たまの日記

最近は弾丸旅行ばかりです。

台湾日帰り旅行記1:発端

本ブログでも何度か書きました夢の台北日帰り旅行、ついに決行しました。 もともとチャイナエアラインが日帰り可能な日程で羽田~台北松山便を開設し、日帰り台湾というウェブサイトもでき、日帰りツアーや割引運賃もいくつか出ていたので、適当な時期に行こうかなと思っていたのだが、ツアーや割引運賃はあくまで就航記念だったらしく、3月末でほぼ姿を消してしまった。 そこへ来てこの震災。訪台者よりも訪日者の方が多い日台線において、台湾旅行者の激減は死活問題であり、事実チャイナエアラインはかなりの減便、機材のダウンサイジング(なんと成田午前便にB737が!)が行われていた。 そうなってくるといつ日帰り台湾ができなくなるかもしれない。 また個人的な理由で夏以降はそうやすやすと海外に行けなさそうになりそうなので、思い立ったが吉日ということで行くことにした。 しかしまず問題なのはチケット。 割引運賃がないとなると正規運賃か特典航空券となるわけであるが、さすがに10万円以上の正規運賃を払う気にはなれない。 実は3月下旬に台湾人の一時帰国用にノーマルに近い特別航空券を往復33,000円で販売していたので、それで日帰りしてしまうか(笑)…と一瞬考えたがさすがに停電だなんだで日常生活もままならない頃だったので断念。 そうなると特典航空券であるが、チャイナエアラインなど乗ったこともなくマイルなどない。 提携会社のデルタ航空はノースウエスト時代から続くニッポン500マイルでちまちま貯めてはいたものの、奄美大島日帰りで使ってしまったこともあり、6,500マイルしかなかった。 しかしデルタ航空にはバイマイルという素晴らしい制度があり、不足マイルを購入することができるのである。 さらに好都合なことに、3月末まで50%増しキャンペーンをやっていたので、これを活用することにした。 次はチケットの手配。 が、デルタ航空は提携会社の予約はWebでできず、電話をしなければならないのだが、電話の場合自動的に予約手数料2,000円がかかってしまう。 ノースウエストの頃は奄美大島JAL往復とかWebで取れたのに、改悪だよなあ…。 そんなわけでいつ空席があるのかもわからず。そもそもブラックアウトがいつなのかもわからず。 なので何度か電話してみたが、まずわかったのは6月~8月はブラックアウトだった。 だとすると5月中に決行しないといけないわけで、そうすると都合がいいのはGW(中の平日)。 今年は2日か6日が都合がよさそうである。 で、6日で電話してみたら席が空いていたので予約。 予約変更は150ドルかかるのでリスクはあるが、無事手配は完了した。 あと気になるのはせっかくA330に統一された羽田線A330からB737へダウンサイジングされないかということ。 シートTVもなく狭苦しいナローボディなB737で海外なんて絶対行きたくないわ。 ただ、日系ならまだしも、機材変更を理由にキャンセルなり変更するのを説明するのは面倒そうだなあ…と思ってひやひやしていたのだが、さすがにGW中だけあり機材変更もなく一安心。 しかしこう手配が面倒だと、なかなか日帰り海外旅行なんて普及しませんなあ。 せめて割引料金くらい出してくれませんかねぇ。 ということで出発であります。