2013年01月12日

名古屋旅行記(1):発端

2013年1発目の旅行は名古屋にした。

今年は1月4日を休めば9連休、そして5日は自分の誕生日(ある意味泣…)なので、12月に娘の誕生日旅行に行かなかった代わりに自分の誕生日旅行♪をすることにした。
毎年嫁や娘の誕生日に合わせた旅行はしたことがあるが、自分のは初めてである。

さてどこへ行くか。
和歌山のアドベンチャーワールド誕生日は入園料無料らしいので、最初は南紀へ行こうと思ったのだが、この時期はヒコーキは相変わらずのぼったくりで、特典航空券は取れるわけもなくおともdeマイルも6日まで使えない。そうなるとバカ高い普通運賃で入園料無料分なんかあっさり吹っ飛ぶのでボツにした。
そうすると、繁忙期でも200円しか高くならないJRが相対的にお得なので、名古屋にした次第。
名古屋はだいぶ前から嫁が行きたいと言っていたのだが、当時は完全空ヲタだったので成田から行くのは面倒だなぁとずっと先送りにしていた。最近ヒコーキ一辺倒でもなくなったので、その意味でも抵抗はない。
調べてみたら名古屋は結構面白い街のようなので、楽しみである。

名古屋は当たり前だが新幹線である。
4日の往路は帰省と逆方向だからいいのだが、6日の復路は帰省ラッシュと重なりそうだったので12月中旬に早めに指定券だけ抑えておいたのだが、すでに3人並びはなかなか取れない状態で危うかった。
4日の往路はサイバーステーションを見る限り混んでなさそうだったので、自由席にした。
自分も知らなかったのだが、幼児が自由席に座っても無料なのね(混んでいれば別だろうが)。
もちろん復路は小児運賃で指定席を確保しているのだが、なので往路は自由席で娘の交通費を節約することにした。
しかしネットでいろいろ調べると、JR東海は混んでいると内規を盾に小児運賃を払わせるらしい。
相変わらずJR東海は腹黒いよなぁ…。

と、若干の心配を残しつつ、3が日はあっという間に過ぎて4日でございます。

posted by たま at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋旅行 2013.01.04-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋旅行記(2):クタクタな往路

出発の日。
普段は土曜の娘のスイミングを今日に振り替えたので夕方出発である。
一旦嫁と娘が家に戻り、最寄駅集合にしたのだが、準備不足で時間がかかる。
今回は自由席で時間の制約もないのでいいのだが、かえってのんびりになっちゃうなぁ。
結局最寄駅を出たのは17時半過ぎであった。
しかも、いろいろ忘れ物が…。デジカメも忘れ、嫁のSuicaも忘れられ、息子のエプロンやキッチンバサミも忘れ…。デジカメはiPhoneがあるからいいけど、今回はダメダメだな…。

東京駅に着き、グランスタで弁当でも買うか、ということになったのだが、大混雑なこともあってさらに時間をロス…結局新幹線ホームにたどり着いたのは19時前であった。
うーん、最初は18時台前半ののぞみに乗るつもりだったのに…。

130104_001.JPG

130104_002.JPG

結局乗ったのは19:10発ののぞみ121号。
19:13の臨時便のほうがすいてそうだったが、700系だったので充電できるN700系の定期列車である。
が、なかなか列車に乗れない。結局ドアが開いたのは発車4分前だった。
嫁と子どもたちの弁当は買っていたのだが自分の弁当は買ってないので焦る。
っていうか東海道新幹線は折り返しに余裕があるんだからもっと早く開けろと小一時間。
そう思うと清掃の人も東北・上越新幹線ホームの人よりノロノロしているように見えてしまう。
何とか席を確保し、先頭に走って写真を撮り(これが余計…)何とか弁当を買うともう発車時間であった。

130104_003.JPG

自由席は自分が乗った3号車は座席数が少ないので8割方埋まっていたが、一番座席数の多い2号車はもっとすいていたようで、予想よりは混んでいたが満席ではなかった。
ちょっと心配した検札でも娘の分はなにも言われず一安心である。

130104_004.JPG

何となく手に取った駅弁でほっと一息。

だったのだが、息子が騒ぎ出した。
息子はママっ子なので、家族一緒だとすぐ騒いで遊ぶ。
問題は下の子だからか気に入らないとすぐに怒るところ。遺伝だろという指摘も多数なのだが…orz
あいにく騒ぎ始めたので、責任を取って(!?)デッキへ。
前日Youtubeで新幹線の映像を見せたら食いついてきたので「ほーらしんかんせんだよ〜」とあやし、飽きてきたらにらめっこして遊ばせて…。
結局名古屋までデッキでございました…orz
仙台も北海道もデッキだったのでもう慣れたものだからいいのだが、どうも息子は家族旅行がダメだよなぁ。
自分と2人だと緊張しているのか?比較的静かなので、今後は男子組と女子組で別行動か…。

新幹線はさすがに速くて、20:51定刻名古屋駅に到着。クタクタな往路はおしまいです。

130104_005.JPG

130104_006.JPG

こんな時間でも自由席に乗りこむ客は多かった。
名古屋はやっぱり東京よりちょっと肌寒いですね。

さすがに疲れたので、タクシーでホテルへ向かう。
名古屋は初乗りが500円と安いのが有り難い。

130104_007.JPG

走ること5分でホテルです。

ラベル:新幹線
posted by たま at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋旅行 2013.01.04-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

名古屋旅行記(3):ヒルトン名古屋

今回の宿泊先はヒルトン名古屋である。

130105_001.JPG

130105_002.JPG
(翌朝撮影)

最近ヒルトンプレミアムクラブジャパンの縛りで泊まるホテルがヒルトンばかりなので、名古屋はそんなにヒルトンは設備がいいわけではないので今回は別にしようと思い、名古屋駅前のマリオットアソシアホテルや、金山駅前のANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋にしようかなと思っていた。
特に今回は1回もSFC特典を使ったことがなかったのでANAホテルにしようと思ったのだが、お目当ての部屋が喫煙ルームしか空いてなかった。宿泊レポを見ていると消臭効果はほとんどないらしいので、断念。
マリオットアソシアホテルはあんまり良い部屋が空いてなかったので、結局消去法で今回もヒルトンになった。

ヒルトンは大して設備も良くないのに何故か無茶苦茶高く、どうしたものかと思っていたのだが、年末年始キャンペーンとHPCJ割引、更に配偶者無料などを駆使すれば1泊1万6千円くらいまで下がったのでまあいいかと思って予約した。

130105_003.JPG

130105_004.JPG

今回はエグゼクティブルームを予約しているので、本来は26階のラウンジでチェックインできるのだが、夜遅いのに1回26階へ行ってまた別のフロアに移動するのが面倒だったので1階でチェックインする。
スタッフにも外国人が多く、ロビーも外国人が多い。パイロットやスッチーの姿も多く、名古屋中の外国人はみんなここに集結しているのか?ってくらいいた。だから殿様商売で値段が高いのかしら。
ロビーはヒルトン名物のクリスマストレインが走り、ロビーラウンジはまだクリスマスツリーが鎮座していてまだクリスマス気分であった。

アサインされた部屋は24階。夜も遅いのでさっそく部屋へ向かおう。

130104_008.JPG

130104_009.JPG

130104_010.JPG

今回の部屋はキングルームであった。1名利用だとベッドタイプが選べないのだが、配偶者無料で子どももいると申告しているのでツインにしてくれれば良いのに…と思う。まあ仕方がない。
さすがに4人1ベッドは少し狭かった。
部屋の広さは30平方メートルと少し狭め。部屋の調度品は窓の障子を初めヒルトンっぽいが、普通のヒルトンルームと同じ感じがしてエグゼクティブフロア感がほとんどしない。
なんかこれだったら最近改装したデラックスルームの方が良かったかな。
TVがDVDなしだし、インターネットは有線だけ。今回はPCを置いてiPadにしたのだが使えないじゃん…。
まあiPhoneがあるのでいいのだけど、今時有線だけってのはなぁ。

バス・トイレ・洗面所は一昔前のユニット式で、今時非常に古臭い。
まあフィットネスセンターに大浴場があるのでいいのだが、せめてシャワールームはほしい。
そういえば、大浴場を使いたいからエグゼルームにしたつもりだったのだが、どうも今年からヒルトン東京と同じように一般フロアの宿泊客も無料で使えるようになったらしい。うーん、ますますエグゼルームにした意味がない…。
なお、大浴場は終わりが21時と激早だが、朝が6時からと早いので、自分は2泊とも朝風呂にした。
が、大浴場の温度がものすごく熱くて、娘は入るのに難儀したようだった。
何だかなぁ。まあ、本来の目的はフィットネスで汗を流した後使うものなんだけど…。

130104_017.JPG

130105_008.JPG

部屋からは栄の方向の景色が望めた。テレビ塔のライトアップが見れたが、翌日見ると、ビルに阻まれて最上部しか見えなかった…orz
部屋の窓は水滴だらけ。やっぱり名古屋は寒いようだ。

ということで、なんかエグゼルームに泊まったのがもったいないように感じたので、娘を誘って元を取るべく(爆)ラウンジへ行くことにした。

130104_014.JPG

130104_015.JPG

130104_016.JPG

ラウンジは22時までの営業。ギリギリ21時半のラストオーダーに間に合い、娘と2人でオレンジジュースを飲む。
ラウンジはこじんまりとした広さであるが、ドリンクはオーダー方式なのでちょっと面倒くさい。
ここだと無線LANが使えるので、iPadを使う場合はここへ来ればいいようだ。
娘は読書に夢中。6歳になるとこういうところに連れてこれるのはいいね。

翌朝。
朝風呂に入って9時ころのんびりと朝食へ行く。
エグゼルームの宿泊客は2階のザ・テラスも使えるので、子連れだしあの小さいラウンジで騒ぐのは迷惑だろうと2階へ行ったら長蛇の列。
うーん、やっぱこの時間だとダメだなぁ。
仕方がないのでラウンジで朝食を取る。幸い奥の広いテーブルに座ることが出来た。

130105_005.JPG

130105_006.JPG

あまり広くはないのでメニューも豊富というわけではないが、少数ながら和食もあり、必要十分な品ぞろえで満足であった。中でも美味しかったのはフルーツ。さっぱり新鮮で美味しかった。
品ぞろえが多くないと多く取らないので健康にもいいし(苦笑)
子どもたちも比較的おとなしく食べてくれたのでやれやれであった。

130105_007.JPG

ラウンジからは名古屋駅のセントラルタワーズやミッドランドスクエアが一望できる。こっちのほうが景色が良い。
夜景もラウンジから取ろうと思ったのだが、ラウンジは二重窓で水滴で曇ってしまいうまく写真が撮れなかった。残念。

最終日は早起きして2階へ。今度はガラガラですぐ案内された。

130106_001.JPG

130106_002.JPG

きしめんが作れるのがいかにも名古屋である。

130106_003.JPG

もっとも、自分のチョイスはどこへ行こうと代わり映えがしないメニューなのだが…。
ま、これしか選ばないってことはラウンジだろうが極端な話ビジホでもどこでもいいってことだよね。
所詮小市民なので…(笑)

ということで、2泊しましたが…。
ホテルはホスピタリティだとよく言いますが、ヒルトン名古屋はちょっと高級ホテルにしては設備が古すぎてイマイチだったなぁと思う。部屋は狭いしシャワールームもないし。かといって一つ上のランクは90平方メートルのスイートってそんな極端な…って感じだし。なんか小市民が満足するような仕掛けがないんだよね。
まあ、パイロットやCAが集まるのだからきっと何か良いところがあるのだろうけど、自分としては特に何がいいのかはわかりませんでしたわ。
なので、キャンペーン価格でもない限り次回名古屋に来るとしたら別のホテルかなぁ。

ともあれ、これで国内の未宿泊ヒルトンホテルはあと大阪だけになりました(ヒルトングループを入れたらコンラッド東京とダブルツリー那覇もまだだけど)。
次は沖縄にできるらしいヒルトンかな?

ラベル:宿泊記
posted by たま at 01:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 名古屋旅行 2013.01.04-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

名古屋旅行記(4):リニア鉄道館

1月5日。
今日は1日名古屋に滞在なわけであるが、昨日のこともあって、男子組と女子組で別行動することにした。
伏見駅まで一緒に行き、嫁と娘は東山線で栄方面へ、自分と息子は名古屋駅へ向かう。

130105_009.JPG

名古屋駅の端からあおなみ線に乗る。
ってことは行先はわかりますね…(苦笑)

130105_010.JPG

リニア・鉄道館であります。
息子の教育?にもちょうど良いし…と思ってきたのだが、あれ、寝ちゃいましたね。。。
まあ、静かなうちに自分の見たいところを見ることにしよう。

130105_011.JPG

まず入ってすぐ目に入るのがシンボル展示。
C62蒸気機関車、300X新幹線、そしてリニアと展示されているのだが、あくまで「シンボル」であって展示のメインではなく、リニア・鉄道館と名づけている割にはリニアは事実上ここだけだったりする。
ということでさらっと見てその奥の展示コーナーへ。

130105_012.JPG

展示コーナーはJR東海で活躍した車両がずらっと並んでいる。
それだけなのであるが、自分としては大昔の車両だけでなくよく知っている車両達が並んでいるのは面白いし、これだけ車両が並んでいるのは圧巻で、一般人もそれなりに面白いのではと思う。
一番左には300系新幹線。のぞみで一世を風靡した300系が既に過去帳入りなのは信じられませんが…。

130105_013.JPG

300系は思い入れがあるのか試作車も展示されている。先頭部脇にエラのような出っ張りがあるのが量産車との違いです。わかりますか?

130105_014.JPG

自分の世代ではこの100系が二階建て新幹線としてインパクトがあり馴染みがあるが、これも東海道新幹線から撤退して早10年近くになる。時の流れは早いなぁ。久々の再会である。

130105_015.JPG

奥に行くと、111系クハ111-1がいるが、個人的には2007年まで走っていた113系2000番代とかのほうが良かったなぁ。
とはいえ既に113系は西日本で魔改造されたものしか残っていないので、セミクロスシートの車内を懐かしく見学する。

奥の方は保存スペースを兼ねているようで、車内への立ち入りはできず、外観のみ見学可能である。
定期的に入れ替えるのだろうか。

130105_016.JPG

オヤ31建築限界測定車。建築限界を測定するための矢羽根が「おいらん」のように見えることから「オイラン車」という通称があり、自分の世代くらいまでは良く知られた存在だった(今の子供たちは知ってるのかな)。まあ昔の人はよくこんな的確な俗称をつけたもんだ。

130105_017.JPG

165系急行形電車。引退時のままのようで床下機器の色がJR東海標準のグレーのままだったりHゴムが黒だったりするのだが、今後復元するのだろうか。
自分が中高生だった頃は大垣夜行や急行東海でよくお世話になった165系も、今や原形を保つ現役車両はしなの鉄道に残るのみとなった(そのしなの鉄道も4月で引退)。歯数比4.21の趣のあったモーター音がふと脳裏をよぎる。
なんかセンチメンタルな気分になるなぁ。

130105_018.JPG

子どもたちのアイドル?ドクターイエロー。やはり子どもたちに人気のようだ。

外は寒いが、一旦屋外に出ることにする。

130105_019.JPG

130105_020.JPG

屋外は休憩スペースを兼ねて117系が展示されている。
117系は自分の世代ではスター車両だったのだが、もうこんな展示車両、しかも休憩スペースになってしまうとは。
しかしこのような最近の車両が、しかも国鉄色に復元の上保存されるだけでも非常にありがたい。
ある意味自分が一番見たかった展示である。

130105_021.JPG

車内は現役時代のままで、MT54が限界いっぱいまで回転したモーター音がどこからか聞こえてくるが、良く見ると家庭用エアコンがついていて(当たり前だが静態保存なので電車のクーラーは使えない)もう生きてないんだなぁというのを実感してしまう。

と、楽しいんだがどこかセンチメンタルな気分になっていると息子が起きた。
ということで一緒に見学することにしよう。

130105_022.JPG

まずは我らが0系新幹線をバックにはいポーズ。まだ起きてないようでむすっとしてますが…。
そのうち「あ、しんかんせん」と言って興味を示してきた。

130105_023.JPG

これは381系特急型電車だから新幹線じゃないよ。「とっきゅう」だよ(鬼)

130105_024.JPG

息子も起きたのでここで行きたかったもう一つの場所へ向かう。
ちょうど冬休みイベントで、新幹線の食堂車に入れるイベントが行われている。
もはや二度と味わえないだろう新幹線の食堂車はぜひ見ておきたかった。

130105_025.JPG

0系37型食堂車ではい、ポーズ!
新幹線とビーフシチュー。自分は2回ほど利用した経験があるが、懐かしいですね。

そして168型、二階建て新幹線の食堂車へ。こちらは残念ながら入口から見るだけである。

130105_026.JPG

自分はこの食堂車は利用したことがない(100系の食堂車は1回だけ引退直前に利用したが、グランドひかりだったので)。こんな車両が東海道新幹線を走っていたなんて、今の車両達を見ていると信じられないなぁ。

さて、お昼ごはんとしよう。
リニア鉄道館はあまり食事は充実しておらず、デリカステーションや売店で弁当などを売っているくらい。
せっかくなので弁当をさっきの117系で食べることにしよう。

130105_027.JPG

130105_028.JPG

息子はキッズランチ。117系はテーブルがあるわけではないので1歳児が食べるのは結構大変だったが、何となく2人で旅行しながら食べている気がしてちょっと楽しい。

130105_029.JPG

自分は「みそかつ&えびふりゃあ」。名前だけで選んだが…結構みそが濃いのね。

食事が終わったあとは、日本最大のジオラマを見学。

130105_030.JPG

名古屋駅前が忠実に再現されたり、細かい動作が面白かったが、如何せん車両がN700系・700系・313系ばかりであまり面白くなかった。0系とか113系とかも所蔵しているんだから走らせればいいのに。

130105_031.JPG

キッズコーナーではプラレールなどで遊べる。
最近の施設はこういうのが充実しているのが有り難いが、イモ洗い状態だった。

シミュレータは完全抽選で、時間も合わなかったので応募せず。
ということで一通り見学したのでおしまいです。

全体的になかなか楽しかったです。
鉄道博物館を見てないので交通博物館時代と比較すると、やっぱり300系や100系、117系と自分の良く知る車両が沢山展示しているので親近感があるのが良かった。蒸気機関車みたいに現役を知らないものが展示されていても正直興味ないんだよね。
まあそれだけ自分が年を取っただけという気がするが(泣)
しかしそれだけ年代をキャッチアップした展示をしたということは、それ以上のアップデートはなかなか難しいわけで、展示スペースを見る限り大幅な入れ替えや補充をする余裕もなさそうで、今後どうするのかが気になった。今はまだできてから2年経ってないからいいけど、リピートするかどうかは自分自身?である。
700系が既に廃車が進んでいるので当面のターゲットになるのだろうが、どこに展示するんだろう。

お土産を買い、女子組のもとへ向かうことにしましょう。

posted by たま at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋旅行 2013.01.04-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

名古屋旅行記(6):誕生日ディナー

今日5日は自分の誕生日。

今回も小さな息子がいるので部屋で夕食を取ることにしたのだが、せっかくなので名古屋っぽい食事でお祝いを…と思って買い出しに出た。

130105_032.JPG

名古屋駅のJRセントラルタワーズは夜景で見ると圧巻の眺め。
タカシマヤや駅構内の店で買い物をしてホテルへ戻った。

130105_033.JPG

じゃじゃん。今日の夕食です。

130105_034.JPG

まずはこれでしょうという手羽先。ホテルのすぐ近くにある「世界の山ちゃん」でテイクアウト。
まあ世界の山ちゃんは都内にもそこらじゅうにあるが…。
ピリ辛だが手が止まらない〜うま。

130105_035.JPG

世界の山ちゃんは手羽先以外も生野菜とかでなければテイクアウト可能なので、いくつか注文。
息子が食べられそうなきしめんがいいなと思って「きしめんタリアーナ」なるものを頼んだのだがこれが大失敗!劇辛で息子は勿論自分も嫁も食べられなかった。ごめんよ…。

130105_036.JPG

タカシマヤの中にある「しら河」でテイクアウトしたミニひつまぶし。
ちゃんと薬味もついており、お茶づけで食べるととても美味しかった。

さてデザートと行きましょうか。

130105_037.JPG

いかにも嫁が好きそうなひよこ形のプリン。
名古屋駅の「カフェ ジャンシアーヌ」が名古屋の名物スイーツとして売り出し中の「ぴよりん」である。
うん、カワイイね。
さて、頂きます。

130105_038.JPG

中は名古屋コーチンの卵を使ったプリンだそうだ。美味しい♪

130105_039.JPG

あ…orz
キャラクターのスイーツはこうなっちゃうのが困るんだよね…。


posted by たま at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋旅行 2013.01.04-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋旅行記(7):熱田神宮〜名古屋テレビ塔

最終日は15時の新幹線なので出発まではまだ時間がある。
ヒルトンはレイトチェックアウトOKだったので荷物を置いて観光に出ることにした。
もう少し子どもたちが大きければ名古屋科学館のプラネタリウムにでも行きたいところだが、混んでいるだろうし行ってもつまらないとか言われそうなので、名鉄名古屋駅から名鉄に乗り、こちらへ。

130106_004.JPG

まだ正月休みなので、熱田神宮で初詣と行きましょう。

130106_005.JPG

130106_006.JPG

さすが中部随一の人出を誇る神社だけあって、6日だというのにまだまだ混んでいた。
なので本殿に入れるわけでもなく賽銭を投げて終了なのだが、神社の杜を出店を冷やかしながら歩くだけでも楽しい。

130106_007.JPG

神社と言えばおみくじであるが、娘が引き当てたのは「半吉」…うーん、これはどの順番なんだ!?
これによると、上から4番目らしい。そうですか…。

地下鉄の神宮西駅から栄駅へ。
次の目的地は…。

130106_008.JPG

●●と煙は…ではないですが、名古屋テレビ塔です。
まあ、月並みですね。

130106_009.JPG

名古屋一の眺めを堪能したければJRセントラルタワーズの展望室に行けばよく、高さだけであれば全く楽しめないのだが、こういう市内の中心地から高層ビルの眺めを楽しむのは違った意味で楽しい。
電波塔としての機能を終え経営が厳しいそうであるが、今後も名古屋のシンボルとして生き残ってほしい。

さてこのテレビ塔、土日は階段が開放されている。
娘が階段で降りたいと言ったので付きあうことにした。

130106_010.JPG

130106_011.JPG

そんなに高くはないとはいえ、覗き込むと結構怖い。
しかも年季の入った塔であるが故、あちこちサビ付いたり塗装がはがれたりしていて、大丈夫なんだろうがびくびくする。しかも高さが低いところがあって頭もぶつけるし…。

130106_012.JPG

そんなわけで、絶対途中で音を上げるだろうと思った娘であるが、元気に降りていった。
大きくなったね。

ということで無事下山?滅多にない体験で楽しかった。
でも、登りは勘弁だな…。

posted by たま at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋旅行 2013.01.04-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋旅行記(8・終):のぞみ360号で帰京

名古屋旅行もあとは帰るだけ。
帰りは名古屋15:03発ののぞみ360号である。

130106_013.JPG

正月休みの最終日だけあって名古屋駅の新幹線ホームはかなり混んでいた。
のぞみ360号は定刻より少し遅れて到着。

130106_014.JPG

130106_015.JPG

指定席は完全満席であるが、事前に買っておいたので無事席にありつく。
帰りは息子にDVDを見せることにしたが、息子はDVDよりもDVDプレーヤーでDVDを出し入れするほうに興味を持ったみたいでずっとばたばたと開けたり閉めたり…何でそんなことに興味を示すんじゃっ!

130106_016.JPG

駅の売店で買った天むすで遅い昼食を食べてまったりしていると、あっという間に新横浜。そして品川。

130106_017.JPG

130106_018.JPG

娘が寝てしまったので終点東京まで行くことにして、16:43定刻に東京駅到着。
3日間の旅行は無事終了です。

名古屋は新幹線でわずか1時間40分ってこともあり、気楽に行ける感じで思ったより楽しかった。
科学館などまだ見たいところはいろいろあるので、子どもたちが大きくなったらまた行くことにしましょうかね。

(おしまい)

ラベル:新幹線
posted by たま at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋旅行 2013.01.04-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする