2007年07月06日

房総三世代旅行1:発端

夏休みにもなってないのに毎週旅行づいてますが、この週末は房総へ行ってまいります。

そもそもの経緯は、5月25日の日経新聞にあった「赤ちゃんと楽々ツアー、おむつ、ベビーカー提供、肌に優しい温泉」という記事(もうNIKKEI NETでは見れないので、概要はこちらのメルマガを参照)。

これは(・∀・)イイ!!と思って記事にあったプランとかを見ていたら、白浜の「季粋の宿 紋屋」という旅館が赤ちゃん連れ歓迎ということに注目。
白浜なら近いし、内房線で行けば娘を113系に乗せられる(⇒超ワガママ)ということで行くことにした。
という話を嫁の実家で話したところ、嫁の両親と義兄一家も行くことに。
ちょうど紋屋では三世代プランというのもあるし、この4日には館山道も全通してクルマでも行きやすくなって好都合ということで、三世代三家族合同での大旅行になりました。

さて他の2家族はクルマなわけで、我が家も、嫁の実家からクルマを借りればいいわけであるが、当初の趣旨と異なるので、往路は電車である。
ただ白浜は路線バスではちょっと不便なので、館山からレンタカーを借りることにした。
館山は駅レンタカーとトヨタレンタカーしかないようなので、同一県内で乗り捨て無料の後者を選択。
自宅だと県をまたぐので、一旦自宅まで行って引き返し、市川八幡店で返却することにした。
同一県内とは思えないくらいの距離だが…ま、気にしないということで。

ということで、まさかその1週前に赤ちゃん連れで札幌へ行くとは思いませんでしたが、今回はどうなることやら。

posted by たま at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 房総旅行 2007.07.07-08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

房総三世代旅行2:往路は電車

今日は夕食までに現地集合なのでゆっくり出発。
昼に家を出て、チワワをペットショップに預けて千葉駅へ。

070707_001.JPG

千葉13:59発の館山行普通電車は(当たり前だがw)113系の6両編成である。
いやはや、娘とこの電車に乗るときが来ようとは。
内房線で南下するのは昨年9月以来。楽しみである。

さて同じように楽しみなはずの娘は…

070707_002.JPG

うんうん、楽しそうだ(笑)

土曜の午後の電車なので、混むと困るなと思ったのだが、千葉発車時点で半分ちょっとの混み具合。
しかも予想以上に途中でどんどん降りていって、姉ヶ崎に着く頃にはガラガラになってしまった。
ま、今回は助かったけど、こんなんで大丈夫なのか?>内房線

んでもって娘は…自分がだっこしていたのだが、出発後いきなりお尻のほうから何かが噴出する感触が…。
しかも、おなかがすいたときた。
ガラガラなのを幸いに一連の処理をしたところ…陥落。

070707_004.JPG

…ま、いいんです(苦笑)
結局1時間以上寝てました。

ということで千葉駅で買った菜の花弁当をパクつく。
わずか520円と安いのが嬉しい。

070707_003.JPG

君津を過ぎると単線となり、ローカルムード満点。

070707_005.JPG

昨年9月にぼーっとしていた湊川橋梁。
今日は残念ながら(ま、予想していたけどw)天気が悪いが、まあ雨じゃないだけ良いし、日差しがないのは赤ちゃん連れにはありがたい。

070707_006.JPG

竹岡付近から東京湾を一望。

070707_007.JPG

岩井では113系上り電車と交換する。
慣れ親しんだ光景だがあと何年見れることやら。

070707_008.JPG

電車は強烈にガラガラ。
終着手前では、自分の車両は5人くらいしかいなかった。
いくらオンシーズン直前とはいえ土曜だし、これは相当やばいのではないかと>内房線。
12月にあると噂される君津以南の減便が恐ろしい…。

070707_009.JPG

もうすぐ到着です。

電車は15:44、定刻に館山駅に到着。
行きは時間がなかったので、娘と記念撮影です。

070707_010.JPG

これは113系1000'番代と言うんだよ。あとでテストするからね〜(鬼)

さて、ここからはレンタカーの旅である。
送迎車に乗って、レンタカーを借りる。今日のクルマは緑のパッソ。

070707_011.JPG

ところがトラブル?発生。
なんと店の人がチャイルドシートを付けられませんとのこと。
保険の関係かなあと思いきや、本当に付け方を知らないらしい。
しかし、我が家はクルマがないわけで私だって知らんわ。
ということで(何で?)嫁に任せた結果、悪戦苦闘すること30分。何とか取り付けはできたがなんかグラグラする(後でわかったが違ったらしい)。
こんなんで事故ったらどうしてくれるのかと小一時間。
30分分金返してくれ〜
実家のクルマがトヨタなので一番良く利用していたんだけど、なんか今回はイマイチだなあ…。

そんなわけで時間がなくなってしまい、途中ジャスコに寄ったこともあって宿への到着は17:45と、18時の夕食ぎりぎりになってしまった。
ま、無事に着いて何よりですた。

ラベル:113系 内房線
posted by たま at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 房総旅行 2007.07.07-08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

房総三世代旅行3:紋屋

今日の宿は、前に書いたように「季粋の宿 紋屋」である。

070708_001.JPG

見た感じは結構年季の入った旅館であるが、中は結構綺麗だった。

070707_018.JPG

落ち着いた感じのロビー。禁煙なのが嬉しい。

070707_012.JPG

客室も綺麗だった。室内は広すぎず、狭すぎず。

070707_013.JPG

部屋からは野島埼灯台が見え、海が眼の前である。これは素晴らしい。
ただ1階だったので道路も眼の前なのがちょっと残念。

さて三家族そろったので、大広間で夕食です。

070707_014.JPG

三世代プラン特製の船盛り。いやはや豪華!
海の幸山の幸がてんこ盛りでおいしかったです。
満足満足。

夕食後は、貸切風呂に行ってみた。

070707_015.JPG

モノトーン調の風呂は旅館の外観とは打って変わって(失礼)とても綺麗であった。
温度もちょうど良いし、シャワールームまである。

070707_016.JPG

そして極めつけはこのベビーチェア。
お風呂に入っている間、ここで娘をくつろいでもらうこともできる。
いやはや、至れり尽くせりですな。

今日も見た感じ満室のようだし、この旅館、建物はそんなに新しくはないし、そのままだと埋没しそうな感じなところ、赤ちゃん連れ歓迎として痒いところに手が届くところをしっかりとケアして差別化を図るこのビジネスモデルは素晴らしいと思う。

さて時刻は21時過ぎ。娘は就寝の時間です。

070707_017.JPG

おやすみなさいませ〜。

ところでこの旅館、特に宣伝しているわけではないのだが、何とFREESPOTによる無線LANが使える。
これは素晴らしいっ!
ということでPCも持参していたので早速ネットにつなごうとするが、残念なことにロビー付近しか使えないらしい。
ちょっとだけネットして、部屋に戻るが、嫁が義兄や両親の部屋に行くということで部屋を出て行ったので、娘と一緒に部屋にいることに。
でもネットが使えないし、と思って、娘の寝顔でも見てるかと布団に横になったら…寝てしまいますた。。。まだ22時前なのに。
さらに、気づいたら嫁にPCを使われていました…orz
ということで引き続き寝て、気付いたら24時。
いつの間にか野島埼灯台のライトアップも終わってたし。

ところがっ!
何とPCの電源ケーブルを忘れてきてしまいました…。
嫁が散々使っていたのでもうバッテリは完全放電。
というわけで、もう寝ることに。

ああ、せっかくPC持ってきたのに。
ていうか、最近PCがないと廃人になっている自分って。。。

という感じで紋屋の夜は更けていきました。

posted by たま at 23:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 房総旅行 2007.07.07-08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

房総三世代旅行4:紋屋の朝

朝はちょっと早起きして、大浴場でゆったりした後、朝食会場へ。

070708_002.JPG

070708_003.JPG

バライティ豊かな和食の中で一番美味しかったのはここの郷土料理である「まぐ茶めし」。小魚のたたきをお茶漬けのようにして食べるのだが、濃厚な塩味が美味であった。
ちなみに1枚目の手前は娘用の離乳食うどんである。
なかなかおいしそうだったのでちょっとつまんでみたのだが、うーん、離乳食というのは素材の味を生かしたスーパーあっさり味だったんですね…。

朝食後はベビーマッサージなるものに参加してみる。

070708_004.JPG

親が子をマッサージしてスキンシップを図るというもので、写真を見る限り赤ちゃんが恍惚の表情を見せていたので、きっと気持ちいいんだろうなと思っていたのだが…。
義兄の娘さんは眠かったのか大泣き。
我が娘は大泣きはしなかったものの、何をやられているのかイマイチわかってない感じであった。
すごい気持ち良さそうで自分にやってほしいくらいだったんだけど…実際はこんなものなのね。
ま、今度また家でやってみることにしましょ。

赤ちゃん連れはチェックアウトが11時なので、その時間を利用して眼の前の海辺を散策。

070708_005.JPG

今日は予報は雨だったのだが、なんとしたことか薄日が差している。
これはラッキー!

070708_006.JPG

結構海が綺麗だったので、娘の足をつけてみた。
初海水浴?はどうですか〜。

てな感じで、のんびりとした朝は過ぎていき、チェックアウト。
また来てもいいかなと思わせるいい宿でした。

posted by たま at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 房総旅行 2007.07.07-08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

房総三世代旅行5:館山ファミリーパーク

宿を出て、房総フラワーラインを西へ走る。

070708_007.JPG

花壇には花が植えられていて何となくいい感じ。

さて向かった先は館山ファミリーパーク

070708_008.JPG

花がメインのテーマパークだからか、房総これからオンシーズンだというのにここではシーズンオフということで無料であった。

早速畑へ向かうが、ビニールハウスに申し訳程度にキキョウとケイトウ、あとは道端にやや盛りを過ぎたラベンダーがあるのみだった。

070708_009.JPG

070708_010.JPG

ケイトウはずいぶん大きかったなあ。

そんな感じで花はあんまりぱっとしなかったけど、嬉しかったのは食堂が大広間になっていて、赤ん坊連れには放し飼いにできるという点。
ちょうど昼になったので昼食を食べながらのんびりくつろぐ。

070708_012.JPG

何となく房総風?のアジフライカレー。
あんまり期待してなかったけど結構おいしかった。

070708_011.JPG

姪っ子におもちゃを取られて「あ…」って感じの我が娘。
姪っ子とは2か月ちょっとしか違わないのだが、娘はまだハイハイできないのに姪っ子はスタスタ行ってしまうし、髪の生え具合は全然違うし(うちの子は大丈夫か…ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!! )、性格も全然違って見てて楽しいですね。

てな感じで、特に何かアクティブに動いたわけではなかったのだがのんびりゆったりした時間を過ごしてなかなか楽しかった。

posted by たま at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 房総旅行 2007.07.07-08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

房総三世代旅行6:帰路

館山ファミリーパークで3家族の旅は解散。
ここからは各自帰路に着くことに。
時刻は14時過ぎでまだ少し時間があったので、我が家は海沿いにぐるっとクルマを走らせることにした。

070708_013.JPG

途中、房総半島の最西端、州埼灯台に立ち寄る。
丘の上に見える灯台は予想より小さかったけど、長く海を守ってきたという感じを受ける堂々たる灯台であった。

070708_014.JPG

灯台は登れないので、灯台下の広場から館山湾を眺める。
広々とした静かな入り江。ここが東京湾であることが信じられないのんびりとした眺めであった。

070708_015.JPG

満足して今度は館山湾沿いにクルマを走らせる。
ここらへんは海のすぐそばを走るのでかなり気分がいい。
いやあ、千葉って思いのほかいいとこですね…って、自分は千葉県出身だったような気もするけど、ま、いっか。

館山市街を抜け、次の目的地道の駅とみうら枇杷倶楽部へ行く。

070708_016.JPG

070708_017.JPG

ここは2000年に道の駅グランプリになった人気の道の駅で、今日も多くの客で賑わっていた。
名前の通り枇杷一色。それだけでなく休憩スペースも広かったり、充実した設備であった。
ただ枇杷の土産が一部今話題の中国産だったりしたけど…それって本末転倒では…。

しかし道の駅というのは思いのほかいっぱいあるんですね。南房総なんて道の駅だらけでかなりびっくりしますた。
こりゃもう内房線はモウダメポ..._〆(゚▽゚*)

土産を購入した後、ここからは富津館山道路に入る。2車線だが流れていて快適。

途中さらにハイウェイオアシス富楽里に立ち寄って夕食の干物を購入。

070708_018.JPG

さて時刻は16時。交通情報を聞くといつも通り京葉道路が渋滞し始めたのであとはまっすぐ帰る事にする。

ところが、娘がぐずりだした…orz
ということで、新規開業区間にある君津PAへ緊急避難。

070708_019.JPG

ここは思いっきり何もないPAであった。
何とか娘の機嫌を直して出発するも、すでに時間は16時半。
レンタカーの返却期限は18時なのである。あと1時間半しかない。
まずいなあ…。

ということで一路北上。
君津ICからは片側2車線になるのでスピードを上げるも、何分パッソなんで…加速が悪いっ!軽と大差ないんでは?ってくらい悪いですなあ。

ま、飛ばして進むも、松ヶ丘IC付近で恒例の渋滞にハマる。
ただまあここまでくれば地元道路なので、渋滞回避運転手法を駆使して(いや、大したことはなくて出口手前は左を走り、合流部は右を走るだけなんですが、出入りの多い京葉道路ではかなり有効なのです)多少時間を短縮して貝塚IC付近で渋滞を抜け、さらにこれまた恒例の幕張PA〜花輪IC間の渋滞も何とか切り抜け、自宅には17:45に到着。

070708_020.JPG

お疲れ様でした〜。

さて後は江戸川を渡ってレンタカー屋へ行くだけである。
ところがっ。
市川IC出口が大渋滞。
何とか切り抜け、地元民の知恵で裏道を抜けるも、レンタカー屋到着は18:10であった。
GSに寄る暇なんぞなかったので、燃料費精算をするわけだが…

窓口嬢「燃料費と延滞料金込みで○○円になります」

…orz
なんだい、10分でも1時間分取るんですか。。。
だったらもっとのんびり行けば良かった。
それだったらチャイルドシート取り付け時間分を返金してくれと小一時間。
ま、そんなトヨタレンタカーもイマイチだけど、それより市川ICの大渋滞は何とかしてくれと。ホント、市川市はクズだ。早く外環完成させてくれ!

てな感じで、最後は慌しくなりましたが楽しい旅行は終わりです。
明日からは仕事だ…。

070708_021.JPG

やどかり1号@とみうら枇杷倶楽部出身と。ああ、またぬいぐるみが…。

posted by たま at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 房総旅行 2007.07.07-08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする