台北旅行記4:EL2103便で台北へ(2)

2007年08月23日

台北旅行記4:EL2103便で台北へ(2)

台北へ行く便は那覇へ行くのと同じように太平洋上を通るのかと思いきや、実際は本州を横断するように通っていく。
そんなわけで今回も窓側にしてみた。
前回は雪で全然見えなかったが、今回は全般的にガスっていたけど日本列島を見渡すことができた。

070821_014.JPG

千葉市上空。もう少し北寄りを通るのかと思っていたのだが、東京湾を突っ切っていた。自宅の真上を通るのかと思っていたので残念。

070821_015.JPG

横浜港上空。ベイブリッジがよく見えた。

070821_016.JPG

富士山。何度見ても見事である。
夏真っ盛りで赤富士であった。

070821_017.JPG

大阪湾上空。左上には神戸空港も見える。
このあたりからいつになったら機内食出るんだろうと思い出しましたが。

070821_018.JPG

吉野川に沿って、西へ。

070821_019.JPG

遠くに佐多岬を望みながら、九州へ。

070821_020.JPG

宮崎県日向市付近。このあたりは意外に海岸線が複雑なんですね。

070821_021.JPG

飛行経路はこんな感じです。

あなたの旅の思い出をブログに書こう!

ラベル:ANA 台湾
posted by たま at 02:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 台湾旅行 2007.08.21-23 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、お見事!私も空撮いっぱいしますが、画面を写すとこまで同じ(^^)。

このコースは香港と全く同じですね。私はCXで年に1度くらい香港へ飛ぶのですが、いつも右の窓際です。いつも千葉、東京、富士山、大阪、佐多岬、鹿児島、台湾西海岸縦断(桃園上空は必ず)、そして香港ってコースです。一度「左側に座れば沖縄見えるかな」と試したことあるのですが、ま、たまたまかも知れませんが、遠くに石垣か宮古がわずかに見えただけであとはずーっと海。しかも台湾上空は雲のみ。がっくしでした。アジア路線はいつも結局右窓(帰りはつまり左)が鉄則、かな。人それぞれか。
Posted by すねん at 2007年08月25日 02:30
行きは御意ですが、帰りは夕日がまぶしいので、微妙ですね。というか、途中で日が暮れるのと、帰りは海よりのルートが多いみたいなので、通路側のほうがいいかもしれませんね。
Posted by たま at 2007年08月25日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック