2014年06月08日

新潟旅行記(1):MAXとき371号で新潟へ

今年のゴールデンウィークは26・27日が仕事だったこともありどこにも行かないつもりだったのだが、嫁が3日に新潟で行われるコンサートの予約をしたことから、義母も誘って5人で新潟旅行に行くことになった。
が、正直新潟はあんまり子連れ家族旅行向けなところではなさそうなのだが、果たしてどうなることか。

3日がコンサートなので、3日〜4日で行こうかと思ったのだが、3日のホテルがどこを探しても満室。
コンサートの影響もあろうが、それだけで満室にはならないだろうし何かほかにイベントでもあるのだろうか。
そんなわけで、1日前倒して2日に移動して1泊し、コンサートが終わったらそのまま帰ることにした。

ということで娘の学校が終わる時間を考慮して夕方の新幹線で行くことにしたが、さすがの上越新幹線も2日の夕方は結構混んでいて、取れたのは16:08のMAXとき371号だった。
が、娘の帰りが遅くて(怒)ギリギリに…。

140502_001.JPG

140502_002.JPG

今回は息子の好きな往復E4系である。
ブサイクの極致にしか見えなかったE4系だが、息子が好きなこともあって最近は格好よく見えてきたわ(笑)

140502_003.JPG

140502_004.JPG

指定席は勿論2階席である。
が、2階であること以外はコンセントもないし、これといって素晴らしい設備はなし。
また指定席だと息子の席が確保できないので3+1で指定席を取ったが、大宮から隣に客が乗ってきたので息苦しかった。始発なんだし自由席の方が良かったかも。
大宮からは完全満席で、デッキには立っている人もちらほら。

140502_005.JPG

今日の日中は暑いくらいだったが、越後湯沢付近はまだ雪が残っていた。

140502_006.JPG

これぞ米どころ!という美しい夕暮れを見ているうちに、18:09新潟着。
さすがに新幹線は速いなぁ。

140502_007.JPG

新潟駅はE4系の天下で、息子は大興奮!
ただE4系は今後東北新幹線を追いやられたE2系によって置き換えられる見通しで、オール2階建て新幹線もそう遠くない将来全廃になる見通しである。
せっかくの子どもたちに人気の車種なんだから何とかならないものですかね。

140502_008.JPG

さて、ホテルに向かいましょうか。

ラベル:新幹線
posted by たま at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟旅行 2014.05.02-03 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟旅行記(2):ANAクラウンプラザホテル新潟

新潟はいくつかシティホテルがあったが、これだ!という決め手があるホテルがなく、どこに泊まるかは結構悩んだ。
結局選んだホテルはこちら。

140502_009.JPG

新潟駅から徒歩10分ほどに位置するANAクラウンプラザホテル新潟である。

140502_010.JPG

140502_011.JPG

140502_012.JPG

ロビーやエレベータホールは落ち着いたインテリアで結構いい感じであった。

140502_013.JPG

今回の部屋は8階の端に位置するツインルームをコネクティングで利用する。
このホテルは珍しくネット予約でファミリー向けコネクティングプランがあった。
この日は50平方メートルのスイート半額プランとかもあり広さとしてはほぼ同じで迷ったのだが、コネクティングルームを使うのも面白いだろうと思って選択したのである。

140502_014.JPG

こちらはスタンダードツイン(22平方メートル)。

140502_015.JPG

こちらはスーペリアツイン(25平方メートル)。
占めて47平方メートルを専有できるわけだが、結論としてはベッドが大半でちょっと狭かったかな。
1人1ベッド使えたのはいいけれど、子どもがドタバタする場所がなくて邪魔だった(苦笑)

140502_016.JPG

140502_017.JPG

バストイレは一体型で、狭くはないが広くもない。
いろいろ探したが新潟市内に洗い場付きのホテルはないみたいで残念。

140502_018.JPG

部屋からは信濃川を眺めることが出来るが、万代橋はビルに阻まれて見ることが出来なかった。

翌朝。

140503_007.JPG

今日も良い天気になりそうだ。
朝食は1階の「オールデイダイニングシーズンカフェ」で。

140503_001.JPG

140503_002.JPG

140503_003.JPG

広さはそれほどでもないが、品数は比較的豊富だった。オムレツのサービスもあり。
コリアンエアのパイロットもいた。

140503_004.JPG

140503_005.JPG

いつも通り和洋バラバラのチョイス(苦笑)

140503_006.JPG

9時前にチェックアウト。良い天気過ぎて暑くなりそう…。

そんなわけで、シティホテルとして比較的快適な滞在が出来たが、肝心の部屋がもうちょっとだったかな。
水回りなどガタが来ているのをカバーしきれてないし、全体的にもう一息な気がする。
まあ新潟はホテルライフを楽しみに来るような街ではないし、このくらいでいいのかも。

ラベル:宿泊記
posted by たま at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟旅行 2014.05.02-03 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟旅行記(3):新潟の夜

夕食を食べに街へ。

140502_024.JPG

せっかくなので郷土料理でも…と思い、嫁リクエストの「へぎそば」が食べられる駅近くの「須坂屋そば」へ。

140502_019.JPG

140502_020.JPG

140502_021.JPG

140502_022.JPG

140502_023.JPG

夜なので居酒屋風に使われており、タバコの煙が玉に瑕ではあったが、幸い座敷席に案内され子連れでも気軽に過ごすことが出来た。

小分け盛りのへぎそばはつるっとした食感が美味しく、栃尾の油揚げやタレかつなどの郷土料理を堪能。
満足でした。

一旦部屋に戻って子どもたちを寝かせた後、今度は一人で市内を散策することに。

140502_025.JPG

新潟市内のシンボル「万代橋」へ。
新潟駅と古町という新旧市街地を結ぶこの橋は、コンクリートのアーチが重厚で見ごたえがある。

140502_026.JPG

せっかくなので対岸へ渡ってみる。少し涼しい夜風が心地よい。
ちょうどチューリップのシーズンで、歩道には子どもたちが育てたチューリップが飾られていた。

140502_027.JPG

古町側から新潟駅方向を眺める。
新潟市内をじっくり歩いたのは初めてであるが、新潟は結構大きな都市なんだなぁと実感した。

さて対岸に戻ると、橋のたもとに綺麗な高層ビルがある。
低層階はイベントスペースになっているこのビルは新潟日報の新社屋「メディアシップ」である。

140502_028.JPG

このビルの一番上はさぞかし景色がいいんだろうなぁと思ったら、何と最上階の展望フロアは23時まで無料で開放されているとのこと。素晴らしい!
ということでエレベータで20階の展望フロアへ。

140502_029.JPG

先ほど通った万代橋と、背後の古町を一望。

140502_030.JPG

信濃川の河口には、同じく展望台「ばかうけ展望室」のあるホテル日航新潟を望むことができる。
日本海の暗闇もまた神秘的だ。夕日が沈む光景は絶景なんだろうな。

140502_031.JPG

新潟駅方向を見る。
新潟駅前はなにもないのかと思ったのだが、万代シティを初めこちら側も結構栄えているようだ。

そんなわけで、ばかうけ展望室(行ってないけど)に比べてここは市街に近い分、街並みを堪能出来てとても面白かった。夜遅くまで開放しているのも良いね。

ということで、明日は何をしましょうかね。

posted by たま at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟旅行 2014.05.02-03 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

新潟旅行記(4):SLばんえつ物語号

コンサートは15時からなので、午前中は集団行動である。
ということでまずは新潟駅に行く。

140503_008.JPG

新潟9:43発のSLばんえつ物語号に乗ることにした。
実はSLに乗るのはこれが初めてだったりします。
近くで見ると、迫力ありますなぁ。

140503_009.JPG

ちょうど新潟ディスティネーションキャンペーンの真っただ中であり、駅は観光客でいっぱいだった。

140503_010.JPG

数日前に切符を買ったときにまだ取れたのでそんなに混んでないのかと思ったのだが今日は満席とのこと。
12系のボックスシートは味があって良いのだが、子どもたちと向かったのはこちら。

140503_011.JPG

先頭車のオコジョ展望車である。ここは子どもたちの遊び場があり、列車内にすべり台まである。
子どもたちでカオス状態であった…。
しかし、SLと言っても乗ってしまえば普通の客車だし、子どもたちはきっと飽きてしまうだろうから、こういう設備を設けるというのは親にとっては素晴らしいことである。

定刻9:43、力強い汽笛の元、ゆっくりと出発!

140503_012.JPG

会津若松行の列車ではオコジョ展望車は機関車の次位となり展望は望めないが、代わりに機関車が煙を上げながら進む様子を間近で見ることが出来る。
自分は既にSLはやまぐち号の保存運転の世代で、SLに格別の想いなどないのだが、懸命に走る様子を見ていると単なる機械ではない味があるものだなと思う。

SLばんえつ物語号は4時間かけて会津若松まで行くのだが、さすがにそんな遠くまで行けないので、わずか1駅、10:04着の新津で降りる。
電化複線の20分足らずで降りるのはちょっともったいないが、まあ子どもたちはSLにはあんまり興味なさそうだったし(泣)体験だけだったらこのくらいでいいかなと。

140503_013.JPG

新津駅では11分停車するので、撮影大会モードであった。

140503_014.JPG

SLをじっと観察する子どもたち。
ビビリーな息子はこの場所から前に出ようとしなかった(笑)
しかも出発直前にボーッ!と汽笛を鳴らしたら怖かったのか嫁の後ろに隠れる始末。
日ごろトッキュウジャーごっこしてるくせに弱っちいなー。

そんなわけで、SLばんえつ物語号を見送ったので新潟駅に戻ります。

140503_015.JPG

新津10:36発の新潟行は、当たり前であるが(笑)115系5両である。
ある意味自分にとってはここがメインだったりするので(爆)
この区間は気を抜くとE127系が来たりするので、ちゃんと運用は調べておいた。
新潟も今年度中に新車E129系が入るので、115系の活躍も残念ながらあとわずかである。

140503_016.JPG

ところでこの景色、どこかで見たことありませんか?

140215_059.JPG

そう、3か月前にトワイライトエクスプレスに乗った時、新津駅を通ったんですねー。
3か月前は一面の雪景色だったが、今日は初夏のような装い。
印象変わるもんだなぁ。日本の四季って素晴らしいね。

140503_017.JPG

田園風景と新潟近郊の住宅が入り混じる景色を20分ほど楽しみ、10:55に新潟駅へ戻ってきた。
改札を出ようとすると…

140503_018.JPG

11:00発の越後線内野行がリバイバルされた湘南色の115系であった。
2本しかないので今回見ることは無理かなぁと思っていたので、ラッキーでした!

さて新潟市内へ戻ってきたわけだが、何をしようかしら…。

posted by たま at 00:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | 新潟旅行 2014.05.02-03 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

新潟旅行記(5):市内観光

夕方までは市内観光といきましょう。

まず昼までは少し時間があったので、昨夜行った「メディアシップ」へ再び行くことにした。

140503_019.JPG

140503_020.JPG

140503_021.JPG

140503_022.JPG

夜景とはまた違った光景で面白い。
新潟は成熟した地方都市といった感覚があったのだが、若者向けのビルも多く、また駅よりはまだ空き地もあり、まだまだ集積が期待できそうであった。さすが政令指定都市の面目躍如といったところである。

メディアシップを後に、道を挟んで隣の万代シティへ向かう。

140503_023.JPG

アルタがあった!この写真だけなら新宿と言っても言いすぎではないかも。

140503_024.JPG

さて今日の昼食は万代シティの2階にある「みかづき」で、B級グルメの定番、イタリアンを食べようと思う。
昼時で並ぶほどの混雑だったが、なんとか席も確保できた。

140503_025.JPG

イタリアンとは、焼きそばにトマトソースをかけたもので、今ではソースにいろんなバリエーションがある新潟名物のB級グルメである。
パッと見はスパゲティなのであるが、果たしてお味は…焼きそばだったな。
っていうか予想以上に焼きそばで、個人的にはうーん、微妙・・・。
まあ地元の味ということで。

万代シティを後に、バスで白山神社へ向かう。
白山神社前バス停はかつて新潟交通の県庁前(白山前)駅があったところである。
今では駅舎をモチーフとした公衆トイレくらいしか面影がないが、廃止になったのは1992年とつい最近…といってももう22年も前なのね…自分は既に中学生だったので、無理すれば行けただけに残念だ。

140503_026.JPG

140503_027.JPG

白山神社に参拝した後、ほど近くにある新潟県民会館へ。
嫁と娘はコンサートへ向かう。
3時間ほど時間があるので、自分と義母と息子はタクシーに乗ってこちらへ。

140503_028.JPG

マリンピア日本海である。
昨年リニューアルオープンしたこともあり非常にきれい。
ファミリーやカップルが集まり大賑わいであった。

140503_029.JPG

140503_030.JPG

140503_031.JPG

熱帯魚や日本海大水槽など、それぞれ見ごたえがあるが、薄暗い場所が嫌いな息子がぐいぐい引っ張るのでほとんどが素通り…ったく弱虫なんだから。。。

140503_032.JPG

人気のイルカショーは、オーソドックスな内容ではあったがやはり迫力があって楽しい。
しかし午後になって日差しがなくなり、海沿いなだけあって風が強くてちょっと肌寒かった。

140503_033.JPG

ペンギン海岸や新潟の田園風景を再現した「にいがたフィールド」など、外もいろいろ見どころがあるのだが、とにかく肌寒いので屋内へ戻る。

140503_034.JPG

屋内には「キッズファン」なる子どもの遊び場があったので息子をしばらく放牧。
こういう場所があるのは大変有り難い。

そんなわけで2時間ほど滞在し退館。
これといってすごい施設があるわけではなかったが、やっぱり水族館は見ていて面白い。

道を挟んで反対側は日本海なので、せっかくなので行ってみた。

140503_035.JPG

海は比較的穏やかで、日差しも再び差すようになってきたが、如何せん風が強い!
写真だけ撮って退散する。
ちょっとくたびれたので休むところはないかなと思ったら、すぐ近くにキッズカフェという看板があったので入ってみた。

140503_036.JPG

140503_037.JPG

TRIPLE KIDSという名のカフェは、東京で言うスキップキッズと同じような子どもの遊び場のあるカフェである。
スキップキッズより場所が広く、靴を脱いでゆったりくつろぐことができるので非常にありがたい場所であった。
が、このキッズカフェ、何と5月6日で閉店とのこと。スキップキッズなども結構閉店が多くて子供向けのカフェは経営的には苦戦しているみたいで、ここもそうなのかなと思ったのだが、駐車場拡張の関係で移転を余儀なくされたようだ。こういう場所があると子連れは楽なのに、もったいない。
なお、今月より無事に東区役所で営業を再開したらしい。ということで、残念ながら観光客が気軽に行くような感じではなくなってしまったが、末永い営業を期待したい。

ということで小一時間ここでくつろぎ、市内観光もおしまい。
再びタクシーで県民会館へ向かった。
何にも見どころのなさそうな新潟市内、何を見ようかと思っていたのだが、1日それなりに楽しく過ごせて良かったのではないかなと思う。

コンサートを終えた嫁と娘を拾って新潟駅へ。
後は帰るだけです。

posted by たま at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟旅行 2014.05.02-03 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟旅行記(6・終):MAXとき348号で東京へ

帰りは新潟19:25発のMAXとき348号である。

140503_040.JPG

140503_038.JPG

行きは8両だったが、帰りは16両なので連結してますよ!

140503_039.JPG

ご機嫌な姉弟。
きょうだいがいることは絶対いいと思うのだが、如何せん2人揃うとひじょーにうるさい(苦笑)

140503_041.JPG

帰りも指定席を取っていたが、新潟発車時はガラガラだった。
越後湯沢ではくたか乗り継ぎの客が乗ってきて混んできたが、それでも半分くらいだった。
でもそんなときに限って隣に他の客が乗ってくるんだよね…。
帰りは自由席で良かったな。

さて夕食は新潟駅で駅弁でも買って食べようと思っていたのだが、何と改札を入るとコンコースにもホームにも駅弁屋がなかった。
後で調べると13,14番ホームにはあったらしいのだが、MAXとき348号は12番ホーム発だったので見当たらず。
でも乗車ホームによって売る売らないがあるなんてひどいなぁ。
駅弁は新幹線側の改札外が一番あるようだが、万代口から乗る客はそこを通らないので、乗り換え改札の手前にある駅弁屋で買うのが良かったらしいのだが、素通りしてしまったよ…。
なので仕方がないのでコンコースのNEWDAYSで食事になりそうなものを買って車内へ。
わびしいなぁ…。

140503_043.JPG

最後の1個だったぶりのすしと…。

140503_042.JPG

新潟のお米を使ったおにぎり(苦笑)です。
もうちょっとちゃんと駅弁売ってほしいなぁ。

さて復路は真っ暗なので特筆すべきこともなく、わずか2時間で東京です。
定刻通り21:20に東京駅へ到着すると、隣のホームに新鋭のE7系が止まっていたのでパチリ。

140503_044.JPG

iPhone5sの広角で撮ってみました。
昔だったらバカにされたのに、今や嫁がE7系車内ちょっと覗いても良い?とか聞いて自分が止める始末…。
子どもが電車好きだとママはこんなに変わるものなのか?

ということで、新潟旅行はおしまい。
もともとコンサートという用が契機なのであまり期待はしていない旅行ではあったが、出かければやっぱり楽しい。
ただ4人家族で姉弟が揃うとうるさいのなんの…次は一人旅かどっちかを連れた2人旅だな。。。

ラベル:新幹線
posted by たま at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟旅行 2014.05.02-03 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする