで乗って以来。
もう6年前か…ま、あの時は娘は産まれたばっかだしなぁ。

2-2アブレストなので、嫁には申し訳ないが自分だけ通路を挟んで反対側である。
しかし、羽田発の便でこのサイズってのはなぁ。嫁も「こんな小さいの?」と驚いていた。
ただシートピッチは狭くはないので、小さい以外はそこそこ快適である。

搭乗率は満席ではなく、7割くらいといったところ。

定刻通り出発し、一路南紀白浜へ。

130427_006.JPG

右手には富士山が見えたが、全般的には海上なのであまり面白い景色はないはずである、見てないけど。

南紀白浜は近いようで、実は大阪よりも遠く、1時間ちょっとかかる。
特にビビリーな息子の世話をしないといけない嫁は大変だったようであるが、大きな迷惑をかけることはなく無事南紀白浜空港へ到着。

130427_007.JPG

130427_008.JPG

驚いたのは、ボーディングブリッジが1つしかなかったこと。
まあそれで十分なんだろうけど、ちっちゃいねぇ。経営は大丈夫なのかしら。

130427_009.JPG

そもともE170自体76人しか乗れないので、あっという間に空港は閑散としてしまった。
公共交通機関が少ないエリアなので、タクシーで目的地へ向かう。
何台か客待ちしていたが、もう最後の方だったので後ろのタクシーは人拾えたんだろうか。。。

ラベル:JAL
posted by たま at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南紀白浜旅行 2013.04.27-29 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック