たまの日記

最近は弾丸旅行ばかりです。

大阪日帰り出張

しばらく大阪に行く用はないかと思っていたのだが、またまた仕事で大阪に行く用ができた。 先月の搭乗結果から羽田のサクララウンジがキャンペーンで8月末まで使えるのでJALで行くのも考えたのだが、どうせ数日後に使う(苦笑)し、現在の手持ち予約で目標の50000FOPは余裕で達成できる見込みなので、今回は用事に合わせた便で行くことにして、羽田10時発のNH19便を予約した。 最近JALばかり乗ってたので、たまにはANA便に乗るのもいいだろう。 朝ちょっと仕事をする必要があったので、保育園に子供を送った後まっすぐ高速バスで羽田空港へ。 湾岸線は混んでいたが、ほぼ定刻の9時過ぎに羽田空港に到着。 160727_001.JPG 羽田の2タミは本来ホームな場所なはずなのだが、最近全く使ってなかったので何となくアウェイ感がしてしまう(苦笑) 160727_002.JPG ANAラウンジへ行き、朝やる必要のあった仕事を片付ける。 いつでもラウンジを使えるというのは便利で、早くJALでも使えるようなステイタスになりたいものだ。 しかしラウンジを見てもANAJALの雰囲気はこんなに違うのかと思う。 ANAは良い意味でも悪い意味でもカジュアルで、若い人にはいいだろうがミドル以上は居づらい気がするな。 160727_003.JPG 羽田10:00発の伊丹行NH19便の機材はB777-200・JA703A号機。 JALは羽田-伊丹線は半分以上がB767にダウンサイジングしてしまったが、ANAはまだB777がメインだ。 ただJALの搭乗の様子と比べると、ANAは機材が大きすぎて時間がかかり過ぎている。 今日も案の定、定時出発できず、プッシュバックが始まったのは10:08と8分も遅れた。 羽田-伊丹線はあえて需要を切り捨てて従順な上級会員に絞ったJALの戦略もあるのではと思うな。 160727_004.JPG 160727_005.JPG NH19便は結構混んでいて、なんとか前方通路側は取れたものの、窓側は取れなかった。 JALのSKYNEXTと比較すると、ANAは新シートでもやっぱり狭い。 そして致命的なのはWiFiがないこと。小一時間とはいえ、外界からの通信手段がないのはJALに慣れてしまうと痛すぎるなぁ…。 そして、混んでるが故にドリンクサービスもコップを集めないとか、何となく雑なように見えるし…。 ちょっと贔屓目ではあるものの、どうも久々のANA便はサービスが雑なところが見え見えで、よくまあこれでこんなに客を集められるものだと思う。ブランド力って大事だよね。 地道にサービス向上に取り組んでいるJALがもっと注目されますように。 160727_006.JPG 結局NH19便が伊丹空港に着いたのは定刻よりも10分遅れの11:15であった。 160727_007.JPG 今日は昼前に電話会議があったので、空港内のどこかで仕事ができる場所はないか…と探していたら、ラウンジオーサカの隣にビジネスコーナーがあった。 わずか2席の小さなビジネスコーナーで、伊丹空港のホームページにも載ってなかった穴場であったが、ラウンジの付属施設でもないのでだれでも利用できるとのことであり、ほかに使う人もおらず集中して仕事をすることができた。有名になってほかの人に使われると困るのだが(笑)ご紹介しておきます。 復路は、何時に終わるかわからなかったので新幹線にした。 大阪だと行きはヒコーキを使いやすいのだが、帰りはなかなか変更不可な運賃で移動するのは勇気がいるところだ。 160727_008.JPG 160727_009.JPG お土産を買い、新大阪19:20発ののぞみ52号で東京に戻る。 160727_010.JPG 夏休み期間ではあるが、平日だったこともあり列車はほどよい乗車率で無事窓側も取れた。 今日も一人帰りなので気楽である。 160727_011.JPG なんか数日前に見た(↓)ものとよく似た案内が…。 160723_032.JPG 160727_012.JPG 定刻21:53に東京駅に到着し、慌ただしい大阪出張もおしまい。 ちょっと会社に寄ってから家に戻りました。