たまの日記

最近は弾丸旅行ばかりです。

熊本日帰り出張往路:ソラシドエア初体験

年末も押し迫った中、3度熊本に出張することになった。 同じ場所に何度も出かけるというのは珍しいが、年度内にあと2,3回は出かける予定である。 今回は日帰りで、朝10時過ぎから仕事があるので、羽田7:10発のNH3711便を選択。 この便はソラシドエアコードシェア便である。 個人的にナローボディ機が嫌いでできるだけソラシドエアは選ばないようにしていたのだが、ソラシドエアのサービス自体は評判良いようだし、たまには変化があっていいだろう。 前日は忘年会の後出張の準備をして終電帰宅だったので、寝不足のまま5時に起きて高速バスで羽田空港へ。 161227_001.JPG 既に年末年始期間になっていて、出張者よりも帰省客のほうが多く混雑していた。 時間があればエアポートラウンジでも行ってパンで朝食としたかったのだが、高速バスが10分遅れて、空港に着いたのは6:40を回っていたので、それでも執念でANAラウンジでジュースを1杯頂き(苦笑)搭乗口へ。 161227_002.JPG ただ、今日のNH3711便、というか6J11便は沖止めで、超久々にバスラウンジからの搭乗である。 ここに来たのいつぶりだろう…。さすがANAの下僕エアラインだけあるな。 ソラシドエアであってもSFCの優先搭乗はできるのだが、バスに優先して乗れるだけなのでさして嬉しくない。 161227_003.JPG と文句を言いながら、バスに乗って駐機場を走るのは面白いもので、写真をパチパチ撮るうちに駐機場所に到着。今日の機材はB737-800・JA810X号機。 ナローボディ機が嫌いなのでB737-800に乗るのはJALANA含めても今回が初めてだったりする。 161227_004.JPG 161227_005.JPG 今回、予約が遅かったので前日の指定枠拡大のときでも窓側も通路側も取れずしょんぼりだったのだが、朝高速バスに乗っているときにバルク席が開放になったので、一番前の窓側という極上の席を確保できた。 もともとソラシドエアはシートピッチが81cmと広いらしいが、バルク席なので広さは申し分ない。 シートモケットも厚みがあって、ゆったりくつろぐことができそう。 ほぼ満席かつ沖止めということもあり、定刻よりも10分以上遅れ7:23にプッシュバック。 A滑走路からテイクオフ! 161227_006.JPG 161227_007.JPG 161227_008.JPG 普段左側席に座ることが多いので、右側席からの景色は結構新鮮。 横浜上空から厚木方面までの景色を堪能する。 161227_009.JPG ただ今日は日本列島は天気が悪く、丹沢を見ることなく雲の中へ。 結局熊本着陸寸前までずっと雲の上でした。 まあ、今日は眠いので、景色が見えて寝られないよりは良かったりする(苦笑) 161227_010.JPG ドリンクサービスが回ってきたので、ソラシドエアオリジナルのアゴユズスープを選択。 不思議な、でもちょっと懐かしい味で美味しくいただいた。 ソラシドエアのサービスはなかなかきめ細かくて前評判通り良い感じである。 そして特筆すべきはCAさんの若々しさ(爆)JALはもちろん、JALよりは若いと定評のあるANAよりもはるかに若々しく、そして気取った感じが全くしないので気分が良い。最近JALばっかり乗ってたので一層それを感じる(苦笑) CAさん基準で便を選ぶならソラシドエア一択だね(笑) 161227_011.JPG 161227_012.JPG 寝不足を補うべくうとうとと過ごすうちに、定刻よりも9分遅れた9:19に小雨が降り続く熊本空港へ到着。 あまり気乗りのしなかったソラシドエアであったが、ANA便よりも機内の感じが良く、ANA便を選ぶくらいだったらコードシェア便を選ぶ方が良いなと感じたものの、如何せんナローボディ機の狭さは自分としては致命的だなぁ。今回最前列だったから良かったけど、後部座席だったらまた違った印象を持ったんじゃないかな。 まあ最近はJALANAも地方路線はナローボディ機ばかりだけど、一昔前の国内線でもB747だらけだった時代で育った自分には機内が狭いのは耐えられないのですわ…。 さて到着が遅れたので、急いで出張先に向かうことにしますか。 (つづく)