2005年01月03日

3が日

私は何故か正月に出かけると風邪を引くので、今年ものんびりとすごす。
1日は嫁の親戚方(都内)へ。食べきれないほどのおいしい料理をいただき、満足する。
2日は私の親戚巡り(これまた都内)へ。まったりすごしておしまい。我が家は親戚関係が全部首都圏なので楽である。
今日は嫁は高校時代の友達と靖国神社へ外出。なのでまったりすごすつもりだったのだが、昨日実家の車に定期入れを忘れてしまったので、これから実家に行かないとならない。千葉なので近いけど、ああ面倒…。
ということで、箱根駅伝を見終わった後、靖国帰りの嫁と最寄り駅で待ち合わせをして、本八幡へ。食事をしてから一旦お互いの実家へ行くことにして解散。嫁は総武線で千葉へ、私は京成で佐倉へ向かう。

2129

駅へ向かう途中見た京成バス。 ディーゼル車規制後しぶとく生き残る元年式P-代車であった。しかし他営業所はとっくにP-代が全廃されているのになぜ市川営業所だけこんな古参車が未だ走っているのだろうか。あまり業績がよくなく、グループ会社に分社化されるんじゃないか?とかいう噂もあるが。
さて実家に着き、定期は無事回収。嫁を迎えに車で千葉へ向かった。このルートを通るのは久々であったが、それにしても今日は飛行機が沢山飛んでいた。強風で飛行ルートが変わったからであろうか。空中飛行機だらけでしかも思いっきり低空を飛んでいた。気になって仕方がない(笑)。
何とか無事に嫁を迎え、実家で親の誕生日兼自分の誕生日前祝で食事をして自宅に戻る。明日からはもう会社である。早いなあ。
posted by たま at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月04日

仕事始め

今日から仕事始めである。しかし今年は5日からという会社が多いのか、人もまばらであった。

schedule

通勤に使う京成バスなどは、今日は休日ダイヤで走っていた。通常朝は4分ごとに走っているが、今日は12分ごと。いくらなんでも無謀では?と思ったのであるが乗ってみると混み具合はほぼいつも通りだったので、いい線ついていたのかも。むしろ通常通りの総武線は思いっきりガラガラであった。

会社について挨拶など済ませるが、今日は仕事も多くなかったので、午後は休みにして嫁と待ち合わせ、東陽町の運転免許試験場へ向かう。昨年末に江戸川区へ転入したので、住所変更をする必要があったのだ。私は佐倉市→江戸川区→八千代市→再び江戸川区と迷走しているので、免許証は裏面もすでにあと1行しか欄がない。果たして、新しい住所はシールで上書きされていたが、なんともいい加減に斜めに貼られていてちとがっかり。であるがそのシールによって前・江戸川区と八千代市の履歴は隠されたので裏面もすっきりした。
その後今日までが旧居への定期券の期限だったのでそれを活かして船橋へ行き、帰宅。
posted by たま at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

幕張

今日は一日幕張で仕事であった。
東京西部に住んでいる人などは大変なのかもしれないが、私はすぐそこが千葉県というところに住んでいるのでめっちゃ楽である。出た時間はいつもと変わらなかったが、電車はすいている。普段もこうならなあ。
幕張本郷で時間があったのでプロントで朝食。「朝ごパン」というものを食べてみたがタマゴとバターの味がほどよくミックスしていてなかなかおいしかった。まあ、220円もするからにはおいしくないとね。

で、時間になったので京成バスで移動。ラッシュもピークは過ぎた頃であるが相変わらず混雑している。朝はここ名物の連接バスの急行とハイテク通り経由の各停が3分おきに交互発車。バンバン発車していくが、長い列は途切れることはない。急行は運賃均一なので乗る前に専用改札があってカードを通すほど。バス路線でここまで勢いのあるところは他にはないであろう。もっとも、あまりに片方向過ぎる輸送につき収支は絶好調というわけでもないらしいが…。
と、いう風景に感動しながら、ハイテク通り経由に乗車して目的地に向かった。

今日の仕事は午前の部と午後の部があるのだが、間に待ち時間が3時間くらいあったので、近くにある支店で時間をつぶすことにした。この支店に来るのははじめてである。ちょうど昼時だったので最上階の食堂に行ってみるが、今日はとても天気が良く360度の大パノラマが楽しめた。

fujisan

富士山ははっきり見えるし(写真では消えちゃったけど)三浦半島までくっきり見える。反対側に目をやると筑波山がこれまたきれいに見えていた。
私は千葉都民の家に育ったので、千葉は住宅地、というイメージしかないが、幕張は別格だなあと思う。電車もすいているし、こういうところで仕事するのもいいなあと思ったりした。
午後の部を終えると、リフレッシュルームから今度は富士山のシルエットが出迎えてくれた。

yakei

ということで、日も暮れたので会社に戻るのが面倒になり(何せ自宅を通り過ぎなきゃならんので)そのまま帰宅。めずらしくのんびりとした月曜日であった。
posted by たま at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

江戸川・金町の非LED車

地元の京成バスでは行先方向幕のLED化を進めている。都内の江戸川・金町営業所がちょうど従来車の切り替えを始めたのが昨年の今頃であった。地元の新小71系統と小72系統は、行先を色で分けていたので遠くから見ても一発で行先がわかって便利だったのであるが、今では全てオレンジ色になってしまい、非常にわかりづらくなってしまった。早いところフルカラーのLEDでも出て、色分けが復活してもらいたいものである。
ところがいまだLEDになっていない車両が、ごくわずかであるが存在している。先月1ヶ月の間見た限りでは、
■江戸川:E170、E171、E172
■金町:8110、8111
の5両がまだ幕のままのようである。いずれも平成4年式で、排ガス規制により次の車検は通らないはずで、残り活躍期間は短いと思われるが、写真を撮られる方はお早めに。
ちなみにE172はこんな感じである。ただこの写真は2年くらい前に撮ったので、この頃は新車以外は全部幕だったので取り立てて珍しい光景でもなかった。

e172

いやあ青い幕はやはり美しいものである。
方向幕は路線追加などで定期的に更新がかかったりするので、差異を見つけるのも楽しみであった。江戸川はなぜか行先の英文字に"FOR"がついているのが特徴である。そして、江戸川スポーツランドを"EDOGAWA SPORTS LANDO"と思いっきり誤植をしていたのも今や思い出となってしまった(残存している幕は昨年4月の江戸川清掃工場行追加で交換されているはずなので)。正面の系統番号には都営バス同様枠をつけないのが京成流であり、江戸川は今でもそうだが、金町は枠をつけた形で交換してしまい、なんか二流バス会社になってしまった気がしたものである。こんな楽しみがなくなるのはやっぱり面白くないな。
ラベル:京成バス
posted by たま at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

京成バス江戸川営業所の近況

今日は久々に自転車に乗って周辺を巡ってみた。引っ越してから通勤に自転車を使わなくなったので自転車に乗るのは久々である。もう少し暖かくなったらJR駅まで自転車で通勤しようと思う。
さてあちこち巡って、過去の出来事も含めて京成バス江戸川営業所管内の近況についていくつか発見をしたので以下にまとめてみる。

(1)LED停留所表示機が増える
都内車で車内に停留所表示機がつけられたのは平成6年車からで、E185より前の車両は未取り付けであるが、このほど平成5年以前の車両にも取り付けが始まったようだ。今日見た限りでE177,E178,E182を確認した。タウンバスではいち早く取り付けられていたので、このまま廃車になるまでつけられないものだと思っていたのだが、余命短くなったこの時期にようやく取り付けられた。おそらく廃車後も新車への転用や予備物品などを想定しているのだろうが。
(2)江戸川スポーツランド-瑞江駅便
バス停の時刻表には系統が表示されていないが、厳密には新小71か小72の出入庫で分かれており、方向幕も2通りあった。であるがLEDになったら系統番号自体が消えて表示されていた。以前は律儀な分け方だと感心していたのだが残念である。まあ利用者にとっては新小71だろうが小72だろうが関係ないけど。
(3)新小71のダイヤ改正
はるか昔の話であるが昨年6月にダイヤ改正を行っている。その直前の4月16日に改正があったときは5年ぶりということもあって掲示板などでも報告されていたが、6月の改正は引っ越して再び新小71利用者になるまで知らなかった。調べてみると本数は変更がないが、平日朝の間隔が調整されていて、ピーク時の4分間隔が復活していた。4月の改正では3-4分毎から5分毎に減便され、元利用者としてさすがにそれは厳しいのでは?と思っていたのだがやっぱり無理だったようだ。再び朝乗ってみると、以前より混雑していて、雨も降っていないのに本一色あたりから満員通過運転する日が増えている。もっとも以前と同じ本数の夕方便は前よりも明らかにすいており、長期的な減少傾向は残念ながら続いているようだ。
(4)瑞江操車場のその後
瑞江駅近くの操車場が江戸川清掃工場へ移転して1年近く経つが、今日見てみたところ以前と全く変わりなかった。
再開発しないのだろうか。

今日は通った篠崎街道は江戸川営業所の全ての系統が切れる間もなく走るので、なかなか楽しい。ただやっぱりLEDはいただけない。この区間は小岩駅行が上下方向(小72と小73,76)に走ったりするので行先の色はとてもわかりやすかったのだが。
posted by たま at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

都営新宿線で車両故障

都営新宿線が故障、乗客を市ケ谷駅に誘導
そんなことは知らずに新小岩駅を降りると、バスやタクシー乗り場が今まで見たことがないくらい長蛇の列。都営も京成も混んでいたので新宿線での事故であろうと直感。嫁に連絡を取ったところ、すでに岩本町折り返しをしているようだったので本八幡まで行って引き返すことも考えたが、何とか1本待ちで新小71に乗車でき、うまいタイミングで座ることもできた。
大混雑のうちに発車。大雨の日などたまに夕方で満員ということもあるが今日はその混雑がいつまで経っても解消しない。普段ならどんなに混んでいても新中川を越えるころには立ち客もいなくなり、篠崎駅に着くころには数えるくらいしか人がいなくなるのに、今日は篠崎駅を越えてもまだ立ち客多数であった。逆に短距離で降りる人がほとんどいなかった。みんな諦めて歩いたのかもしれない(降りるの大変だし)。

しかし、振り替え輸送とはいえ新小71は篠崎駅を経由し江戸川沿いに南下するルートのため、終点の瑞江駅へは40分以上かかり全くお勧めできないが、結構乗りとおす客が多かったようだ。せめて小岩駅まで行って最短距離の小73か高速走行可能な篠崎街道経由の小72の方がまだ速いと思うのだが、みんな地元のバスルートを知らないのかな…。というよりもうちょっと待っていれば岩本町折り返しに乗ってもっと早く着くのに。こういうときは、やはり待つのが一番である。まあこれを機に近くを走るバスの利便性に気づく人が増えればいいなとは思う。大混雑のためますますイメージ低下を招いたかもしれないが。

E172_2

こんな感じであったので京成バスも多少は増車しているようで、普段であれば朝のごく一部しか走らない非LED車を見ることができた。青色の新小岩駅行を見るのは1年ぶりであった。
posted by たま at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

ひとりきりの土曜

今日は嫁は友人と鼠の海へ出かけることになっている。
ということで、せっかくのひとりきりの土曜なんで有効に利用しようと思い、いつもより早めに起きた(といっても10時くらいだが。。)
ところが、自宅の鍵が見当たらない。一緒懸命さがしたのだが結局ない(今現在もない…だったらこんなことを書く前に探せという感じだが(苦笑))。とりあえずスペアキーは見つけたので、外出することにした。

まずは近くの図書館へ。トラバ先を見たところ先週の日経プラス1のマイラーの記事があったようなのでそれを見に行った(私は駅購入者なので土日はあまり見てない…)。記事はまあ一般的なことではあったが、こういうマニアック系のことを大手誌が書くことで、ただでさえネット関連のみで改悪される現状でさらに改悪が進行するのが心配である。あと「40代フリーター」さんの記事には…ねぇ。この方のHPはこの記事を見る前から知っていて、参考になる分も多いが、あくまで個人的意見であるがこうまでしたくはないなあ、と思う。あくまでほどほどに、世の中の地位も確保するという方向で。

で、もうひとつ探したのは地名の本。何日か前の日経に合併地名が問題となっているが昔からそういうことは沢山ある、という記事があった。例えば大田区は大森と蒲田の合成語である、なんて正直知らなかった。国立はさすがに知っていたが、蒲郡や行橋なんてのは今や合成前の地名の方がマイナーである。という記事を読んで、じゃあ地元江戸川区はどうなんだろうと思って、郷土資料を読んでみた。
いろいろな地名の由来が書いてあったが、地名というのはあんがい安直な由来も多いなあ、ということと、ここ江戸川区でも合成地名はいくつかあるということを知った。鹿本、なんてのは鹿骨と松本の合成だろう、ということは想定していたが、松島が小松川と宇動が島(…こっちを知らないが)の合成で、松江は小松川と一之江の合成だそうだ。意外な結果にびっくりだが地元民からすると常識なのかな?ということで、あまり奇抜な南セントレアなんてのはさすがに問題だが、合成とかは歴史が変えていってしまうものなのかな、と正直思ったりするところである。
ところでこの本に書いてあった江戸時代の村名一覧を見ると、瑞江に位置するところに瑞江という名がなく、瑞江の由来も書いてなかった。今や駅がありメジャーな地名ともいえる瑞江であるが、由来はないのだろうか?ちょっと気になるところだ。あと個人的に気になっているのは前、江戸川区時代の最寄バス停だった「新皆面橋」。そもそも近くに橋もない(まあこれは近くの本郷用水親水緑道辺りが怪しいと思っているが)し、皆面という地名そうな場所もないし、大体「新」ってことはそれ以外にもあるのか?と思っているのだが、まだ見つけられていない。もしご存知のかたいたらぜひ教えてください…。

さて図書館を出て、今度は有楽町へ向かった。特に今日片付ける用ではないのだが、まずはJALプラザへ行って1000円のICクーポンをチャージする。この操作は馬鹿でかい音がするので、とても目立つ。そして当日いじるまで知らなかったのだがJMBのパスワード以外にJALICのパスワードもあるようだ(これはその場で設定できるが)そういうわけで、何とかチャージする。しかし使い道が思い当たらん…。
その後は、数寄屋橋交差点を超え、UCカードのサービスセンターへ向かった。ここはパスネットやバス共通カードをクレジットカードで買える自販機があるという。引っ越してからバスに定常的に乗るようになり、バスカードの購入頻度が高くなってきたので、このたびチャレンジしようという算段である。

UC

サービスセンターはみずほ銀行のB1にあり、カウンターはあるが誰もいなかった。まあ手取り足取りされるよりはいいと思い、まずはバスカードを買おうとするが、手持ちのカードを通すとエラーとなってしまった。掲示板とかでこの販売機はエラーが多いということは知っていたので、隣の販売機でパスネットを買う(こっちはバスカードがなかった)ときに、ゆっくり通してみた(効果のほどは知らない)ところ、うまく買うことができた。よしでは今度こそバスカード…と思ったら、なんと販売中止になってしまっていた(泣)理由は不明だが、まあまた来ることにする。ただ有楽町、銀座はあまり平日来ないんだよね。

最後は新橋まで歩いて、ANAのカウンターへ行きツアーパンフを持ち帰る。BXを申し込めなかったので、ツアーで東北へ行こうかと思っているのだが、そこらじゅうにあるびゅうプラザではさすがに航空系の東北ツアーは置いてない(はやて、こまちで行け、ということである)。さらにANAセールスは販売網が弱いのでJTBとかでもあまり置いてないので、ここまで来てしまった。さすがに本家ということで希望の資料を無事受領する。

というところまでで時間オーバー。今日は夕方自宅からリモート作業があるので、総武快速で帰途に着いた。
うーん、結局平日うまく時間作ればできたことばかりで、ひとりきりだからこそのことはやってないなあ。まあいいけど。
っていうか、鍵を探さないと…。自宅を開けたことは確かだから部屋の中にあると思うんだけど。。。
posted by たま at 20:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

雪の一日

日付が変わる頃はまだ雨であったが、2時くらいには雪になったようである。朝起きると、一面雪景色であった。

snow

ということでいつもより少し早めに家を出た。今日はさすがにバスだと時間が読めない可能性があるとみて地下鉄で会社に行くことにする。駅でバスを何本か見たが結構混んでいるようであった。それなりに時間通り走っているようではあるが、雨の日もそうなのだが最後の駅前ロータリー進入でかなり時間を食ってしまうのである。特に新小岩駅は袋小路なのでそれが顕著だ。なので予定通り地下鉄へ。

e189

電車は地上交通も含めて特に問題ないようでいつもより早く着いた。会社もいつもより早く来た人が多いようであった(笑)

今日はさいたま新都心へ行く必要があるため早速電車に乗る。高崎線が多少遅れていたが全般的には問題なし。新都心は東京より雪が積もっており、さらに風が冷たい。関東平野はどこでも同じような気候のように見えるが、よく見ると微妙に気温とかが違う、というのを実感する。
仕事を終えて帰る頃には雪はやんでいた。

さて今日は確定申告をしに行く予定にしていた。ということでぎりぎりまで仕事をして16時少し前に会社を出発。私のエリアは江戸川北税務署なのだが、これが荒川を挟んだ飛び地である平井にあるのだ。平井自体は逆に都内からも近いし問題ないが、駅から遠いようだ。地図を見ると京葉道路の方が近そうなのでで亀戸で降りて水神森から錦27のバスに乗り、小松川三丁目から歩く。ところがここからも遠かった…。結局小松川三丁目と平井駅の中間にある小松川区民館の近くであった。もうちょっと便利な場所に作ればいいのに(まあ頻繁に通う用もないが)。
何とか16:30過ぎに到着。事前にHPで作成していたので、大半はその資料でOK。カラープリンタでなかったので一部書類だけ手書きで作り直して、提出しておしまいであった。職員はてきぱきと資料を確認していたようであったが、肝心の減税金額に関しては計算したそぶりがない。HPで作成したのでたぶん問題はないのであろうけど、大丈夫なのかな…。

帰りは平井駅まで歩く。平井は母方の親戚が集中しているところであるが、小さい頃よく通った景色は補助120号線の開通で全く見覚えのないものに変わってしまった。でもこの町は大きなスーパーもなく、商店街の賑わいが健在なのが嬉しかった。
posted by たま at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

新小71ダイヤ改正

朝いつものようにバス停に行くと、お知らせが掲示されていた。3月20日より新小71のダイヤが変わるらしい。今日は往復新小71だったので、他の江戸川営業所管内の路線が変わるのかはわからず。これは明日以降の課題である。
新小岩駅でぱっと見た限りでは、トータルの本数は変わらないようであるが、スポーツランド行がかなり増えており、逆に瑞江駅まで行く本数が減らされたようである。まあ篠崎駅より先に行く人は少なく、スポーツランド??瑞江駅間は他の系統もバンバン走っているので大きな影響はないと思うが減便はやはり悲しいものがある。結局朝の増便もないようであるし。
posted by たま at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

新小71ダイヤ改正(の続き)

結局江戸川管内全部改正のようである(瑞75までは見てないが)。新小71など昨年4月に改正するまで5年も同じダイヤだったのだがここ最近は変化が激しいのはなんでだろう?
ぱっと見たところ、どの路線も基本的には変化がないが、小72は土休日が微妙に減っているようである。この路線は最近の漸減傾向がずっと止まらないのが気になるところである。朝夕は本数の割に特に混んでいないし、混んでいる昼間はまさにシルバーパス路線だし。
あと気になるのは微妙に減便ということで、総運用数減により古参車が運用離脱になる可能性もある。とはいえ江戸川の古参車は1月検査車が多く無事乗り切った矢先なので、いきなり廃車にするとも思えないが、一応要注意といったところだろう。
posted by たま at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

京成バス路線図

先日自宅に帰ってポストを見ると、『京成バス路線図』が入っていた。

結構まともな地図に京成バス全路線が掲載されている、なかなかマニアックかつ使える地図である。以前にも何回か作成されていて私が入手したのは3枚目になるが、過去2回には分離グループ会社や新京成バスも載っていたりしたのであるが今回は京成バスだけのようである。それにしてもなぜ我が家のポストに入っていたかは謎である。まさかヘビーユーザ限定ではないだろう(笑)から、きっと江戸川営業所が地域住民に配布しているのではないかと思われるが、バス路線の目の前に住んでいた前・江戸川区時代にはなかったなぁ。

ということで今回の地図は京成バスだけなので、以前のものと比べて書かれている路線数も少なく、京成バス本体のエリア縮小を実感する。また初めて気づいたが、長沼四街道線の内陸バスへの移管によって、千葉営業所が独立してしまって端から端まで京成バスだけでつなぐことができなくなってしまったようだ(他と接続していない、というのであれば花見川車庫の角栄団地線もそうだが)。これは結構驚きである。
ちなみに、今現在の京成バスの東西南北端であるが、

■北:江戸川台駅(流山市)
■南:南矢作(千葉市)
■西:綾瀬駅(足立区)
■東:下田分校入口(千葉市)

であるようだ。西はてっきり東上平井あたりかと思ったのだが綾01の存在をすっかり忘れていた。南は新浦安駅とどっちが南かな?と思ったのだが、新浦安駅は意外に北だった。北と東はここ数年不動であるが、南流山駅??江戸川台駅間は補助関連の協議対象なので、心配なところではある。
東は、10年前なら九十九里浜であったのだが…(グループ会社も含めると今もそうだが)。
posted by たま at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

京成バスHPリニューアル

3月31日にはすでにリニューアルしていたような気もするが、京成バスのHPが4月1日にリニューアルされた。

最大のポイントは同業他社が続々と対応していたのに放置状態であった各停留所の時刻表掲載である。これでいちいち調べに行かなくても済むのはありがたいが、現時点では江戸川営業所のみの公開である。だが都内についてはもともと東京バス協会の「東京バス案内Web」を使えばよかったので、今のところあまりメリットは感じないところだ(心配なのは今現在、東京バス案内側は3/20改正の情報が更新されておらず、ひょっとしたらこちらはもう更新しないという可能性もゼロではないのだが)。早く千葉県内へも展開してもらいたいところである。

あと会社案内の環境への取り組みページを見ると、CNG(天然ガス)車が4台江戸川営業所で保有とある。今まで2台しか所有してなかったので昨年度に2台買ったのであろう。今までの2台は三菱車だったので、今回の2台も同じだと思うが、この時期に三菱車を導入するのって、どうかなあ…(しかも、江戸川車は本来、いすゞ車が原則である)。
また、このCNG車は、実際はめったに動いてない。一説によると車庫内にガススタンドがなく、補給が面倒なので…という話であるが、前・江戸川区時代に導入された2台は、結局1度も乗れなかったばかりか、最初の頃は小72の江戸スポ便で使われていたのをよく見ていたが最近は動いているところすら見たことがない。江戸川営業所は望んでない車が配備されても徹底的に使わないという傾向があり(過去の例として、エルガミオの中型車が配置されたが、2年くらい前までは結構小72,小76で入っていたが、最近は特定以外入っているのをほとんど見なくなった、という前例もある)4台入っても、結局あまり動かさないのではないかと思う。

e301

写真はちょうど1年前に篠崎水門へ花見へ行くときに車庫で撮ったものであるが、すでにこの時点でほとんど動いていなかったような気がする。

あと気になるのは、方向幕車がどうなっているのかである。最近眠くて車内で寝ているので、すれ違う下り(ここでよく動いているのを見た)で入っているのを確認してないのだが、どうなったことやら。
posted by たま at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

千葉県バス総合情報案内WEB

千葉県バス総合情報案内WEBというサイトが17日にオープンした。

これまで千葉県のバス会社は京成バスを筆頭に時刻表をWebに載せているところが少なく、趣味のサイトや現地調査に頼るほかなかったのであるが、これからはこのサイトを使えば全停留所のバス時刻が検索できるようになる。これは便利に違いない…と、思いいくつかやってみたが、まだまだ改善の余地があるようだ。
例えば…

1) 瑞75のように、東京の営業所管轄のバスが出てこない(新浦安駅→相の川とやっても出ない)
2) 始発が異なるだけでも別系統として出てくるので、時刻表を足し合わせないと真の時刻がわからない

といった感じである。まあ1)はいいけれど、2)はかなりわかりづらい。
まだ、JR津田沼駅行が三山車庫発と二宮神社発で分かれているくらいならかわいげがあるが、例えばグリーンバス神門線で、田町車庫発西御門行と、京成佐倉駅発西御門行が別の時刻表に載っていたりする(しかも、後者は平日に1本しかない)のはちょっと…という気がする。
結局、利用者が足し合わせないとバス停に貼ってある時刻表にならないわけである。このあたりは検索技術で何とかなるように思うので、工夫してほしいと思う。

ただ運賃とか所要時間が表示されるのは便利だ。千葉は変動運賃はほとんどなので、これで長距離乗ってびくびくするようなこともなくなりそうだ。
posted by たま at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

コミュニティバスさくら号

急遽実家に帰って大学時代の教科書を持ち帰る必要が出てきた。
ということで、せっかくなので寄り道をしながら行くことにして、久々に家を出た。

常磐線で南千住へ行く。
向かった先は、荒川区のコミュニティバスさくら号。先月20日に運行開始になったばかりである。地元の足ではあるが、れっきとした京成バスの一員なので、こうして乗りにきたわけである。
このバスの運行により、京成バス本体は再び隅田川より西を走ることになった(タウンバスも含めると有01が走っているが)
つくばエクスプレスの関係ですっかり装いを新たにした南千住駅を降りると、「ポンチョ」と呼ばれる小さなバスが待っていた。

8403

7,8人ほど乗せて出発。座席定員が12人だからまずまずの乗車率である。
同じ京成バスとは思えないほど丁寧な運転士の運転で進む。
車は荒川区の下町の狭い路地をくねくねと進むが、再開発で作られたアクロシティと呼ばれるとても大きなマンションの下なども通る。聞くところによると芸能人も住んでいるとか。
10分ほどで町屋駅に着くが、乗り込む人も多く立ち客が出た。立ち席は7人しか乗れない狭い車内なので非常に大変である。なんでこんな小さいバスにしたのだろうか。
1周しても良さそうであったが、どこかで降りようと思い荒川図書館で一旦下車し、15分後の次のバスに乗る。この便もかなり乗っていた。10分ほどで南千住駅に戻る。

このあたりは都営バスがそこそこ走っているが、南北方向が多く東西方向のこのバスは片方向のループ運転とはいえなかなか使い勝手がありそうである。
ただ如何せんこの車体だと部外者が乗るのが気が引けてしまう。江戸川の「ニート君」ことCNG車が追加投入されたため、同じくニート君状態だったエルガミオが金町へ移ったらしいので、それが綾瀬線に入って玉突きされたリエッセあたりに早々に置き換えられそうな気がする。ポンチョ号に乗りたいなら早めのほうがよさそうである。

というか、そもそもこのリエッセ自体、み春野線用だったものが乗客増で玉突きされて綾瀬線に入ったものである。需要予測が下手というか、何で京成は同じことを繰り返すのだろうかね。
posted by たま at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

今日の新小71

今日は行先方向幕がLEDでない幕車が来た。
久々の青い行先にちょっと感動。といってもそれ以外は他の車両と全く変わらないけど。
終点で記念にパチリ。

E170
posted by たま at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

通勤経路

三鷹に行くにはいくつかのルートがある。

ひとつは、これまで通り京成バスで小岩または新小岩まで出て、総武線で三鷹まで行くルート。
もうひとつは都営新宿線で新宿まで行って中央線で三鷹まで行くルート。

これ以外にも本八幡まで行くルートとか、ないだろうけど妙典まで自転車でそこから東西線とかもあるが、まあ上記2つが妥当かなあと思う。

単純に言えば後者の方が安いので選択の余地はないのだが、私は三鷹勤務では本来はないので、品川までの定期代が支給され、なおかつ三鷹までの交通費が毎日支給されるらしい…(なんという太っ腹>会社)。
なので、コスト的にはどっちでも黒字であるが、2案の差額は月5000円程度。

私はずっと飯田橋(昨年7月より水道橋)勤務だったのだが、前・江戸川区時代も含めて、新宿線でまっすぐ行けばいいものをずっと京成バスと総武線を乗り継いで通っていた。
よく理由を聞かれ、いつも適当に答えていたのであるが、ここで整理すると、まじめな理由からあげると…

1. 会社が水道橋駅西口だったので、都営水道橋駅が遠くて使い物にならない(水道橋時代のみ)
2. 総武線の界隈のほうが栄えているので寄り道がしやすい
3. 終電が総武線のほうが遅い(京成の深夜バスは都営の終電より遅くまで走っているのである)
4. 総武線+バスでも速かった(前・江戸川区のときは駅手前のバス停から乗ってたので。今は駅より先から乗っているので明らかに遅い)
5. 費用もあまり変わらない(特に飯田橋勤務のときは、大江戸線を使えばいいものを、なぜか九段下で東西線乗り換えというのが通勤経路だったので、逆に儲けたかも♪)
6. Suica定期券ならクレカで買える


まあこのあたりまではまともな理由である。
だんだん怪しくなってくるが…

7. 新宿線は本数が少ないくせに無駄に混んでるのがイヤ(本数増やせよ)。
8. 日中の糞ダイヤがイヤ(船堀以外の江戸川区民をバカにしてるの?)
9. 総武線のほうが速い。新宿線は遅い。特に江東区は駅大杉。いらいらする
10. 新宿線の車両がボロすぎ。もう少しまともにブレーキかけれないの?
11. 新宿線の車内は年中暑い。駅にクーラーがない。夏は灼熱地獄。
12. 大体東大島で外に出るのに船堀でたら地下に入るのが納得いかん(景色を見たいんじゃ!)
13. 座っているやつらのほとんどが江戸川区内まで乗りとおすから座れん(だから江東区なんて駅いらないって…)
14. そもそも新宿線は3流路線。男は黙って総武線でしょ(総武線も1流じゃないだろうけど)
15. バスって結構乗ってて楽しい…(笑)


まあ要は新宿線が嫌いでバスが好きだったのであるが、とにかくそういうことで新宿線沿線に住んでいるにも関わらず、新宿線をほとんど使わないでいた(なら総武線沿線に住めということになるが、地価とか住環境を考えると新宿線のほうが良かったりするのである)。

たださすがに今回は、新宿線と総武線+バスを比べると時間差が激しすぎるし、黒字とは言っても月5000円は違うし、新宿線も新宿からだったら楽勝で座れるし…と、新宿線のデメリット以上に総武線+バスのデメリットが目立ってしまう。

なので今回は新宿線で新宿まで行って、中央線に乗ることにした。
これまで「小岩⇔飯田橋」だったSuica定期は、今日から「代々木⇔三鷹」に書き換わった(同じ値段だったので代々木まで買っておいた)
うーんなんか都落ちした気分…orz

一方新宿線は、なんと本八幡まで買っても、半年の間に13回本八幡まで出かければ元が取れることが判明。
なので「新宿⇔本八幡」という全線制覇の定期になる予定だ(今ある回数券を消化してから購入予定)
実家に帰るときとかは重宝しそう。

ただ、これがあると、新小岩とかに用があるときでも一旦本八幡まで行ったほうが安くなるので、京成バスに乗る機会は今後激減しそうである。
江戸川区内の景色を眺めながらすごすひと時は結構好きだったのだが…。
ラベル:江戸川区
posted by たま at 22:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

今日の新小71

先日、ようやくパソコンの修理(というか、入荷)が終わりました…という連絡が来た。
そこで今日は午前休みにして、ここへ取りに行くことにした。

見てわかるように非常に不便なところにある。
定期を有効活用するならば、大江戸線の両国駅から歩くか、菊川駅から都営バスの業10に乗るあたりが妥当であるが、出かける前に図書館へ行ったので、そこから駅に行くのが億劫になり、近くのバス停から京成バスに乗ることにした。

来た新小71は久々の幕車であった。
ということで、降りたときに記念撮影。

E171

E171_maku

ついこの間まで当たり前だったんですがね、これが…。

この車はディーゼル規制で来年1月の車検切れの次は通らない。
さらに毎年9月末には新車が出ているので、そう長くはないはず。
貴重な体験であった。椅子はへたってたけど。
posted by たま at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

ひとりきりの3連休2:航空科学博物館へ行く

次に向かった先は航空科学博物館である。
こんな機会でないとなかなか行けないし、しかも空の日週間で今日は入場無料である。
ということで、第2ターミナルのバス乗り場からバスに乗って向かうことにする。

ところが、今日は空の日イベントのため、バスは博物館前まで行かないので入口バス停から歩け、とのこと…。
うーん私には意味がわからん。
なんでイベントで人が集まるときに博物館まで行かないのかと小一時間…。
代わりに芝山千代田駅から無料シャトルバスが出るらしいが、絶対に芝山鉄道に客を乗せるための仕打ちとしか思えない…。

仕方がないので、9:41発のバスで入口バス停に向かうことにする。
千葉交通だとばかり思っていたが、成田空港交通であった。
そんな会社あったなあ。すっかり忘れていた。

narita-airport-bus

博物館入口バス停で降り、案内に従って博物館に向かう。
あたりは何もなく、人も歩いておらずちょっと心配になるが、やがてヘリコプターが並んだ入口ゲートが見えてきた。
坂を上ると入口である。今日はいろいろイベントがあるようだ。

aerospace_musium

まず向かった先は3階展望台。
たしかここから滑走路が見えるはずである。
果たして目の前にA滑走路が見えてきた。しかも今のところ34Lからの離陸。細かいことは省略するが、つまりはこっちに向かって離陸するので、JO947便を見送ることができそうである。

NRT_A

この時間は離陸ラッシュなので次々に飛行機が飛んでいく。最初に見たのは9:50発LH711便フランクフルト行。昨年夏に乗ったので懐かしい。
何便かを見送り、次に来たのはANAのB777。時間帯からすると9:50発NH919便上海行っぽいが、昨年乗ったときはB滑走路からだったような…。

NH919

肉眼で見るとかなりの迫力なのだが、所詮デジカメだとこれが限界…。

さてJO947便は…と思ったら、TGのエアバスがこっちへ向かってくる。
まさか…と思ったら、Runwayチェンジであった。

NRT_A2

ありゃあ、これじゃ飛行機はこっちに来ないじゃないか…。
しかも、こういうタイミングでようやくJO947便が姿を現す始末。
まあ、16Rの場合、目の前で方向転換するので、全景は見えるから、いいことにする。

NRT_A3

JO947便の前はJAA旧塗装のB747-200。おそらくEG201便台北行かと思う。その次はJO947便JA8130。ビジットジャパンキャンペーンの絵が描かれているので遠くから見てもよくわかる。

さて、ようやく離陸…と思ったら、JALCARGOが割り込み着陸!

NRT_A4

同じ滑走路で離着陸をさばくととこういうことになるのだ。
羽田は原則別なので、ぽんぽん離陸してくれるのだが、成田はこういうことがよくあるのでフラストレーションがたまる。
きっと嫁は機内でくたびれて寝ていることだろう…。

結局、離陸したのは10:34。出発後30分が経過してたが、無事雲の中に消えていきました、と。

ということで、博物館の見学に戻る。

B747

まず目を引くのは巨大なB747-400の模型。シミュレータで動くらしいが、このシミュレータは時間ごとにしか操作しないとのことで動いていなかった。

seat

手前はANAのスーパーシート、後方はJALのビジネスクラスの椅子である。もちろん昔のものである。
サービス切り詰めだ、とかなんだかんだ言われているけど、やっぱりハードウェアは昔より今のほうが豪華だ。

5F

5階の展望フロア。こっちはクーラーも聞いていたし、各機の解説も行っていた。こっちのほうがよかったかな。
まあ、解説は聞かなくても大体わかるけどさ…。

DC8

ここの目玉、DC-8のシミュレータ。成田??羽田間の飛行が楽しめるらしいがここも時間制。うーん、やる気あるのか…?

ってことで、あまり大きくない施設なのであっという間に見学おしまい。
あとは外のYS-11初号機などを見て、帰ることにした。
YS-11は今となっては保存機としても貴重な存在である。ただ中はがらんとしていた。

YS11

私は飛行機好きになったけど、別にメカニックなところはあまり興味はなく、単に旅客機で旅行するのが好きなだけなので、正直この博物館、予想はしていたけどあまり面白くなかったかな…。
まあ、ただだったし、離陸する飛行機も見れたので良しとする。

無料シャトルバスに乗って芝山千代田駅へ行く。
今日は地元の店が出ていてそれなりに活気付いていた。

shibayama-chiyoda

私は芝山鉄道に乗ったことがないので、ここは初乗車である。
航空科学博物館なんて不便なところは実家から車を借りて行くのがベストと思いながら電車で行ったのはこのためである。

11:34発の成田行は京成の4両。
車内は、まあこの時間にしては乗っているほうかな。
場所柄警察官同乗であった。

fence

ホームからは航空会社の建物と、エプロンに飛行機が止まっているのが見えるが、
見てわかるように2重の柵に、奥には警察の車…。
まるで沖縄の米軍基地のようだ。
ここまでしないといけないのかなあ。

電車は用地買収がうまくいかずぐにゃぐにゃなルートになったトンネルをゆっくり通過して、すぐ東成田へ到着。ここからは京成となる。7分で京成成田へ到着した。
正味10分の乗車であるが、運賃は440円…(芝山190円+京成250円)。
…高い!
posted by たま at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

犬を乗り物に乗せるには

チワワのこじろー君(8か月)。
家に来たときは小さかったのだが、今や2kgを超えてすっかり大きくなった…というより、ちょっと大きくなりすぎた(汗)。
まあ毛もふさふさだし貫禄があって(態度はちっとも貫禄がないが)いいかなあ。

koji0510

ところで、彼を近々病院に連れて行く必要があるのだが、嫁が以前勤めていた動物病院の先生で、今は別のところで独立した病院に行きたいという。
そこは足立区で、公共交通機関で行くには不便なところだ。
車で行きたいところだが、犬は車酔いしやすいので電車の方がいいとのこと。
まあ電車だけじゃ行けないんだけど(都営バスに乗らないといけない)それなら仕方ない。

というわけであるが、気になるのは犬を乗り物に乗せる際に手荷物料金が必要なのかということである。
目的地は環七沿いなので、王子か西新井からバスに乗ればよい。
とすると、ルートとしては、

1) (新宿線)--岩本町/秋葉原--(京浜東北線)--王子
2) (新宿線)--市ヶ谷--(南北線)--王子
3) (新宿線)--住吉--(半蔵門線/東武線)--西新井

あたりが考えられる。時間と費用を考えると1) > 2) > 3)といったところかと思うが…。

まずJR。これは明快である。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/10_syo/01_setsu/02.html
の、旅客営業規則第309条2,3項に、手荷物料金として270円が必要とある。
まあ実際は自動改札を通ってしまえばいらないと思うけど、書いてある以上は払いたいところ。ただそのためにみどりの窓口で並ぶのもバカらしいし、きっと窓口氏は面倒くさがるのは目に見えている。
ってなわけで、まず1) はないかなあ…。

次に都営地下鉄。これはどのプランでも使うので、重要である。
http://www.reiki.metro.tokyo.jp/Li05_Hon_Main_Frame.exe?UTDIR=D:\EFServ2\ss000011F2\Administrator&TID=1&SYSID=1494
さすがお役所なので、こういうものはきちんと用意してあるのね。
東京都地下高速電車旅客営業規定第105条2)によると、愛玩用小動物はOKという。ただ3)で盲導犬についての記載があって、ここに書いてある以上犬は2)に含まれないのでは?という解釈もできるようである。このあたりはもう少し明確に書いてくれると嬉しいところ。
ただまあOKと解釈すると、手荷物料金については記載がないので、無料である。
というわけで、新宿線はまずOKそうだ。
ちなみに、東京都電車条例施行規定というのがある。内容はほとんど同じで、電車と地下高速電車は何が違うんだろう…?と思ったのだが、電車=都電荒川線、地下高速電車=都営地下鉄であった(初乗り運賃でわかった)。なるほどねぇ。

次に都営バス。
http://www.reiki.metro.tokyo.jp/Li05_Hon_Main_Frame.exe?UTDIR=D:\EFServ2\ss000011F2\Administrator&TID=1&SYSID=1469
東京都乗合自動車条例施行規定を見る限り、手荷物に関する規定がない。ないってことはOKだと思われる。

次に東京メトロ。
この前まで公営企業だったのだから旅客営業規則がHPにあるかなあと思ったが見当たらず。
ということでわからなかった。

公式文書からわかったのはこのくらいであるが、
http://poco-a-poco.web.infoseek.co.jp/yakudati.html
にまとめたものがあった。
まあここらへんは問合せ先の担当者見合いってのがあるので80%くらいの信用が妥当と思うが、とりあえず必ず必要なのはJR、あとはなくてもOKということらしい。東京メトロが原則は不可、ってのがちと気になるが、どんな旅客営業規則なんだろうか。

そういうわけで、ルートとしては2) かな?
posted by たま at 23:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

都営新宿線でポイント故障

新聞サイトの記事にすらなっていないようだが、今日の18:43頃に本八幡駅のポイントで故障が発生し、復旧まで3時間以上を要し、この間、瑞江??本八幡間が不通となった。

をーい、帰れないじゃないか…orz

というわけで、20時頃新宿駅から帰ろうとしたら、行き先表示は全て瑞江行。
今日は嫁の帰りが遅く、本八幡で待ち合わせするつもりだったので、一瞬総武線で行くことも考えたが、ポイント故障なのできっと復旧も遅いだろうということで、そのまま家に帰る方向で瑞江行に乗った。
電車は10分ほど遅れており、そのためいつもより混んでいた。
ただまあ瑞江までは走っているので、それほど混乱はなかった。
でも市ヶ谷とか、馬喰横山で「本八幡、千葉方面は総武線(浅草線、総武快速線)を…」としきりに放送していたのだが…

「おんどりゃあ、漏れはそれじゃ帰れないんじゃ!!!」

瑞江に着き、振替乗車票をもらう。私は本八幡までの定期だったので、バス+総武線分の2枚をもらった。
本当は1枚いらなかったのだが…。
で、ロータリーに出るが、バス乗り場は2月の車両故障のとき並みの長蛇の列。
瑞江までは動いているから影響範囲は限定的かと思ったのだが読みが甘かった。
特に新小71・小72の列がひどかった。
それで帰ろうと思っていたのだが、諦めて小73に乗る。こっちは柴又街道をまっすぐ小岩へ向かうので、振替の人が少なく、混んでいたけどすぐ乗れた。
それで谷河内テニスコートで降り、ちょっと遠かったが家まで歩いて帰った。

それにしても、この前も思ったが何で皆バスのルートを知らないものか、と。
小73の運転士に対して「内沼(新小71・小72)は行きますか」とか「鹿骨五丁目(新小71・小76)は行きますか」とか言いやがるのでなかなか発車できない…。
江戸川区は南北はバスしか交通手段がないので皆ルートくらい熟知していると思っていたがそんなことは全然ないようである。
京成バスなんか新小71・小72・小73・瑞75・小76しかないんだから(多すぎ?)ルートくらい覚えられないのかなあ。
覚えられなくても少なくとも最寄のバス停にどの系統が止まるのかくらいは把握してほしいものだ。

私は瑞江からだったので、最悪歩いてでも帰れる距離なのでよかったが、本八幡から帰ろうとした嫁は大変だったようだ。
まず振替乗車票をもらいに行くも、なんと篠崎まで乗車券で行こうとした人に乗車票を出さなかったらしい。
自分で総武線+京成バスの運賃を支払え、と。
篠崎までの運送を停止したような格好だが、それってアリ?
いくら運休中だからってそんなことって許されるんだろうか…。
嫁は定期を持っていたので、くれたみたいだけど。

で、小岩から小72で帰ってきた。さすがに総武線側はこの前ほど混乱はしていなかったようだが、相変わらず尋ね人は多かったらしい。
小72(篠崎駅非経由)で篠崎駅の近くのバス停がどこかくらい知ってほしいものだ…(ちなみに、新道口または中図師です)。

というわけで、ひどく疲れた一日であったが、
何より許せないのは、瑞江折り返しだ。
こんなとき一番被害を食らうではないか…。
篠崎は東京都扱いじゃないのか???
一時期始発駅だったんだから渡り線くらい用意しろ!(あれ、まだ残っているのかな?)
(ついでに)終電を瑞江止まりにするな!新小71の深夜バスのほうが遅いとはどういうことだ…。
posted by たま at 23:55 | Comment(16) | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする