2015年12月20日

大阪・神戸旅行記(1):のぞみ185号で新神戸へ

先週大阪に行ったばかりなのだが、またまた大阪方面にお出かけである(苦笑)

きっかけは、9月18日から10月12日まで行われていたラバーダック2015@中之島バラ園である。
嫁がこのラバーダックが好きで、昨年も息子を連れて見に行ったのだが、今年も見に行きたいと言い張る。
まあまだこの秋どこにも出かけてないので、せっかくなので家族で行くことにした。

ただ、土日は娘が習い事があるので、日〜祝の2日間にして、日曜は嫁と息子が先発し、後から自分と娘が移動することにした。
ということで、10月11日。娘のスイミングを終え、新宿線に乗り出発する。

151011_001.JPG

151011_002.JPG

今回は自分にとっては極めて珍しく往復新幹線である。
直前までヒコーキで行こうか悩んだのだが、何分娘が半額で乗れる新幹線はどう考えてもリーズナブルなので新幹線で行くことにした。
東京15:40発ののぞみ185号でまずは新神戸に向かう。

151011_003.JPG

今回使った切符は、先週のサンライズで使った往復乗車券の復路である(笑)

151011_004.JPG

連休の中日、しかも季節列車の最後尾だというのに、のぞみ185号は結構混んでいた。
本当に東海道新幹線はすごい路線だ。

151011_005.JPG

ちょうど前日のブラタモリで富士山をやっていたので、ぜひ見たいなと思っていたのだが、あいにくの曇り空。それでも何とか山頂まで望むことができた。
富士山は2年前に行ったけれど、あの番組を見たらやはり富士山は富士宮口から登らんとダメだなというのを実感した。来年はぜひ富士宮口から宝永火山にも立ち寄って登山したいと思う。

151011_006.JPG

出発から1時間40分。ようやく名古屋に到着である。
のぞみは早いけれど、この名古屋までの1時間40分はさすがに長い。
東京駅に行かずに羽田空港に行くと16:30発のJL127便に乗れるのだが、あと20分弱で伊丹かと思うとなおさらである。

151011_007.JPG

151011_008.JPG

とはいえ名古屋まで来れば大阪へはあっという間で、18:13に新大阪へ到着。あと新神戸までは15分である。
ここで乗客がだいぶ降り、乗車する客もいたけれど車内はだいぶすいてきた。

151011_009.JPG

定刻18:29に新神戸着。さすがに山間の駅だけあってちょっとひんやりする。
さて、先にホテルに着いて三ノ宮へ向かっているであろう嫁と息子と合流することにしましょうか。


ラベル:新幹線
posted by たま at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪・神戸旅行 2015.10.11-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

大阪・神戸旅行記(2):南京町で夕食

三ノ宮で嫁と息子と合流し、JRで一駅乗って元町駅で下車。
夕食を食べに南京町へ向かう。

151011_010.JPG

151011_011.JPG

151011_012.JPG

南京町は記憶の限りでは初訪問だったと思う。
横浜中華街に比べると小ぶりで、夜も早いイメージがあったのだが、意外にも(失礼?)結構賑わっていた。
広場のあずま屋が工事中なのが残念だが、雰囲気もなかなか良い感じ。

151011_013.JPG

151011_014.JPG

子連れなので、敷居の高い店を選ぶわけにもいかず、どこにしようかな…と迷ううちに、呼び込みが激しかった「北京菜館」という店に入る。
得々セット11品950円というのを頼んでみたが、写真のとおり正直うーん、という感じであった。
まあ、このあたりは横浜中華街でも安いランチとかは似たような感じなので、仕方がないのですが。
それより子ども達が無事食べられる方が重要だし、もちろん中華街なので不味くはなかったのでまあ満足。
ただ、本来ここ南京町の楽しみは小包をつまみながら食べ歩くことにあり、その点では少し物足りない。

151011_015.JPG

151011_016.JPG

151011_017.JPG

ということで、広場に面した香港点心菜館という店で、娘は焼きもち、自分は焼き豚まんを注文。
アツアツの小包はとても美味しかったです!これは満足でした。
横浜中華街だと、食べ歩けるのは肉まんかタピオカミルクティーしかなく、店に入らないとあんまり面白くないのだが、ここ南京町は小包のみならず、麺類などまでいろんなものが食べられるので、ちょっとずつ楽しみたい人には逆にお勧めな気がする。
今回はほとんど食べ歩けなかったが、次来たときは食べ歩きをメインにしてみたいところだ。

151011_018.JPG

さてホテルへ向かいましょうかね。
元町駅前の交差点にある金券ショップで、JRの乗車券を購入。
噂には聞いていたが、ホントこんなに堂々とした立地で自販機が置いてあるのね。カルチャーショックだわ…。


posted by たま at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪・神戸旅行 2015.10.11-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

大阪・神戸旅行記(3):神戸ベイシェラトンホテル

元町からJRに乗って住吉へ行き、六甲ライナーに乗り換えて六甲アイランドへ向かう。

151011_019.JPG

アイランドセンター駅を降りたすぐ目の前が今夜の宿泊地、神戸ベイシェラトンホテルである。

今回の目的地は既に述べたように大阪なのだが、例によって大阪のホテル事情は厳しく、良さげなホテルは満室か高いところしかなかったので、神戸あたりはどうだろうと思ってここにした。
といっても一応シェラトンなのでここも高いことには高かったのだが、自分の繁忙期の定番、近畿日本ツーリストのページを見ていたら、ツインを3人利用にすると娘の料金が100円で泊まれるというプランがあった。
大人の料金はトリプルの場合の1人料金なので、同じ部屋を大人2人で泊まるより大人2人、小学生1名で泊まる(息子は添い寝なので無料)方が安くなるという意味不明な値付けだったので大丈夫かなぁと思いながら、これだったらリーズナブルだと思い即決した次第である。
なので普段は予約画面を印刷などしていないのだが、今回は念のため印刷しておいた(笑)が、予約時の請求のままだったので使う機会はなかった。
なお、今同じプランを見たらそういう値付けではなかったので、やっぱ近ツリの間違いだったのかな…。

151011_020.JPG

駅に直結しているので六甲アイランドと立地面では不利ながら不便さはそれほど感じない。

151011_021.JPG

既に嫁がチェックインを済ませているので、広々としたフロントを横目に部屋へ向かうことにしよう。

息子が遊ぶ前に写真撮っておいて!と嫁にお願いしていたので、ここからは夕方の写真である。

151011_022.JPG

今回の部屋は14階のプリファードフロア・デラックスツインである。
広さは36平方メートルあるので、エキストラベッドを入れても十分な余裕がある。
クラブフロアではないが、子連れだと十分満喫できないのでこれで十分。

151011_023.JPG

テレビや机など調度品も高級感があったが、テレビは大きすぎて明るすぎ、深夜テレビを見るのに難儀した(苦笑)

151011_024.JPG

151011_025.JPG

バスは洗い場こそないが、シャワールームがあり広々としている。
ただし温泉が使えるので今回は利用しなかった。

151011_027.JPG

151011_026.JPG

普通、ベイサイドのホテルは海側のほうがランクが高いのだが、このホテルは夜景が綺麗なのは神戸市内なので、六甲山側のほうがランクが高い。
今回のプランはその六甲山側なのだが、たしかに景色は良いのだが、真ん前にP&G本社が構えていて景色を台無しにしている。今回の部屋は比較的真ん中だったので、西側の部屋ならもう少し景色が開けるのかもしれないけどね。

151011_028.JPG

151011_029.JPG

そういうわけで夜景であります。
たしかに六甲山に寄り添うように家々の灯りがちりばめられ、対照的に工業地帯や六甲アイランドの高層ビル群の未来的な夜景が目前に迫る景色は綺麗だったのだが、如何せんP&Gの建物が邪魔だった。
勿体ないが、それでも十分満足できる景色である。

151011_030.JPG

151011_031.JPG

一息ついた後は、神戸六甲温泉「濱泉」へ。
こんな埋立地で掘削するなんてすごいことをするものだが、源泉かけ流しの温泉にシティホテルでつかれるのは非常にありがたい。そして湯上りラウンジがとても素晴らしくて、ゆったり過ごすことができた。
宿泊客は無料で使えるのもポイントが高い。

151011_032.JPG

151011_033.JPG

子ども達が寝たあと、周囲を散策。
周囲はどちらかというと住宅地なので、それほど店が多いわけでもなく、深夜なのでとても静かだった。
人通りも少ない高層マンション街を眺めると、近未来都市に迷い込んだようだった。
毎日住んでいるとまた違った感想になるのかもしれないけど、都市好きな自分にとっては六甲アイランドはなんともいえない無機質さが魅力的に感じたなぁ。

ということで、おやすみなさいませ…Zzz。

151012_001.JPG

翌朝。すがすがしく晴れてとても気持ちの良い朝です!
夕方、夜景、そして朝と、違った景色が楽しめるのがまた良いね。六甲山の緑も美しいし。

151012_002.JPG

部屋からの景色はこんな感じでした。

今回は朝食付きではないので、ホテルを出て隣接するシェラトンスクエアにあるこちらへ。

151012_003.JPG

シェラトンマルシェという、シェラトンが運営するフードセレクトショップである。
コンセプトは「シェラトンと淡路島の美味しいお店」となっているが、これは神戸ベイシェラトンの運営会社がホテルニューアワジだからだ。
ここではその淡路島からの産地直送の野菜や、ホテルのパンやスイーツに加え、カフェコーナーで軽食をとることもできる。ここの朝食が美味しいということで今回はここで食べることにした。

151012_004.JPG

151012_005.JPG

カフェコーナーは木のぬくもりが感じられる落ち着いた内装だった。
朝食はモーニングセット734円1種類のみなのでそれを注文。
パン、ゆでたまご、野菜、コーヒーというシンプルなセットだが、特筆すべきは野菜の多さ!
これだけ食べれば絶対健康になりそう!しかも瑞々しくて美味しかった。
ホテルのブッフェだと食べ切れないような女性などは特にお勧めだと思う。
ガラガラだったのが勿体なく、もっと利用されるといいのにと思えるほど良いカフェでした。
ただ、できたら子供向けメニューとかもっと増やしてくれるといいな。
嫁や子供たちはここで買ったパンを部屋で食べて朝食としました。

本当はもっとゆっくりしていたかったのだが、まだ本来の目的地にたどり着いてないので10時前にチェックアウト。

151012_006.JPG

ロビーにはスイーツの街「神戸」をイメージしたキッズスペース「Kobeスイーツキッズランド」なるものが完備されていたり、共用スペースがとても充実していて、過ごしやすいホテルであった。
また掘り出し物プラン?を発掘して訪れてみたい。

151012_007.JPG

151012_008.JPG

昼も近未来感があって楽しい六甲アイランドを後に、ようやく目的地に向かうことにします。


ラベル:宿泊記
posted by たま at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪・神戸旅行 2015.10.11-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪・神戸旅行記(4):ラバーダック@中之島バラ園

さて、いよいよ今回の目的地、ラバーダックです。
住吉からJRの快速に乗り、先週も来た(苦笑)大阪駅へ。

151012_009.JPG

151012_010.JPG

中之島バラ園の最寄り、北浜駅へ地下鉄で移動。
駅の階段を上がると…。

151012_011.JPG

お、黄色い頭が見えてきましたよ。
近づいてみましょうか。

151012_012.JPG

右側から。

151012_013.JPG

左側から。

151012_014.JPG

真横から。
高さは約9.5mということで、近くで見ると結構大きい。
ただ単に川に浮いているだけなので、風が吹くと右へ左へ動くのだが、その細かな動きがなかなか楽しい。
最初見たときは違和感あるなぁと正直思ったけど、よく見ると意外と大阪の街並みにあってたりする気もしてきた(笑)。
高い金かけて見に来た甲斐はあったかな…?
なんで日本国内は大阪でしか開催しないのかがよくわからないけど。東京にも来てくれないかな。

151012_015.JPG

ちょうど3連休にふさわしい青空が広がってきて、黄色いアヒルとのコントラストが良い感じ。

151012_016.JPG

151012_017.JPG

そしてこのラバーダックのある中之島バラ園もまた良かった。
初めて来たけれど、大阪のど真ん中で空の高さを感じられる場所があるとはね。
そして堂島川と土佐堀川にはさまれた立地も素晴らしい。川の水は決して綺麗とはいいがたいけど、まさに水都大阪を実感できる場所だと思う。
そして秋バラが見ごろで、色とりどりの花を楽しむことができた。

ということで短い時間ではあったが、秋の外歩きを満喫したところで、そろそろ帰ります。


posted by たま at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪・神戸旅行 2015.10.11-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪・神戸旅行記(5・終):のぞみ358号で帰京

帰りは新大阪13:23発ののぞみ358号である。

151012_018.JPG

151012_019.JPG

もうちょっと遅くても良かったのだが、窓側席をまとまって取れるのがこの列車が最後だった。
まあ明日からは仕事だし、ちょっと早めに帰るくらいがちょうどよいかもね。

151012_020.JPG

新大阪始発ということもあり、名古屋出発時点でも乗車率は半分ほどと空いていた。

151012_021.JPG

151012_022.JPG

東寺や富士山などを見ながら一路東へ向かう。
往路はちょっとしか富士山は復路はくっきりと見ることができた。東海道新幹線は富士山が見えないとね。
ちょうど初冠雪したばかりで、山頂がちょこっと白帽子を被ったようになっていた。

151012_023.JPG

151012_024.JPG

熱海を過ぎると並走する東海道線も見慣れたJR東の車両となり、もうすぐ東京であるが、小田原を過ぎると左手に、丹沢の山々が近づいてきた。
今まで気にしたことがなかったのだが、東海道新幹線は丹沢に結構近いところを走るので、山峰を一望することができる。
なかでも大山の堂々とした姿は目を見張る。最近行ってないけど、ケーブルカーも更新されたみたいだし、また行ってみようかな。

151012_025.JPG

15:56、東京着。1泊2日の短い旅行だったけど、良い気分転換になりました。

(おわり)

ラベル:新幹線
posted by たま at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪・神戸旅行 2015.10.11-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする