2006年07月20日

超割スペシャル石垣争奪戦に参加!

今日は11時から超割スペシャルの上級会員の先行予約である。
今まで超割は一般販売期間ぎりぎりに慌てて行先を考えていたので先行予約をするのは実は初めて。
ってことで11時ジャストにボタンを押す。
(仕事は…って質問はナシで(笑))

こんなスペシャル運賃なので、目指すはもちろん1日1本の羽田→石垣線。
通常の超割でも超激戦なので、厳しいだろうなあと思いきや、一度だけエラーが出たけど、あとはさくさく取れますた!
日曜は避けて平日狙いだったのが良かったのかな。ただ年休取らないと…。
ってことで、羽田→石垣→那覇→羽田と取ったのだが、石垣→那覇の夕方便がダメで、石垣島滞在はたった4時間。。。
なので、押さえで(あんまりやっちゃいけないのだが)羽田→那覇も確保しているので、行先は今から考えます…。

まあ石垣→那覇だったら旅割とかでも10000円程度だろうし、一般先行の枠もまだあるだろうから、石垣とか行っちゃおうかなあ。
羽田→石垣より高い石垣→那覇ってのもありえない運賃体系だが…。

ラベル:ANA
posted by たま at 23:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | 竹富島日帰り旅行 2006.10.02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

超割スペシャル発売日

今日は超割スペシャル及びスペシャルバーゲンフェアの発売日である。

前回の先行予約で石垣→那覇の時間帯の良い便が取れなかったので、今日も参戦である。
今日は激戦が予想されるので会社も年休として(笑)準備万端(←いや、元々年休が余っていて取らないといけないのですよ…)

先行予約で取れているのは
■NH1768便 石垣13:55→那覇14:45

であるが、これだと石垣で4時間しか滞在できない。
もっと滞在できるように、ただ多少は那覇にも滞在したいので、候補として
■第1希望 NH1772便 石垣15:15→那覇16:05
■第2希望 NU84便 石垣15:25→那覇16:15
■第3希望 NU614便 石垣15:45→那覇16:35

■第4希望 NH1770便 石垣14:25→那覇15:15
とNU(JTA)も含めて選定。
このうちNU84便は実際は那覇経由関空行なので、スーパー特便割引28も普段から設定されておらず、きっと望み薄だろうから、NH1772便に照準をあてることにした。

まずPCの時計をNTPで調整して、9:30:00にANAの検索ボタンを押す。
エラーなく便一覧画面に飛ぶが…何とNH1772便はキャンセル待ち。。。orz

うーん、先行予約のときも満席だったのだが…ホントに席あるのかオイ!

やむなく、第4希望のNH1770便を予約して、第1希望キャンセル待ちをかける。
段々エラーが多発するも何とか予約OKで、JALへ移動。
ここでメールを見ると、先行予約OKのメールが来たので、まずは一安心である。
JALは9:30より前からエラー多発であり、リロードしまくりながらも便一覧まで行くが、予想通り第2希望は満席。
とりあえず第3希望を予約して、エラー多発の中第2希望のキャンセル待ちをかけて完了。

ってことで、休んだ割には実りのない結果であった。
キャンセル待ちに期待するも、今回ばかりはきっと出ないだろうから、第3,4希望でどっちにするか後2日以内に検討しないと…。

あと、やらないといけないことは座席指定。
羽田→石垣便は3時間もかかるのでぜひとも足元の広い非常口席が欲しい!
ってことで座席指定ページに行くが、9:30時点ではJALよりさくさくだったANAのページが全然応答しなくなった。
座席指定ページに行けませーん!!(泣)

ということで、裏技へ移行(笑)
携帯からANA SKY MOBILEへ接続。
HPが混んでも携帯サイトはすいていることが多いのである。
さくさく動いて、無事非常口席を手配完了。
あと那覇→羽田便も足元の広い窓側をゲットした(ただ第1希望の2階非常口窓側は取れず…うーむ)

と、ここまでやって10時半。
11時前には何とかHPも入れるようになったので、先行で取っていたNH1768便を放流して今日のミッションは完了である。

あとは旅割/特割28発売日に再度チャレンジかなあ…。ただ今日が発売日の10/1を見ると、旅割はことごとく満席だし、特割28は今回の便は売ってない。
ま、あとで考えよう。

さて…やることもやったし寝るか(笑)

ラベル:ANA JAL
posted by たま at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(2) | 竹富島日帰り旅行 2006.10.02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

超割スペシャル:結局キャンセル待ちは…

先日手配した超割スペシャルのキャンセル待ちであるが、結局何の連絡もないまま8月3日が終わろうとしている…。

ってことで、第3希望で決済して当日の様子を見て前倒しも検討(できるかどうか知らないけど)することにした。
うーん、今回はやっぱり厳しかったなあ。
明日4日になると多少はキャンセルが出るのだろうか…。

第3希望はJTAなので、個人的には沖縄の翼JTAに乗るってのは楽しみであるが、この日が台風だったらキャン待ち種別Aで帰れないなあ…という不安もあるところ。

ラベル:ANA JAL
posted by たま at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 竹富島日帰り旅行 2006.10.02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

超割スペシャルで行く竹富島日帰り旅行1:往路

10月1日〜5日は超割スペシャル&スペシャルバーゲンフェアの期間。
以前争奪戦の末確保した石垣行チケットを使って、日帰りで竹富島へ行ってまいりました。
といっても起床4時半、帰宅23時半。
今の体調はとんでもなくヘロヘロです…。
久々に飛行機降りた後もぐらんぐらんしてます…。

ということで、羽田6:40発の石垣行NH117便に乗るべく、新宿線〜高速バスを乗り継ぎ羽田空港には6:00少し前に到着。

セキュリティチェックを抜けて、早朝限定のクロワッサンを頂きに北ピアのエアポートラウンジへ行く。

20061002_Okinawa023.JPG

競争率が高いと言われているクロワッサンであるが、さすがに朝6時なので沢山あった。いただきます…。

20061002_Okinawa021.JPG

20061002_Okinawa022.JPG

ゴールドカードを持っていれば誰でも使えるラウンジなので、もっと混んでいるのかと思ったらすいていて快適。
4階なのでずらっと並ぶANAの飛行機も見ることが出来て眺めも最高。
ジュースしかない3階の北ピアSignetよりよほどいいかも。

さてラウンジを出て53番搭乗口へ向かう。
もっと混んでいるかと思ったら搭乗ゲートは閑散としていた。
乗る飛行機が小さいってもあるけど、そっか、よく考えたら今日は平日だ…。

20061002_Okinawa024.JPG

新聞が欲しかったので優先搭乗のアナウンスで搭乗。
前にいた人は対象者じゃなかったらしく止められていたが、手持ちの搭乗券は自分と同じ「超割スペシャル」だった。
上級会員の先行受付じゃなけりゃ取れない石垣行チケットと言われていたけど、取る人は取るんだなあ。でもどうやって取ったんだろうとちょっと気になる。

20061002_Okinawa001.JPG

今日の機材はB737-500・JA305K号機。
ANAの石垣行は今月末で運休となり、来月からは那覇で乗換を強いられるので、自分にとっては最初で最後の最長距離飛行。

搭乗率は7割程度で、家族連れと老人団体が多かったかな。
自分のような個人旅行者は予想よりは少なかった。

座席は事前に指定しておいた非常口席。
普段国内線は必ず窓側なのだがさすがに3時間も乗るとトイレとか行きたくなるかなと思って通路側にしてみた。
非常口席はそんなに広いわけではないが、それでも足元広々で、隣席が空席だったこともあってとっても快適ですた。
でも今後は平SFCはここ取れなくなっちゃうのかな…orz

20061002_Okinawa002.JPG

狭いB737-500の3時間なので苦行を覚悟していたが、7chの音楽がタイムリーなことにBEGIN特集であり、「涙そうそう」「島人の宝」「竹富島で会いましょう」など心地よい歌を聞きながらの穏やかな3時間であった。
BEGINの音楽は素晴らしいな。一気にファンになりますた。

20061002_Okinawa003.JPG

石垣空港は滑走路が1500mしかなく、飛べる飛行機はB737以下に限られ、さらにB737でもかなりの急ブレーキをかけないと止まれない。
ということでちょっと楽しみだった着陸であるが、普通にタッチダウンして「あれ?」と一瞬思ったその後、ものすごい轟音とかなりのGを受けて急停止。
いやあ、B737ってこんなにすぐに止まれるんだー。
ちっこくてブサイクな飛行機と思っていたB737だけどちょっと感動した。
石垣空港の滑走路は誘導路もないので、先端からくるっと引き返して、オープンスポットに定刻より若干遅れて10時少し前に無事へ到着。

20061002_Okinawa004.JPG

飛行機を降りるとむわっとした空気が南国を感じさせる。
バスで200mほど移動して小さな到着ロビーに入る。

20061002_Okinawa025.JPG

ラベル:ANA
posted by たま at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 竹富島日帰り旅行 2006.10.02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超割スペシャルで行く竹富島日帰り旅行2:竹富島で会いましょう

空港からタクシーで離島桟橋に向かう。
10時半の高速船に間に合い、これから今回の目的地竹富島へ渡る。

20061002_Okinawa005.JPG

竹富島まではわずか6キロで、10分で到着する。
船にしては速いなあと思っていたのだが、果たして港を出ると猛スピードで突っ走る突っ走る!
これはなかなかすごい。っていうかちょっと怖かった…。



港に待機していたバスに乗り込み、まずは水牛車観光を楽しむことに。

今日の水牛大ちゃんは11歳の働き盛り。
じいさんの「そら行くぞ」の声を聞くと、もそもそと動き出す。
そののんびりした感じがとてもいい。

20061002_Okinawa027.JPG

経路は全て大ちゃん任せ。でもしっかり道は覚えているし、決して広くないサンゴの石垣に囲まれた道もぶつかることなく曲がっていく。さすが。

20061002_Okinawa028.JPG

残念ながら台風13号の影響でかなり草木が倒れてしまい、ちょっと痛々しい中水牛車はゆっくり進んでいく。
その速度は時速2キロ。日帰りで慌しく来た先ほどまでとは全くの別世界だ。

20061002_Okinawa029.JPG

赤瓦の沖縄民家と真っ白な道。あたりはとても静かで、水牛車が動く音しか聞こえてこない…これぞ沖縄の原風景だ。



締めくくりはじいさんの三線演奏。
三線の美しい音色とじいさんの歌声は素晴らしかった。

20061002_Okinawa006.JPG

大ちゃん、お疲れ様!

ここからはレンタサイクルで出発。
今日の天気予報は曇り時々雨だったのだが、実際はかなり晴れていて、時折通り雨が降る程度。逆に雲が多くて日差しが多くなかったのが良かった。
でも暑かった…。20度そこそこの東京から来た身には10月の八重山はキツイです…。

20061002_Okinawa007.JPG

20061002_Okinawa030.JPG

なごみの塔から見下ろす、昔ながらの建物が並ぶ集落群。
なんて見事なんだろう。

20061002_Okinawa008.JPG

20061002_Okinawa031.JPG

西桟橋から遠くに西表島を見通す。
海の透明さにはびっくり。これが本当の海なのか。。。

20061002_Okinawa009.JPG

まだまだ泳げるコンドイビーチ。水がキレイ!!

20061002_Okinawa010.JPG

太陽が顔を出すと一面エメラルドグリーンの海に変化。美しい…。

20061002_Okinawa011.JPG

星砂で有名なカイジ浜

20061002_Okinawa032.JPG

それにしても本当に透き通った見事な海だ…。

20061002_Okinawa033.JPG

白き砂の一本道は「僕の夏休み」の世界…。

20061002_Okinawa012.JPG

そばで有名な「竹の子」という店での八重山そば(500円)の昼食。
隠し味のピィヤーシ(胡椒の一種)がまた絶品で、そばの味わいを見事に引き立ててくれる。調味料でこんなに感動したのははじめてかも。
とってもおいしかった。

20061002_Okinawa034.JPG

NTTの竹富交換局。この島ではどんな建物も赤瓦の建物でなければいけないので、郵便局も電話局もこんな感じなのだ。

20061002_Okinawa035.JPG

自転車に乗っていると向こうから水牛車に遭遇。
それが自然な姿に見えるから不思議。

20061002_Okinawa036.JPG

なんでもない路地が全て被写体になってしまう。それが竹富島。

20061002_Okinawa013.JPG

ハイビスカスと守り神シーサー。

あっという間の竹富島のひとときは過ぎ、14:15発の高速船で石垣島へ帰還する。
竹富島は予想以上に素晴らしかったけど、やっぱもう少しゆっくりしたかったなあ。慌しく巡るのは竹富島に失礼だったなぁ(ってかそれがわかっているなら日帰りで行くなって>自分(苦笑))
竹富島は昼もいいのだが、日帰り観光客が帰った後の夕方〜夜がまた素晴らしいという。
次回はぜひ宿泊して、西桟橋からの夕日を見てみたい。

posted by たま at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 竹富島日帰り旅行 2006.10.02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超割スペシャルで行く竹富島日帰り旅行3:JTA084便

離島桟橋付近に並ぶ商店の建築様式を見ていると、台湾の建物と良く似ているなあと思う。

20061002_Okinawa038.JPG

ここは日本の端でありながら同時にアジアへの玄関口。八重山はアジアだなというのを実感する。

1978年に右側から左側通行に変わったことを記念した730交差点を通り、公設市場を冷やかす。素朴な感じと雑然とした商品を眺めるだけで楽しい。

20061002_Okinawa037.JPG

20061002_Okinawa039.JPG

タクシーで空港へ戻る。ここから那覇まではスペシャルバーゲンフェアでJTA利用です。

20061002_Okinawa014.JPG

結局あれほど取れなかった、予約便より1本前のJTA084便に変更はできたものの、那覇経由関空行なため那覇で降りる人もシール式航空券になってしまった(経由便は機械処理を行っていない)。
なかなか貴重なものをいただいたけど、マイル事前受付できないので、航空券を郵送して事後登録しないといけないし、これをNWにFAXするのも面倒なんですが…。

20061002_Okinawa015.JPG

NU084便はJTAのB737-400・JA8930号機。
ほとんどが関空までの通し客だった模様。
搭乗率は思ったよりは悪く6割くらい(あれ、石垣発着便は満席にしないんでしたっけ)
さすが沖縄の翼JTA。機内には沖縄民謡が流れ、いい感じであった。
JTAを選んだのは正解だったかな。

20061002_Okinawa040.JPG

20061002_Okinawa016.JPG

雲が多かったけど、多良間島に水納島、伊良部島そして下地島の訓練用滑走路もきれいに見えますた。

定刻より若干遅れて、観光客でごった返す那覇空港へ到着。

ラベル:JAL
posted by たま at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 竹富島日帰り旅行 2006.10.02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超割スペシャルで行く竹富島日帰り旅行4:那覇

那覇も八重山に負けじとすごく暑かった。

あまりの暑さにまいってしまい、1便前倒した割に国際通り周辺をうろうろするだけで実りのない那覇滞在になってしまった。
もう少し石垣・竹富にいれば良かったかな。

20061002_Okinawa017.JPG

来沖4度目(うち3回が日帰りだったりするが…)にして初訪問の牧志公設市場。

20061002_Okinawa041.JPG

所狭しと品物が並び活気のある市場だ。
中でも一番は肉屋。豚の顔(チラガー)初めいろいろ売っていて面白い。
さすがに写真は撮れなかったが…。
ラフテーとかうまそうだったな。買って帰れば良かったかな。。

20061002_Okinawa042.JPG

すっかり夜も更けて、風も少し涼しくなった頃、ゆいレールで空港へ戻る。
ゆいレールはかなり混んでいて「みんな日帰りで(オイ!)今日の便で帰るのかな?」と思いきや、小禄や赤嶺で大量下車し、空港まで乗っていた人はそれほど多くなかった。開業3年を過ぎ、すっかり地元の足として定着しているようで何よりである。

posted by たま at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 竹富島日帰り旅行 2006.10.02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超割スペシャルで行く竹富島日帰り旅行5:復路

復路は沖縄日帰り旅行の指定便?20:00発のNH136便。

2階の足広席を確保していたが、せっかくの長距離線なので余っているSFCアップグレード券を使ってスーパーシートプレミアムで帰りたいと思っていた。
しかし石垣島でチェックした時点で残席1。那覇空港に着いてすぐカウンターへ行ったが満席(泣)。仕方ないが、とりあえずスタンバイをかけておいた。
空席待ち番号は種別Aの2番目。観光客の多い那覇線だから空き2席出るかなあ…と思い、カウンターの前で待つ。

20061002_Okinawa043.JPG

19:45に当選発表。
結果は種別Aの前から3人が呼ばれたので、めでたくスーパーシートでの帰宅である。
しかしこの空席はどこから出たんだろう…ちょっと気になる。
種別S(一般会員のスーパーシート待ち)の人も待ってたみたいだけど、すみませんねいただいてしまって…(どっちが先に申し込んだかはわかんないけど)
でも種別Sの人は間違いなく5000円払うはずだけど、自分はアップグレード券でタダ乗りなわけで、それってどうかな…とちと申し訳なく思ったりするが、まあ気にしないことにする(このために高い年会費払っているんだから)

20061002_Okinawa018.JPG

今日の機材B747-400D・JA8956号機はお花ジャンボであった。
搭乗率は8割くらい。

20061002_Okinawa044.JPG

スーパーシートが取れなければ空弁を買うつもりだったのだが、取れたのでブルーシールのアイスを買ってパクつく。
今売り出し中のマンゴーシャーベット(210円)を買ってみたが、ちょっと甘ったるかったかな…。

20061002_Okinawa019.JPG

スーパーシートは完全満席だった。

20061002_Okinawa020.JPG

20:00発なのでぎりぎり軽食が出る(18:00〜20:00出発便に夕食が出る)。
これがあるとないとで大違い。
今日のメニューは…

・小鉢:ゴーヤーチャンプルー
・煮物:有頭海老・椎茸・角揚げ
・焼物:厚焼き卵
・御飯:沖縄風炊き込みご飯茸入り
・フルーツ:グレープフルーツ・オレンジ・キウイ
・和菓子:ヒラミ大福もち

ゴーヤーチャンプルーが沖縄っぽい(ほんのちょっとしか入ってないけど)
ちなみにこの軽食は沖縄ハーバービューホテル製なんです。

なお11月からの冬ダイヤではNH136便は20:10発になり軽食なしになるので要注意。

帰りも7chのBEGIN特集を聞き、あっという間の旅を振り返る間に、NH136便は東京に戻ってきた。
今日の座席は右窓側のK席だったので、羽田カーブからの夜景を期待したのだが、雲の残る東京湾を降下して眼下に見えたのは海ほたる…。
22時過ぎていたので、C滑走路34Rへショートカットされてしまった。
このルートだと早く2タミにはスポットインするからいいんだけど、早すぎたみたいでゲートにまだ飛行機が止まっていて、スポット前で待たされる始末。だったら羽田カーブで着陸してくれ…(泣)

早着を食いつぶしたものの、結局ほぼ定刻に羽田空港52番ゲートへ到着。
あいのりタクシーを懐かしみながらも、高速バス〜新宿線で帰宅。
新宿線は一気に黒っぽくなっていた。そっか、今日から衣替えですね。。
一人だけ腕まくり&汗かきまくりで浮いておりました…。

楽しい竹富島日帰りだったけど…ちょっと八重山は遠いな(当たり前)。
日帰りは沖縄本島くらいが限界かなと思いますた(をい)
ということで次回は沖縄本島にします(次回はあるのか??)

さて、明日から会社なので早く寝ます…。
お疲れ様でございましたとさ。

ラベル:ANA
posted by たま at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 竹富島日帰り旅行 2006.10.02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

この航空券は加算不可?

先日の竹富島日帰りの結果、3枚の航空券半券が残ったので、ノースウエスト航空の「ニッポン500マイルキャンペーン」に応募すべくFAX用紙に貼り付けたのだが…

石垣→那覇間の航空券には機械じゃないので名前がないのである。
うーん、これって受け付けてくれるのかなあ…と思ったが、まあJAL ICのレシートとかを貼り付けても受け付けてくれるし、何とかなるだろうとFAXした。

んでもって、Webで結果が更新されたわけだが…

nwa.GIF

をーい、Name Mismatchですかー。
そりゃ名前がないからミスマッチだけどさ…。
でもなあ、これ以外に乗った実績を証明するものがないんだよなあ。
さすがにJALへはこれを送れば加算されるのだが、ノースウエストは無理か。
ああ、500マイル失うくらいだったら20分前倒しをしなきゃ良かった…トホホ。



posted by たま at 23:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 竹富島日帰り旅行 2006.10.02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする