2008年11月23日

香港旅行記1:ヒルトン成田に再び前泊

明日から4日間は香港旅行である。

しかし今回は相変わらず仕事が忙しくてあわや休めなくなりかけるといういつもの(?)事以上に、全然仕度ができなかった。
前日が給料日なので、水曜も含めて2日間ノー残業デーだし何とかなるかなと思ったのだが、木曜に会社から帰ってきた段階(しかも20時)で全くスーツケースに物を入れてない状態。
今回は前泊なのにこれは非常にまずい!
てことで大慌てで荷物を入れて22時に何とか出発。
でも前回のグアム旅行に比べてなんか荷物が軽い…今回のほうが1日多いのに。水着?

さて今回はなんで前泊かというと、この前我が家に中古車がやってきたので、クルマで成田空港へ行くことにしたからである。
それだけなら明日の早朝発でもいいのだが、ホテルの無料駐車場に泊めれば駐車代金相当にちょっとプラスすれば1泊できるので、なら前泊にしようかなという次第である。
でもこの調子じゃホテルには8時間くらいしか入れないので、どっちが楽だったかはちと微妙かも。

結局親は夕食も食べれなかったので、途中のPASAR幕張で小休止。

081120_001.JPG

081120_002.JPG

でも煌々と明かりがついているのにコンビニしか開いてなかった…てことでサンドイッチとオニギリで悲しく食事を取る。

江戸川区からの出発なので、あっという間にホテル着。
今回のホテルは…

081120_003.JPG

前回のグアム同様ヒルトン成田にしました。
HHonorsの配偶者無料特典を使うとシングル予約で2名泊まれるので、わずか8000円で宿泊でき、しかも駐車場が7日間無料なので極めてコストパフォーマンスが高い。
これでゴールド会員だと部屋のアップグレードに朝食までついて至れり尽くせりなのだが、まあ8時間しかいないのでそこまではいらないかな。

081120_004.JPG

2ヶ月しか経ってないので、差分はクリスマスツリーくらい。

081120_005.JPG

部屋は前回同様11階のダブルルーム。写真は使い回しではありません(笑)

081120_006.JPG

娘はクルマの中で撃沈したのでそのままお寝んね。

自分はこのあと金曜に出さないといけない仕事をちょっとやって(泣)寝ました。

ところが、何としたことかビデオカメラの電源ケーブルを忘れてきたことが判明!
あとLANケーブルも忘れてしまった。
うーん、LANケーブルは買えばいいけど電源ケーブルはなさそう…。
ビデオカメラはたしか充電してなかったし。うーん。。。
ラベル:宿泊記
posted by たま at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 香港旅行 2008.11.20-24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港旅行記2:成田空港ANAラウンジ

ヒルトン成田7:30発のバスに乗って空港へ向かう。

今回はANAなので第1ターミナルへ。
第1ターミナルは1年ぶり。

081121_001.JPG

スタアラゴールドカウンターでチェックインする。
特に問題なく進むかと思いきや
「バシネットですが…」
と言ってくる。
この前ちょうど10キロになったし、前回のグアムでは結局使わなかったので別になくてもいいのだが、気に入らなかったのは何とかこちらからいらないと言わせようとするGHの態度である。
10キロなんだからいいでしょ?と言っているのに「10キロですと規定の何とかかんとか」とかごちゃごちゃごちゃごちゃ。
2歳直前で10キロを大幅に下回る子なんかほとんどいないんだから、だったら2歳直前でバシネットを設定すること自体をやめればいいんですよ。
ま、最終的にはいいですと言いましたけど。

さて今回もらったラウンジの案内はUAのレッドカーペットクラブであった。
このラウンジは未経験なので一人だったら行くのだが、今回は家族連れなのであえてANAラウンジに行くことにした。

081121_002.JPG

2年位前は華々しい広告だったのに、導入自体がドリームになりそう…。

081121_003.JPG

4サテ、5サテどちらにしようか迷ったが娘がお腹をすかしていたので出国審査から近い5サテ側へ行った。

081121_004.JPG

081121_005.JPG

初めて来た時は「すごい!」と思ったこのラウンジもサクララウンジに行ってしまうと食べ物のしょぼさとか何だかなーと感じる今日この頃。
スープとかベーグルとか拡充して頑張っているみたいだけど、なーんかイマイチ。

さて今回は子連れなので、こんなところへ行ってみました。

081121_006.JPG

シャワー室の前。普通の人はまず気づかない秘密の部屋へ。

081121_007.JPG

和室です。
ラウンジ内に1室だけあるこの和室。
あまり宣伝してないせいか実は結構空いているらしく、子連れとかの場合に案内していたりするらしい。
今回ちょうど空いていたので利用させてもらいました。
キッズスペースみたいに大はしゃぎできる場所じゃないけど、騒いでも問題ないのが非常にありがたい。
でもネックだったのは無線LANが飛んでこなかったこと。
ま、こんな和室でネットする人は少ないか。

081121_008.JPG

ちょうどおかあさんといっしょの時間だったのでのんびりテレビを見てすごしました。

が、残念ながら搭乗口が遠いので早めに出発。
出国審査から近いところにUAのラウンジしかないってのはちょっと片手落ちなような。


ラベル:ANA
posted by たま at 02:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | 香港旅行 2008.11.20-24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

香港旅行記3:NH909便ビジネスクラスで香港へ

9:50発のNH909便は35番ゲートからの出発。
ゲートに着くとすでに搭乗が始まっていた。

081121_009.JPG

今日の機材はB777-300ER・JA735A号機。
なぜ近場の香港線にこれが投入されるのかよくわからないが、とにかく最新鋭のNewStyle機である。

081121_010.JPG

今回は11ヶ月前に取った甲斐あって往復ビジネス、しかも往路はNewStyle ClubANAなのでラクチンである。

081121_011.JPG

081121_012.JPG

燃油サーチャージの影響で国際線旅客の減少が報じられているが、さすがに3連休前の金曜なだけあってビジネスもエコノミーも完全満席で景気が良い。
なお今回のチケットにかかるサーチャージはまだ日系も香港線が安かった頃に手配したので片道わずか1600円である(今は10500円!)。なので特典航空券も1人7500円くらいしかかかってない。
てか、本来特典航空券はこうあるべきなのだが…。

081121_013.JPG

香港線はCY2クラス制だが、機材は3クラスのB777なので、ファーストクラス席がビジネスに開放されている。
なので飛行中もカーテンで仕切られることもないのだが、何となく写真が撮りづらい…同じ料金払って(いや、自分は特典なんで払ってないのだが(苦笑))いるはずなんだけど。

081121_014.JPG

前回のグアムと違って今回は搭乗前に体力を使い果たさなかったのでとても元気であったが、シートTVを見たりして何とか騒がずに済んだ。
ANAの子供向け番組はとてもつまらないのが難点だが…JALみたいにディズニーチャンネル流して欲しいなぁ。

081121_015.JPG

さて食事の時間である。
ANAのベビーミールは事前情報がほとんどなく、一体どんなものが出てくるのか…?と思ったのだが、メニューがないのでよくわらないが、

・イオン飲料
・野菜ジュース
・バナナ
・ジャガイモの冷製スープ
・パンダのパン

こんな感じであるが…まずイケてないのがコールドミールということ。
JALがホットなので余計に目立ってしまう。
そして内容のなさ。これ、一体どの食事を食べればおなかいっぱいになるんでしょ。ちょっと年齢層が低すぎるように見えて、低い年齢層には向いてないジュースとか甘いパンとか入っているし。
ジャガイモ好きなはずな娘がほとんど食べなかったのでこの食事はかなり問題なのでは…(ラウンジでいっぱい食べていたというのもあるだろうけど)
ということでベビーミールに関する限りJALの圧勝です。
何というか、さすがに子供の扱いについてはリゾート路線が多いJALの方がとにかく強いという印象である。
ANAももう少し将来のことを考えたほうが良いと思いますが、来年から現在2種類のベビーミールを1種類に統合するとかいう時代に逆行する措置を取るみたいだからそんな気はないんだろうな。

そんな感じで、次は大人の食事です。
今回は珍しく嫁が和食を選択しなかったので洋食のみ。
来月からは栗原はるみメニューになるのでこれぞ機内食というのは今月が最後である。

081121_016.JPG

■前菜
サーモンのマリネ レモン添え
ガーデンハーブ
■メインディッシュ
牛フィレ肉のソテー マスタードソース 
■ガーデンサラダ
■ブレッドロール
■アイスクリーム
■コーヒー


娘がいるととにかく早く食べることに集中してしまうのであまり覚えていないのだが(苦笑)ま、可もなく不可もなくと言う感じですかね。
だんだんビジネスの機内食に感動することも少なくなってきた自分がちと悲しい今日この頃。

娘は食事後に撃沈。

081121_017.JPG

NewStyleはこういうときには効果絶大である。
周囲には恐縮であるがやっぱり子連れは座席が広いに限る。

081121_018.JPG

そんな感じで、長い5時間弱のフライトも何とか無事にこなせて香港へ到着しました。


posted by たま at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港旅行 2008.11.20-24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

香港旅行記4:ディズニーハリウッドホテル

今回の第一の目的地は香港ディズニーランドである。

香港空港からタクシーに乗って20分ほど。
今回宿泊するディズニーハリウッドホテルに向かう。

081122_001.JPG

香港ディズニーランドにはディズニーホテルが2つあってこのハリウッドホテルは安い方のホテルなのだが、もう片方の香港ディズニーランドホテルは何となくクラシックで堅苦しそうだったのでカジュアルなこちらを選んでみた。
外観は舞浜のアンバサダーそっくりである。

081121_019.JPG

ロビーにはクリスマスツリーが飾られていた。

081121_020.JPG

081121_021.JPG

ロビーはそれほど広くなく、必要最小限といった感じであるが特に不都合は感じず、まだ新しいこともあってさっぱりした印象を受けた。

早速チェックイン。
今回はどうせ寝るだけだろうと思って一番安いガーデンビューを予約していたのですが、パークビューにアップグレードしました、とのこと。
ラッキーではあるが、このホテルは眺望以外はどの部屋も同じな上に、パークビューといってもパークがよく見えるわけでもない。
本当は海がよく見えるシービューにアップして欲しかったのだがそんなワガママも言えず(笑)おとなしく指定された部屋へ向かう。

081122_002.JPG

部屋は28平方メートルとそれほど広くないが、滞在には必要十分な広さで特に問題なし。

081121_022.JPG

さすがディズニーホテルなだけあって部屋のあちこちにミッキーがいてなかなか楽しい。

081121_023.JPG

コップも子供用のディズニー柄があるあたりはさすがである。

081121_024.JPG

TVはVIERAであった。さすがディズニーホテルでディズニーチャンネルが沢山見れるのが嬉しい。
一方でNHKは映るのだがなぜか英語放送しか設定できず。
あとネットは有料(1日120HKD)。LANケーブルは要持参。
結局LANケーブルは成田空港で買いますた。

081121_025.JPG

とてもよく考えているなあと感心したのは、スリッパとバスローブが3人分あって、男性、女性、子供用にそれぞれ大きさが違っていたこと。
娘も「スリッパイ!(→最後にイをつけるのは何故!?)」と大喜び。

081121_026.JPG

アメニティもミッキー!

081121_027.JPG

部屋から見えるパークはこんな感じ。
舞浜もそうだけど日中のパークビューは意味ありません。
意味があるのは花火のときなのだが、この日のディズニーランドの営業時間は10時〜19時というお寒い短さで、花火開始は19時から。
ということはそれまでにホテルに戻る必要があるわけで、食事は必然的にホテルで取らざるを得ず、行動に制約が出てしまう。
せめてもう少し時間が遅ければ自由度が高まるのだが。

081122_003.JPG

右手には香港ディズニーランドホテルが見える。
これは翌朝撮ったものだが、遠くに香港島の高層ビル群も見えた。
ただ滞在中ずっと空気が淀んでいたのでこの時以外は全く見えず。
香港はやっぱ空気が汚いですな。

081121_029.JPG

081121_030.JPG

広い庭には古いクルマが置いてあったりハリウッドの道の名前がついていたりして何となく古きよきハリウッドの時代という感じがする(行ったことないけど)
使わなかったけど子供の遊具もあってなかなか楽しそうであった。

081121_031.JPG

このホテル、宿泊代の高い香港にしてはかなり安い部類に入るのであるが、新しいこともあって設備に大きな不満もなく、非常に快適な滞在をすることができた。
香港ディズニーランドホテルの方がランクは高いのであるが、個人的にはこのホテルで十分じゃないかなと思う。
ただ客層はやっぱり違う感じだったけど。香港ディズニーランドホテルは白人比率が結構高かったがこちらは中国人が多いとか。
でもあまり気にするほどではなかったかな。

強いて言えば、ネットが無料じゃない(香港ディズニーランドホテルは無料)のと、バスのシャワーが固定式で使いづらいこと。洗い場付きというのは贅沢としてもせめて可動式だったらなあと。

でも総じて快適でした。

ラベル:宿泊記
posted by たま at 01:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港旅行 2008.11.20-24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

香港旅行記5:香港ディズニーランド1日目

ディズニーホテル宿泊者は、Stay and Play for 2 Daysという特別オファーがあって、1日目に買ったパスポートが翌日も使えるという嬉しいサービスがある。
香港ディズニーランドは平日(295HKD)と土日(350HKD)でパスポートの値段が違うので、土〜日で入るより金〜土の方が安い。
そんなわけで、荷物を置いた後早速ディズニーランドへ行くことにする。

081121_032.JPG

ホテルからディズニーランドのバスターミナルへはディズニーキャラクターがいっぱいのシャトルバスに乗って5分ほど。

081121_033.JPG

見えてきましたよ〜。
漢字なのがいかにも香港である。
ただ流れる音楽は当たり前だが舞浜と同じなので、TDLに来たような気もしなくもない(苦笑)

ここからゲートまでは結構歩く。ちょっとしんどい。
ちょうど空港からの離陸コースになっていて、飛行機が通るたびに娘が「あ、ヒコーキ!北海道かなぁ(→嫁が教えこんだらしい。なんじゃそりゃ)」と叫ぶので進めない…。
ちょっと英才教育し過ぎたな。。

081121_055.JPG

ミッキーの噴水がお出迎えです。
早速入場します。

081121_034.JPG

ゲートのすぐ先には香港ディズニーランド鉄道駅がある。
今日は乗らないので、先へ。

081121_035.JPG

081121_036.JPG

今年はクリスマスイベントが28日からと遅かったので(・ω・)だったのだが、クリスマスツリーはすでに飾られており、店もクリスマス一色だったので結構見ていて楽しい。

081121_037.JPG

古きよきアメリカを再現したメインストリートUSAをそぞろ歩き。
奥にはかわいらしい眠れる森の美女の城も見える。
なかなか雰囲気も良い感じ。
ただすいていると言われていた香港ディズニーランドであるが、意外に人は多かった。

081121_038.JPG

081121_039.JPG

早速向かったのは、トゥモローランドにあるパズ・ライトイヤーのアストロブラスター
東京では大人気らしい(自分は行ったことないが)が、ここでは何と待ち時間5分!素晴らしいということで入ってみる。

081121_040.JPG

最初は何がなんだかわからなかったが、的に当てるコツがわかってくると無茶苦茶楽しい!これは面白いわ…と夫婦でバンバンやっていたら、真ん中で大泣きしている娘が…あ、ごめん(苦笑)
娘はお化けが出た〜と大泣きであった。ごめんね。。。

081121_041.JPG

結局嫁は3級の一級戦士、自分は大物を1発当てたみたいで4級の行星機師だった。やったね♪

081121_042.JPG

続いてファンタジーランドへ。
前回東京で入れなかったプーさんのハニーハントへ行こうとしたが、ここでも人気のようで35分待ちだったので諦め、4月に出来たばかりのイッツアスモールワールドへ行く。小小世界か…そのまんまですな。

081121_043.JPG

ここは20分待ちで、すいている時の東京より混んでいる感じであった。
ところが困ったことにバズに懲りた娘が「おしまい〜」と叫んで泣き出した。
うーむ、東京ではじっと見ていたのに。アトラクションにトラウマを持つようになってしまったか!?これはまずい…。

081121_044.JPG

081121_045.JPG

ここの特徴はディズニーのキャラクターが参加しているということだったので、てっきりディズニーエリアがあるのかと思ったら、ところどころに紛れ込んでいるだけで見た感じ気づかなければわからないなあという感じであった。

081121_046.JPG

日本語の小さな世界が聞こえてくると、やっぱりちょっとほっとする。

081121_047.JPG

地元なだけあって中国は大きかった。

結局我が娘は最後まで泣きっぱなしであった。
前でビデオを撮っていた家族の皆さん、ホントすみません…。
でも終わったら泣きながら「楽しかったね〜」と言い出した。
キミはいつから社交辞令というのを覚えたんだ!?

外へ出るとすっかり日も暮れていた。

081121_048.JPG

081121_049.JPG

幻想的で美しい。

ちょっとホテルに戻るには時間が足らないので、ここで花火を見ることにした。
東京ではかなり前から並ばないといけないが、ここではちょっと前でもそれなりに良い場所が取れるのが嬉しい。

081121_050.JPG

081121_051.JPG

肝心の花火は、直線的な花火が多くてなかなか写真が撮りづらいのが難点であったが、なかなか綺麗で楽しめた。

てことで花火が終わるともう閉園である。
まだ時間は7時15分過ぎ。早いなあ…。

081121_052.JPG

噴水も見事にライトアップされていた。

予想よりは混んでいたがそれでも東京よりはすいているし、個人的にはなかなか楽しい1日目であった。
ただ、中国語が飛び交う以外は舞浜にいるような錯覚もしばしば(最近は舞浜でも飛び交っているし)。
まあ逆に言えば香港ディズニーランドに関する悪評は実際全く感じなかったわけで、もっと日本人なんか注目してもいいと思うのですが。

夕食はホテル内のハリウッドアンドダインというカフェテリアでテイクアウトしてみたが…

081121_053.JPG

日式うどんらしいですが、スープはとんこつスープっぽいし、なぜかメンマとコーンが入っていたりするし、よくありがちな意味不明な日式であった。

081121_054.JPG

ボロネーゼであるが、なんか麺がさっきのうどんとあまり変わらんような…。

てことで、決してまずくはなかったけどなんかイマイチな食事でした。
ここに限らず香港だから食事は全て美味しいのかと思ったけどそうでもなかったのがちょっと残念。

posted by たま at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港旅行 2008.11.20-24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

香港旅行記6:香港ディズニーランド2日目(1)

香港2日目の今日は1日ディズニーランドで過ごそうと思う。

8時半過ぎにホテルを出発し、ディズニーランドへ向かう。

081122_004.JPG

道を歩いていると、キャストが娘に声をかけてくれる。
外国人である我々にも親切でとても嬉しい。
また、ディズニーキャラクターのシールをくれるので記念にもなる。
もっとも、シール大好きな娘の手に渡るとすぐにぐちゃぐちゃになってしまうのだが…

081122_005.JPG

入場ゲートへ。
時間はまだ9時過ぎ。
今日も営業時間は10時からなのでまだ入れないのだが、どこかにホテル宿泊客は早めに入れるとかいう話を聞いたので早く来てみた。
だが入れるのはキャラクターブレックファストが楽しめる「プラザ・イン」の予約客だけで、それ以外は入れなそうであった。
うーん、今回はちゃんと調べてきたようでこういう細かいところがうろ覚えでダメだなあ…。
てことで、空腹に耐えながら10時までゲート前で過ごし、ようやく10時になりインパ。

081122_006.JPG

メインストリートUSAでは鼓笛隊がお出迎え。

…が、何はともあれ(笑)空腹なので店へ行く。メインストリートUSA内のメインストリート・コーナーカフェへ。

081122_007.JPG

なかなかいい雰囲気の店は、11時まではブレックファストタイムであった。

081122_008.JPG

かわいいミッキーのワッフルは、焼きたてでカリカリ!絶品の美味しさで満足。

081122_009.JPG

一方の米粉麺はちょっと麺にコシがなかったような。どうも香港ディズニーランドの麺類はイマイチな感じがする。
でも肉は濃厚な味がなかなか美味しかった。

ということで、ようやく行動開始。
まずは入口近くのこちらへ。

081122_010.JPG

タウンスクエア中央のガセボでは、ミッキーとミニーがグリーティングをしてくれるのである。
朝一番から行列だったので、うーん…と思ったのであるが、ミッキーとミニーと一緒に写真が撮れるなんて東京では考えられないので並ぶ。
東京では1枚くらいしか撮れないが、香港では好きなだけ撮れるのでなかなか列が進まない…。
ま、こっちの方が本当のキャラグリだとは思うけど。

081122_011.JPG

30分に1回交代しているようである。東京のプーさんのようなもっともらしい理由は言わなかったので不明(苦笑)

そんなわけで一時間近く並んでようやく順番が回ってきた。

081122_012.JPG

ミッキーもミニーもとてもフレンドリーで、娘の相手をじっくりしてくれるし、せかされるようなこともない。
写真もいっぱい撮れたし、大満足であった。
こういうのができない東京はやっぱオーバーキャパだよな。

さて、次に向かった先は…

081122_013.JPG

基本中の基本w、香港ディズニーランド鉄道である。
パーク内を1周するこの鉄道、ファンタジーランドに駅があるのでそこまでの移動に使ってみることにした。

081122_014.JPG

パークの外周を回るので、椅子は内側に固定されており、外側は窓が閉鎖されて見えないようになっていた。
奥側の席しか取れなかったのでちょっと息苦しい気分。

5分くらいでファンタジーランド駅へ到着。

早速向かったのはある意味香港ディズニーランドの一番の見所といっても過言ではないここ。

081122_015.JPG

081122_016.JPG

ファンタジーガーデンという庭園である。
ここには5つの東屋があるのだが、ここにキャラクターが1日中いてグリーティングができるのである。しかもどこも待ち時間は数分。
東京では考えられない贅沢!
ということで早速向かいましょう。

081122_017.JPG

プーさんは東京でも撮ったけど、娘と遊んでくれたり大サービス。
娘も大喜び。

081122_018.JPG

ミッキーは娘のバッグに興味津々!?
そういえば、ミッキーはさっき撮ったタウンスクエアにもほぼ1日いるはずなのだが…香港はミッキーが何匹いてもいいらしい(笑)

081122_019.JPG

写真からははみ出てしまったけど、中国帽子をかぶったプルートがお出迎え。娘はそろそろ飽き気味?

081122_020.JPG

グーフィーは誰も並んでなくてわざわざ来てくれた。
グーフィーはキャラが面白いですね。

081122_021.JPG

ミニーは入口から近いからかちょっと混んでいた。

081122_022.JPG

ミニーはとっても仕草が女性っぽくてすごいなあと思った。

てことで、とにかく大満足でした。
香港はここ以外でもキャラグリできる場所はあちこちあって、本当に素晴らしいです。マイナーキャラでもイチイチ並ばないといけない東京とは天と地の差。
キャラグリ目当てであれば絶対香港へ行くべきです。

続いて向かったのは、昨日行けなかったプーさんのハニーハント

081122_023.JPG

25分待ちだったのだが、ファンタジーガーデンに入る前にファストパスを入手しておいたのでほとんど待たずに入れた。

081122_024.JPG

このアトラクション、日本語パンフレットはプーさんのハニーハントであるが、英語名はMany Adventures of Winne the Poohであって、直訳すれば「プーさんの冒険」である。
実は名称の違いだけでなく中身も違っていて、東京はレールがないのだが香港はレールに沿って進む形である。
東京はレールがないためライダーがどちらへ進むかが毎回異なり、それが面白い(らしい…行った事ないので知らないけど)が、香港は方向が決まっているので東京と同じものを期待しているとちょっとがっかりするらしく、別物と考えた方が良いそうだ。

それはともかく、またこの乗り物を見て娘がベソをかきはじめた。
うーん、トラウマになってしまったか…

081122_025.JPG

肝心の中身であるが、うーん、これで東京では2時間以上待たなければ乗れないものなの?って感じ。
この前東京で乗った(あんまり面白くなかった)ピノキオの冒険旅行を少し明るくした感じで、小さい子供はあんまり面白くないかなーという感想なんですが東京だとイメージ変わるんですかね。
てことで、期待が大きかったので若干拍子抜け気味ではあったが、人気アトラクションに乗れたのでまずは満足。

(つづく)

posted by たま at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港旅行 2008.11.20-24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

香港旅行記7:香港ディズニーランド2日目(2)

昼食はプーさんの近くにあるロイヤルバンケットホールというところへ行ってみた。
ここはかなり広めのレストランで、日本食をはじめ様々な料理が楽しめる。

081122_026.JPG

081122_027.JPG

大人向けは値段も1000円くらいと手ごろでそこそこ美味しかった。
グーフィーのお子様ランチはあっさりとしたシチュー風味でパクパク食べてくれたが、子連れにとっては野菜が少ないのが厳しいですな。大人は生野菜を食べればまだ何とかなるのだが。
こう考えると和食の煮物とかは偉大だよなあと思う今日この頃。

081122_028.JPG

眠れる森の美女の城を通ってメインストリートUSAへ行く。
シンデレラ城より小さいけど、かえってかわいらしくて個人的にはこちらのほうが良い感じ。

次の見所は15時半からのディズニー・オン・パレード
東京と違ってちょっと前でも最前列を確保。

081122_029.JPG

開始直前でもこんな感じ。

081122_030.JPG

風船にいかにも中国らしい「福」の文字が。
でも逆に言うと中国らしいのはこのくらいで、土産も香港らしいものはほとんどなくてその点はちょっとがっかりだった。
ま、東京も日本っぽいものは外人さんが買いそうなへんてこな日本語のTシャツくらいしかないような気もするけど。

さて、パレードが始まります。

081122_031.JPG

081122_032.JPG

まずやってきたのは香港名物、どのガイドブックにも載っているチャイナ服を身にまとった巨大なミッキー。これを見なければ始まりません!
でも近くで見ると結構汚れたりしていてかなりチャチい…(笑)

081122_033.JPG

081122_034.JPG

081122_035.JPG

個人的にはこの全身緑の兵隊さん(トイストーリーの?見てないので知らないけど)のシュールな動きがかなり気に入った。

081122_036.JPG

081122_037.JPG

最後はキャラクターがバスに勢ぞろい。
でも最後はたしか城の山車にミッキーたちがいるはずだったような。全体的にちょこっと少なめだったのはクリスマスイベント直前で準備期間に入っていたからかな?
でも最前列で座ってのんびりとパレードを見ることができたのはなかなか良かったです。

これで大体見るべきものは見たので、あとはランド内をぶらぶら。

本当はバズのリベンジとか、オートピアでゴーカートを楽しむとか、ここしかないステッチエンカウンターとかゴールデンミッキーのショーを見るとかいろいろ遣り残したことはあるのだが、子連れな上に何とした事かアトラクション嫌いになってしまった(苦笑)のでまた今度ということで。

2日間もテーマパークにいるというのは始めてであったけど、個人的にはゆったりと楽しめてなかなか良かったと思う。
香港くらいの混み具合だったらディズニーランドも楽しいのだけど、東京はやっぱ混みすぎだよなぁ。

081122_039.JPG

そんなわけで早くも夕方になったので、お土産を買ってホテルへ帰る事にした。

081122_040.JPG

ミッキーさんまたね!

今日は19時からの花火をホテルの部屋から見ようと思う。
素晴らしいことに部屋のテレビの36chに花火専用チャンネルがあって、パーク内で流れている音楽も聴けて臨場感もバッチリ。
さて部屋から見る花火はどんなものでしょう??

081122_041.JPG

081122_042.JPG

081122_043.JPG

081122_044.JPG

ホテルの部屋からは昨日見た向きとちょうど90度ずれているのだが、正面から見るのと違い、かなり奥に広く使って打ち上げているのがよくわかってなかなか新鮮かつダイナミックで、こちらのほうが楽しかった。
なるほどこれならパークビューの価値はあるかも。
でも花火が直線的なのが写真写り的にはイマイチ…。なかなかよい写真が撮れなかった。

ということで花火も楽しんだので、パークからの客が帰ってくる前に夕食をとることにする。
といってもこのホテルは選択肢がほとんどなく、唯一ともいえるレストランのシェフ・ミッキーでブッフェを楽しむことにした。

081121_056.JPG

081122_045.JPG

入口は舞浜のアンバサダーとそっくり。中もほとんど同じみたい。
ただここはキャラクターは来ないのが舞浜との決定的な違い。

081122_046.JPG

081122_047.JPG

081122_048.JPG

品揃えはかなり豊富で、寿司まであった。
ただし値段のほうも300HKD以上して、うーん一人5000円ですかと考えると結構痛い。
ま、ホテルのディナーだったらこんなものかなという気もするけど、ここ朝・昼・夜食だったら150HKD前後なのに、夜だけ300HKD以上するんですよね。
なんか足元見られているような…。

でも味も結構美味しくておなかいっぱい楽しめた。

ということで2日目も無事終了。

posted by たま at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港旅行 2008.11.20-24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港旅行記8:エンチャンテッドガーデンでキャラブレ

香港3日目も良い天気です。

081123_001.JPG

今日の朝食は隣の香港ディズニーランドホテルにあるエンチャンテッドガーデンというレストラン。
ここはキャラクターブレックファストを開催しており、結構人気があるということだったので予め日本から予約をしておいた。
キャラブレは他にパーク内のプラザ・インでも実施しており、こちらは余程のことがない限り前日でも大丈夫らしいのだが、以前はチャイナ衣装のミニーが出ていたのだが最近はムーランとチップ&デールがデフォルトらしく、あまりそそられなかったのでエンチャンテッドガーデンを手配した次第である。

しかしこのエンチャンテッドガーデン、香港ディズニーランドホテルの宿泊予約と一緒で行う場合はメールで予約できるが、それ以外は電話予約しかできない。
これが非常にハードルが高い。対面なら何とか身振り手振りで何とかなる自分も電話となると厳しい。
さらに、エンチャンテッドガーデンをディズニーハリウッドホテルの宿泊客が予約できるのかというところがいくらネットで検索してもよくわからない。
オープン当初は香港ディズニーランドホテル宿泊客限定だったが、今はハリウッドホテル宿泊客でも大丈夫というのは確かなようだが、

1:電話予約でOKだった
2:電話予約したらハリウッドホテルは…とか言われNGだった
3:チェックイン当日にハリウッドホテルのフロントで手配してOKだった

といういくつかのパターンがあって結局よくわからず。
電話して2.だったらイヤだなあ…と。

しかし迷っても仕方がないので10月下旬に一念発起して電話してみた。
意外にこの電話の仕方もネットで出回ってないようなので、やり方を簡単に書くと

1:ディズニーランドホテルの予約センター +852-3510-6000へ電話
2:●月●日のエンチャンテッドガーデンのキャラブレを予約したいという。"I'd like to reserve 〜"てな感じで。
3:予約番号は?と言われるので、予約確認書(PDF)にある5桁の番号を言う。
4:人数を言う。3歳以下の場合はハイチェアも取れる。3歳以下をどういえばわからなかったので自分は最後の確認のところで「娘は1歳なんだけど」と言ったが、たぶん"one child , she is one years old"とかでいいのかな?
5:時間を指定する。自分のときは8時と9時半だったので8時を予約。
6:人数と金額を確認し、5桁の予約番号を控える。ハリウッドホテルのフロントでバウチャーをくれるという話もあるようだが自分はくれなかったので入口でこれが必要(名前だけだと予約数が多すぎて時間がかかる)


と、こんな感じなのであるが実際は…

ディズニーの音楽がちょっと流れた後、オペレータにつながった。
丁寧なイギリス英語で…という話も聞いていたのだが、早口な上に結構クセがあってわかんねーよ…。
とりあえず、利用したい日を言って、ハリウッドホテルの予約番号を言ったところ、
「ハリウッドホテルは…(英語力不足で全くわからず)」

えー、じゃあやっぱりハリウッドホテルの宿泊客は予約はできないの?
と思ったが、一応「Sorry?」と聞きなおす。
「ハリウッドホテルは…(英語力不足で全くわからず)(笑)」

でも、11月2日という言葉が聞こえてきた。
ひょっとしてハリウッドホテルの宿泊客は直前にならないと予約はダメなのかな?

と思って、11月初旬に再チャレンジした。
相変わらず早口でクセのあるオペレータが出た。
で、予約番号を言ったところ、
「何人ですか?」

と聞いてきた。
を、先に進める!と思って、つたない英語で何とか1歳児もいることを伝えてハイチェアも手配。無事予約番号ももらえた!

ということで、よくわからないが、たぶんハリウッドホテル宿泊客は、

4.電話予約可能だが、日によっては日数制限や予約NGのときがある

というのが正解なんでしょうきっと。

ま、一番いいのはディズニーランドホテルに宿泊すれば良いだけなんですが、このために3泊4日で1万以上高いホテルに泊まるのももったいないわけで…。

そんな苦労をして手配したキャラブレなので個人的にかなり期待度大なのです!

ハリウッドホテルから徒歩で10分ほどでディズニーランドホテルへ。

081123_002.JPG

ロビーは吹き抜けで開放感たっぷり。クリスマスツリーはハリウッドホテルの何倍もあって圧倒される。
うーん、今までハリウッドホテルで十分だと思っていたけど一気にランクダウンした感じ…。

エンチャンテッドガーデンはエレベータに乗って下に降りた1階にある。

081123_003.JPG

受付で番号を言い、無事に名前もあって席に着く。
席に着くと「Coffee or Tea?」と言われる。こういうレストラン、よく考えたら久しぶり。
最初は空いていたが、あっという間にほぼ満席に。

081123_004.JPG

081123_005.JPG

種類は結構豊富で、洋食以外に中華もあった。

081123_006.JPG

ここにもミッキーのワッフルがあってなかなか美味しいです。

あ、ミッキーがキタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!

081123_007.JPG

さっそく写真を撮りましょう。

081123_008.JPG

う、娘はミッキーより牛乳がいいみたい…orz

081123_009.JPG

グーフィーはここではコック姿。
ここでもグーフィーは愛嬌たっぷり。

081123_010.JPG

やあやあ、元気?

081123_011.JPG

ここにチューしてよ。

081123_012.JPG

チューしてくれなかった…(泣)

081123_013.JPG

何で何でーゴン!ゴン!ゴン!(笑)

演技力あるなあ。とても楽しい。

081123_014.JPG

今日はミニーはいなくて、代わりにデイジーがいた。
香港はドナルドとかの陰が薄いような気がするのだが、気のせいかな?

081123_015.JPG

プルートもエプロン姿でいい感じ。

081123_016.JPG

最後にミッキーとパチリ。

あっという間の1時間半で、食事も美味しく食べられたけど、まあ結論としては我が家はキャラブレはいいかなと。
何しろ食事とキャラクターを同時に楽しむというのは我が娘には早すぎた。
というか、食事中に回ってこられてもね…という気はする。
でも、ここでも4キャラが代わる代わる来てくれるし、時間もたっぷり取れるので、その点では大満足であった。

posted by たま at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港旅行 2008.11.20-24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港旅行記9:トホホな香港市内観光

今日はディズニーランドには行かず普通の観光をする予定である。
出発前はこんな予定を立てていた。

MTRで香港站へ

上環からターボジェットでマカオへ

マカオを数時間ぶらぶら

再びターボジェットで上環へ

スターフェリーで夜景鑑賞

どこかでおいしい夕食

MTRでホテルへ


今回の旅行のメインはディズニーランドであるが、個人的にはマカオにとても行きたかった。
最近世界遺産とカジノで大きくクローズアップされているマカオであるが、前回2005年に香港へ行った直後に「マカオ歴史散歩」という本を読んで以来、どうしてもマカオの世界遺産を見たかったのである。
3年越しの夢目前、というところであったのだが…

ディズニーランドホテルから一旦ハリウッドホテルへ戻り、さて出発しますかと思ったら…

081123_017.JPG

10時の開園目当ての客にチェックアウト客も重なってシャトルバスは大混雑!
かなり頻繁にバスは来るのだがそれでもだいぶ待たされた。
何とか乗り込むが、今度は娘が駄々をこねる。
実は最近魔の2歳児化が激しく、これまでもかなりイヤイヤな状態で、まだディズニーランドだったら何とかなだめられたのだが、今度はもう限界。
バスターミナルでも大騒ぎで、さすがにこれじゃあ先には進めないと一旦ホテルへ帰った。
もうこの時点でマカオは絶望的…orz

嫁は娘と残るから一人で行けば?と言ってくれ、まあそれが無難だしそれなら何とかマカオも行けなくはないのだが、さすがに香港に来てランタオ島のディズニーランドだけってのもどうかと思うので、マカオはまたの機会にして、娘のご機嫌を何とか直してせめて香港市内だけでも…ということにした。
今思えば、一人で行ったほうが丸く収まったのかもしれないけど。

再びバスに乗って、MTRの迪士尼站へ。
時刻はもう昼です…。

081123_018.JPG

この身長までが無料らしい。

081123_019.JPG

081123_020.JPG

迪士尼站〜欣澳站間を走るMTRの車両は、舞浜のリゾートラインそっくりに改装されていて、なかなか楽しい。
欣澳から東涌線に乗り、茘景で乗り換えて、尖沙咀へ。
娘は途中で寝てしまったが、MTRは冷房が効いて結構寒く、また日曜の昼ということでかなり混んでおり結構移動は大変。

081123_021.JPG

路上を覆い尽くす看板と喧騒に香港に来たことをようやく実感する。
やはりディズニーランドだけだとどこにいるのかイマイチ実感がないんですよね。
しかし空気の汚さと道の歩きにくさは子連れには厳しい。
ま、段差ありまくりの台湾よりはまだいいけれど。

余談だが、そんな歩きづらい香港はベビーカーを使う人なんか誰もいないのかと思っていたのだが、意外に使っている人は多く、ディズニーランドのベビーカー置き場も東京に匹敵するくらい並んでいた。
さすがに道を歩くベビーカーは少なかったけど、それでも渋谷くらいの比率はいたかも。
MTRの駅はどこもホームから改札まではエレベータがあって便利だったけど、入口がほとんどなくてちょっと不便だった。

とりあえずスターフェリーの方向へ歩いてみる。

081123_022.JPG

おお、ちょっとガスっているけどこれぞ香港の眺めと嬉しくなる。

スターフェリーに乗って銅鑼灣あたりで昼食でも…と思ったのだが、ふと隣を見るとハーバーシティ(海港城)というショッピングモールがあったのでこちらへ行くことにする。
今思うとスターフェリーに乗ればよかったような気もするが。

081123_023.JPG

081123_035.JPG

中はものすごく広く、1日楽しめそうな感じ。
トイざラスもあってベビーカーも多く見かけた。
レストランを見ると、ちょうど行こうかなと思っていた海鮮料理屋があったので、入ってみることにした。

081123_024.JPG

鴻星海鮮酒家は創作点心で有名な店で、ここで飲茶としようと思う。

081123_025.JPG

中に入ると、最新のショッピングモールから別世界へ。
まさに香港!という飲茶の世界に驚く。

081123_026.JPG

081123_027.JPG

かわいいペンギンの点心と、ものすごいボリュームの炒飯。
海鮮料理屋らしくとてもあっさりしていてかなり美味しかった。
でも野菜がないのがなあ…。
また思ったよりも高かった。外国人向けは写真入りのメニューだったのだが、何か二重価格のような。
でも娘もパクパク食べていたのでまあよしとする。

ずっとベビーカーなのは娘もつまらんだろうということで、ちょっと遊ばせることに。

081123_028.JPG

近くにある九龍公園へ行ってみた。
日曜の午後だけあって人でいっぱい。

081123_029.JPG

もう終わってしまった北京五輪のシンボルを見ながら、児童遊園があったので行ってみる。

081123_030.JPG

改装中で半分くらいしか使えなかったが、子供たちでいっぱいだった。

081123_031.JPG

地元の子供に手を引っ張られてすべり台へ。これぞ異文化交流?

081123_032.JPG

すべり台大好き!

ま、こんな香港もまたいいのかな。

ひとしきり遊んだあと、佐敦へ行き裕華でちょっと買い物をする。

081123_033.JPG

段々と暗くなってきたので、あとは夜景でも見ようかなと思うが、娘のおむつを全然替えていなかった。
予想はしていたけど香港は全然おむつ交換場所がない。
中環の子供服屋があるビルにあるという情報があったので、MTRでとりあえず香港島へ行くことにしたが、娘がまた駄々をこね始めた。
何とかMTRに乗せ中環へ。

081123_034.JPG

道端には多くの人がいて賑わっていた。
何だろう?と思ったがこれは主にメイドさんのフィリピン人の集まりなのである。話には聞いていたがこれはすごい。

で、肝心のおむつ交換場所だが、子供服屋はあったけど結局見つけられず。
銅鑼灣のそごうまで行けばありそうだが、もう娘はイヤイヤの極み。
何とかスターフェリーくらい乗りたかったがもう限界。
せめて以前のピアだったら行けたのだが、何であんな遠いピアに移動させたんだろう!MTRから遠すぎて大変じゃないですか。

結局、ここからだったら東涌線の始発がある香港站からホテルに帰るしかないか…と思い、帰ることにした。

まさか、香港に来て夜景もスターフェリーも楽しめないとは…。
ま、親のワガママで連れて来たわけで、子連れのメッカでもない香港はある程度予想できる話で致し方ないのですが、うーん。
9月のグアムからたった2か月でこんなにイヤイヤになるとは。
トホホな、後味の悪い3日目であった。
特に嫁には申し訳なかったなあと思います。

もうしばらくは旅行は行けないな…。
次は一人で行こう(え?)

マカオ歴史散歩 (とんぼの本)マカオ歴史散歩 (とんぼの本)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] マカオ歴史散歩 (とんぼの本)
[著者] 菊間 潤吾
[種類] 単行本(ソフトカバー)
[発売日] 2004-02-25
[出版社] 新潮..
>>Seesaa ショッピングで買う

posted by たま at 23:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | 香港旅行 2008.11.20-24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

香港旅行記10:NH912便ビジネスクラスで帰国

香港旅行も最終日。
今日は9:55発のNH912便で帰るのでほとんど時間がない。

7時半にホテルをチェックアウトして、タクシーで空港へ。

081124_001.JPG

081124_002.JPG

ビジネスクラスカウンターでチェックイン。
ここでも日本語が流暢な係員に「バシネットですが…」と言われる。
うーん、外国人にそんなこと言わせるなよ>ANA
ちなみに帰国後の体重測定では9.8kgでしたよん。

でもANAの良い所もあって、それは到着後すぐにベビーカーを使えるところ。
しかも空港備え付けベビーカーだけでなく、預けた自分のベビーカーもすぐ使えるのである。
JALは一度預けてしまうと普通の荷物と同じ扱いなので、ゲートから遠い場合は地獄なのだが、子連れに厳しいANAにしてはとても良いことでJALも真似してほしいところである。

お土産をいくつか買って出国。

今回もらったラウンジのインビはエールフランスのラウンジ。
自分は行ったことがないので素直に行こうと思ったのだが、今日のNH912便は28番ゲート発で、サテライト側にあるラウンジからはかなり遠い場所であった。
これなら本館のラウンジに行った方がいいような…と思い、こちらへ行くことにした。

081124_003.JPG

2005年にも訪れたシルバークリスラウンジである。
でも前回行ったから何とかなるだろうと思っていたら場所をちゃんと把握しておらず迷ってしまった。
うーん、今回はリサーチがダメダメでした。

他社便利用なので断られないか心配であったが、さすがに夫婦そろってC席+★G持ちだと断る理由もないからかOKだった。

081124_004.JPG

他にも同じことを考えている日本人でもいるかと思ったら誰もおらず、中はとても静かだった。

081124_005.JPG

081124_006.JPG

とりあえず遅い朝食を取る。
3年前は豪華だなあと思ったが、成田のサクララウンジに比べると今ひとつかなという気はする。
でも点心はかなりの美味で、最後の食事にふさわしいものになった。

さて、搭乗ですが、28番ゲート遠いなあ…。

081124_007.JPG

何とか10分前にたどり着くが、ファイナルコールであった。
というか本当に最後だったみたい。
遅延こそしなかったのでまだ良かったけど、危ないところだった。

081124_008.JPG

今日のNH912便はB767-300ER・JA613A号機。
3年前の悪夢の再現はなく、無事Club ANA Asia仕様であった。

あっという間に離陸。
眼下にはディズニーランドや、香港の街並みが見えた。
さよなら香港。

081124_009.JPG

081124_010.JPG

自分は4年ぶりとなるClub ANA Asia。
往路のNew Styleと比べるとやはり見劣りこそするが、近距離ビジネスだったら十分なスペック。
でも娘と一緒に座っている嫁は「行きより狭いのね。2人並んで寝られない」とのこと。なるほど。そう言われるとB767はやっぱり2-1-2の5列でも狭いのかもしれない。

081124_011.JPG

今日のNH912便はビジネスもエコノミーもほぼ満席。
成田に着いたときにGHさんの持っていた資料をチラ見した限りだとPAX206+INF1(→娘)だったらしい。B767-300ERは214席のはずだからほぼ満席である。
しかしINF1ってのは少ないなあ。

081124_012.JPG

往路はむちゃくちゃひどいメニューだったベビーミール。
ホームグラウンドでない香港発な復路はもっとひどいのではないかと危惧していたのだが、サンドイッチにポテトサラダ、フルーツにプリンと予想以上にしっかりとしたメニューでびっくり。
往路もこれだったら良かったのに。
でも先ほどラウンジでいろいろ食べた娘はほとんど手をつけず。
結局自分がほとんど食べました…。
なかなかうまくいきませんね。

081124_013.JPG

大人用の和食。

■小鉢
ぜんまい田舎煮
四季の麺
■主菜
鯖幽庵焼き
■俵御飯
■味噌汁
■季節の果物
■アイスクリーム
■緑茶


美味しかったらしいです。

081124_014.JPG

081124_015.JPG

■前菜
スモークサーモンの薔薇仕立て
鴨のロースト オレンジ添え
■メインディッシュ
仔牛とオニオンのラヴィオリ マンゴーサルサ風味
■季節の果物
■ブレッドロール
■アイスクリーム
■コーヒー


ラヴィオリというメニューが全くピンとこなかったのであるが、そこそこ美味しかった。でももう少しボリュームがあったほうが嬉しかったかな。

ところで今月からすでに香港線Cクラスは栗原はるみメニューになっているはずだが、評判はどうなんですかね。
個人的にはデザートに小倉あんぱんを出す精神が全く理解できないのですが、世の中アンパンはデザートなんですかね。

081124_016.JPG

昨日の一件もあって、今日も心配していたのだが、娘は飛行機の中では結構静かで、何とか騒がずに済んだ。
小さい頃から乗せてきた成果??
外でも同じようにしてくれれば助かるんだけど。

081124_017.JPG

そんなこんなであっという間に日本です。

081124_018.JPG

14時半過ぎに着陸したが、B滑走路から第1ターミナルは遠く、結局ほぼ定刻の14:50頃ゲートイン。
成田はかなりの雨であった。

081124_019.JPG

いやあお疲れ様でした!

この後ヒルトンへ行って車を引き取り、実家へちょっと寄ったらもう夕暮れ。
結局家に着いたのは18時過ぎ。1日が終わってしまった。
香港を朝出たのに、近いようで手続きとか陸上移動時間を考えると時間かかっちゃうなあ。
でもまあ明日から会社・保育園ということを考えると朝便での帰国は致し方がないところ。

そんなわけで、今写真を見返すと楽しい思い出ですが、やっぱり3日目の悪夢を考えると今回はよい出来栄えではない旅行で非常に後味が悪いです。
2歳になると75%取られるし、しばらくは人並みに国内の近場かなという気もします。

でもマカオのリベンジは近日中に…。


posted by たま at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港旅行 2008.11.20-24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする