2005年08月23日

台風接近

うーん、これは26日朝の羽田空港は直撃ですかあ!?(泣)

0511
posted by たま at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国旅行 2005.08.26-28 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

台風ますます接近

今日、明日は夏休みその2であるが、外はあいにくの雨。
そして台風はちっとも弱くならないし、ちっともスピードを上げてくれない…。
さらに予測進路は徐々に東へずれているような。

0511_2

うーん、明日の12時でこんな状況じゃあ、
JL8831便欠航
→JL8833便も微妙…
→動いても満席で平会員な我々は乗れず
→やむなく成田へひーこらひーこら
→やっと着いたぜ深夜のソウル
→あっ、明日は朝から板門店じゃん(ソウル観光はいずこ…(X X))

ってな感じかなあ。。。。。

あーあ、旅行やめたいなあ。
posted by たま at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国旅行 2005.08.26-28 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ということで、韓国に…行けるんでしょうかねぇ?

そんなわけで、明日の支度をする気も起きずにひたすら気象庁のHPを見ておりますが…。
さっき、我が家のうさぎとチワワをペットショップ(ホテル)に預けたけど、結局明日も家にいたりして。

ただ
https://www.jal.co.jp/cms/other/ja/weather_info.html
を見る限り、明日は飛ぶらしい。本当かなあ、という気はするが。






国内線

平素はJALグループ便をご利用いただき、まことにありがとうございます。


≪8月25日の台風11号の影響による運航便情報について≫

【東京羽田空港】
一部の発着便の欠航が決定しております。また、23時までの到着便は、条件付き(引き返し・他空港に到着の可能性等)での運航を予定しております。

≪8月26日の台風11号の影響による運航便情報について≫

現時点では、東京羽田空港発着便も運航可能の見込みですが、台風の状況につきましては、午前中の運航に影響がでる可能性もございます。
仙台・福島空港発着便につきましも、運航に影響が出る可能性がございます。
お出掛け前に最新の運航状況をご確認ください。







国際線

平素はJALグループ便をご利用いただき、まことにありがとうございます。

≪8月26日の台風11号の影響による運航便情報について≫

東京成田空港の出発便については、運航可能の見込みです。到着便につきましては、午前9時以降に着陸可能となる見込みですので、それ以前の到着便は、遅延して運航する予定です。

また、26日のJO8893便(東京羽田→グアム)定刻0:00は、現在のところ運航を予定しておりますが、今後の台風の接近状況によっては、欠航となる場合もございます。悪しからずご了承ください。




ただ成田と羽田は天気がこれがまた微妙に違うんだよねぇ。成田発の特典航空券が空いてなかったのと、朝早い便で現地が有効利用できるということで羽田発8:15のJL8831便にしたのだが、ここに来て裏目に出たら嫌だなあ。。。

あと仮にJL8833便になったのなら、ソウルを見る時間がないので28日を釜山発のJL958便じゃなくてソウル発にしてせめて最終日の午前くらい見物でもしたいところだけど、悟空チケットはこういうのは可能なのかなあ(こんな経験ないので、よーわからん)
JLは平会員なのでラウンジもつかえないし、面倒だなあ。

今回は珍しく嫁がガイドブックで事前に予習していて(普段は飛行機の中で初めて調べるのに)結構行くところが事前に決まっているのだが、果たしていくついけることやら…。
posted by たま at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国旅行 2005.08.26-28 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

韓国旅行記1:結局、ソウルに来れたわけで

朝起きてみると、台風はご存知の通り千葉県にいたわけで、まだ風雨は強かったが飛行機は飛ぶらしい。
ということで、いつも通り一之江駅からバスに乗る。バスはいつもよりかなりすいていたようだ。
西の空はすでに明るくなってきた。
7:00ちょっと前に羽田2タミに到着。テレビカメラはいたが、至って普通の空港であった。
バスで国際線ターミナルに行くと、JL8831便は定刻とのこと。
おー、まさか予定通り飛べるとは思わなかったなあ…。

ということで、JL8831便に乗ってソウル金浦空港へ向かった。

JA8166

今日の機材はB747-300・JA8166号機。
飛行機はとってもガラガラで、せっかく8月から羽田発が2往復になったのにこんなので大丈夫かなあ?という感じであった。

定刻よりも早く10:20頃着陸。

地下鉄を乗り継ぎ、今回のホテルであるウェスティン朝鮮ホテルへ行った。
時間はチェックイン前だが、チェックインさせてくれたのが嬉しい。

westin_chosun

今回は15階のエグゼクティブフロアである。
といっても部屋の設計自体は普通のフロアとあまり変わらないのだが、ラウンジとか付加設備が充実しているとのこと。
ただインターネットが20000W/日ってのはなあ…(よって今はモデム接続です)

午後は南大門市場や、世界遺産昌徳宮を見て回った。

nandaemun

chandokkun

ということで、無事にソウルに着きまして、昨日はいろいろ食べ歩きましたー。


今日はこれから朝食を食べて板門店へ行きます!
posted by たま at 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国旅行 2005.08.26-28 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

韓国旅行記2:板門店へ行く

今日のメインは板門店ツアーである。
東和免税店をバス2台に分乗して10:40に出発。日本人で満員だった。
漢江を北上していくと、わずか30分ほどで対岸に北朝鮮が見えてきた。
河岸は鉄柵で囲まれ、至る所に警備兵がいた。

40分ほどで昼食。昔は米軍キャンプで食べていたらしいが、規模縮小によりドライブインのようなレストランでのプルコギ定食であった。

民防線を超え、国連軍キャンプでバスを乗り換え、DMZへ入る。
走ること10分ほどで板門店に着いた。

hanmonten

hanmonten2

hanmonten3

写真はダメとか周りは地雷だらけ、とかいろいろ言われるが、うーん、のどかなところだなあというのが正直なところ第一印象であった。
有名な会議室の中に入って北朝鮮側に入ったり、自由の家からこの前のJSAで見た建物の本物を見てみたが、何となく夢見心地というか、目の前が板門店でちょっと先が北朝鮮という気が全然しなかった。

まあそもそもこんな施設や区切りが必要としないわけで、早くそれが当たり前のような状況になってくれればなあと思う。

帰りはノンストップだったのでソウルまではわずか1時間ちょっと。
あの静かな板門店から大都会ソウルへあっという間に戻ってくる…。
まさに夢のような感じであったが、よい経験になったと思う。

夜は有名な「NANTA」を見に行く。

NANTA

リズム感あふれるパフォーマンスが最高で、とても盛り上がり、素直に楽しかった。来て良かったなあと思った。

そんなわけで、盛りだくさんの一日は終了。
さて明日はもう帰国の日である。
明日はちょっと強引であるが、朝7時のKTXで釜山へ行き、昼を食べて釜山から飛行機に乗る予定である。
ということで早く寝ないと…。
posted by たま at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国旅行 2005.08.26-28 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国旅行記3:KTXに乗って帰る

今日はKTXに乗って釜山へ行き、釜山から日本へ帰国する。

朝6時前に起きて2日間過ごしたウェスティン朝鮮ホテルを慌しくチェックアウトし、ソウル駅へ向かった。
これから乗る列車は7:00発、KTX3号の釜山行である。
日曜朝ということで、ビジネスマンの姿も少なくすいていた。

KTX

見た感じはまさにTGVそのままである。

定刻7:00に出発。
市内を15分ほど走り、いよいよ高速新線に入る。
あっという間にスピードが上がり、290??300km/hくらいで走行するが、静かで揺れも少なくとても快適であった。
トンネルがあまり多くなく、また高架橋も多くなかったので東海道新幹線を走るのに近いような気がした。
トンネルの耳ツンを心配したのだが全くなかった。きちんと対策しているようだ。

KTX_FirstClass

今回は奮発して特室(ファーストクラス)である。ただ釜山まで400km以上あるが、特室でも約63,000Wであるので、そんなに高くはない。
座席配置は2+1でピッチも広く快適だが、どうも座席がチャチな気がする。
これは座席の回転ができず後ろ向きの席が不評という普通席もそうなのだが。
トイレもいまどき珍しく真空式ではなく循環式だし、どうもこのKTX、フランスから安っぽい仕様のものを買わされたんじゃないかなあという気がした。

釜山までは3時間かからないので、特室でも供食サービスはジュースとワッフルのみであった。

東大邱からは在来線を走り、釜山にはほぼ定刻の9:41に到着した。

あまり釜山では時間がないので、とりあえず釜山タワーから港を眺める。

BusanTower

BusanPort

港の景色、そしてソウルと違って人の匂いが感じられる街並みが綺麗であったが、過ごしやすかったソウルとは違い、釜山は暑かった。

昼食を取って空港へ向かい、15:20発のJL958便で成田へ向かう。
今日の機材はB767-300、JA8365号機である。
元々は国内線機で、ビジネスクラスはスーパーシート席である(今は国内線はクラスJになったので、実質国際線機になっている)。
まあ釜山から東京はわずか617マイル。九州へ行くのと大差はない。
機内はまずまず混んでいたが、後方は空席が目立っていた。

16時頃中国東方航空機が着陸トラブルを起こしたらしいが、特に問題なくほぼ定刻の17:25に到着した。

JA8365

ところが入国審査が今までになく混んでいて、通過するのに30分以上かかってしまった。
全く、もうちょっと何とかならんのか成田は。

ということで、2泊3日であったがとても楽しい韓国旅行は終わった。
さて、明日からはまた会社か…。
posted by たま at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国旅行 2005.08.26-28 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

韓国旅行記4:食べたものあれこれ

2泊3日の短い旅行ではあったが、まあいろいろ食べまくったので以下にまとめてみることにする。

kinaishoku

まずJL8831便の機内食…と言えるのかなあ、これは?というボックスミール。
日系の韓国便はみんなこんな感じで、おいしくないし量も少ない。
まあ大阪便とかは全くでないので、まだ東京便は出るだけましであるが…。

bibinpa

初日の昼食は月並みではあるが「全州中央会館」の石焼ビビンパを食べた。
なかなかおいしかったが予想よりもちょっと辛かった。
あとVISAパスポートを平気で無視されたのがちょっと…。

sangetan

夕食は「明洞参鶏湯」でサンゲタンを食べる。
出てきたサンゲタンはものすごく煮えていて驚く。
そして鶏のやわらかさ。最高の味である。おなかいっぱいになった。

kanjankejan

この日の夕食は2部構成(笑)であった。
といってもすぐに食べられないので、一旦ホテルのプールで食後の運動をしてから、地下鉄に乗って向かった先は新沙にある「プロカンジャンケジャン」のカンジャンケジャン。
ワタリガニの醤油漬けは絶品であると聞いてわざわざやってきたのである。
2匹で50000Wとかなり高級品である。
カニ味噌と醤油が絶妙にマッチしていて、おいしかった。
ただ生臭さが苦手という人も多いようで、嫁はあまりおいしくは感じなかったらしい(泣)
まあ、毎年旬のシーズンに食べに来る日本人も多いというこの品であるが私も毎年までは行かないかなあ、という感じではあったけど。

kayu

2日の朝は明洞のお粥屋さん「Congee House」へ行く。
嫁はアワビ粥、私は牛肉野菜粥を食べた。
まろやかな味付けがしつこくなくておいしかった。

ちなみに、この後ホテルのラウンジへ行って朝ご飯その2をやっております…(朝食付なもので)

purukogi

先に書いた板門店ツアーのドライブインでのプルコギ。
正直、雰囲気勝負かなあ、という感じであった。

yakiniku

夕食は、またもや明洞の有名店「ノビチブ」でカルビ焼肉を食べる。
おいしかったけど、柔らかさとか、繊細さを求めるならやっぱ日本の焼肉かなあ、というのが正直なところ。
あと(これはどの料理もそうなのだが)あんまり安くなかったなあと思う。
この焼肉代はある意味日本以上じゃないかなあと思う。

3日目は駅で弁当を買うつもりが、特室の近くでは売店が開いておらず、結局食べれず…。
最後に釜山の名物パジョンを食べに東莱まで行った。

pajon

「東莱パジョン」は釜山の郷土料理の代表とも言える。
中身がとろっとしていて、また玉子、牛肉、エビや貝が見事に調和していてなかなかおいしかった。
ここは市内(駅)からは結構遠いが、行く価値はあると思う。

そんなわけで、いろいろ食べてみたが、
私はそんなに辛いのは得意ではないので、
まあ今回みたいに3日くらいがちょうどいいかなあ、という感じであった。
あともうちょっと小さな量の品物があると値段、量ともに嬉しいかなあ、と。

ただいろいろ食べられて満足ではあった。
posted by たま at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国旅行 2005.08.26-28 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

韓国旅行記5:韓国って…

そもそも何故韓国に行ったかというと、

・JALの残マイルがちょうど韓国に行けば切り良くさようならできること
・嫁が一緒に行くとマイルが使える最低ラインである1万マイルに達して期限切れマイルを有効利用できること

という、まあマイラーらしく(笑)マイル優先で行くことにした、というのが大きな理由ではあるのだが、
最近、何かと話題の韓国という国家がどういうものか、見てみたかったというのがあった。
中国や台湾は、実際に行ったことがあり多少なりとも現地の事情というものはわかるのだが、韓国は隣の国でもあるのに行ったことがない。
そんな状況なのに、近年(特に2chとかで)騒がれている嫌韓論を語ったり判断することは危険だなあ…と思った次第である。
そんなわけで、日韓関係が冷え切っている今は実は真の姿が見れるのではないかなあ、と思っていた。

さて結果であるが、
一言でいうと、日本に良く似た国だなあ、という感じである。
ハングルの洪水はあるが、それ以外は何から何まで日本そっくりである。
海外旅行に来た気がこれほどしなかったことはない。
良くも悪くも、とても日本を意識しているんだなあということを強く感じた。
言い方はあれかもしれないが、切磋琢磨する兄弟だなあ、と。
のんびりマイペースの優等生タイプの兄日本、負けん気が強く勝気な弟韓国…。

日本語の通用度は想像以上であった。
これまでで最も通じた台湾にひけをとらないような気がする。
観光客目当てであっても、これは素直に良いことだと思う。

日韓関係がぎくしゃくしている中、ひとつくらい悪いことでも起きるかと思っていたが、決してそんなことはなく、人々は概して親切であった。
これは(日本との関係に関わらないが)実に過ごしにくい中国とはエライ違いである。
さすがに民主国家なだけのことはあるなあと思った。

そんなわけで、好きになったわけではないが、別に大嫌いになるほどの国ではないかなあ、というのが、3日間という短い間であるが旅した感想である。

少なくとも2chの嫌韓派はちょっとしつこいかなあ、というふうには思うようになった。
まあ旅行中に日韓国交樹立時の文書公開の記事を新聞で読んだ自分としては、言っていることの半分は正論だ、と今でも思いますが。

myoengdong

カムサハムニダ。
posted by たま at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国旅行 2005.08.26-28 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

ホテルマイルを取り逃す…

8月にウェスティン朝鮮ホテルに宿泊したわけだが、規定の2-3ヶ月を超えても一向に積算されなかった。
以前デュッセルドルフの日航ホテルに泊まったときの積算が思いっきり3ヶ月ぎりぎりだったので、まあこんなものかと思って待っていたのだがそれにしても遅すぎる。

と思っていたのだが、理由が判明した。

ホテルでスターウッドのSPG(Starwood Prefered Guest)カードを何気なく申し込んだのだが、どうやらそちらのポイントに積算されてしまったようだ。
ホテルのサイトにログインしてみたら、880ポイント加算されていた…orz

よくよく調べてみるとスターウッドはSPGに加算された場合エアラインマイルが積算されないようだ。
うーむ。

確かに例えばルフトハンザにANAのサイトから予約して、LHのマイルズアンドモアに積算したらANAには積算されないからそれと同じといえば同じである。
(ただヒルトンのようにエアラインマイルを貯めつつHHonersにも貯められる太っ腹なところもあるが)
しかし今回のプランはJALの特別プランでの申し込みであって、JALマイル目当てであることは明白なのにそういう説明は一切なし(特典ありますよ…とは言われたけど)。
自分が悪いんだろうが、なんかだまされた気分である。

一応SPGはホテルポイントをマイルに変えることはできる。
しかし一般会員は最低引き換えポイント数が2500ポイントからである。仮にドイツ3泊を全部スターウッド系にしても足らない。。。

あと、ダイレクト移行とかいうプランもあるらしいが、スターウッドは細かい説明になるとWebサイトがすぐ英語になるんで読む気がしない…。
別に英語が苦手なわけではないんだが、すぐ英語になるあたり日本人を対して重要と思っていない、というかどういう顧客を相手にしているのかがよくわかるので、いい気がしないのである。
大体シェラトン(同じくスターウッド)の予約サイトで、ホテル設備が英語で書いてあるのだが、注釈でこれがわからない奴はWeb予約するな、と日本語でご丁寧に書いてあるのだ。

starwood

そんなことを書く暇があるならホテル設備を日本語で書けゴルァ━━━━━━(゚Д゚)━━━━━━ !!!!!と思うんですが。

ということで、このポイントは残念ながら放置することにした。
結果的にJALのマイルは嫁のサイパンが加算され、無事松山往復に引き換えられたので実害は少なかったので。
…といってもやっぱりもったいないなあ。

しかしながら今回、改めてホテルプログラムをいろいろ調べたが、あまり自分にはメリットないかなと思う。
上級会員になるためのハードルが高い(少なくともそんなにこういうホテルに泊まらない自分には)し、部屋がアップグレードされれば嬉しいかもしれないけど、ビジネスホテルで満足な自分は普通の部屋でも十分である。
あとラウンジも、時間つぶしが必須な空港ラウンジと違って、他にいくらでも外出すべき場所があるホテルでは無理して過ごす必要はないな、というのがウェスティンのラウンジを使った実感。
ラウンジの朝食無料も、ホテルバウチャーを探せばレストランの朝食無料プランなんていくらでもあるし。

2004年みたいにエアライン上級会員からのステータスマッチ(いわゆるなんちゃって上級会員)が派手にやっていればまた話が違ったのだろうが、2005年はなぜかそういう話がなく自分が楽して上級会員になれなかったというのもあるが。。。(それとも自分がパンフを見てないだけかな?もしあったら教えてください)

ああ、でもやっぱり勿体ないぞ!
ラベル:JAL
posted by たま at 23:30 | Comment(2) | TrackBack(1) | 韓国旅行 2005.08.26-28 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする