2007年12月31日

気が早いですが2008年の旅行計画−JAL編−

2007年ももうすぐ終わりですね。

今年は仕事は貧乏暇なし(泣)ではありましたが、思いがけず海外出張もあったり、娘にヒコーキ4回、国鉄近郊型電車wにも2回乗せたり、ブログネタ(=主に旅行)は赤子持ち家庭にしてはあちこち行けたような気がします。

ということで来年でございますが、特に国際線は2歳になると座席が必要になり大人運賃の75%も取られるので、来年が勝負(何の?)である。

ということで、とりあえず思いついた場所としては、

3月くらい?:TDL
6月くらい?:沖縄
夏休み:グアム
秋:香港


…うーん、数年前までの行先とは丸っきり変わって子持ち家庭の行先になってしまったなあ。

さて1月になるとこれまで書いたようにJAL一部ANAも燃油サーチャージを上げてくる。
4月や7月に下がる可能性もゼロではないが、今の水準を見る限りその可能性はかなり低いような気がする。
そんなわけで、元々来年は貯まったマイルで海外に行こうと思っていたので、体調不良の中(苦笑)この年末に海外の手配をしてしまうことにした。

取らぬ狸の…という気もするが、マイルでの手配であれば娘が病気になっても延期可能だしキャンセルしてもキャンセル料はさほどでもないし、燃油サーチャージが下がったら日程変更すれば良いし(日程変更を2回して元の日程に戻すという荒業もあるようだし)悪い選択ではない。

ということでまずは夏休みのグアムである。
グアムはANAは成田から飛んでないので、JALになる。
以前目指せ3万マイルという記事を書いたのだが、他のクレカやViewカードからの移行とかやった結果、何と6万マイルを超えるまでに至った。
新ルールだとあと1万マイル貯めれば閑散期なら往復ビジネスがOKになるのだが、さすがに移行可能なストックも残り少なく、閑散期に休めるかどうかもわからないので、6万マイルで片道ビジネスで予約することにした。
往路ならかなり豪華らしい成田の新ラウンジも体験できるはずだし。

ということでWebで空席をチェックするが…ビジネスはそれなりに空いているのだが、エコノミーが壊滅。
でも7月上旬とか9月に入るとかなり空いていた。
さすがグアム。学校が休みかどうかで全然違うのね。
そんなわけで、9月上旬に取ることにした。
JALの場合は、大人はWebで取れるが、幼児は電話しないと取れない。
なのでまず大人はWebで予約発券し、特典航空券デスクに電話する。
ところが…出ない。というかつながりもしない(話中のまま)
そんな状態のまま19時を過ぎてしまい「本日の受付は終了しますた」というメッセージが…。
うーん、JALはANAと違って今年有効期限のマイルを1月まで受け付けてくれたりはしてくれないので混んでいるのだろうか。しかし話中はないだろう話中は!

ということで翌朝。
8時前に起きて受付開始の8時ジャストに電話する。
ところが…話中
うそー!と思い携帯からかけるとこちらはつながった。
10分くらい待たされてようやくつながり、娘の分を手配する。
知らなかったのだが、片道ビジネス、片道エコノミーの場合はそれぞれの往復運賃の半分でいいらしい。てっきり往復ビジネスなのかと思ったので得した気分である。
それでも一番金がかかるのは座席のない娘なのですが。
あと取消料は座席がない場合はゼロらしい。ふーん。

そんな感じで手配はすんなり終わったのであるが、何とこの電話では発券ができないらしく、9時半になったら別の電話にかけろとのこと。
うーん、面倒だなあ。

結局昼過ぎに電話して、こちらはあっさりつながり無事に決済・発券完了。

さてさて、この手配分は無事に行けるんですかねー。

JA8186.JPG
↑グアム便は来年もしぶとくB747-300のようなので、ビジネスクラスもしけたスカイラックスのようですが…機材変更でB747-400シェルフラットでも来ないかなあ…。

ラベル:JAL
posted by たま at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気が早いですが2008年の旅行計画−ANA編−

続いて香港はANAである。

まずANAは幼児が特典航空券で出かける場合の説明が非常にわかりづらい。

乳幼児・小児の特典利用についてというページを見たのだが

乳幼児(2歳未満のお子様)が座席をお取りになりたい場合
大人と同じマイル数を使用するか、小児運賃または各種割引制度で別途航空券をご購入ください。
※座席をお取りいただけるのは、2歳からとなります。

って、2歳未満の幼児が席を取れるのかそうでないのかが全くわからない。何を言っているのかこの文章は。

さらにWebで大人だけ取って良いのかもよくわからなかった。
最終的には

小児のみのご予約、および幼児を含むご予約はインターネットではお申し込みいただけません。スーパーフライヤーズデスクにお申し込みください。

という文章を見つけたのだが、最初これを見つけられず、大人分だけ発券前画面まで進めてしまいましたよ…。
こんなあたりもANAの子供に対する冷たさが…。

ということでSFCデスクへ電話する。
あとはさくさく行くかと思いきや「娘分の運賃が確定できていない」と言う。
いやいや普通運賃で今すぐ発券したいんですだって明日からサーチャージ上がるじゃないですか!というと、発券できるか確認しますので折り返し電話します…とのこと。
うーん、確認の必要すらないのでは…。
ま、数分で折り返し電話がかかり結局はOKになったけど。
しかしこの旅程でも娘が一番高いのですが。しかも香港は現時点で諸費用が安いので大人の4倍くらいかかってます…。
決済はSFCデスクの電話のままでOKなのはありがたい。最もANAはSFCなのでその点は考慮する必要があるが。

ところでこの旅程はもう娘は2歳間近なので、奮発して往復ビジネスにしてみた(エコノミーはすでに満席だったという理由もある)。
往路は午前便のNH909便にしたのだが、今の時点でB777-300ERであった。ふーん、B747-400NewStyleが入るのかと思ったのだが違うのね。
となるとファーストクラスがビジネスクラスとして開放される。これは娘初ファーストクラスか…?と思ったが、残念ながら特典では指定できなかった。これは当日期待するしかないが、まあ赤子連れにアサインはしないだろうな…。

一方復路はかなり迷ったのだが、翌日の体調を考慮して早く帰る事にして午前便のNH912便にした。
こちらは今のところB767のClubANAAsia仕様であるが、もう10回くらい書いたと思いますが2年半前の悪夢を考えるとバクチである。今回は機材変更にならないことを祈るしかない…。
変更になったら何が何でも日程変えてやる!

JA731A.JPG
↑次回乗ると5回目になるNew Style Club ANA。でもその次はあるのかな…(泣)

ということで、全ての手配が無事完了した。
本日消費したマイル、両社併せて139,000マイル!
いやあ、すっきりした。また明日からマイラーとしてがんばります!

しかし、やっぱ赤子連れはWebでの手配が完全にできないこともあって、結構面倒というのが感想である。
少子化対策の一環としてこの改善を考えてくれませんかね…。

そんなわけで、来年もよろしくお願いいたします。

ラベル:ANA
posted by たま at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

夢と魔法の王国へ

月並みながら、東京ディズニーランドに行ってまいりますた。

元々、娘が1歳になったら行こうという話はあったのだが、保育園に行くようになってから平日が忙しくなり、土日に思い切って出かけるのが面倒になっているうちに、手持ちの優待券の期限が迫ってきた。
このままだと香港が初ディズニーになってしまうよ!ということで、夏休み前のラストチャンスであるこの金曜に行くことにした。

ところが、相変わらず仕事が忙しくて急遽会社に行かねばならぬハメに…(泣)
嫁にブーブー言われながらも、仕方がないのでキャリーバッグを持参して私服で(クールビズなので助かった)会社へ行き、何とか13時過ぎに仕事を片付けて舞浜駅へ急ぐ。
もっとも、娘が午前中ずっと昼寝していたらしく、結果的に舞浜駅に着いたのは自分の方が少し早かったのが幸いだった。

ようやく入口にたどり着いたのが14:40。
あと20分待つとスターライトパスポートの時間ですと言われたので、待つことにした。
驚いたことに、パスポート優待券をスターライトパスポートにダウングレード?できるらしい。
てことで、2人で2200円が帰ってきた。
今回の2枚のうち1枚は実は頂き物なので、実にラッキーである♪

さて我が娘は入口を縦横無尽に走り回り…

080718_001.JPG

入る前からクタクタです…。

15時になりインパしまつ。

080718_002.JPG

今日は予報も雨だけあってそれほど混んでなかった。
実際は時折パラパラ降るが傘をさすほどでは全然なく、かえって日差しがなかったので実は良い時に来たんではないかと。

さてエントランスにはキャラクターがいくつか。

080718_003.JPG

ピグレットにこんにちは。

080718_004.JPG

チップ?デール?に突進する我が娘。

着ぐるみがキライという子は結構多いらしいが、娘は全く問題ないらしい…。

080718_005.JPG

一番人気はプーさんでした。
「暑そうだなあ…」と思いながらしばらく並んでいると「おなかがすいたのでハチミツを食べに行きます」ってことで事務所へ…。
なるほど、こうやって交代するのね(!?)
でもよりによって待ちきれず騒いでいる娘の直前で代わらんでも…。

てことで、エントランスで早30分。なかなかパークの奥へ行けません。。。子連れはやっぱり大変です。

まだまだ歩きたい娘を何とかベビーカーに乗せ、まず向かった先は…

080718_006.JPG

ウエスタンリバー鉄道です。
やっぱ基本ですね(何が?)
ほとんど待たずに乗車。

080718_007.JPG

080718_008.JPG

何しろ自分は19年ぶりのTDLなので、実に新鮮でした。
娘も楽しんでくれたかな…?

080718_009.JPG

シンデレラ城を見ながら先へ進むと、ちょうどパレード「ジュビレーション」がやっていた。

080718_010.JPG

最近急に言葉が増えた我が娘。
「キリン!キリン!」と言っていた。

080718_011.JPG

楽しんでくれたかな?

さて続いては19年前にはなかった「トゥーンタウン」へ。
うーん、スカイウェイはどこへ行ってしまったんだ〜。

080718_012.JPG

080718_013.JPG

柔らかい床の感覚が面白い乳児連れの定番トゥーンパークでしばし遊ばせたあと、定番中の定番であるプーさんのハニーハントへ向かうが、ファストパスはもちろんなく、45分待ち(これでも短い方なんだろうけど)なので諦めて、こちらへ。

080718_014.JPG

080718_015.JPG

080718_016.JPG

こちらも定番のイッツアスモールワールドへ。
ほんわかしていていいですね。涼しいし。
娘もじっと見ていてくれた。覚えててくれると良いな。

この後近くのピノキオの冒険旅行にも入ってみたがこれは失敗。
真っ暗だし速いし。娘も泣いてしまった。
ごめんね〜。

遊びつかれたのか、娘はここで寝てしまった。

予期せぬ仕事で15時のインパとなってしまったが、結果的には1歳児連れだとこの程度の滞在でちょうど良かったのかも。
朝からだったらきっとバテバテだっただろうね。

080718_017.JPG

080718_018.JPG

あっという間に夕暮れに。
今日は湿度が高くて死にそうであったがようやく少し涼しくなってきた。

寝ているうちに買い物を済ませ、さて夕食を…と思ったがレストランは順番待ちだったので帰る事に。

080718_019.JPG

080718_020.JPG

シンデレラ城で繰り広げられている「スターライトドリームス」を見ながら退園。

080718_021.JPG

8日にオープンしたばかりのディズニーランドホテルがキレイだった。

てことで、わすか4時間半くらいの滞在ではあったが、やっぱり子連れは疲れますなあ。
あちこち行って欲しくないところに行くわ、気に入らないと騒ぐわ…。
でも娘が楽しんでくれれば、まあいいことにします。
ただやっぱり日差しがなくても暑かったなあ。
次はすいている真冬だな。

posted by たま at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェラトン・グランデ・トーキョーベイへ宿泊(1)

我が家は江戸川区民なので、ディズニーランドから1時間以内で家に帰る事ができる。
しかし最近出かけてないし、それじゃつまらん…ということで今回はホテルに宿泊することにした。

080718_022.JPG

080718_023.JPG

イクスピアリで夕食を調達して、ディズニーリゾートラン〜リゾートクルーザーで向かった先は…

080718_024.JPG

S字型を描く大きなホテル、シェラトングランデトーキョーベイが今夜の宿泊先である。

080718_025.JPG

洗練されたイメージのフロント。
しかしシェラトンはオフィシャルホテルの中で唯一、舞浜駅近くのウェルカムセンターでチェックインができるので今日はスルーである。
パーク閉園後とかはかなり混むらしいのでこれは非常にありがたい。

さてエレベータに乗り、今回宿泊する8階へ。

080718_026.JPG

エレベータが開くと、うって変わってかわいらしいペンギンの絵が沢山!

080718_027.JPG

部屋のドアもこんな感じでとってもキュート。

今回泊まった8階はシェラトンのキッズ向けキャラクター「トレジャーズ」のフロアなのである。
TDR近辺に数多くのホテルあれど、ここまでフロア中かわいらしいキャラクターで覆われているのは恐らくここが一番だろう。
嫁がいたく気に入ったのでこのフロア指定で予約したのである。
娘も結構喜んでいたので何より。

さて「トレジャーズルーム」と呼ばれる部屋に入ります。

080718_028.JPG

部屋に入ると、トレジャーズのメインキャラクターであるペンギンのペントンがいっぱい!

080718_029.JPG

チェアもテーブルもペントン!

080718_030.JPG

壁の柄も、掲げられている絵もみなペントン!

080718_031.JPG

子連れにもつかいやすいと、一方でスタイリッシュな液晶テレビ。
ふと、下を見ると…

080718_032.JPG

こんなところに子供心をくすぐる小さな扉が!
もっとも娘は全く興味を示しておりませんでしたが…orz

080718_033.JPG

バスは洗い場つきで子連れにとってはかなりポイントが高い。
ただ扉が開放できなかったり、洗い場がすべりやすくて娘が転んでしまったり、使い勝手としては思ったほどではなかったのがちと残念。

080718_034.JPG

この部屋の宿泊者だけがもらえるオリジナルバッグ。
最近肩にバッグをかけるのが娘のマイブームなのでこれは嬉しい。
気に入ってくれるといいな。

そんなわけで、部屋中ペントンでかなりかわいいだけでなく、部屋(36平方メートル)もそこそこ広いし洗い場付と機能面も申し分なく、かなり満足した滞在でした。
トレジャーズルームは結構高い部屋なのだが、ピーク時でなければそれなりに安く泊まれるので子連れには特にオススメしたい。

080718_035.JPG

そんなわけで、イクスピアリで調達した弁当で夕食。
しかしまあ、5年以上舞浜勤務の嫁はもちろん、その帰りとかにちょこちょこ立ち寄った自分にとってももうイクスピアリは飽き飽きする存在であり、あまりそそられない食事でした…。
ホント、舞浜はパーク外の食事事情がいけてませんな。

080718_036.JPG

今回のプランは部屋指定はできなかったので、ホテルに電話して海側を指定した(ちなみにホテルのWebではトレジャーズルームに禁煙ルームはないと書いてあるが実際には禁煙ルームがあり、こちらも指定できた)。
バルコニーを開けると、広い庭園に屋外プールの水の音が静かに響き、その奥には広大な東京湾が。
うーん、プチリゾートですね。
パークビューも捨てがたいのかもしれないが、Webで見る限りはパークよりも駐車場のほうが目立つ感じだったし、大体パーク側の景色は見飽きた景色ばかりなので海側にしたのは正解であった。

もっとも嫁は会社でもう見飽きた!とのことでしたが…orz

ところで、シェラトンに泊まるのは昨年6月の札幌以来。
12月のウェスティンも入れると、娘は1歳半なのに早スターウッド3泊目である。
何という贅沢な(ま、そんな贅沢でもないですが)こと…。

そんなこんなで、おやすみなさい。

ラベル:宿泊記
posted by たま at 23:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

シェラトン・グランデ・トーキョーベイへ宿泊(2)

おはようございます。
今日はのんびり起床です。

080719_001.JPG

080719_002.JPG

今日は予報どおり良い天気!
ベランダからの眺めもちょっとガスっていたものの、最高です!
でも今日は羽田カーブではないのでヒコーキがよく見えなかったのがちょっと残念。

080719_003.JPG

部屋には子供用パジャマがあったものの、娘には大きすぎだなあと思いながらも着せてみたら、上着がちょうどワンピースのようにぴったり。
なかなかカワイイ。

さて朝食であるが、事前リサーチによるとここは混むらしいので、おかあさんと一緒をのんびりと見てから、9時過ぎに行ってみた。
とすると、まだ20分待ちとのこと。うーむ。
仕方がないので少し待ち、入店。

080719_004.JPG

今回のプランは1階の「グランカフェ」での朝食のはずだったのだが、朝食券を見ると2階の「舞浜」にチェックがついていた。
実際はどこでもいいらしいのだが、いつも自分の好みで洋食バイキングなので、娘向けのあっさり料理とかないかな…と思い、またグランカフェはあまり評判が良くないようなので和食中心らしいここに入ることにした。

ところが…

080719_005.JPG

080719_006.JPG

080719_007.JPG

鉄板焼の店なので雰囲気はいいのだが、何しろ品数が少ない!
洋食はまあ仕方ないとしても和食もしょぼい。
しかも娘が食べられそうなものも少ないし小さい子向けの食器もないし…。
うーむ、これは明らかに失敗であった。
こんなときでも諦めずに洋食を選んだものの、うーむ。
おとなしくグランカフェにすればよかったかな…。

てことで、ちと残念な朝食でした。
朝食付きプランだったからまだいいけど、別払いだったら発狂していたなきっと。。

さて部屋に戻り、まったりするヒマもなくあっという間に12時のチェックアウトの時間。
子連れは時間が足りませんなあ。

今日は特に予定もないので、プランについていたスポーツ&レクリエーション施設「オアシス」が今日まで使い放題なので行ってみることにした。

まずはプールへ。
残念ながら自分のプランは屋外プールはダメなので屋内へ行ってみた。

080719_008.JPG

子供用プールに娘を入れてみたところ、早速脱走してみるの図(笑)
1年前にベビースイミング入れたのになあ。
てか、グアムでは楽しめるのかなあ、こりゃ。

てことであっさりと退散して、次に向かった先は…

080719_009.JPG

キッズランド、「トレジャーズ!アイランド」
である。
ここは保護者は無料なのだが、1歳児は有料。
プランのオアシスパスは添い寝分はくれないので、しぶしぶ400円/時間を払う。
何だかなあ…。

ただここはなかなか設備が良い。
まずいいのは、4歳以上と4歳未満でエリアが違うところ。
安心度合いが全然違う。

080719_010.JPG

080719_011.JPG

広いキッチンで料理ごっこしたり、

080719_012.JPG

ペントンの形をしたボールプールへ突っ込んでみたり、

080719_013.JPG

ペントンのお部屋を散策したり、

080719_014.JPG

絵本を読んだり。

結構広くて1時間はあっという間に経ってしまった。
娘も結構喜んで遊んでくれたみたいなのでよかったかな。

なお、あとオアシスには「舞湯」と呼ばれる大浴場もあり、これにも行ってみたが、これはまあ単なる大浴場ですな。
てことで、このオアシス、まあプランについていなければ特にお金払って行くところもでないような…。
大体トレジャーズ!アイランドは別払いだし。

とまあいろいろありましたが楽しいひと時を過ごし、最後は2階ロビーラウンジ「トスティーナ」で軽食を食べて帰る事に。

080719_015.JPG

080719_016.JPG

あっという間の1泊2日でしたが、やっぱり近いし、近い割にはプチリゾートって感じも楽しめて楽ですな。
高いサーチャージも払わなくて良いし。
また近場のホテルでも行こうかな。

080719_017.JPG

ところで帰りは舞浜駅までバスで行くことにしたが、このバスもリゾートクルーザーなんですね。
HPの案内だと、リゾートラインのベイサイドステーションからでないとリゾートクルーザーに乗れない(アンバサダーとサンルートを除く)と読めるので、行きはわざわざリゾートラインに乗ったのだが、後で調べるとホテルの送迎バスのうち1台はリゾートクルーザーを所有しているらしいので乗れるらしい。
だったら250円もするリゾートラインに乗らんでも良かったのね。
あえて宣伝してないのはリゾートラインへの配慮なのかしらん。
おかげで嫁にぶーぶー言われてしまったではないか…。

ラベル:宿泊記
posted by たま at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

2009年の旅行計画−ダメダメANA−

2008年は結局、予定通り(昨年末に特典航空券取っていたので当たり前なのであるが)グアム、香港、あとTDLと奄美大島に行くことができ、1歳児の家庭としてはアチコチ行けたような気がしますが、驚くべきことにJALもANAも有償搭乗がゼロ回!でございました。
これじゃJALカードの1000マイルももらえないし、SFCカードが泣いてるなあ…。

てことで来年はサーチャージもかなりなくなるだろうしどこかへ行きたいところだが、前回の香港に懲りた嫁から旅行は年1回!と強く言われており、まあじゃあ一人で行くしかないかな…(え?)

とりあえず香港へ行くまでは、A380搭乗とからめて次は子供もある程度楽しいシンガポールかなあと思っていたのだけど、これは却下ということで今考えているのはリベンジマカオとバンコクの周遊。
でも3年半前みたいに何日も使えそうにないので、ギリギリ切り詰めると

1日目:夕方成田→深夜バンコク泊
2日目:午後バンコク→夜香港→マカオ泊
3日目:午前〜午後マカオ→夜香港
4日目:深夜香港→早朝羽田

これなら木〜日で、木曜は午後まで会社にいられ、日曜は家にいられる(ツライだろうけど)。
でもつらいので帰りはビジネスクラスがいいなあと思って、

AMC特典航空券:往路成田→バンコク(Y)、復路香港→羽田(C)

というので行こうかと思ったのだが、ふと思ったのはこれ何マイルだろう?と。
旧ルールだと往復に必要なマイルの半分の合算だったので、
往路:35000/2=17500マイル
復路:40000/2=20000マイル
の合算で37500マイルだったが、新ルールではどうなのか。
とりあえずマイルを通算すると、4001〜7000マイルなので、Y35000マイル、C60000マイルとなる(レギュラーシーズン)。
ただこれを半分ずつ加算すると、47500マイルになるわけで、10000マイル多く必要になってしまうのである。
これは復路の方が短いのが理由であるが、これってどうなの?

と、にわかに信じがたいのでANAにメールで質問してみた。

すると、

お問合せいただきました「ANA国際線特典航空券」の必要マイル数についてですが、国際線区間の旅程が2区間の場合に異なるクラスを利用される場合は、各クラスで必要とされるマイル数の2分の1の合算となります。

・往路:成田−バンコク(エコノミー) 5738 マイル=35,000マイル必要区間
・復路:香港−成田(ビジネス) 3644マイル=60,000マイル必要区間

往路復路それぞれの必要マイルを足して2で割り上記ご旅程の必要マイル数は47,500マイルとなります。

やっぱ違うんだ…っておい、香港−成田の3644マイルは40000マイル区間だぞ!
と思って再度聞いてみたら…

この度は、再度ご連絡をいただくこととなり恐縮に存じます。
昨日当インターネットデスクより送信させていただきました
eメールの内容に誤りがあり、**様におかれましては、
ご迷惑をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。

お問合せいただきました「ANA国際線特典航空券」の
必要マイル数の算出方法につきまして、再度ご案内させていただきます。
(レギュラーシーズンでのご旅行を想定してのご案内となります)
今般**様よりお問合せいただきましたご希望のご旅程の
区間基本マイレージ(距離数)は以下の通りとなります。

成田→バンコク 2869マイル 
香港→成田   1823マイル 
      合計 4692マイル

合計4692マイルを下記URL内、【必要マイルチャート】にて
ご確認下さい。(4,001〜7,000に該当します)
該当項目のうち、
エコノミークラス・R(レギュラーシーズン) 35000マイル
ビジネスクラス・R(レギュラーシーズン) 60000マイル
の2分の1の合算が今般のご旅程に必要なマイル数となります。

ってをい…間違えるなよ。。。
てか、この担当者すら間違える今のルールって…。
ま、そんなわけでやっぱ47500マイルが正解だそうだ。
よくよく考えたら全部エコノミーでも、旧ルールだと27500マイルで行けたはずなので当たり前といえば当たり前なのだが、うーん、こういう微妙なところで改悪するあたりやっぱANAはイケてない会社だよな…って、新ルールが発表されてから1年以上たって始めて気付きましたが、みなさん知ってました?

ま、スタアラ特典だと全部エコという条件つきながら38000マイルで全区間回れるので、こちらのほうがいいかな。
ということで、

1日目:朝成田→夕バンコク泊
2日目:午後バンコク→夜香港→マカオ泊
3日目:午前マカオ→午後香港→夜成田

これなら朝保育園に行ってからでも間に合うので何とかなりそうだが、日曜を自宅にするためには木・金と会社を休まないといけない。

ま、実際に日程を考えるのはサーチャージが次のステップに行く4月以降だからGWもないだろうし(今すでにバンコク行特典はGW中満席になってる)またじっくり考えるとしましょうかね。

あとは国内。
1回どかーんと、と言われているので、じゃあ沖縄か北海道か、というところで、普通なら沖縄なんだろうけど、機内食もない、狭い普通席で沖縄に行くのはグアムよりしんどいんじゃないかなあと思うと結構行く気が失せたりします。
大体、いつの間にかバーゲンフェアも超割もなくなり、いつの間にか高くなった先得や旅割しかないとなると沖縄遠いなあ。
でも北海道は北海道で子連れだと意外に厳しいような気もするし。

てことで、これも未定。

あとは近場の温泉に行こう!と嫁には言われているのだが、
これもこれで、嫁の部屋食露天風呂高級志向旅館で、キッズスペースのあるところとかを探そうとするとなかなかなく…。

ま、来年どうなるか、見ものですね。

案外異動したりして旅行どころじゃなくなったり…ってそれはイヤだな。。。でもそろそろそんな時期だったりするし…orz


posted by たま at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

大阪出張1日目

突然であるが、大阪へ1泊2日で出張する用件ができた。

となると、まず重要なことはどの交通手段で行くか(笑)である。
今回は朝会社に行かないといけない用があり、午後の打合せ時間を考慮すると往路の便が限られているのと、帰りが何時に終わるのかわからなかったので、変更の自由が一番利きそうなANAビジネスきっぷを使うことにした。
片道15,000円と新幹線利用分よりかなり足が出るが、今なら1000マイルのボーナスも出るし、いいかなと。

と、いうことで朝少し早めに会社へ行き、用件を済ませて羽田へ向かう。
搭乗の30分前に到着。まずは19番カウンターへ行ってプレミアムクラスのアップグレードを申し込む。
今年は未だポイントを使っていないので、ダメもとで…と思ったのだが、

090115_003.JPG

発行されたのは種別Aの12番。
調べてみると呼び出しの先頭は種別Aの8番で、種別S以下はゼロ。
つまり全員種別Aで、自分は一番ビリですた。
これじゃ取れるわけないよ〜。
てか、種別Aの8番さんは一体何時間前にチェックインしたんでしょうか。待っている間に新幹線に乗れば大阪に着くのでは…。
こんなんじゃポイントは全く消費できませんな…。

気を取り直して、ANAラウンジへ。

090115_001.JPG

090115_002.JPG

本館のANAラウンジはよく考えたら3年ぶりくらいかも。
プレミアムクラスの増席対応からか、なんか昔より窮屈感があるのは気のせい?

コーヒーを1杯飲んだら搭乗の時間。
気になる空席待ちは…種別Aの8番のみであっけなく落選…orz
すごすごと搭乗する。

090115_004.JPG

羽田11:00発NH21便はB777-200・JA703A号機。
狭い狭い横10列の普通席はそれはそれはしんどかった。
予約時点では窓側も通路側も取れず、何とか羽田に向かう電車の中で通路側の1席をかろうじて確保したのでまだ良かったけど、これで真ん中席だったら発狂したな。
てことで、全く面白くない1時間のフライトを耐え、定刻どおり12:05に伊丹空港へ到着。
モノレール〜阪急〜JRと乗り継ぎ、目的地へ向かった。

着いた後の仕事は省略(笑)

ラベル:ANA 出張記
posted by たま at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪出張2日目

大阪出張2日目である。
しかし、今回は出発前から咳が出始めていたところ、とんでもなく遅い時間まで懇親会があったこともあり、非常に熱っぽいです。
まずいなあ…。

090116_001.JPG

今回宿泊した今話題の某ホテルに、某元自衛官氏の論文が載った冊子が置いてあったので読んでみた。
ま、言わんとすることはわからんでもないが、何の根拠に基づいて主張しているのかわからんかったし、こういう思想の人物が出世するってのはある意味自衛隊ってすごく能力主義な組織なのかなあとか思ったりした。
てか、東横インといいここといい、なんでこういうホテルにはこういう怪しげな冊子が置いてあるんだろう…。

さて2日目の仕事は夕方無事終わった。
一応関空21:25発の最終便を予約していたのだが、1本前でも帰れそうなので急いで向かうことにする。
というか、カラダがだるい…これはまずい。。

時間もなかったしだるかったので500円払って新今宮18:32発のラピートβに乗る。

090116_002.JPG

090116_003.JPG

ラピートはすいていて、新今宮発で半分程度、関空直前では数人しか乗っていなかった。
夕方に空港に行く人は少ないだろうけど、これはちょっとヤバいような。

途中何駅も止まったので結構時間をかけて19:13に関空へ到着。
お土産を買って、signetでジュースを1杯だけ飲む。

090116_004.JPG

羽田行の出発が迫っているというのにガラガラであった。

090116_005.JPG

19:50発の羽田行NH148便はB767-300ER・JA8358号機であった。

090116_006.JPG

機材を見てぱっと来た人もいる?だろうが、この便は国際線機材である。
以前(4年前に大阪へ行った頃)はこの後のNH150便が国際線機材だったのだが、今はこのNH148便が国際線機材となっている。
今回、前倒し便を伊丹発でなくわざわざ関空発で前倒したのはそれが理由であった。
もっとも、最初は前方席はおろか非常口席も取れず、かろうじて窓側席が取れたくらいだったのだが、JRの中で非常口席が取れ、ラピートの中で前方ビジネス席が取れたので、やれやれである。

いざ乗ってみると、前方ビジネス席は8割がた埋まっていたが、後方は3割くらいしか乗っていなかった。
いくら国際線機材でも、19:50だと大阪市内からだと早すぎて関空まで来ないのだろう。何でNH150便とチェンジしたんだろう。

結局、最後まで窓側こそ取れなかったのだが、カゼっぴきにビジネスのシートは大変ありがたく、スープをもらった後は到着までずっと寝てすごした。

090116_007.JPG

090116_008.JPG

…が、定刻に到着したものの、到着ゲートは69番。。。
この69番は最近新設された南ピアの先端で、2タミで最も遠いスポットである。
ここから歩くわけだが恐ろしく遠い…。
北ピアも結構しんどかったが、南ピアは常軌を逸してるぞこれ。
これならバスのほうが楽じゃないかと小一時間。
早いところターミナルビルを拡張しないと苦情でまくりなのでは…?

てことで、乗りたかった21:05のバスになど到底間に合わず、21:20発のバスに乗り、家には22:20頃何とか到着。
夕食を食べてPCも開かずに寝てしまった。
その時、熱は38.1度。

翌日、熱は39.2度に…。

やっと今日、熱は37度まで下がったが、休日を無駄にしてしまった。
娘もカゼ+吐き気状態で金曜は病児保育だったみたいで、散々な週末でございました。

ラベル:ANA 出張記
posted by たま at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

大阪日帰り出張往路

再び大阪へ行く用ができた。

当初は火曜から1泊2日の予定だったのだが、どうしても終わらない案件があって、1泊分の荷物を持って会社へ。
しかし、なかなか終わらず、気がついたら21時!
もうヒコーキも新幹線も終わってしまった…仮に今から行っても懇親会の3次会?くらいしか出れんし。
ということで、1泊分の荷物を持って自宅へ戻りましたとさ…orz

で、仕切り直して翌日日帰りで行くことにしたのだが、朝から用件があるので朝一番のANAで行くことは確定。
問題は帰りで、いつ終わるかは不透明なので前回同様ビジネスきっぷという案もあるが、今回は前回と違っていろんな人が行っているようなので、要するに新幹線に拉致られる可能性が否定できない。
ということで、時間が余って空港で待ちぼうけになるリスクよりは復路の払い戻しのできないビジネスきっぷで行くリスクが高いと思い往復特割で予約することにした。
特割なら帰りはクラスJでゆっくりしたいなあ…と思ったが、JALの最終便はクラスJだけ満席。
同じ普通席だったらラウンジが使えるANAの方がいいなと思い、ANAの最終便を予約した。

翌朝。
4時45分に起きて、一之江から高速バスに乗って6:05に羽田着。
早速19番カウンターへ。
前回は玉砕したプレミアムクラスを再度申し込む。
今回は無事ゲットできた。
やっぱり1時間前に行かないと取れませんね…。

で、第一目的は達成したのだが、
「帰りの便のプレミアムクラスはどうですか…?」
と聞いてみた。
プレミアムクラスは当日空港カウンターで空席があればOKなので、別に出発する空港でなくても構わないのである。
で、端末をカタカタすること数秒「ご用意できます」と。
これで今回は往復プレミアムクラス確定である!
余っていたアップグレードポイントも無事使い切ることができたけど、これって逆に考えると伊丹発夕方のプレミアムクラスは日帰り客が圧倒的に有利だってことですね。
そりゃ空港で直前にアップグレードを申し込んでも取れないわけだ。

セキュリティを抜けて、嫁に頼まれていた「ねんりん家」のバームクーヘンを買うために北ピアへ。
再び本館へ戻ってANAラウンジで小休止。

090311_001.JPG

羽田7:00発のNH13便に乗り込む。今日の機材はB777-200・JA702号機。

090311_002.JPG

後ろまで見てないが結構混んでいた模様。
プレミアムクラスは完全満席であった。

090311_003.JPG

苦労して取ったプレミアムクラスであるが、B777のプレミアムクラスはスーパーシートの座席モケットを張替え、ピッチを広げたいわゆるハズレ機材なので、特に感慨はない。
昔のピッチ向けに作られた座席なだけ、無駄に前後のピッチが広くて個人的には逆に落ち着かないなあ…と思う。
今回はポイント利用でタダだからいいけど、これで7000円なんて払いたくはないなあ。

さて、この便は朝食が出る。
今日は気流が悪くずっと揺れていたが、無事朝食は出てきた。

090311_004.JPG

今週はスープらしい。自分はスープは初体験である。
メニューはこんな感じ。

・湯葉と春野菜のライススープ
・小豆蒸しパン
・カットフルーツ ミント添え
・抹茶クリーム大福
合計 527kcal

うーん、これだけ…?
ま、通常のサンドイッチと同じくらいのカロリーなのだけど、見た目的にはどうなんでしょう。
実はここ数日おなかの調子が悪かったので、この時に限っていえばこの位で良かったのだけど…うーん。

てな食事を揺れながら食べているうちにあっという間に伊丹着。
モノレール〜阪急〜JRと乗り継いで目的地へ向かった。

ラベル:ANA 出張記
posted by たま at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪日帰り出張復路

復路である。
幸い用件が終わった人から流れ解散になったので、無事空港へ。
19時少し過ぎに伊丹空港へ到着。
ちなみにこの時点でプレミアムクラスは満席だったようだ。

090311_005.JPG

まだ出発まで1時間以上あるので、ANAラウンジへ向かう。

090311_006.JPG

何度も大阪に来ている割には、JALだったり関空帰りだったりすることが多く実は伊丹のラウンジ利用は初めて。

090311_007.JPG

090311_008.JPG

伊丹のラウンジは2階建てでとても広い。
特に3階は天井が高く開放的でとても気持ちが良い。
ここでしばらく仕事をしながら過ごす。
しかし羽田への最終便出発前にも関わらず空いていた。
やっぱり不況のせいなのかな。

20時過ぎに搭乗開始になったので優先搭乗。
プレミアムクラスは完全満席だった。
今日の機材はB777-300・JA753A号機。

今回は20時過ぎの便なのでプレミアムデリが出る。

090311_009.JPG

メニューはこんな感じ。

■御飯
生うにの焼おにぎり・桜漬
■口取り
出し巻玉子・鯛西京味噌焼・炊き合わせ(たけのこ・人参・よもぎ麩・椎茸)
■フルーツ
リンゴ・オレンジ・キウイ
合計 235kcal

生うにのおにぎりというのが珍しいがなかなか美味しかった。
しかし如何せん量が…。
これじゃ夕食には足らないし、かと言って家でたっぷり食べるのもどうかと思うし…。

090311_010.JPG

食べ始めると眼下にはセントレアが見えた。
本当に伊丹−羽田はあっという間ですね。

食べ終わってしばらくするともう羽田である。

090311_011.JPG

初めてライトサイドPBBを使っているのを見ますた。

出発が少し遅れたこともあって21:35発のバスに乗れず、21:50発のバスで帰宅。
家に着いたのは22時半を回っていた。

ということで往復プレミアムクラスの楽々出張ではあったが、如何せん週のど真ん中なのであと2日会社というのがつらいなあ…。

ラベル:ANA 出張記
posted by たま at 16:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

那須へ小旅行

(9月7日分。後で下げます)

昨日房総へ行ったと思ったら今度は北上と慌しいが、月曜日会社を休んで那須へ行ってきました。
那須へ行くのは3年ぶり
前回はペンションに宿泊したが、今回は義兄家族と一緒に親戚の別荘へお邪魔することになっている。
いやはや、海は九十九里、山は那須と素晴らしいですね(自分が所有しているわけじゃないんですけど)

日曜の昼過ぎ出発なので道路はどこもすいていて、17時前に無事到着。
那須はもう秋の装いで、朝夕は思った以上に涼しかった。

090907_001.JPG

090907_002.JPG

一面の緑と静寂の世界に心が洗われます。

夜はプチバーベキュー。
豪勢な夕食をふるまって頂き、大変感謝であります。

090906_001.JPG

090906_002.JPG

090906_003.JPG

そして嬉しいことに、お風呂が温泉!
毎日思いっきり温泉につかれるなんて何て素晴らしいんでしょう。
羨ましい…。

夕食後は娘と姪が大はしゃぎ。
同年代が2人揃うと嬉しいんだろうな。楽しそうで何より。

ということで、おやすみなさい…Zzz。

翌日。
ウッドデッキで朝日を浴びながら朝食。
前回は大荒れだった那須も今回は良い天気で嬉しい。

090907_003.JPG

朝食を楽しんだ後は、周辺を散策。

090907_004.JPG

090907_005.JPG

沢名川にかかる乙女の滝は、落差10mほどの小さな美しい滝。
滝壺まで行くことができ、冷たくて透明な水が心地よい。
しかし怖がりな娘は大泣き。ビビリーだなあ。

滝を堪能して、さて次へ向かいますか…と思ったら会社から携帯が…orz
無念、駐車場で処理に30分以上かけてしまいますた。
これだから国内平日休みはイヤだ…。
ま、自分は海外でも容赦なく電話がかかってきますが。
この前バンコクで「東海で発生した震度6の地震の安否確認ですけど…」って電話がかかってきましたが…大丈夫に決まっているじゃん。。。

続いて向かった先は、3年前にも行った南が丘牧場
3年前は連休で大混雑であったが、今日はすいていた。
南が丘牧場といえばまずは美味しい牛乳やソフトクリーム。

090907_006.JPG

090907_007.JPG

牛乳くださいな♪

090907_008.JPG

牛乳おいしい?
とっても濃厚でコクがある牛乳とソフトクリーム。美味しかった。

さて前回は雨もちらついたのですぐに退散したのだが、せっかくの牧場なので、牛や羊と触れ合うことにしましょうか。

090907_009.JPG

090907_010.JPG

この奥にヤギさんとかがいるのですがここから先には決して進みません…。

090907_011.JPG

あーあ、大泣きです…。
牧場だったら楽しいのかなと思ったのに。ビビリーだなあ。

090907_012.JPG

この後別荘に戻ってカレーを頂いた後、パンやお土産を買って帰宅。
2人で(お腹の中には娘はいたのだが)出かけた3年前よりはのんびりした行動であったが、まあこんな旅行もいいですね。
特に娘は姪と遊べたこともあってとても楽しかったみたいだし。
今度は一面の銀世界の頃に行ってみたいのでどうぞよろしくお願いします。m(__)m

posted by たま at 16:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シルバーウィーク小旅行(1):蓮沼海浜公園へ行く

秋の大型連休、シルバーウィーク。

我が家は元々連休にはどこにも行かず、連休でない時期にどこかへ行く
のをモットーとしているのだが、何分5連休も魔の2歳児と一緒に生活すると発狂することが想定されるので、出かけることにした。
ホント、専業主婦の人はよく発狂しませんなあ。

とはいえ、遠出などというのは自殺行為なので、九十九里のセカンドハウスに居候して、そこを起点に出かけることにした(いつもすみません…)

土曜は嫁が友人と食事だったので、日曜に出発。
相変わらず出遅れて11時少し前に出発。
まあ房総だし穴川の手前で2,3km渋滞くらいかなと思ったら、船橋料金所手前の所要時間案内を見て驚いた。

「千葉東:90分」
「船橋−貝塚:渋滞12km」


え…?

こんな渋滞見たことありません…。マジですか。。

てことで京葉道路は早々に諦め、花輪で降りて357号〜東関道〜佐倉ICから一般道と大回りして九十九里へ。
一般道区間が長いので時間はかかるが、渋滞はないので気分は楽である。
しかし、すごいなシルバーウィーク。CO2絶賛排出中だこりゃ。

到着後昼食を頂き、普段はこの後昼寝とかするのだが、まだ時刻は14時過ぎ。せっかくのシルバーウィークなので出かけることにした。

クルマで5kmほど北へ向かった目的地は蓮沼海浜公園
九十九里沿いに広がる大きな公園で、夏はウォーターガーデンで賑わうが、そうでない時期も子供の広場など遊び場が沢山あって楽しい所である。
ここを訪れるのはいちご狩りの帰りに寄って以来4年ぶり。
さらにその前、結婚する前に行ったときは「家族連ればっかり…」と嫁にぶーぶー言われたなあ。

さて早速娘が目をつけたのはこれ。

090920_001.JPG

パトカーのバッテリーカー。
ハンドル操作もできるので娘は大喜び。良かった良かった。

さて続いては自分も乗りたかった…

090920_002.JPG

ミニ鉄道である。
鉄道自体はどこにでもあるものだが、ここは全長2.1kmもある日本一長いミニ鉄道であり、所要時間は20分ほどかかる、とても乗り応えのある鉄道である。
前に嫁を引き連れて乗りましたが、娘も引き連れて乗ることにします(笑)。
お、楽しそう。

090920_003.JPG

出発進行!
ちゃんと目の前の取っ手をもっているのがカワイイ。

090920_004.JPG

090920_005.JPG

トンネルあり、鉄橋あり、公園を抜けて松林の中を走ったり、ちょっとお尻が痛くなるけどとても楽しいです、これ。
満足満足。

続いてはゴーカートに乗ってみました。

090920_006.JPG

これがなかなかの本格派で、結構スピードが出る。
娘を助手席に乗せてプチデート♪

続いて嫁が乗りたい!といったのはこちら。

090920_007.JPG

ベルーガの形をしたマウンテンコースターである。
なんと2歳から乗れるらしい。
絶叫ものではなさそうだが、大丈夫かなあ。
自分は大丈夫じゃないので(笑)カメラ担当です。

090920_008.JPG

まだこの頃は大丈夫だったらしい。
大喜びのアラサーな嫁(後ろから2両目)

090920_009.JPG

090920_010.JPG

うわー、結構速いぞこれ。
しかも、2周するんだ。サービス精神たっぷりだが大丈夫かなあ。

090920_011.JPG

あーあ。大泣きです…。
ま、しょうがないね。よく頑張った。

090920_012.JPG

九十九里を一望できる展望塔。
自分も嫁も2度見たので風も強いしいいやと思ったのだが、娘が階段登りたい!と言うので行ってみた。
なんと8階建ての最上階まで自分ひとりで登っていった。すごいぞ。

てな感じで、そんなに混んでもなかったしとても楽しい午後のひと時を過ごすことができ、上々の1日目でした。

(つづく)

posted by たま at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

シルバーウィーク小旅行(2):激混み鴨川シーワールド

2日目。

今日は東京ドイツ村鴨川シーワールドのどちらかに行こうと思っていたが、娘に芝生か魚かどちらがいいか聞いたら「サカナ!」だと言われたので(聞き方が誘導だった?)シーワールドに行くことにした。

シーワールドは今を去ること13年前の若かりし頃に嫁と出かけた思い出深い…というか昔過ぎて2人ともあまり覚えていない(苦笑)ので楽しみである。

しかしシーワールドはご存知のとおりアクアライン800円効果でかなり混んでいるらしい。もっともルートとしては逆から入る形になるので渋滞はないだろうが、さてどうなることか。

朝7時に起きて、朝食を急いで食べて8時半に出発。
九十九里からシーワールドまでは近そうで遠く、70km以上ある。
波乗り道路〜国道128号を通り南下する。
ところどころ流れの悪いところはあるが至って順調で10時20分前にあと1kmのところまで来た。
ところが、亀田病院手前で駐車場渋滞に捕まる。
早くも満車らしい。
うーむ、10時過ぎでもう満車か…。
しばらく待つが、忘れた頃に1台進むくらいで全然入れる気がしない。
昨日、どこかのブログで朝9時に家を出て入れたのが4時とかいう記事を見て、まあさすがにそれはないだろうと思ったのだが本当にそんな感じになっちゃいそうな気配…。
大体、シーワールドに数時間で出て行く車なんて限られてそうだし。

090921_001.JPG

とはいえ今更予定変更するわけにも行かないので、嫁と娘には徒歩で先に行ってもらうことにして、待つことにした。
11時を過ぎてもまだ入れない。
仕方がないのでナビでTVを見るが、12時を過ぎてもまだ入れない。
うーむ、本当に4時コースか!?

とはいえ、5分に1台分ペースで進んだので、12時過ぎであと10台くらいで入口というところまで来たが、ここで整理員が無料駐車場の紙を持ってきた。
この紙によると2km先に無料駐車場があるらしいが、この駐車場がむちゃくちゃ遠い。安房鴨川駅よりも更に先なので、歩くことは困難だしバスもきっと渋滞だろう。
大体、こんなの駐車場まであと少しのこの場所で配らんでくれ。10時台に配られたらまだ考えたのに。誰も行かないって。
キャパオーバーなのはわかるけど、案内がダメダメだなぁ。

と思ったら、反対側の雑木林奥の駐車場に空きがでたらしく、Uターンしてようやく止められることができた。
その時間、12時半。
いやあ、長かった…。

090921_002.JPG

臨時駐車場はここを左折…って、思いっきり雑木林の中なんですけど。

ま、2時間で済んだし、近くのしかも無料駐車場に止められたのでまだ良かったのかな。
東側からのアプローチでこれだと、西側からはもっとカオスだったのかしらん。

090921_004.JPG

その頃娘は海遊館で買った「ぴっぴ」をしょって鑑賞中。

さてようやく入口にたどり着き入場しますが…

090921_003.JPG

人人人…人大杉!!
昼食時なだけあってまさにカオス。
もう、ディズニーランドみたいに入場制限すべきだよこれ。
やっぱアクアライン800円もETC1000円もこれを見ると愚策だということがよくわかる。
こんなオーバーキャパな観光地ばかり作らせてどうするのかと小一時間。

そんなわけで、13時からのイルカショーは立ち見も無理。
14時からのシャチも満席。あと1時間以上あるのに…。
13時半からのアシカショーに何とか席を見つけた。
しかし昼食を買いに行った嫁は大行列でショーに間に合わず。
うーむ。

090921_005.JPG

090921_006.JPG

ここの名物笑うアシカのショーを見てちょっと心が和むが、おなかすいた…。

アシカのショーが終わり、嫁が買ってくれたカレーを食べる。
手作りカレーらしいがプラ容器入りの600円は高いなあ。
てか、屋台同然の昼ごはんって…むなしい。

090921_007.JPG

14:10からのペリカンのショーを見ると、14時からのシャチのショーが終わった模様。
ショーを見終わった人と席取り組が入り乱れて大混乱。
なんとかかき分けてオーシャンスタジアムに入ると…席がない!
なんとか最前列に空きを見つけ、ここだと水がかかるので立ち見席を1席確保するが、1時間以上前でこれってどういうこと??
はあ…何をしに来たのか。。。

立ち見席は時間が経つにつれ三重四重になり、今更移動もできないのでここで1時間以上待つ。待つなんて久々ですわ。

090921_008.JPG

一体何人いるんだろう…。

さて長い待ち時間が終わり、15:30。ショーの開始です。

090921_009.JPG

090921_010.JPG

シャチと人との交流。ゆったりと人と一緒に泳ぐシャチの雄姿に、これまでの文句など全て吹き飛びました。
素晴らしい…。

090921_011.JPG

090921_012.JPG

090921_018.JPG

続いてシャチの豪快なジャンプ!
激しいジャンプに水が観客席を容赦なく襲う!
嫁と娘が最前列にいたので、大丈夫かな…と思ったが、事前に買っておいたポンチョで防御したので濡れはしなかったものの、娘は大泣き。
ま、シャチじゃなくて水が怖いーと言っていたので良かったですが。

いやあ、良かったです。
2時間駐車場待ちして見た甲斐がありました。
やっぱ、動物はいいですね。些細なことはどうでもよくなります。

090921_013.JPG

090921_015.JPG

090921_014.JPG

最大の見所シャチのショーを堪能したので、あとはペンギンやクマノミ、ウミガメなどを鑑賞。
さすがシーワールド。どの展示も素晴らしい。

090921_016.JPG

昨日娘を痛めつけた?ベルーガは、ショーが終わったあとなのに水槽の前にいる我々が写真を撮ろうとするとポーズを決めてくれる。
エサもないのに、賢いなベルーガは。
とてもかわいい。

そんなわけで18時ぎりぎりまで滞在。
駐車場待ちだった頃はどうなることかと思ったが楽しかったです。
何より娘が楽しんでくれたみたいなので良かった。

090921_017.JPG

帰りは天津、御宿で多少渋滞していたが概ね順調に流れ、20時ちょっとすぎに九十九里へ到着。
なんか家族サービスした気分でいっぱいです。

でも…疲れた。。。

次回はもっとすいているときに行きます、ハイ。

posted by たま at 02:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シルバーウィーク小旅行(3):道の駅オライはすぬま

3日目。
昨日の強行軍がたたったのか娘が熱っぽいので、今日はセカンドハウスで過ごすことに。

午前は天気が良いのでクルマを洗車。娘も邪魔して手伝ってくれた。

090922_001.JPG

午後になり、ちょっと出かけてみようとクルマを走らせる。
向かった先は道の駅オライはすぬま

そこらへんにある道の駅なんで大したことないと思ったのだが…

090922_002.JPG

なんと、駐車場は満車!
うーむ、こんな田舎の(失礼!?)道の駅まで人が押し寄せるとは…シルバーウィーク恐るべし。
幸い、隣の蓮沼支所の駐車場が開放されていたので無事泊められた。

090922_003.JPG

駐車場脇に設置された船をご機嫌に操縦♪

で、肝心の品揃えは…うーむ。
ちなみに、ここには足湯があって、密かに期待していたのだが、有料な上に設備もなんだかイマイチで、誰も入ってないし結局入れず。

そんな感じな道の駅ではあったが、裏手の畑に咲き乱れるコスモスはとても綺麗だった。

090922_004.JPG

090922_005.JPG

もう秋ですね…。

ということで、2泊3日の九十九里滞在もおしまい。
夜までいたので帰りは渋滞にも巻き込まれずに無事帰りました。
お邪魔しましたー。

posted by たま at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

2010年の旅行計画

2009年は大阪出張に始まり、予想外の米国出張、予定通りの沖縄行アジア弾丸ツアー、勢いあまって北海道と、予想以上にあちこち行けて満足であった。

さて2010年であるが、例によって嫁から「旅行は1回」指令が出た。
ま、今年の実績を踏まえると??であるが(え?)、とりあえず動物園好きの娘のために

「パンダを見に行こうツアー」

にしようと思う。
でも、行き先が

・和歌山のアドベンチャーワールド(嫁)
・台北動物園(笑)(自分)


とまるっきり異なるので今後要調整である…。
親台派としては台北動物園のパンダは否定的なのだが、子連れ旅行となれば別である。
ただし厳しいのは台北にあったただでさえ少ない子供向け施設(こことか)が最近ことごとく閉鎖されていること。
確かに日本でも子供向け施設の経営状況は芳しくなく閉鎖されるところも多いのであるが。
子連れ施設がもう少し多ければ台北は食事も美味しいしいいと思うんだけどな。

というわけでもう少し検討。

パンダにこだわらなければ、順不同かつ一家で行くかどうか(笑)は別にして、

・A380で行くシンガポール動物園&ナイトサファリツアー
→今年ボツになったツアーだが、シンガポールは台北よりは子連れには優しいかと(距離は倍以上だけど)

・ヒルトンHHonorsポイントを貯めるためにヒルトン小田原ツアー
→この秋に箱根に行こうと思っていたが多忙のためボツになったのでリベンジで。

・ベトナム弾丸ツアー
→東南アジアであと行ってないところといえばここかなと。ただしガイドブックを見てもあまり行きたいとこないなあと。アンコールワットとセットかなあ。

・ハンガリー弾丸ツアー
→どうせ2泊くらいで東南アジアに行くくらいなら2泊4日で未訪のハンガリーに行っちゃおうかなあと(かなり妄想)

・抑えのスパリゾートハワイアンズ
→子連れ時代に1回くらい行ってみようかなあという気もするので。

さて、来年の結果やいかに?

posted by たま at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

大阪日帰り出張

ほぼ一年ぶりに大阪へ出張する用ができた。

今回は大きな会議の出席なのでいろんな人が行くのだが、往路は現地集合なのでヒコーキで行く。
昼過ぎまでに行けばいいので、ちょっとゆっくり出発で羽田10:00発のNH19便を予約した。
普段通りに家を出て、一之江から高速バスに乗る。
渋滞を気にしていたが至って順調で9時少し前に空港に着いた。

100209_001.JPG

今年度もアップグレードポイントをまったく使っていないので、昨年同様プレミアムクラスへアップグレードしたいところである。
幸い空席があり無事アップグレードすることができた。
しかし今年度からアップグレードポイントの制度変更があり、大して乗ってない平SFC会員は昨年は往復アップグレードできたのに今年は片道しかアップグレードできない。
ま、帰りはプレミアムクラスのない便に乗る予定だからいいけれど、ケチくさいよなあ…。

今日の伊丹行は62番ゲート発なので、少し遠いが本館南のANAラウンジへ行ってみる。

100209_002.JPG

100209_003.JPG

本館南のANAラウンジはそれほど広くはなく、また横に細長くて開放感はイマイチであるが、本館ほど混んでいないのがありがたい。
出発までメールチェックなどして過ごす。
ただし、以前はここで仕事できるのがメリットであったが、いまやN700系のぞみに乗れば列車内でインターネットが使えるので、東阪間の業務移動は完全に新幹線のほうに分があるなあ…とも思う。

100209_004.JPG

今日のNH19便はB777-300・JA751号機。
後ろまで見ていないが機内は結構混んでいたようだ。

100209_005.JPG

B777のプレミアムクラスは昨年も乗ったので特に感想はなし。
狭い狭い普通席よりは断然楽であるが、まあ7000円払う気はしないな。

100209_006.JPG

中途半端な時間なので機内食はプレミアムデリである。

■2種の魚のスモーク 御飯のミルフィーユ仕立て
ミックス野菜・イクラ醤油漬・セルフィーユ・レモン

■グリルチキンと野菜の蒸し煮 胡麻風味ソース
菜の花・大根・人参

■フルーツ
グレープフルーツ・リンゴ・キウイ

グリルチキンは美味しかったが、微妙な量だよなあ…。

といろいろ考えているうちに定刻より少し遅れて11:10頃に伊丹空港へ到着。
モノレール〜阪急〜JRと乗り継ぎ出張先へ向かう。

無事に仕事を終え、懇親会を3分の2くらい出席して19時半に退席。
数人は日帰りなのだが、流れ解散になったので復路もヒコーキで帰ることにする。
新今宮20:02発のラピートに乗り、20:40に関空着。
おみやげを購入してセキュリティチェックを抜け、signetへ。

100209_007.JPG

100209_008.JPG

signetの入口はバレンタインが近いからかハートの飾りがあった。
中に入るとガラガラ。以前この時間に使ったときはもっと客がいたような気がするのだが…。

100209_009.JPG

21:20発NH150便の機材はB767-300ER・JA616A号機。
いつもの?国際線機材である。
昨年利用した時は一本前のNH148便だったのだが、再びNH150便に戻ったのはやはり不評だったからだろうか。

100209_010.JPG

これまでこの区間の国際線機材はオンボロB767ばかりであったが、今回はClub ANA Asia仕様の新型であった。
一人なので真ん中の一人席を選んでみたのだが、なんか両側は通路なのでどことなく落ち着かない。
窓の外も見れないし、自分はイマイチかな。
そもそもシートTVがあっても国内線は使えないので、今回は別に新型で良かったなあというところはなかった。

今回驚いたのは搭乗率。
ビジネスクラス席こそほぼ満席だったが、普通席はガラガラ。
ちょっとのぞきに行ったものの、写真を撮るのが憚られるほどの無残な搭乗率であった。10%もいたかどうか。
なんか関空便はマジでやばいのではないかと。

CAもヒマなのか、2人がかりでドリンクサービスをしてくれて妙な威圧感があった(苦笑)

そんなわけであっという間に東京へ。
窓側じゃないので羽田カーブだったら損だな…と思ったら、初体験のB滑走路着陸であった。
B滑走路だと江戸川区初め海岸沿いを飛ぶので楽しいルートなのかなと思っていたのだが、たしかに眺めはいいのだが、最後のカーブがあまりないので思ったほどではなかった。
それよりもB滑走路から第2ターミナルが遠いんですけど…。

100209_011.JPG

で、やっとのことで第2ターミナルに着いたと思ったら、到着ゲートが最も僻地の69番ゲートであった。
うーん、昨年もそうだったし、国際線機材のゲートは69番固定なのだろうか。
ただでさえタキシングに時間がかかって到着が10分遅れの22:40だというのにこれは拷問である。
次のバスは22:50。間に合うかな…。

結局、最後は走りまくって何とか乗車はできたものの、季節外れの暖かい夜だけに大汗をかいてしまった。

これじゃあいくら飛行時間が短くても全然だめじゃん…。早く出口増設してくれ…。

そんなわけで、24時少し前に帰宅。
会議がハードだったこともありかなり疲れました。
まだ火曜か…ま、今週木曜が休みなのが救いですな。

ラベル:ANA 出張記
posted by たま at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

佐倉チューリップまつり

毎年4月は結婚記念日旅行。

今年は、年末に書いたようにパンダを見に南紀に行こうかなと思っていた。
ちょうど4月上旬はThanksダブルマイル家族プログラムダブルマイルでトリプルマイルに初回搭乗ボーナスと短距離でもマイルが貯まりそうだし。

と、思っていたのだが、4月から南紀白浜便がE170に小型化されるからか、なかなかおともdeマイルの空席が落ちてこない。
そうこうしているうちに、今年度の保育園の予定が発表され、出かけようと思っていた日の午前は保護者会が…orz
日程をずらそうにも、3月から始めた娘のピアノが土曜夕方なので如何ともし難く、じゃあもう1か所の神戸(王子公園)にでも行くか…と思ったが、そこまでしてヒコーキに乗るのも面倒なのでやめにして、近場にすることにした。

では近場だとどこにするか。
前々から行こうと思って行けていないズーラシアにして、横浜のホテルにでも泊まるか…と思ったが、平日だと激安な横浜のホテルも土曜泊だと結構高い。
何とかベイシェラトンのクラブフロアが33000円というプランを探したのだが、さすがに横浜も2度宿泊していると何となく気乗りがしなく、これもパス。

ということで、最終的には地元千葉県をドライブすることにして、気分転換にホテルに1泊することにした。
例年になくご近所旅行であるが、まあ、こんな年もあるということで。

と、前置きが長くなったが、保護者会を終えて1時過ぎに出発。
途中パサール幕張で昼を食べたらもう15時前。
急いで最初の目的地に向かう。

100410_001.JPG

向かった先は、佐倉チューリップまつりである。
実家のすぐ近くであるし、1度来たこともあるのだがちょうど見ごろなので立ち寄ってみた。
初日ということで多少渋滞していたが時間も遅かったのでほどなく駐車場に入る。
一面のチューリップはお見事。

100410_003.JPG

100410_004.JPG

100410_005.JPG

色とりどりのチューリップと風車は、何となくオランダ気分。
特に赤みがかかった黄色いチューリップが綺麗だった。

100410_002.JPG

100410_006.JPG

高速で昼寝に入ってしまい、最初はちょっとご機嫌斜めだった娘も、最後は結構喜んでくれたみたいでよかったよかった。

というわけであっという間に夕方。今日の宿泊先へ向かいます。

posted by たま at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒルトン成田 プリンセススイートに宿泊

佐倉チューリップまつり会場からクルマを走らせること小一時間。
今夜の宿泊先は…

100410_007.JPG

3度目の宿泊となるヒルトン成田である。

ここはヒルトンにしてはとても安く宿泊できるのだが、中でもエスケープトウキョウというプランは1泊2食付でプリンセススイート(ジュニアスイート相当)が30000円と激安だったので、ここでホテルステイを満喫することにした。
これだけでも満足なのだが、SFC会員向けヒルトンプレミアムクラブジャパンの初年度無料オファーに入ったので2割引となり24000円になった。
1泊2食付で1人12000円でジュニアスイートに泊まれるホテルってのはそうそうないわけで、実にすばらしい。

過去2回は前泊だったので安いが狭い中庭側のヒルトンルームであったが、今回は反対側の部屋へ。

100410_008.JPG

部屋に入るとまずリビングルーム。

100410_009.JPG

大きなデスクと32インチ液晶TV(ただし地デジ未対応であった)。
CNNが入ったのでずっと見ていた。ちょっとした外国気分?

100410_010.JPG

寝室はツイン。程よい硬さでいい気持ちであった。

100410_011.JPG

寝室からリビングを望む。
残念だったのは部屋間に間仕切りがなく、寝室を真っ暗にできないこと。
子連れだとこの構造だと夜更かしできません…。
そもそも、50平方メートルもある割には2部屋横に並べたようなイメージなので思ったよりも広く感じなかった。
ま、それは贅沢というものなのだけど。

100410_012.JPG

バスタブは大きく、奥にシャワールームもついていたが、今回は大浴場を使ったので利用せず。

全体的になんかもう一息かな、という感じはしたのだが、それは贅沢というものでこれだけ広い部屋でのんびりできるのは有り難い。

さて、夕食である。
今回はブッフェ、和食、中華の3レストランから選べるのだが、夕食券は親の2枚しかない。
3歳は無料なのだが、定食だと娘の分がないかなと思い1階のテラスレストランで開かれているグローバルブッフェへ。

100410_013.JPG

100410_014.JPG

100410_015.JPG

100410_016.JPG

100410_017.JPG

レストランは外国人が半分以上でまさにグローバル。
で、肝心の料理は、まあ美味しかったのだが、ちょっと1品1品趣向を凝らしすぎで、まとまりがないというかなんというか。
でもステーキ150gバイキングとか、手作りパフェとかなかなか面白い料理もあって満足であった。

食後は3度目にして初の大浴場を利用。
子連れにはこういう施設が本当にありがたい。
しかし残念なのは営業時間が10時〜22時ということ。もっと長く営業してくれないかなあ。

100410_018.JPG

営業終了間近のプールを見ながら部屋へ。

さてこのヒルトン成田を経営しているイシンホテルグループは、最近キッズ向けグッズをそろえましたとWebで宣伝するようになった。
それは素晴らしい…と思ってフロントに電話すると「浴衣くらいしかありませんが…」というつれない返事。
そんなことはないWebに載ってたぞ、何をくれるかは忘れたけど(少し自信なし(笑))と調べさせたところ、持ってきてくれたのはこちら。

100410_019.JPG

クレヨンと塗り絵。そして絵本。
有り難かったのだが、どう見ても新品同様。
これってあわててテプラで「ヒルトン成田」って書いたんじゃないよね…?

100410_020.JPG

浴衣は寝間着ではなくて本当のお祭り用って感じだったけどなかなか可愛かった…ってか行儀悪くてすみません。

てなわけで、おやすみなさい…Zzz


おはようございます。

100411_005.JPG

カーテンを開けると、A滑走路から離陸するヒコーキが見えた。
今日は北西方向の離陸コースらしい。
朝のピークになると次々と飛んでくるので見ていて飽きないが、プロペラ機からB747まで、近距離から長距離までヒコーキによって離陸の度合いが違うのがまた面白い。
一番ゆるゆる飛んでいったのはスイスエア。やっぱチューリヒは遠いからね。
ただヒルトンは滑走路から遠いだけあってアジア行のB767とかだとかなり上空を通る形になるのがちょっと難点。

さてヒコーキばかり見ていると嫁に怒られるので朝ごはんです。
今日も1階のテラスレストランへ。

100411_001.JPG

100411_002.JPG

100411_003.JPG

ヒルトンの朝ごはんはどのホテルも美味しいと思う。
朝から暖かいスクランブルエッグにベーコン、ポテトにクロワッサンと好物ばかりで満足であった。

100411_004.JPG

嫁が面白いものを発見。
このフォーク、根元のマークを良く見るとリーガロイヤル!
2002年まではこのホテルはリーガロイヤルだったのだが、その前から使っていた食器を今でも利用しているんですね!
まさかこんなところで旧ホテルの面影を見れるとは。

そんな感じで、部屋に戻ってヒコーキを見ていたら(また?)あっという間に11時のチェックアウト。
名残り惜しいが、また来ることにしましょう。
この値段でこのサービスは大満足であった。
でも、成田には用がない…。

100411_006.JPG

出発でーす。

ラベル:宿泊記
posted by たま at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

成田ゆめ牧場

ヒルトン成田を出発し、向かった先は…

100411_007.JPG

成田ゆめ牧場である。
予報に反して天気も良さそうだし、子連れにはちょうどよいかと。

今年は寒かったこともあり、桜もぎりぎり散らずに綺麗だった。

100411_008.JPG

100411_009.JPG

100411_010.JPG

さっそく遊ぶことにしましょう。
最初に向かったのは芝すべり
3歳以上ということで一人で乗れるかな?と思ったが、全然平気なようで、楽しそう。

100411_011.JPG

100411_012.JPG

100411_013.JPG

大きなそりも一人でえっちらおっちらかついでいた。カワイイ。

続いてアスレチックへ。
特にここしかないという設備はないのだが、素朴な遊具が一番子供にとっては楽しいのではないかと思う。

100411_014.JPG

一人で登るなんて、怖くないのかな…?と思ったら、降りるときに「パパー!」だって(笑)

さらに…

100411_015.JPG

ファンシーサイクルで2人デートしたり

100411_016.JPG

子ヤギの「こたくん」と戯れたり。

娘は結構楽しんでくれたようで何よりだった。

15時近くになり天気も悪くなってきたので退出。
予報は雨だったのにずっと晴れていたのはさすが晴れ女さんである。
(嫁だけだったら豪雨に違いない(苦笑))

イオンモール成田へ寄った後、東関道を一直線。19時前には無事帰宅した。やっぱり近いのはいいですね。
短い土日の小旅行であったが、思った以上に気分転換できて楽しかった。

posted by たま at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

レッドアローで行く羊山公園日帰り旅行

GWまっただ中の今日は、芝桜で有名な秩父の羊山公園へ行くことにした。

芝桜はここ数年、嫁の行きたいところリストの筆頭にあったところで、この前も日経プラス1に載っていて「行きたい!」と言われたところである。
でもGWだしクルマだと混んでいるしなあ…と思ったのだが、よく調べてみると西武秩父線の横瀬駅か西武秩父駅から歩いて行けるところであり、しかも1週間前なのに特急の指定券も取れるようだ。
なら日帰りで行ってくるか…ということにした次第である。
幸い今日は好天。しかもちょうど満開ということで運がよい。

8時少し前に自宅を出て、池袋駅には9時前に到着。
9:30発のレッドアロー・ちちぶ号に乗る。

100501_001.JPG

1週間前は取り放題だったレッドアローもさすがに当日は満席御礼。
ただし池袋出発時は半分くらいの乗りで?と思ったら、所沢とかで結構乗りこみ飯能以遠は完全満席であった。途中乗車が結構多いのね。

飯能を過ぎると景色は一変し、山を縫って走る。

100501_002.JPG

遠出をした気分でうれしくなるが、飯能で進行方向が逆になっても誰も座席を回転しないので気分が悪い…。

10:48横瀬着。半分以上の客が降車。
駅前は多くの人で賑わっていた。

100501_003.JPG

ここから羊山公園へは1.2kmほど。
カエルの鳴き声が響く田園地帯を歩く。
娘はタンポポの綿毛をふぅーっと吹いていた。

100501_004.JPG

前方には、秩父のシンボル、武甲山。
ああ、のんびりしていていいなあ。

さていよいよ芝桜です。

100501_005.JPG

いやあ、綺麗ですね〜。

100501_006.JPG

娘もご満悦?

多くの人でごった返していたが、まあ殺気立つということもなく、ゆったりじっくりと見物できて楽しかった。
その見事な景色を共有することにしましょう。

100501_007.JPG

100501_008.JPG

100501_009.JPG

100501_010.JPG

100501_011.JPG

100501_012.JPG

ところどころ緑が露出していて、パンフのような一面の芝桜!っていうのはごく一部のエリアだけであったが、それでもこれだけ芝桜が広がっている眺めは最高であった。

さてじっくり見ていたら小腹がへったので、ちと食事をば…。

100501_013.JPG

秩父名物みそポテトを食す。サクサクとしたじゃがいもと、みその甘辛い味がマッチしてとてもおいしかった。

続いてふれあい牧場へ。
名前の由来どおり、羊が何匹か放牧されている。

100501_014.JPG

が、子羊がいるわけでも、直に触れあえるわけでもない(ま、娘の場合直だったら逃げるだろうが…)のでちょっと見ておしまい。

ちょっと暑すぎる感はあったけど、青空の元での芝桜は見ごたえがあってとても良かったです。

西武秩父駅に向かい、遅めの昼ごはんとしましょう。
秩父といえばそば。
最初はガイドブックに載っている店へ行こうと思ったのだが、さすがにくたびれたので駅近くの店に行くことにした。

100501_015.JPG

ロータリーのそばにそば屋が3軒並んでいる。
創業40年、手打ちの文字にひかれて右の店へ。
「あそこ」という珍しい名前の店らしい。
小ぶりな店にはいり、渓流そばとくるみそばを注文。
しかし…店はてんてこまい。特におばさんはもうパニック状態。
こんなんでちゃんとメニューどおり出てくるのか…と不安になるが、無事出てきた。

100501_016.JPG

100501_017.JPG

はたして、そばは結構コシがきいて美味しかった。
くるみそばは思ったよりもしつこくなくて美味しい。
渓流そばも魚の濃い味が絶品。娘にパクパクと取られた…orz
量はもう少しあった方がうれしいところだが、くるみそば580円、渓流そば680円の値段はとっても良心的。
混んでいるとハラハラする(苦笑)店だが、まあまあ良かったかな。

あとは西武秩父駅隣の「西武秩父仲見世通り」で買い物。
まあ、駅前商店街なのだけど、結構繁盛していた。

100501_018.JPG

100501_019.JPG

帰りは16:25発の特急を予約済であるが、時間はまだ15時半前…。
ただし前倒しも満席なのでできず、駅前ロータリーでぼーっと過ごす。
本当は公園のわんぱく広場あたりで遊ぶかなあと思ったのだが、娘が昼寝してしまったので時間が余ってしまった。
子連れだとなかなか復路の時間が読めなくて難しいですね。
ただ大人だけだったら、15時台の電車で十分かな。

ぼーっとした時間が過ぎ、16:25発のレッドアローで帰途へ。

100501_020.JPG

18時前に無事池袋へ到着。

あっという間の一日であり、結構歩いたので足が痛くなったけど、充実した日帰り行だったかなと思う。

posted by たま at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする