2013年06月16日

南紀白浜旅行記(1):発端

小学生になると授業があるので、平日休んで出かけるのはさすがに気が引ける。
そうなるとゴールデンウィークや夏休みなど繁忙期に出かけないといけない。
4月から電車やバスも子ども料金取られるし、出費がバカにならないのだが、そんなわけでこのゴールデンウィークに出かけることにした。
が、繁忙期なのでどこも高いので、必然的に出かけるとすればマイルを使うか、繁忙期の値上げ幅が少ないJRかになる。

今回は南紀白浜に行こうと思う。
南紀白浜は過去何度も計画を立てた行先だが、ANAだと関空から行かないといけないので遠いし、JALも南紀白浜便が小型機なので思い立った時にはいつも満席で行けなかった。
ご存知アドベンチャーワールドがあるので、子連れの行き先としてはちょうど良い。
繁忙期なので一切の割引はないが、マイルは使えるので最近の定番、おともdeマイルで行こうと思う。

ということで、2か月前の9:30に仕事そっちのけ(笑)でJALの空席を調べたのだが…おともdeマイルで取れたのは往路の最終便と、復路の初便だけ。
他は取れなかった。っていうか、あの感じじゃ絶対席を開放してないとしか思えん。
争奪戦に負けるなら仕方ないが、最初から売り出さないってのはないよなぁ。
と言ってもしょうがないので、この行程で行くことにした。
2泊3日なのに事実上1日しか滞在しないので、アドベンチャーワールドくらいしか行けないが、まあ子連れだともともとそれくらいが限度なのでいいだろう。

ということでやれやれと思ったのだが、さて宿を取ろうかと思ったら、この時期は繁忙期なので高いのね。
オフシーズンだと数万で泊まれそうなところが軒並み10万とかする。
しかもそれで結構埋まってたりするのは一体どういう家庭が利用するんだろうか…謎だ。
さらに、南紀白浜には会社の保養所がありちょっと当てにしていたのだが、何と3月末で閉館…。
このままホテル難民か…と思ったのだが、嫁の健保組合経由で何とか宿を確保できた。
うーん、繁忙期の旅行はなかなか面倒くさいのぉ。。。

posted by たま at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南紀白浜旅行 2013.04.27-29 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南紀白浜旅行記(2):JL1385便で南紀白浜へ

4月27日。往路は羽田16:35発のJL1385便である。

娘のピアノが終わった後、クルマで羽田空港へ向かうが、クルマで羽田空港と言えば、昨年味わった大渋滞
なので嫁から今回は事前予約の厳命を受けたのだが、予約に出遅れて空港駐車場の事前予約は最初できなかった。
なので民間駐車場にしようかと思ったのだが、ゴールデンウィークは高い上に、料金が1日単位なのでこの日程だと3日間になるとかなり割高になってしまうこと、そして一番いやだったのはキーを渡して移動させられること(自分で泊めたところで何かあった場合は諦めがつくが、他責でそうなるのは勘弁である)なので躊躇してたところ、キャンセルした人がいたのか無事空港駐車場が予約ができた。
もう少し空港駐車場の予約枠増やしてくれないかな…。

もっとも、結果的には駐車場は混雑はしていたものの前回みたいな入場待ちはなく、恐らく予約なしでも泊められたと思うのだが、たった500円の安心材料は大きかった。
今後も午後便とかの場合は使うことにしよう。

さて昨年11月以来の羽田空港第1ターミナルはさすがに結構混んでいた。

130427_001.JPG

JALなのでラウンジには入れないので、スタバやキハチでスイーツを食べた後、搭乗口へ。
地方路線なんで21番と端っこである。遠い…。

130427_002.JPG

130427_003.JPG

優先搭乗で入り、真っ先に乗りこむ娘(先行きすぎて写真に写ってない…)
一方息子は「ヒコーキ怖い…」って。弱虫だな。。。

130427_004.JPG

130427_005.JPG

JL1385便の機材はエンブラエルE170・JA219J号機。
エンブラエルはJALとしては初搭乗だが、機材としては6年前にフロリダで乗って以来。
もう6年前か…ま、あの時は娘は産まれたばっかだしなぁ。

2-2アブレストなので、嫁には申し訳ないが自分だけ通路を挟んで反対側である。
しかし、羽田発の便でこのサイズってのはなぁ。嫁も「こんな小さいの?」と驚いていた。
ただシートピッチは狭くはないので、小さい以外はそこそこ快適である。

搭乗率は満席ではなく、7割くらいといったところ。

定刻通り出発し、一路南紀白浜へ。

130427_006.JPG

右手には富士山が見えたが、全般的には海上なのであまり面白い景色はないはずである、見てないけど。

南紀白浜は近いようで、実は大阪よりも遠く、1時間ちょっとかかる。
特にビビリーな息子の世話をしないといけない嫁は大変だったようであるが、大きな迷惑をかけることはなく無事南紀白浜空港へ到着。

130427_007.JPG

130427_008.JPG

驚いたのは、ボーディングブリッジが1つしかなかったこと。
まあそれで十分なんだろうけど、ちっちゃいねぇ。経営は大丈夫なのかしら。

130427_009.JPG

そもともE170自体76人しか乗れないので、あっという間に空港は閑散としてしまった。
公共交通機関が少ないエリアなので、タクシーで目的地へ向かう。
何台か客待ちしていたが、もう最後の方だったので後ろのタクシーは人拾えたんだろうか。。。

ラベル:JAL
posted by たま at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南紀白浜旅行 2013.04.27-29 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南紀白浜旅行記(3):ラフォーレ南紀白浜

今回の宿泊先はこちら。

130428_001.JPG

ラフォーレ南紀白浜である。
中心地に近く、旅館タイプが多い南紀白浜においてホテル形式なのが子連れにはありがたい。

ここも最初は満室だったのだが、キャンセル待ちが出たのか数室空きが出て、無事最後の一室をゲットした。
嫁の健保組合経由で予約できたので、ゴールデンウィーク中ではあるが比較的リーズナブルに手配できた。
といっても2日間で7万弱もしたが…。

130427_010.JPG

入口に入ると大きな吹き抜けがあり、その奥にロビーがある。
リゾート感はあるが、保養所的な施設でもあるのでそんなに豪華さはない。

今回の部屋は5階の和洋室である。

130427_011.JPG

130427_012.JPG

130427_013.JPG

広さは42平方メートルと十分であるが、和室と洋室の間がベッドの部分の障子でしか仕切れないし、テレビがなぜか和室側にあるので、子供を寝かした後の夜更かしは難しい。
まあこんなところまで来たら速く寝ろってことだね。実際寝たけど…。

130427_014.JPG

130427_015.JPG

洗面所はごくごく普通な実用的な作り。
息子しか使わなかったがバスは洗い場付きで機能的であった。

130427_016.JPG

130427_017.JPG

今回は最後の一室だったので喫煙ルームで庭園ビューであった。
なので部屋からの景色は遠くの海は見えたものの格別のものはなかった。
が、11階の展望コーナーで誰でも楽しむことが出来る。
ということでちょうど日没の時間だったので行ってみた。

130427_018.JPG

眼下には白良浜が一望できる絶景!これは素晴らしかった。

130427_019.JPG

130427_020.JPG

ちょうど18時40分の日没の時間だったので、子どもたちと日没の瞬間を眺めた。
海側の部屋だったらもっと良かったのかもしれないが、ゴールデンウィークに比較的リーズナブルに楽しめて、満足の眺めだった。

130427_021.JPG

もっとも、11階にあるキッズコーナーは幼すぎて小学生の娘にはもう合わないどころか2歳の息子にもちょっと不満なスペック。もう少しグレードアップできないかな…。

今回は2食付きプランである。
ゴールデンウィークの間は夕食もバイキングなので、気遣いがないのは良い。

130427_022.JPG

時間によっては混みますよ…ってことで時間を予約したのだが、朝は別にして夜は満席にはならなかったようだ。

130427_023.JPG

肝心のメニューであるが、種類が豊富。
また、地産地消メニューがいくつかあり、特に梅酢を使って育てた梅豚を使った豚しゃぶは美味しかった。

が、翌日のバイキングでは…。

130428_005.JPG

130428_006.JPG

130428_007.JPG

窓側の席が取れたので、夕闇に沈もうとする景色が楽しめたのは良かったが、メニューが一品残らず同じであったのにがっかり。
いくら種類が多くても、全く同じだと食べる気が失せちゃうというものだ。

130427_024.JPG
(クリックで拡大)

また、今回は2食付きプランだからいいけど、これを別に注文すると5,780円!
さらに5月3日、4日は6,930円!しかもドリンク別。
こんなに高いのにこのレベルなのはちょっとなぁ…という気がした。
今回はレンタカーもないし仕方がなかったけど、連泊だったりクルマがあるのだったら夕食は外で食べたほうが良いと思う。

一方朝食は…。

130428_002.JPG

130428_003.JPG

130428_004.JPG

朝の日差しと海の青さが綺麗であったが、メニューはごく普通のバイキングだった。
夕食もそうだったのだが、もう少し野菜が豊富だったらなぁ。
あとパンが温めないと食べれた代物ではなかったのが残念。

最後は温泉の紹介。
場所は最上階の11階にある。

130428_008.JPG

夜と朝で男女が入れ替わるのだが、その組み合わせが2日間で同じだったので、朝の景色が楽しめるのは常に同じ。
景色が良さそうな白良浜のほうが朝見れるのは男湯だけなのは、自分は良かったけど不満とかでないのかな。

130428_009.JPG

130428_010.JPG

泉質は無色透明であんまり温泉ぽくはなかったのだが、白浜のシンボル円月島を初めに、朝から白浜の景色を一望できて最高であった。

ということで、全体的にはコストパフォーマンスも良くよいホテルであったが、次回は夕食は外で食べることにしようかな。
これまで健保組合の案内は良く見ながら使ったことのなかったラフォーレであるがなかなか良かったので、今後は他のラフォーレもちょこちょこ使ってみようかなと思う。


ラベル:宿泊記
posted by たま at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南紀白浜旅行 2013.04.27-29 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

南紀白浜旅行記(4):白良浜

ラフォーレ南紀白浜の眼下に見える白良浜。

130428_011.JPG

早起きして朝の散策といきましょう。

130428_012.JPG

130428_013.JPG

朝の白良浜は人もまばら。水面も静かで、ゆったりとした眺めを堪能した。

130428_014.JPG

水が綺麗ですねぇ〜。

130428_015.JPG

浜から見たラフォーレ南紀白浜。
高台だが距離にして5分ほどなので、大した距離ではないが、海水浴の場合はちょっと不便かも。

朝食を食べた後、今度は家族で浜へ行ってみた。

130428_016.JPG

130428_017.JPG

早朝とは打って変わって、浜で遊ぶ人で賑わっていた。
そして、海が青い!砂が白い! 見事な白浜だった。

そういえばここの白良浜はGood Luckの最終回のハワイとされたシーンの撮影に使われたらしい。
ドラマ嫌いの自分もあれは見た。そして、就職先を航空会社にすればよかったと後悔した…。
娘にパイロットになってもらうか…。





130428_018.JPG

白良浜っ!!



posted by たま at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南紀白浜旅行 2013.04.27-29 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南紀白浜旅行記(5):アドベンチャーワールド(前半)

今回の旅行のメイン、アドベンチャーワールドに行くことにしよう。

130428_019.JPG

白良浜からはタクシーのほうが便利なのだが、嫁がバスで行きたいというのでうまく時間を合わせて10:54発のバスでアドベンチャーワールドへ。
三段壁を経由して遠回りするうえに本数が少ないのだが、乗ってしまえば狭いタクシーよりは楽。

20分でアドベンチャーワールドへ。

130428_020.JPG

130428_021.JPG

今日はとても良い天気なのだが、風が結構強くて予想よりも肌寒かった。
親子仲良く歩いているように見えるが、娘が息子にちょっかい出したりしてなかなか進みません…。

あんまり下調べもせずにきたので、とりあえずパンダを見ようかと思い途中にあるペンギン王国へ。

130428_022.JPG

ここは7種類ものペンギンを飼育していて、国内有数の規模だそうだ。
ペンギンコロニーにずらっと並んだペンギンは壮観。
嫁と娘は大喜びだが、息子は「怖い〜」って。情けない…。

130428_023.JPG

130428_024.JPG

130428_025.JPG

それでも隣の海獣館に来るころにはだいぶ慣れたみたいで、シロクマをじーっと見ていた。どう?

さてここまで来てパンフを良く見ると、パンダは2か所で見れることが判明。
通り過ぎていたみたいなので戻る。
4月にできたばかりのパンダラブへ。

130428_026.JPG

130428_027.JPG

屋外運動場にはアドベンチャーワールドのパンダ達の大黒柱、永明がいた。
さすが貫禄充分。というか笹を食べる音が豪快!
ガラス越しの上野動物園とは全然違う。

130428_028.JPG

屋内は結構混んでいたが、大渋滞というほどでもなかった。
上野に新しく来たパンダはまだ見てないけど、トントンの頃(古いっ!)の大行列に比べれば天国だね。
屋内は2010年に産まれた双子ちゃんがいた。

130428_029.JPG

陽浜はお昼寝中〜。

130428_030.JPG

海浜はお食事中。
それにしても、ホント近い。
ガラスがないので、近くまで寄ってくると息遣いが聞こえてくる。
こりゃパンダ好きにはたまりませんね。
戻ってからアドベンチャーワールドに行きましたっていうと関西出身の人以外は知っている人少ないみたいだけど、パンダが特に好きでもない人でも家族連れなら行く価値はあると思いますね。

満足して、昼もだいぶ過ぎたのでさて昼食でも…と思いセンタードームのアドベンチャーレストランに行くが、大混雑!
入園してからそんなに人大杉という感じはしなかったのだが、やっぱりGWだけあってここは人が多い。
しかも全然空きそうな気配がないし、他のレストランも入れそうにない。
こりゃ無理だということでとりあえずスタンドで売っていたパンダ肉まんで小腹を満たすことに…。

130428_031.JPG

値段も味もザ・遊園地って感じでした…。
余力があれば一旦出てとれとれ市場に行った方がいいかもしれませんな。

ということで後半戦です。

(つづく)
posted by たま at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南紀白浜旅行 2013.04.27-29 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南紀白浜旅行記(6):アドベンチャーワールド(後半)

もう1か所パンダが見れる場所、ブリーディングセンターへ向かいましょう。

130428_032.JPG

ここは昨年8月に産まれた赤ちゃん「優浜」とお母さん「良浜」が暮らしている。
ここはパンダラブ以上に混んでいた。
さて優浜はいるかな…。

130428_033.JPG

いた!
だいぶ大きくなったとはいえ、先ほどの海浜・陽浜と比べると小さくてかわいいですね。

130428_034.JPG

130428_035.JPG

130428_036.JPG

良浜はここにいました。
優浜は2階に登ったら疲れちゃったのか寝ちゃったみたい…。

さて、次の目的地はアトラクション。
少し時間があるので、エンジョイドームの遊園地で遊ぶことにした。

130428_037.JPG

130428_038.JPG

息子くらいな小さな子でも遊べる場所が沢山あるのはいいのだが、1個1個に200円だの300円だのかかるので、親にとってはお金がいくらあっても足りません…。

少し遊んで、最初に見たペンギン王国の前に戻る。
14:45からのペンギンパレードを見物。

130428_039.JPG

お、来ましたねー。
ペンギンパレード自体はあちこちでやっているが、実物を見るのは初めて。
結構スタスタ歩くのね。

130428_040.JPG

130428_041.JPG

フラワー通りを往復したら、撮影タイムということなので家族でパチリ。
あっちこっち向いているのはご愛嬌だが、逃げ出さないのは大したもんだ。

続いて、15:45からビッグオーシャンで開かれるマリンライブを見ることにしよう。
その前に…

130428_042.JPG

ドルフィンドッグをテイクアウト。
イルカの形をしているだけであとは普通のホットドッグであるが、ようやく一息。

さて、マリンライブのスタートです。

130428_043.JPG

130428_044.JPG

130428_045.JPG

水族館のショーはあちこちで見てきたが、ここは大型スクリーンをうまく使って観客と一体感を高め、ショーはBGM主体でアナウンスがなく、それゆえ動物たちのパフォーマンスがより印象的となり、素晴らしかった。
さすがはアドベンチャーワールドだなぁと感心。

さてまだまだアドベンチャーワールド巡りは続きますよ。

130428_046.JPG

サファリワールドケニア号でぐるっと一周します。
ケニア号とはいってもクルマなのだが、冷房が効いてほっと一息。
このケニア号、スーパーシートがあり、500円払うとゆったりした席に待ち時間なく座れる。
空ヲタとしてはすごく惹きつける(笑)名前であったが、おとなしく普通席に座る。

130428_047.JPG

130428_048.JPG

サファリワールドは草食動物ゾーンは徒歩でも巡ることが出来る。
ゾウやキリンにエサをあげることが出来る。
ちょっとうらやましいが、さすがにここまで歩くのはしんどいので我慢。

130428_049.JPG

130428_050.JPG

130428_051.JPG

二重扉で厳重に囲われた肉食動物ゾーンに入ると、ライオンやチーター、トラなどを間近に見れる。
自然に近い形で過ごす動物たちは他の動物園と同じ種とは思えないほど迫力がある。
とても素晴らしかったです。

130428_052.JPG

130428_053.JPG

130428_054.JPG

月並みですが観覧車にも乗りました。
すぐ隣は南紀白浜空港の滑走路。うまく着陸機でも来ないかなぁと思ったが、便数が少なすぎて合わず。残念。

買い物をする嫁と娘を先に行かせて、息子とちょっと休憩。

130428_055.JPG

パンダの写真の前に座布団を並べて、何がしたいのかしら…!?
最後にパンダを見物しておしまいにしましょうか。

130428_056.JPG

優浜はずーっと昼寝してたのかしら。

130428_057.JPG

130428_058.JPG

永明はまだむしゃむしゃと食事をしていたが…しかし情けない格好。。。
この時間になるとパンダラブは閑散としていた。パンダ見放題とは贅沢だね。

130428_059.JPG

さて帰ろうかと思ったが、帰りのエントランスドームで追加の買い物…orz
18時半過ぎに退園。この日は20時半まで開いていてナイトマリンライブなど昼とはまた違ったアトラクションもあるのだが、さすがに疲れたのでこのくらいにしよう。
帰りはタクシーでホテルへ戻った。

結構滞在したのだが、とてもじゃないが全部見切れなかった。
民間施設ながらこの充実度合いは他の動物園や水族館はとてもかないませんな。
まあその分入場料は高いけど、この内容だったら値段相応かなという気がする。
中でもパンダ5頭はさすがの一言。これでも1年前は8頭いたらしくだいぶ寂しくなったというから頭が下がる。
今年は繁殖の見込みはないらしいが、来年もし新たなパンダが産まれたら再訪したいな。

posted by たま at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南紀白浜旅行 2013.04.27-29 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南紀白浜旅行記(7・終):JL1382便で帰京

最終日。といっても今日は9:15発のJL1382便で東京へ帰るだけである。

8時半にチェックアウトし、タクシーで空港へ。
近いのですぐ着いた。

130429_001.JPG

午後の2便は満席だったが、この便は満席ではないようだ。
ちょうど、羽田からのJL1381便・JA216J号機が到着。

130429_002.JPG

空港は小さな売店が2つあるだけで、30分前に着いたというのに時間をもてあます。
もてあましたのでさらに土産を買い(泣)搭乗口へ。
往路で見かけた顔もちらほらいた。

130429_003.JPG

130429_004.JPG

後ろにアドベンチャーワールドが見えますね。

搭乗率は半分ちょっとといったところ。帰りは後ろだったので人口密度も少なく楽だった。

130429_005.JPG

今日は天気はそこそこ良かったが、如何せん海上を飛ぶので景色はさしたるものではない。
1時間ちょっとで無事羽田に到着。

130429_006.JPG

130429_007.JPG

荷物を受け取って出たのが10時半であった。
この後2タミに行っていつもの出汁を買ったり、嫁が真逆の駐車場に行ったり(苦笑)したり、舞浜のシェラトンに立ち寄ってスタジオアリスの写真を引き取ったりしたが、それでもゆったりと自宅に戻った。
午前便はもったいないけど、翌日会社ってことを考えるとこのくらいのほうが楽かもね。

ということで、ゴールデンウィーク旅行は無事終了。
さて次はどこへ?

ラベル:JAL
posted by たま at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南紀白浜旅行 2013.04.27-29 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする