2014年03月16日

沖縄旅行記(1):NH139便にて沖縄へ

2週間に北の大地に行ったばかりなのだが、今度は南へ旅行です(苦笑)

今回は嫁の勤務先のグループの社員旅行的なグループ旅行である。
家族参加OKということなので、我が家は家族で参加することにした。
社員旅行と言ってもイベントは土曜夜の懇親会だけ参加で、その他は自由行動であり、中には1日早く石垣島へ行っている組もある。
そんなわけで、ホテルも航空会社もバラバラなグループ旅行を手配した幹事さんは大変だったろうなぁと思うが、我が家は金曜の最終便で沖縄へ向かい、2泊して日曜に戻る予定である。
利用したのはANAのツアーであるが、驚いたのはその値段で、2泊3日ホテルにレンタカー付きで1人たった4万円とのこと!かつての超割を使ってもこの値段は個人手配じゃ実現できんわ。
ツアーはどうやって利益を確保しているんでしょうかねぇ。

ということで2月28日(金)。
仕事を少し早く終えて帰宅するつもりだったが、うっかり15時から用があるのを忘れており、それに出たりしてなんだかんだ言って会社を出たのが17時…。
大急ぎで息子を保育園から引き取り、わんこをペットショップに預けたりして、家を出たのが18時半であった。
搭乗するNH139便の出発は20時。うーん、時間あまりないなぁ…と思って信号待ちのときに道路情報を見たら、湾岸線は黄色〜赤色で埋まってた…orz
果たして葛西に着くと、電光掲示には「大井まで断続渋滞9km25分」
4年前の悪夢が蘇るが、4年前よりは15分ほど早いのでまあ何とかなるだろう(苦笑)と思って渋滞に突入。
断続渋滞なのでノロノロではあるが進み、結局空港の駐車場に着いたのは19時半であった。
やれやれ。

140228_001.JPG

140228_002.JPG

空弁を買ってセキュリティを抜けたらもう搭乗の時間。
ラウンジも優先搭乗も味わうことなく機内へ…。

140228_003.JPG

今日の機材はB777-200ER・JA742A号機。

140228_004.JPG

140228_005.JPG

最新鋭のB777で、シートやエンタメは国内線B787と同じシステムであった。
機内は完全満席で、ツアーならでの真ん中4席なので非常に窮屈であった。
旅程表をもらってから座席変更できないかWebを定期的に見ていたのだが、さすがにこんだけ混んでたらダメなのは仕方ないね。
機内は仕事帰りの会社員や赤ちゃん連れやら多種多様で賑やかであるが、沖縄線らしく荷物が多くなかなか出発しなかった。おなかすいたよ…。
特にキャリーを持ちこんで来る奴が多くて困る。面倒くさがらずに預けろよと小一時間。

140228_006.JPG

20分ほど遅れてようやく出発し、空弁で夕食。
2週間前は膝の上であった息子は今回は一人前に確保しているので楽であった。
食べ終わったらもうやることはないので沖縄まで子どもたちをあやしながら過ごす。
偏西風が弱かったのか遅れは何とか回復し、22:45定刻に那覇空港に到着。

140228_007.JPG

140228_008.JPG

機外に出ると…暖かい!
この時間でも気温が20度とのことで、コートはさすがにクルマに置いてきたのだが、代わりに着込んだジャケットが暑い!着てこなければ良かったってくらい。
結局滞在中は長袖シャツだけで過ごしました。
いやあ、2週間前の雪景色が信じられませんな。日本は広い!

140228_009.JPG

今回はレンタカーがついているので、こんな時間なのでタクシーでホテルに行きたい位であったが大人しく送迎バスでレンタカー屋へ向かう。
ところが今回借りるニッポンレンタカーのバンヤン店は、明治橋近くとほとんど市街地であった。
ここまで送迎してくれるならそのままホテルへ行ってくれよ…と思うが、レンタカーの手続きをして、わずか2kmほど運転してホテルへ。
結局ホテルに着いたのは23時半を回っていた。眠いよ〜。

ラベル:ANA
posted by たま at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄旅行 2014.02.28-03.02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

沖縄旅行記(2):かりゆしアーバンリゾート那覇

今回の宿泊先はこちら。

140228_010.JPG

離島航路の発着地である泊ふ頭のビル「とまりん」にあるかりゆしアーバンリゾート那覇が今回の宿泊地である。
ゆいレールの美栄橋駅から10分以上歩くので公共交通機関の便はあまり良くないが、国道58号線に面しておりレンタカーであればそれほど不便な場所ではない。
第三セクターのビルに入居しているし、ツアーで基本プランで泊まれるホテルなのであまり大した期待はできないのかな…と思って来てみたのですが。

140228_011.JPG

こじんまりとした入口はスタイリッシュでなかなか良い感じですよ。

140228_012.JPG

140228_013.JPG

ロビーはリゾートっぽい香りがあふれ、オリエンタルな雰囲気。
座ってのチェックインや荷物を部屋まで持って行ってくれるなど、ホスピタリティは十分。

140228_014.JPG

今回の部屋は9階。
エレベータを降りるとセキュリティがあり、カードがないと先に進めない。
このランクのホテルには通常ない設備で感心した。

140228_015.JPG

今回の部屋はスタンダードフロアのフォースルームであった。
エキストラでもなく最初から4人泊まれる部屋ってのは初めてである。それだけ団体利用が多いのかもしれないが、35平方メートルとそこそこ広いので、4つベッドがあってもそれほど狭くはない。
ちゃんとソファもあるし、何より一人ひとり寝っ転がれるのが良かった。

140228_016.JPG

140228_017.JPG

部屋は十分なリノベーションをしていたが、バストイレはさすがにちょっとくたびれた感じであった。
でも必要十分な広さで文句はなし。滞在中は暑くてシャワーだけ浴びていたので、洗い場がないとはいえそれほど不便でもなかった。
またこのホテルは温泉ではないがスパがあり、4歳未満はダメとか6歳以上の混浴はダメとかいろいろ条件があるが、1回1000円とそれほど高くはない値段で入れるのでいざとなったらそこを使えば良い。

あと有り難かったのは無線LANが飛びまくっていて、しかも電波が強かったこと。
iPhoneにiPadに会社PCといろいろ持ってきていたのだがどれも快適に使えていた。今時の宿泊客のことを分かってくれているのは良いね!

140228_018.JPG

ただ残念だったのはこの部屋、海側ではなかったこと。自分で予約するのなら景色も選ぶのだが、このあたりはツアーなので仕方がない。まあ、今回はほとんどホテルにいなかったからいいのだけど。

ということで、一通り散策したのでおやすみなさい…。

140301_001.JPG

ということで、那覇のシティビューを見ながら起きました。
朝ごはんと行きましょう。
朝食は8階のレストラン「暖流満菜」へ。

140301_002.JPG

このホテル、8階から上が吹き抜けになっており、廊下から眺めることが出来る。
開放感があってなんとなくリゾート気分。

140301_003.JPG

レストランもこんな明るい感じで、まさにアーバンリゾートだね。この雰囲気が良かったです。

140301_004.JPG

ブッフェは品数豊富で、少ないながらも沖縄料理もあり、さっそくチャンブルーなどを頂きました。

140301_005.JPG

海側は泊ふ頭を一望でき、なかなかの眺め。
これが最上階の14階だともっと橋の奥の東シナ海も望めてなお景色が良いのかも。

ということで、このホテル、かなり良かったです。
少なくともツアーの基本プランで泊まるレベルをはるかに超えており、相当コストパフォーマンスが高いと思った。なんでこんなに安いのだろうと思うくらい。
5年前に泊まったロワジールホテル那覇と比べると、あちらのほうがランクが高いはずだけど、温泉以外はこちらのほうが正直良いと思う。
細かいところを探せばいろいろ荒いところは出るのかもしれないが、非常に満足度の高い滞在であった。
機会があればまたリピートしても良いかなと思うくらいなホテルであった。

ということで、沖縄を満喫できる日は事実上2日目の1日しかないので、遊びに行きますか〜。

ラベル:宿泊記
posted by たま at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄旅行 2014.02.28-03.02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

沖縄旅行記(3):沖縄の休日

今日は夕方には懇親会場に行かないといけないので、ツアーについてきた無料パスを使えるところを中心に南部を周遊しようと思う。

ということで10時過ぎにホテルを出発したが、嫁が国際通りで買い物をしたいと言うので、まずは嫁と娘を国際通りで降ろして、息子と自分は…。

140301_006.JPG

まずはお決まりのゆいレールです(苦笑)。

140301_007.JPG

空港の駐車場にレンタカーを止めて、県庁前駅へ。
ゆいレールは何と言っても各駅ごとに異なる沖縄民謡のメロディが楽しい。息子も満足だったようで何より。

県庁前駅からは嫁と娘もゆいレールに乗り空港へ。
今回借りたレンタカーはiPhoneの接続が出来るので、夏川りみやBEGINの音楽を聴きながらのんびりとドライブする。最近のレンタカーはすごいね。
小一時間クルマを走らせる。

140301_008.JPG

天気は下り坂気味であるが、今日は持ってくれて初夏のような青空。
最高気温は24度とのこと!2週間前の雪景色がウソのようだ。

140301_009.JPG

向かったところはニライカナイ橋
突然視界が開き、海を望みながら空からゆっくり降りるように走る眺めは最高だった。
沖縄、いいなぁ…。

140301_010.JPG

140301_011.JPG

140301_012.JPG

最初の目的地は、観光客にも有名な新原ビーチ
ここではグラスボートに乗ることが出来る。
娘は水族館に行きたかったようだが、さすがに美ら海水族館に行く時間はなかったので、ここで魚を見ようと思う。ここはツアーの無料パスで料金1500円がタダなのもありがたい。
てか、このツアーどうやって儲けているんだろう…。

140301_013.JPG

乗船までは20分ほどあったので、浜辺で遊ぶ。海がキレイだね。

140301_014.JPG

140301_015.JPG

さて乗りましょうか。
船には我が家ともう1組。シーズンオフではあるがコンスタントに乗る客はいるようだ。

140301_016.JPG

140301_017.JPG

この時間は干潮であったこともあり、非常に遠浅でかなり先まで行っても底がすぐ近くに見える。
しかし熱帯魚を初めとして様々な魚を見ることができ、なかなか面白い。
こんな人の多い海辺からすぐ近くでもいろんな魚がいるのね。

140301_018.JPG

140301_019.JPG

しばらくするとボートは一気にスピードを上げ、沖に出た。
すると海の色が一気に青くなった。天然のブルーがこんなに美しいとは…と感激したが、沖は波が荒くて結構船が揺れ、気分が悪くなった。
息子はすっかり怖がって嫁の首をつかんで離さず、嫁はグラスの中を全く見ることが出来ず…。
弱虫だなぁ。

帰りもボートは猛スピードで蛇行しながら戻ってきた。絶対あの船長、息子が怖がっているからってわざとやったな(笑)

てことで、なかなか楽しいグラスボート体験を終え、次の目的地へ。

140301_020.JPG

おきなわワールドである。
ベタなテーマパークであるが、今まで来たことはないし、いろんな体験展示があるので楽しそうだ。
もちろんここも入園料はパスで無料。

140301_021.JPG

時刻は15時過ぎ。小腹がすいたので沖縄そばを食べる。
普通のそばであったが、美味しかった。沖縄そばはどこでも美味しいね。

140301_022.JPG

嫁と娘は紅型工房へ体験へ行き、息子と自分は16時からのスーパーエイサーを見る。
テーマパークのイベントなので普通なのかなぁと思ったのだが、かなりの本格派でびっくりした。
演者も息上がるほどの力の入った演技で、見ごたえがあり、見て良かったと思う。
もっとも、息子は途中のシーサーが怖くて震えてたけど…。
あと残念なのは写真撮影NGなこと。最後だけOKなのでみんなで楽しく踊るシーンを撮影。
息子はもちろん参加せず(苦笑)

140301_023.JPG

140301_024.JPG

140301_025.JPG

本当は玉泉洞にも寄りたかったのだが、時間もないので有料施設をちょっと見学し、娘は琉球衣装の着付けを体験。カワイイね!
そして、周りの花も綺麗だね〜。ホント、沖縄は気分が穏やかになります。

ということで、時刻は17時になったので懇親会場へ向かいましょう。
途中あちこちで渋滞に巻き込まれるが、ほぼ時間通りに到着。

140301_026.JPG

140301_027.JPG

懇親会はここ、浦添市の串揚げ屋さん。なんと貸切であった。
串揚げ以外にも沖縄料理がふんだんに味わうことが出来、また笑いあり涙ありの楽しい会であった。
こういう機会を作ってくれて感謝であります。

22時前にお開きになり、ホテルへ。
慌しくも楽しい1日は終わり。さて、明日はもう帰りますよ(泣)

posted by たま at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄旅行 2014.02.28-03.02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄旅行記(4・終):さらばB747-400D!

最終日は残念ながら朝から雨であった。
もっとも、今日は12:30発の便で帰る予定だったので大して遊ぶ時間もないので別に雨でも問題なし。

9時半過ぎにチェックアウトし、嫁と息子はゆいレールに乗った後国際通りをちょっと買い物、娘と自分はおもろまちのサンエーへ行き、たまごっちのP's Stationでご当地キャラをダウンロードなどをしたらもうレンタカーの返却の時間である。

11時に返却し、バスで空港へ。

140302_001.JPG

140302_002.JPG

ANAのカウンターは荷物預けの長蛇の列ができていたが、プレミアムカウンターはすいていてさくっと預ける。
こういうときはSFC持ってて便利だよなぁと思う。

ちょっと買い物した後、嫁と娘はラウンジへ行く。
自分も普段であればラウンジへ行くのだが、今日は搭乗ゲートへ直行…。

140302_003.JPG

これから乗る12:30発のNH126便は、今月末で退役が決定しているB747-400D・JA8960号機である。
もちろん!今回の旅行はB747に乗れるが故に万難を排して参加したわけでございます(笑)
参加希望に、NH126便か19:30発のNH136便指定と言ったことは言うまでもありません(爆)

140302_004.JPG

一般人も含めて写真を撮る人が多く、この付近だけちょっと空気が違ったような。

さて、時間になりましたので搭乗です。

140302_005.JPG

花と一緒に。
沖縄線はJALも含めてほとんどB747ばかりであり、もうこの大きな機体で来ることはないと思うと残念だ。

ドアクローズすると、4発機らしい力のこもったエンジン音が響く。
つい最近まで当たり前だった光景なのに、今や時間を選ばないと聞けなくなった。
そして来月からはそれも思い出に…。

ポン、ポンという音もB747-400だけ他の機材と違ってはっきりとした音色で好きでした。
沖縄線とはいえ国内線なので、十分な余力を残して軽々と離陸。
さらば沖縄。

140302_006.JPG

搭乗率は低く、3割くらいしか乗ってなかったが、窓側は見事に満席。
自分も窓側席を確保するのに苦労した。もっとも、その苦労して取った席は娘にあっさり取られたけど…。
B747はこういう場面ではやっぱり不利だけど、繁忙期の十分な輸送力という点での功績の方が大きいわけで、返す返すも退役は残念だ。
同じ横10列でもこの広々としたキャビンは、B777では絶対味わえない。

140302_007.JPG

ちょうど今、機内ビデオではB747のショートムービーが流れているのだが、Another Skyのピアノバージョンをバックに流れるB747の映像が秀逸で、つい目頭が熱くなってしまう…。

140302_008.JPG

140302_009.JPG

140302_010.JPG

4発機のシンボル、エンジンや安全のしおりをパチリ。

機内はガラガラにも関わらず大撮影大会モードで、あちこちでカメラが見えた。
こんな調子じゃ3月31日は大変だろうな。
自分ももちろん撮影大会に参加です。

140302_011.JPG

140302_012.JPG

B747といえば2階席である。
この階段も楽しいものだった。
アッパー体験の中でも印象的だったのはフランクフルトからの帰りにNewStyle CLUB ANAに乗った時。ANAの国際線B747はアッパーはビジネスだけなので、乗れたのは良い経験だった。

140302_013.JPG

2階席もついでに見学。搭乗率は高かったようだ。

機長からのアナウンスも秀逸で、高度やルート、着陸する滑走路の情報など、誰得な内容でマニアには格好の内容であった。西野機長という方で、ピカチュウジャンボのラストを担当するなど結構有名な方らしい。
アナウンスによれば、このJA8960号機は3月16日で退役し、最終日はJA8961号機が担当するらしい。
JALも含めてあれだけいたジャンボもあと2機なのね…。

B747らしい安定した飛行でで、2時間もかからずに羽田へ…復路はあっという間でした。
定刻よりも若干早い14:40に羽田空港のA滑走路に着陸。
ANAのB747搭乗もこれでおしまいです。

140302_014.JPG

羽田も大撮影大会でした。

140302_015.JPG

良く見ると、機長が手を振ってくれてます!
サービス精神のある方でありがたかった。

140302_016.JPG

140302_017.JPG

名残り惜しいが、一通り撮影し到着ロビーへ。
ただ残念だったのは塗装の汚れが目立っていたこと。ピカチュウジャンボも末期は結構ひどかったが、このJA8960号機もかなりひどい状態であった。JA8961号機のラストフライトくらいは綺麗な状態にしてほしいな。

B747自体は数こそ少なくなったが海外航空会社で運航はしているけれど、あれほど沢山いた日本の航空会社からいなくなってしまうというのは非常に寂しいものだ。
理由はいくらでもあるのだろうが、B747をオペレートできない航空会社なんてつまらないし、オペレートできるほど客の多い会社であってほしい。
いつの日か、またB747のようなフラッグシップ機を運航してくれるようにJALとANAには期待したいものだが、最近の傾向を見ていると期待薄ではある…。

ということで、楽しい沖縄旅行も、B747のラストフライトを持って無事終了。
結果的に少し早い便なので余裕を持って帰れたのも良かった。
しかし、雨模様の東京はなんと6度!寒くてたまりませんでした…。

さて、次はどこへ行こうかしら。

(おしまい)

ラベル:ANA
posted by たま at 01:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄旅行 2014.02.28-03.02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする