台北旅行記14:EL2103/EL2110便Club ANA Asia搭乗記

2007年09月01日

台北旅行記14:EL2103/EL2110便Club ANA Asia搭乗記

今回の旅行は自分はエコ割14だったのだが、親は特典航空券2割引キャンペーンを使ってビジネスクラスに乗ってもらった。

自分は飛行機に初めて乗ったのが、今を去ること16年前に欧州へ行ったときなのだが、そのときのエコノミーのあまりの窮屈さに「次はビジネスで行きたいね!」という話をした記憶がある。

その時の経験を相当根に持っていたのか(笑)飛行機に頻繁に乗るようになり、すでに10回以上ビジネスクラスに乗ったことがある(とはいえほとんど、というか1回も正規の金は払ってませんが…)わけだが、よく考えたら親を乗せてないなあと思いまして、あとは自分のSFCカードだと3人ラウンジに入れないという事情もあって、1度くらいビジネスクラスに乗ってもらおうと思い今回取ってみた。ま、マイルなんでほとんど金はかかってませんけどね。
さすがに欧州往復17万マイルまでは手が出ないので、国内線に毛が生えた距離の台湾なのがちと恐縮ではあるが…。

そんなわけで、おんぼろB767なんて来てもらうとせっかくの意味が丸潰れなので、安全パイの上海とかも候補だったのだが(行先を機材で決めるのもどうかと思うけど)結果的には今夏台北線にClub ANA Asia機材が入ったのは助かった。

さて、blogに載せるから写真撮ってきてね!とお願いした結果、いくつか写真をもらったのでここに載せておきます。

821kinai1.jpg

Club ANA AsiaのシートはB767としては破格の2-1-2シートで、さすがにエコノミーと比べると大きくて豪華だなあと改めて思う。

821kinai3.jpg

とはいえ登場後すでに5年が過ぎ、コアな空ヲタにはリクライニング角度が小さいとか段々酷評されてきているようであるが、やっぱり腐ってもビジネス。機内もいい感じ(のようである)。
何より親も喜んでもらえたようなので何よりである。

あとやはり注目なのは機内食。

往路:EL2103便の機内食は…

(和食)
821wa.jpg

■前菜と小鉢
鱧切り落としと地蛸のさしみ
アスパラガスとズッキーニの金平風
冬瓜の牛そぼろ餡掛け
■主菜
すずき唐揚げ 甘酢餡掛け
■丸十俵御飯
■味噌汁と香の物
■緑茶
■小菓子


(洋食)
821yo.jpg

■前菜
海老のマリネ レモン添え
こはだのポーピエット 浅葱風味
■メインディッシュ
仔牛のソテー ローズマリー風味 グレービーソース
■ガーデンサラダ
■ブレッドロール
■デザート
■コーヒー または 紅茶


復路:EL2110便の機内食は…

(和食)
823wa.jpg

■口取り
鮭昆布巻き   烏賊うに焼き   きびなご南蛮漬け
■お凌ぎ
四季の麺
■主菜
鱈の甘酢餡掛け御飯
■味噌汁と香の物
■季節の果物
■緑茶
■和菓子


(洋食)
823yo.jpg

■前菜
海老のマリネ 胡麻風味
サーモンのタンドーリ風 ライム添え
■メインディッシュ
牛フィレ肉のグリル ハーブバター風味 ポートワインのソース
■ガーデンサラダ
■ブレッドロール
■季節の果物
■コーヒー または 紅茶


相変わらずのワントレーでボンッだしメニューは代わり映えがしないし…とかいう気もするが、それは贅沢であって、久々にエコ飯を食べた自分からするとかなり美味しそうで羨ましい。

ケチケチせずに自分も32000マイル払ってビジネスにすりゃ良かったかな…。

ま、次は嫁と娘を連れてビジネスとしましょうかね!


ラベル:ANA 台湾
posted by たま at 03:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 台湾旅行 2007.08.21-23 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ?確か全日空のビジネスはワントレーをやめたとかってHPに書いてあったような?でも台北はさすがに短すぎるのかな。Club ANA AsiaのB767の場合、後ろから2列目が窓なしなんですよね。

というわけでシンガポールより帰って参りました。私、全日空のファンになってしまいました。台風ど真ん中の朝に出発したのですが、出発を1時間半遅らせて、SINまで全く揺れませんでした!7時間、「カタカタ」という小揺れすらありませんでした。朝京成の駅まで行く方がよっぽど苦労しました。(ちなみに京成は定時で走っていた!)

帰りはほんのちょっと揺れたのですが、機長が大変冷静で、「数分後から15分程度の揺れが予想されます。何か御用のある方(トイレとか)は今のうちにどうぞ。尚、揺れても飛行には全く影響ありませんのでご安心を。揺れ始めましたら15分程度で治まる予定です」と、なんて的確!しかも成田到着15分前に再び揺れたのですが、治まってもどうせすぐ到着なんだからそのままシートベルトをさせておけば良いのに、揺れが治まったら「着陸体制に入るまで5分ありますから、今のうちにまた御用のある方は・・・」とたった5分なのにシートベルト着用サインを消しました。乗客の立場に立った、冷静な判断で感動しました。機内食も「ゆかりごはん」で、私は好きでしたが・・・。
Posted by すねん坊 at 2007年09月11日 01:28
たしかANAのアジア線はBKK,SGN,SIN線のみ前菜を別にしたはずですが、ただワントレーなのは変わりなかったと思います。
SIN線で揺れなかったのは珍しいですね。いつも(といっても2回しかないですが)フィリピンあたりでかなり豪快に揺れていたのですが、台風だからルートをずらしたのでしょうかね。

Posted by たま at 2007年09月17日 00:04
今日SKのユーロボーナスにマイレージがついてました。「エコ割14」だったのですが、しっかり100%ついて、往復6,800マイルついてました。これが全日空のFFPなら70%の4,634マイルしかつかないってのが不思議。自社便のFFPに一番低いポイントつけてるのって日本の航空会社だけ?

変な仕組みですね。特典交換ポイントがスタアラで共通だし、買い物でポイント稼ぐならクリスフライヤーJCBの方が同じ全日空に乗ってもよっぽど早くマイルが貯まるような。

あ、でもたまさんのような上級会員だったらアップグレードとかのチャンスがいっぱいあるからいいですよね。その点、僕のように「ちょいちょい登録、ちょいちょい交換」を繰り返している人には全日空のFFPは不向きかな。
Posted by すねん坊 at 2007年09月20日 01:29
ユーロボーナスにせよクリスフライヤーにせよ特典交換のポイントはAMCと同じではないはずで、最低交換マイル数は高いはずですので、どっちもどっちですね。
とりあえず自分は実搭乗マイル以外のチャンスの多さ、それと半永久上級会員制度がある以上現在のスキームからは逃れられそうにないですね。
Posted by たま at 2007年09月22日 12:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック