たまの日記

最近は弾丸旅行ばかりです。

アジア周遊弾丸旅行記4:SQ970便でバンコクへ

これから乗るバンコク行SQ970便は第2ターミナルからの出発であるが、最新の第3ターミナルを見ておこうとまずは第3ターミナルへ行く。 評判の良いチャンギ空港の更に最新の第3ターミナルということで期待は大きいが、さて。 090811_018.JPG 広大という言葉がぴったりな出発ロビー。 いやはや、広すぎです…。 090811_019.JPG セキュリティを抜けると沢山の店が開いていて賑わっていたのはさすがシンガポールである。 さて、空港の楽しみといえばラウンジです。 090811_020.JPG 向かった先は2階にあるクリスフライヤーゴールドラウンジ090811_021.JPG 090811_022.JPG ここはエコノミー利用のスタアラゴールド向けラウンジである。 シンガポール航空自慢のシルバークリスラウンジはビジネス以上でないと入れず、要するに安航空券のゴールド会員の隔離場所なわけであまり気分はよろしくない。 そんなわけで、むちゃくちゃ豪華!というわけではないが、さすがはシンガポールのラウンジだけあって、そこそこ高級感も漂っていた。 ただ予想よりは狭かったかな。ここで夜明かしはちと厳しかったかも。 そこそこ人がいて混んでいた。 090811_023.JPG 090811_024.JPG 食事はあまり種類は多くなかったがスクランブルエッグやヌードルのホットミールがあり、朝食を取るには十分。美味しく頂いた。 さて、ラウンジを満喫したのでスカイトレインで第2ターミナルへ向かう。 090811_025.JPG が、とにかく広すぎ…。 歩き回るだけで疲れるんですが…。 こうもっとコンパクトにできないのかなあ。 090811_026.JPG 090811_027.JPG SQの長距離線が第3ターミナルへ移ったので主役の座を降りた感のある第2ターミナルであるが、木々が優しく出迎えてくれたりこちらの方が年月を経た温かみがあるように感じた。 時間はあまりなかったのだが、せっかくなので… 090811_028.JPG SATSプレミアラウンジへ。 第2ターミナルもシルバークリスラウンジに入れないのは同じである。 090811_029.JPG 090811_030.JPG 天井が低いのでクリスフライヤーゴールドラウンジよりは圧迫感があるが、椅子の配置とかはこちらのほうがゆったりしているように感じた。 090811_031.JPG 食事はこちらのほうが品数が多かった。 あと利用していないがSATSプレミアラウンジにはシャワーがあるし、全体的に見るとこちらのほうが良さそう。 クリスフライヤーラウンジは今は新しいからいいけれど、あまり魅力はないかなあと。 さて、搭乗の時間である。 チャンギ空港は搭乗口前で荷物検査があるので早めにいかないといけない。 090811_032.JPG が、搭乗口はF60。一番端である。 ラウンジのあるところから10分以上かかるので急がなきゃ…。 個人的には空港を歩いて利用するには限度というものがあり、チャンギ空港とか香港空港はその限度をもはや超えていて不便になっているのではないかと思うのだがどうですかね。 成田とかみたいに完全に別ターミナルで作りこんだほうがまだ使いやすいのではないかと思うんですが。 090811_033.JPG 何とか時間前にゲートに着いた。 8:45発バンコク行SQ970便の機材はB777-200ER・9V-SRI号機。 ごく普通のB777であった。 090811_034.JPG 090811_035.JPG 搭乗率は7割程度。残念ながら隣には人がいた。 バンコクまでは2時間半くらいなので窓側で景色を見ようと思ったら翼の上…orz うーん、昨日のSQ11便といい、SQは他社予約者のシートアサインに冷たいなあ…。 090811_036.JPG 短距離線ではあったが、ハーフトレイではあるもののちゃんとした機内食が出る。 チキンヌードルかオムレツの選択だったのでチキンヌードルにした。 昨日からチキンばかりであるが、大振りの肉が結構美味しかった。 090811_037.JPG さすがに眠かったのでうとうとするうち、定刻10:10より若干早くバンコクスワンナプーム空港へ到着。 090811_038.JPG 090811_039.JPG こちらも最近できたバンコク自慢の空港ではあるが、コンクリート打ちっぱなしの外観は作業中って雰囲気でイマイチに感じた。 ところどころタイっぽい像があったりするがそれも唐突すぎる感がありありだし。 午前到着なので、午後によく発生するらしい入国審査行列もまったくなく、10分ちょっとで外に出られた。 090811_040.JPG いよいよ初バンコクです。