2007年12月09日

大阪旅行記1:久々JAL便で大阪へ

まだ体調は本調子ではなく咳がゴホゴホいっているのですが、この週末は大阪へ旅行です。

いつもの一之江駅から高速バスで羽田空港へ。
娘が騒がないか心配だったのだが、静かにしていてくれて一安心。
ただ予定外だったのは途中で寝てしまったこと…うーん、空港で遊ばせて機内で寝てほしかったのですが。。。

さて、今回はいつものANA利用ではなく久々のJAL利用なので、第1ターミナルへ。

071208_001.JPG.JPG

なんか久々で懐かしいですな。

娘が寝ているので、さっさとセキュリティチェックを抜けて、まずはカードラウンジへ行くことにする。
羽田はセキュリティチェック内にラウンジができたので本当にありがたい。

071208_002.JPG.JPG

071208_003.JPG.JPG

071208_004.JPG.JPG

ラウンジはそこそこ混んでいた。
まずはジュースで一休み。

ところでこのエアポートラウンジ北は、もともとはANAが第1ターミナルを使っていた頃のsignetである。
このカウンターテーブルは、signetの頃そのままでとても懐かしい。

071208_005.JPG.JPG
↑04年11月の宮崎旅行にて。このときは最初で最後の第1signet体験ですた。

さてそうこうしているうちに娘が起きたので、ラウンジを出て向かった先は…

071208_007.JPG.JPG

16-17番搭乗口の間にあるキッズスペースである。
ここはJALキッズランドとして期間限定で設置されているのだが、どうも羽田についてはそれ以外の期間も遊び場自体はあるらしい。
ということで搭乗までの間、ここで遊ばせることに。

071208_008.JPG.JPG

誰もいないので娘も大喜び!

ひとしきり遊ばせて、ちょうど時間になったので搭乗口へ向かう。

071208_009.JPG.JPG

今日は修学旅行生がいるみたいでかなり混んでいた。
伊丹線なので赤子嫌いな人々がいないかかなり心配だったのだが、土曜ということもあってあまりいないみたいでそれは一安心。

071208_010.JPG.JPG

11:30発のJL115便の機材はB777-200・JA8983号機。
12月から運航開始のファーストクラス設置便である。

さっそく優先搭乗して、ファーストクラス…は今回は素通りし、今回向かった先は…

071208_011.JPG.JPG

クラスJ席であります。

伊丹線はANAもJALもB777しか飛んでないが、B777の普通席は狭い狭い横10列なので、今回はクラスJにしてみました。
普段のANAではないのはこのためであります。
クラスJに乗るのは久々…というか、クラスJ本来の座席に乗るのは実は初なのだが、広くて快適ですね。
これで1000円しかかからないというのは本当にお買い得ですわ。
国内線はマイルもラウンジも大して差はないし、狭い普通席か5000円払うSSP(しかも4月からはもっと高くなるし…)しかないANAから鞍替えしたくなるなあ…。

071208_012.JPG.JPG

コートかけに娘の上着をかけてみました。かわいい♪

071208_013.JPG.JPG

071208_014.JPG.JPG

またサービスも、赤ちゃん専用毛布があったりスマイルサポートの冊子をいただいたり、絵本もすぐ持ってきてくれたりと至れりつくせり。
おもちゃをくれるだけのANAよりよほど気が利いている。
クラスJに赤ちゃん優先席を設置してくれたり、赤子連れはJALのほうが100倍くらい快適なように思いました。
ANAは逆にそういうのを好まない客に好かれているのかもしれませんが、まあ将来を考えたらそういうのって先細りなわけで。

うーん、もともと自分はANA派ではないだけに(単に出張航空会社選定争奪戦に多数決で負けた(笑)のでSFC餅なだけなので)今後乗り換えを真剣に考えてしまうな。
ちょっと来年50万調達してJGC目指すか(苦笑)

071208_016.JPG.JPG

機内は修学旅行生がいたこともあってほぼ満席。
しかし普通席はやっぱ狭そうだなあ。

071208_015.JPG.JPG

方や自分の席を強奪してデジカメのケースで遊び中のわが娘。
空港での放牧と離陸直前の授乳が効いたのか概ね静かで何よりでした。

071208_017.JPG.JPG

大阪の街並みを見ながら、定刻より10分ほど遅れて伊丹空港着。
ここからモノレールと阪急に乗って梅田へ向かいます。

ラベル:JAL クラスJ
posted by たま at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪旅行 2007.12.08-09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪旅行記2:ウェスティンホテル大阪

今回の宿泊地はウェスティンホテル大阪である。

ウェスティン大阪はキタのランドマークである空中庭園を擁する新梅田シティにある。
しかしその間には梅田貨物駅と再開発エリアが行く手を阻み、工事中の通路と暗い地下通路を通らないといけない(送迎バスもあるけど)。

071208_018.JPG

こんな感じで何だかなぁって感じである。

日本での初ウェスティン(だったはず)だからか、ロビーは和のテイストが随所にちりばめられていた。

071208_019.JPG

早速チェックインするが、部屋の準備ができていない、ということで少し待たされた。
うーん、もう公式チェックイン時間の14時を過ぎているのだが…。
チェックイン時間を過ぎているのに待たされるってのは初めてだなぁ。
事前に調べた感じだとハードに比べてソフトが今ひとつ、と評が多かったのだが、自分もそんな感じがした。

さて気を取り直して部屋へ向かいます。
今回の部屋は角部屋であるコーナースイートというタイプである。
ウェスティン大阪は最低ランクでも41平方メートルとかなり広めで全室シャワールーム完備とかなり設備レベルは高いのだが、この部屋は60平方メートルもあって、我が家並である。
ということで期待を持ってドアを開けると…

071208_020.JPG

ちょっと細長いけど、テーブルと椅子、広いライティングデスクを備える部屋がある。
ドアを開けてもベッドが見えないというのはかなりすごい。

071208_021.JPG

2つ目の部屋へ向かう廊下である。ここはずっと窓側なので日差しが気持ちいい。

071208_022.JPG

2つ目の部屋はベッドルーム。幅2mのキングベッドなので3人川の字に寝ても何の問題もなし。こんなベッド家にも欲しいな。

071208_023.JPG

洗面台はダブルシンクであった。忙しい朝も問題なし。素晴らしい。

071208_024.JPG

当然シャワールーム付。バスタブはそこそこ大きくゆったり浸かることができたけど、もう立ってしまう娘にはちょっと浅かったようだ。

そんな感じで今まで止まったホテルの中では屈指の広さであるが、一番気に入ったのは部屋が完全に分かれているところである。
早寝の娘をベッドルームに寝かせて真っ暗にしてももう1つの部屋は電気をつけっぱなしにしてテレビも見られるのである。

実はこの土日は値段がめちゃくちゃ高く、別のホテルにしようか…と思ったこともあったのだが、ちょっと高かったけど泊まって良かったと思う。

ちなみにホテルサイトや一休とかでは1泊5万!とかで出てきて、うーんさすがに1人25,000円はなあ…とか思ってしまい、必死で検索したら意外なことにJTBが一番安かったので今回はJTB経由である。
ま、それでも1人20,000円以上しましたが…。
ただ平日は立地条件が悪いからかそんなに高くはなく、平日なら1人15,000円くらいで泊まれるようです。

071208_025.JPG

そんなわけで今回は安いプランなので部屋は11階と低く、西側は「専門学校ビュー」でした(笑)

071208_026.JPG

南側の大阪駅方面を望む。こっちは多少低くても関係ないかな。

休憩がてら娘を放牧。

071208_027.JPG

キングベットはやっぱ広い!
しかし…よく考えたらベビーベッドがない!
うーん、今回のプランは赤子を入力するところがなかったので2日前に電話して赤子連れであることとベビーベッドを依頼したのですが…。
2日前ですよ、2日前。しかもホテルフロントに直接!
うーむ…。

071208_028.JPG

ちょうど部屋も広いので、セカンドシューズを履かせてみたところ、だんだん慣れてきたのか結構歩いてくれるようになった。
土足ではあるけど外よりは綺麗なので、いい歩行訓練の場になった(笑)

071208_029.JPG

そんな感じであっという間に夕方になってきたので、ちょっと外出としますか。

ラベル:宿泊記
posted by たま at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪旅行 2007.12.08-09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

大阪旅行記3:ドイツクリスマスマーケット

今回、年末の忙しい時期に大阪へ来た理由。
それは…

071208_030.JPG

新梅田シティで開かれているドイツクリスマスマーケットである。
この新梅田シティにはドイツ総領事館がある関係で2002年よりクリスマスマーケットが開かれている。
もちろん本国には及ぶべくもないが、日本国内では最大規模であるし、それなりに本場テイストが入っているようなので、ユーロ高ということもあるし(泣)ちょうどもうすぐ娘が誕生日ということもあってぜひ行きたいなと思っていたのでした。

看板はドイツそのまま。これはなかなか期待が持てそうである。

071208_031.JPG

入ってまず見えるのは、アンティークメリーゴーランド。そうそうドイツのマーケットにもこんなのがありました。
まだ娘と乗るにはちょっと早いけど、見ているだけで楽しい。

071208_032.JPG

クリスマスマーケットといえばグリューワインとマグカップ。
とはいえ、酒の飲めない自分にとってグリューワインは結構しんどいのだが、さすがここは日本。コーヒー+マグカップという嬉しい組合せがあったのでホットコーヒーで暖をとる。
マグカップは梅田スカイビルが描かれていて、良い記念になる。

071208_033.JPG

店に売られているお菓子はドイツで見かけたものも多く、2年前の記憶が蘇ってきて懐かしい。
ただインド装飾品屋とかロシア雑貨屋とかよくわかんないのも多かったけど。
あと2年前に買いそびれたクリスマスピラミッドが売ってたら欲しかったのだが、残念ながら見当たらず。
まあ、ここは日本ですからこんなものですかね。
でも嫁は2年前同様あれこれ購入。あのーお金が…。

071208_034.JPG

店だけでなく、キリスト降誕の人形もしっかりと用意されているのはなかなか本格派である。

071208_035.JPG

071208_036.JPG

ドイツといえばソーセージ。この大きなプレートはフランクフルトでも見たなあ。ということでチューリンガーソーセージを注文。
味も本場そのままで、美味しかった。

さてちょうど時刻は17時。最大の名物、27mのクリスマスツリーが点灯します。

071208_037.JPG

071208_038.JPG

071208_039.JPG

明るく輝くクリスマスツリーとマーケットのお店たち。
懐かしいドイツの光景そのままです。
うーん、来て良かったな。
ただ、三脚組の連中は邪魔です…。

071208_040.JPG

真上には空中庭園。この組合せもなかなか良い感じです。

そんなわけで、もちろん本場には及ぶまでもなかったけど、久々にドイツの想いに浸ることができて、良かったです。
本場経験者でもそれなりに楽しめるのではないでしょうかね。
ただ、そんな思いも、あちこちで聞こえる大阪弁によって…。
うーみゅ、東京でもやってくれないものですかね。
大阪だけじゃ勿体無いと思うのですよ。

それと残念なのは、スカイビルの広場なのでビル風が強いこと。
何分赤子連れなので、もともと長時間はいられないなとは思っていたのだが予想以上に寒かった。
何も寒さまでドイツを真似せんでも…と思うほど。
立地なので致し方ないのですが…。

ということで、夕食の調達もあったので17時半過ぎには退散したのだが、娘が寝てから再度顔を出してみた。

071208_041.JPG

とっぷり日が暮れてからのマーケットもまた幻想的でいいですねぇ。

071208_042.JPG

071208_043.JPG

メリーゴーランドの後ろがウェスティン大阪。こんなに近ければ多少立地が悪くても泊まらなければでしょう。
そういえばドレスデンのホテルもウェスティンだったなあ。

そんなわけで光り輝く夜のマーケットの風景をお楽しみくださいませ。

071208_044.JPG

071208_045.JPG

071208_046.JPG

071208_047.JPG

071208_048.JPG

ウェスティンの正面玄関も綺麗にライトアップされていた。

071208_049.JPG


ラベル:ドイツ
posted by たま at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪旅行 2007.12.08-09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪旅行記4:アマデウスで朝食

翌朝。今日も良い天気になりそうで何よりである。

ところで、昨日チェックインのとき「お好きな新聞をお届けします」と言われたので「では日経で」とお願いした。
ところが、朝食を食べに行きますか…と思ってドアを開けると、届いていたのは毎日…。
うーむ、日経と毎日は全くかぶってないんですけど…何なんだこのホテルは。
ま、日経は家に帰れば見れるのでいいのですが。

気を取り直して朝食である。
今回のプランは1階にあるレストラン「アマデウス」の洋食ビュフェか、3階にある日本料理屋「はなの」の和定食の選択である。
今回はアマデウスへ行ってみることにした。
ここのブッフェはかなり美味しいらしく、期待度大。

071209_001.JPG

071209_002.JPG

071209_003.JPG

開放的な吹き抜けが特徴的なアマデウスは、眼の前に中自然の森を望み、大阪の都心部にいながらリゾート気分なのが嬉しい。
幸いほどよく空いていて、森を望む絶好の場所を確保。
さて、ブッフェです。

071209_004.JPG

071209_005.JPG

071209_006.JPG

まず目を引くのが種類豊富なパン。
そして美味しそうな料理が沢山並んでいた。これはとても全種類食べられない。贅沢な悩みだ…。

071209_007.JPG

ということで朝からたっぷりといただいた。
噂どおり素晴らしいレストランであった。満足満足。

ただ赤子連れにとっては洋食だけってのがちょっとという気がする。せめてお粥くらいあると嬉しかったのですが。

そんなわけで娘は途中で飽きてしまい、最後はかき込むように食べて退出。ま、こればっかりは仕方ありません…。

チェックアウトは12時なのだが、今日はあまり時間がないので10時前に名残惜しいがチェックアウト。
ところどころ?な感じもあるホテルであったが、充実した滞在ができて良かったと思います。


ラベル:宿泊記
posted by たま at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪旅行 2007.12.08-09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪旅行記5:海遊館

今日は午後の便で帰るので、昼過ぎまでは時間がある。
娘もいることだし、ちょっと遠いけど初水族館ということで、海遊館へ行くことにした。

海遊館へ行くには、地下鉄が便利であるがOSAKA海遊きっぷというのを買うと梅田からの往復でも元が取れ、かつ入館料が割引になるので都合が良さそうだ。
ウェスティンホテルでも売っているらしいので、チェックアウトした後コンシェルジュへ行き購入。
ところが、チェックアウトした後は現金払いしかダメらしい。
うーん、よく考えればそうかもしれないけど、うーむ…。
4800円も現金払いすると何となく損な気分。。。

シャトルバスへ乗って大阪駅へ。

071209_008.JPG

梅田から地下鉄に乗って約30分。海遊館へ到着です。

071209_009.JPG

人気があるらしいというのは知っていたが、入館してみるとかなりの混雑。単なる普通の日曜だというのにすごいですなあ。

071209_010.JPG

そんな感じなので赤子連れには少々厳しい。
ちゃんと見えてるかなあ…。

071209_011.JPG

ま、とりあえずは先に進む。

071209_012.JPG

ラッコ。結構かわいかったのだが…すばしっこくて写真撮れず。

071209_013.JPG

071209_014.JPG

ペンギン。赤ちゃんがいるらしいのだがよく見えず。どうも一番奥に親に囲まれているらしい。でも直立不動な姿はやっぱりかわいい♪
娘も指差し確認。わかるかなあ〜。

071209_015.JPG

タコ。うーむ、これを最初に食べた人は本当にえらいなあ。

さて最大の見所である太平洋の海です。

071209_016.JPG

全く調べずに見た最初はちゅら海水族館のようなものを想像していたので、「こんなもんなの?」と思ったのであるが、水槽に沿ってらせん状に下っていくとこの水槽がいかに深く大きく太平洋の豊かな自然を再現しているかがよくわかる。
これはなかなか素晴らしい演出で、感心した。

071209_017.JPG

071209_018.JPG

071209_019.JPG

悠然で泳ぐマンタやジンベイザメ。
ジンベイザメのゆったりとした姿は何度見ても心が洗われる。
娘もちゃんと見てくれたかな?

071209_020.JPG

ちょうどクリスマスなのでサンタダイバーも登場。
ちょっと大変そう…。

071209_021.JPG

シュールなタカアシガニを見ながら出口へ。
ちょうど1時間半。予想以上の混雑にはちょっとまいったけど、なかなか楽しむことができて良かったと思う。

今度は娘がもう少し大きくなったらまた来ましょうかね。

posted by たま at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪旅行 2007.12.08-09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪旅行記6:JL124便で帰京

帰りの便は伊丹15:30発のJL124便である。

ちょっと早めな便にしたのは、これより後だと特割運賃が高いのと、ペットショップに預けているわんこを連れて帰りたいからだったのであるが、予想以上に海遊館が混んでてかつ沢山見所があったので、時間がありません…。
帰りに道頓堀にでも寄ろうかなんて甘いことを考えていたのだが、無理な相談でございました。

ということで海遊館に隣接する天保山マーケットプレイスにあるなにわ食いしんぼ横丁で串揚げを軽くつまみ、急いで空港へ向かう。
中央線〜四つ橋線と乗り継ぎ、西梅田駅近くのコインロッカーに預けた荷物を受け取る。
ここからだったらバスのほうが早そうだが、全く調べてなく乗り場すらわからなかったので延々と阪急梅田駅まで歩き、阪急〜モノレールとさらに乗り継ぐ。
いやあ、今回は事前リサーチがちと不足気味でした。反省。
くたびれた娘は昼食を取ることなく、途中で寝てしまった。
うう、申し訳ない。
今回はものすごくゆるゆるスケジュールのはずだったんだけど、やっぱり赤子連れは時間はいくらあっても足りませんなあ…。

蛍池の乗換時間が3分しかなく焦るが、無事14:45に空港へ到着。
しかし、蛍池の乗換時間はもう少し何とかして欲しいなあ…。

071209_022.JPG

チェックインして、ちょっと時間があったので展望デッキへ行ってみた。

071209_023.JPG

伊丹空港の展望デッキ「ラ・ソーラ」は緑あふれる開放的なウッドデッキで、何より素晴らしいのはフェンスが全くなくヒコーキを間近に見られるところ。

071209_024.JPG

ちょうど眼の前にはJL124便となるB777-200・JA8983号機が駐機中であった。

071209_025.JPG

セキュリティチェックを抜けるともう搭乗の時間。
結局娘は起きず、機内へ。

071209_026.JPG

復路も当然クラスJなのだが、窓側でなく真ん中の席であった。
というか、平会員の悲しさ故、事前座席指定では往復ともここしか取れなかったのである。
赤子連れはWebチェックインもできないので、往路は1時間半前に行ったので窓側に替えられたのだが、復路はもう席がなく…。
うーむ、45分前でも厳しいか。
てかもう少し平会員にも指定可能枠を拡大しておくれ…。

071209_027.JPG

ま、娘は飛行中ずっと寝ていて、授乳をする必要もなかったので、まあ真ん中でも何ら問題はなかったのが幸いであった。
着陸コースも羽田カーブじゃなかったし。

てな感じで、あっという間に羽田到着。

071209_028.JPG

071209_029.JPG

おはよ。よく寝たね。

ということであとは高速バスで帰るだけである。

ところがアクシデント発生。
チケットを買い、BLUESKYでJALカレンダーなどを買ってさてバスに乗りますか…と思って乗り場へ向かうと長蛇の列。
この便は完全満席でさらに補助席まで使っていた。
15分おきの時間帯よりも30分おきのこの時間のほうが混んでいるのね。
バスは第2始発なので当然窓側が埋まっているわけで、残念ながら2人並んで座れなかった。
この時間を利用して授乳させようと思っていたのですが。
嫁の隣の人は女性だったようなので何とか済ませたらしく、娘も騒がなかったのは幸いであった。

やっぱJALはバスで帰るときは痛いですなあ…。

そんなこんなで無事に家に到着。
お疲れ様でした!

ラベル:JAL
posted by たま at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪旅行 2007.12.08-09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする