2006年03月29日

ココログには愛想が尽きそうですな…

えーと、28日にバージョンアップされたらしいんですが…何でしょうか、これ。

1) トラバ攻撃を食らっていた時なみに激重…
バージョンアップするたびに重くなるココログの名に恥じぬ重さっぷりでございます。何これ?

2) ココログからのお知らせが表示されない(29日23時半現在)
これは今のところいいところなんだけど…障害報告にも出てないんですが、これ。実態を把握しているのか?
まあいずれ表示されるらしいのだが、そのココログからのお知らせが「茶畑日記(とかいう伊藤園協賛?のサイト)ができました…」とか要は広告じゃないかという意見多数…

まあここまではいいです。
問題はこれ。

3) コメントが鬱陶しくなった
コメントをすると、投稿前に下記の文章が出ます。

Verify your comment

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below.

This test is used to prevent automated robots from posting comments.

なんで英語なのか非常に理解できないのですが、要は、このコメントの下に画像で文字が出るので、その文字を入力しないと投稿ができないようです。

恐らく、これがスパム対策の規制らしいんですが…こんなことを利用者に強いるか、普通

しかも、その画像が今激重なのですぐに出ないわ、出てくる文字はホラー映画に使いそうな見づらいネクラな文字…。

はっきり言いまして、このセンスのなさと融通の利かなさ(これを解除するすべが見つかっておりません)にココログスタッフがいかにアホなヲタが作っているかよーくわかりました。

ちょっと1) 2) はいいけど、3) がずっと続くなら、はっきり言いましてココログを続ける意味はないなあと思ってます。
重いのは他サイトも同じなので、ちょっと反省の弁がないならもう乗り換えようかなあと。

もう、こんなにニフが空気読めない会社になるとは…利用歴もうすぐ10年の私は悲しい。。。
posted by たま at 23:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

桜並木

私の勤務地は周りが桜の名所なんだという。
朝バスに乗って、ふと通りがすごい綺麗なことに気づいたので何枚か撮ってみた。

Sakura1.JPG

Sakura2.JPG

Sakura3.JPG

まだ満開ではないのだが、すごく美しい。。。
やはり日本人は桜にぐぐっとくるものだ。

でも…私は桜を見ると、年度末処理だの送別会だの歓迎会や花見会だの、忙しくてしかもあんまり楽しくないイベントの思い出しか考え付かず、なんかブルーになってしまうんですが。
一度でいいからそんなことを忘れて花見がしたい。

posted by たま at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

ココログから(暫定)移転しました

たまと申します。

2005年1月よりココログでブログを書いておりましたが、先般のバージョンアップ後の改悪があまりにもひどすぎたので、引っ越すことにしました。
まだ暫定ですが、seesaaさんをしばらく使ってみて、問題なさそうでしたらここにお世話になろうかなと思っています。

今現在、前ブログからテキストを抜き出して、こちらに全部貼り付けてみましたが、"〜"が"??"になったり、縮小画像が縮小されてなかったりして、一部見づらい部分もあるかもしれませんがご容赦ください。順次修正しようと思っています。
あと今何とかCSSをいじくって前ブログととりあえずはフォーマットを一緒にしようとがんばってます。

ではでは、今後ともよろしくお願いいたします。

posted by たま at 00:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

アクセス解析を眺める

ココログベーシックではアクセス解析の機能が未だにないのであるが、seesaaではありがたいことにアクセス解析ができる。
あと、某ブログから引っ越したblogpetのくまくまーであるが、あれもアクセス解析機能があって、実はseesaaよりも高機能なアクセス解析が出来るようだ。

見ているとなかなか面白くてここ数日チェックしているが、今までわずかばかりのコメントのみを頼りにしていたのだが、ユニークユーザがどの程度いるのかがわかって励みになるし、検索ワードで引っ掛けて来た飛行機ネタのページが期待されたものではない(と思われる)記事だったら反省して書き増そうかなーとか思うので、いろいろ役立ちそうである。
あと、眺めていたら"nifty.co.jp"のログも発見。一般ユーザだとnifty.comだから、移転前のココログでニフ批判記事を書いたのを社員が見に来たな〜??

一方で、アクセス解析を自分側が閲覧しているページでも分析されているということは、ちょこちょこチェックしていることがばれてしまって(いや、ばれても何の問題はないのだが(苦笑))下手なことはできないな…。

ただ一点、気になるのが、
blogpetのくまくまーは、前の某ブログにも貼り付けてあって、今は両方のアクセス解析を見れる状態なのだが、ほぼ毎日
「◎◎線 痴漢」
というキーワードで引っ掛けてくる人がいるんですよねー。
その某ブログにはそういうキーワードで引っかかるような記事があるのだが、果たしてこのキーワードを引っ掛けるような人って、被害にあっている人なのか、それとも…

ちょっと複雑な気分である。
posted by たま at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

結婚4周年−叙々苑へ−

今日は結婚4周年である。早いなあ…。

毎年どこかへ旅行に行っている代わりでもないのだが、結婚記念日はここ2年ばかり寝て過ごしていた(去年は風邪気味でこの記事を書いたところで夕食も取らずに寝てしまったし、一昨年は仕事が忙しくて11時半帰宅…)が、今年は金曜で時間外の仕事もないし、旅行も中止になったので豪勢に食事でも、ということになった。

三鷹と舞浜から合流なので、新宿あたりで場所を探すことにして、嫁の発案で東京オペラシティの叙々苑に行くことにした。
オペラシティは実は仕事でよく行っていて取り立てて目新しいところはない(というか行き飽きた)のだが、いいとこ20数階までしか行ったことがなく、53階なんて高層フロアには行ったことがない。まさに灯台もと暗し(いや、その逆か…)であってちょっと楽しみ。

jojoen1.JPG

さすがに金曜の夜なので混んでいたが、焼き肉屋は回転が早いのかちょっと待っただけで入店。

ここは窓から景色が望めるペアシートが有名らしいのだが、見た感じ混んでいて期待できないなあ…と思っていた。ところが、

jojoen2.JPG

なーんと、たまたま空いたペアシートに案内されましたー。これはラッキーでした♪

jojoen3.JPG

そして目の前に広がる東京の夜景は素晴らしい…。最も方角がちょっと恵まれず副都心が右手に見える以外は住宅地ばかりで有名なビルなどはあまり見えないのが残念だが、それでも素晴らしい。来て良かったです。

肝心の焼き肉もおいしかったです…が、詳しくは嫁のブログ見てください。個人的には黒豚塩焼きがおいしかったかな。

ということで大満足の夕食でした。

Singing Man.JPG

ところでオペラシティのサンクンガーデンには何だかよーわからん人間のオブジェがあって低い声で歌っている。これがすごいうざくて仕事で来ている人の身にもなれよ(#゚Д゚) プンスコ!と思うのだが、調べてみるとジョナサン・ ボロフスキーという人((´ー`)チラネーヨ)の「Singing Man」というオブジェらしい(そのままじゃん…)。
----ってか、調べた結果を踏まえてもどーでもいいや。うざいから撤去してくれないかなあ…。

posted by たま at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

海外挙式で旅行会社を選ぶリスク

金曜日は午前にミーティングがあるので三鷹ではなくて本社へ向かっている。
本社へ向かう道すがらには、4年前にドイツマイナウ島で結婚式を挙げたときにお世話になった旅行会社があった…ん、なんで過去形?と思う人もいるかもしれない。
実はその会社は今そこのビルにはいないのである。というか、ぐぐっても当時載っていたゼクシィなどを見てもその会社はすでに存在しないようなのである。ということは…?

その会社はゼクシィなどでヨーロッパ海外挙式専門店と銘打っていて、パンフを見たらすごく詳しくて親切そうだったので決めたのだが、実際は散々であった。いや、旅行に詳しくない人だったら十分に親切なのかもしれないが、旅行代理店嫌いで旅行取扱主任者の資格を持つ自分にとっては、旅行代理店に頼む以上はそれ相応の付加価値をつけてもらわないと困るのであるが、手配などもどうもトロいしありきたりの対応しかしてくれなかった。
なので相手にとっては厄介な客だったんだろうなあ…とは思ったけど、さすがに宿泊先を選ぶときに「みゅう」のパンフを見せてここから選んでくださいと言われたときにはちょっとガックリ来てしまった。そんなんじゃ自分で選んだ方がマシじゃないか…。

ってことで、最終的には航空券と結婚式前後のホテル以外、列車のチケットとかホテルは全部自分でネットや地球の歩き方旅プラザなどで手配してしまった。というか結婚式の手配さえ自力でできるなら旅行会社なんか使わかったんだけど…。
なので実入りの少ない客だったんだろうなあ…と今思うとちょっと失礼なことをしてしまったかなと反省してますが、ふと思ったのは今年初めに世間を賑わせた「トラベル遊」の倒産事件。

もし自分がこの旅行会社に手配を依頼していた2002年に、この会社が…という事態になっていたとしたらどうなっていただろうか。航空券はJAL悟空だったけど、旅行会社から航空券が渡されない限りは行程保証なんかされないだろうし、仮に行けたとしても結婚式場で式が挙げられたかどうか覚束ないだろう。自分にはこんな格安旅行代理店に縁がないから…と思っていたのだが何のことはないこんなところにリスクがあったのであった。
しかもそんなことは想定しているわけもなく、この会社がボンド保証に加入しているかなんてのもチェックし忘れてた。主任者として恥ずかしい…。

ということで、この記事を書くために久々に本屋でゼクシィなんぞ見てみたら、JTBやワタベなどメジャー以外にも相変わらず聞いたことのない会社もいくつかあったけれど、これから式を検討される人はそんなあたりも選択肢の一つとして検討してみては…?
といっても決して大手にしろと言っているわけではありません。何しろマイナウ島とかは大手じゃ正直手配キツイんだよねえ。手配できたとしても取次ぎ程度しかやってくれないだろうし。

なお、マイナウ島の手配ですが、経験則からすると総元締めはこの会社っぽいです。なので、もしマイナウ島の手配をしたいようなカップルがいましたら、ここで手配してもらうと最も確実なのでは…?と思います。

なおマイナウ島はとーってもいいところです。元々海外挙式に人気のないドイツのさらに日本人があんまり行かないファンタスティック街道沿いの島なのですが、ドイツらしからぬ温暖な気候とボーデン湖と花に囲まれた景色が最高です。なので、ぜひぜひ。

mainau1.JPG
↑ボーデン湖を望みながらビデオ撮影(汗)上空はここが故郷のツェッペリンが…

mainau2.JPG
↑マイナウ名物、花で作られた鳥たち

他にも旅行記のほうで何枚かアップしているのでお暇なかたはぜひ。

posted by たま at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

池袋西武で冰館のマンゴー冰を食す

先日予告したとおり、今日まで池袋西武で開催されている「全国味の逸品会」に大阪の冰館のマンゴーかき氷が出店しているのでそれを食しに行ってみた。

いやあ、最終日&GWということもあって会場はすごい人。私こういう物産展に行くのは初めてに近いのだが好きな人多いんですなあ。

icemonster1.JPG

冰館は入口近くのブースにあるのだが、長蛇の列。結局入手するまでに30分近くかかったかな。

icemonster2.JPG

掲示してあったポスターによると関西ウォーカーの「この夏売れてるスィーツ」特集記事で1位になったそうだ。この前行った時は行列はなかったのだがやっぱり大阪でも開業時は相当な行列だったようだ。おいしいからね。

icemonster3.JPG

さてようやく出てきましたマンゴー冰(630円)。本当はミックスが食べたいところだが今回はこれ1品勝負なので仕方がない。つい先日大阪で食べた容器にまた再会できるとは不思議な気分である。
で、味の方はおいしかったです。前回のいちご雪綿氷よりは確実においしかった。さすが看板商品だけあると思った。
でもちょっとマンゴーの量が少ないような気がした(最終日だから在庫調整でもしたか??)のと、あとは酸味が多かったかなあ…。夜市のかき氷の方がおいしかったという前回の結論に変わりはなく。まあマンゴーの旬になったばかりの5月ということもあるので仕方がないのかなあという気はするし、東京で食べれるというのはとにかく嬉しい限り。早く東京進出して欲しいな。

それにしても、前回の台湾行で本店で食べなかったのはやっぱ失敗だった。本店のある永康街はMRTが走ってなくて、ちょっと食べに行くには遠くて断念したのだが、味の比較ができないのが如何ともし難い。前回無理をしてでも食べに行けば良かった…。

aizuya.JPG

あとは何かないかなあ…と思ったら、会津屋のたこ焼き(500円)を発見。実は前回の大阪行で食べる予定だったのだが、だいせんを見つけるのに手間取り食べる暇がなく断念したのである。これは奇遇だ…ということで注文。
大阪元祖のたこ焼きはソースなんぞつけない…というのが特徴だそうで、そのまんま食べる。なるほど確かに衣に独特の味がある。でもなあ…だいせんのたこ焼きの方が100倍おいしかったぞ。
ということで…個人的には前回無理に食べなくても良かったかなと。まあこれも東京で食べれて良かったです。

fujinomiya.JPG

あとは焼きそばの街として売り出し中の富士宮焼きそば学会の焼きそば(525円)を食べてみる。油でしまったコシのある麺が新鮮な味でなかなかおいしかった。これはわざわざ富士宮まで行っても食べる価値のある味かも。

ってことで、今日が最終日で18時閉場ということもあり戦果はこのくらいでした。とりあえず激混みで歩くだけで疲れてしまったが、いろんなものが食べれて満足でした。

ラベル:台湾
posted by たま at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

錦糸町オリナスへ行く

なんか近場で済まそうGWみたいな感じになっておりますが…
錦糸町のアルカキットに買い物に行くことにしたのだが、そういえば近くに錦糸町オリナスというショッピングモールができたのでこちらにも行ってみることにした。

GWということで予想通り人でいっぱい。っていうかあれだけ旅行だ何だといっても都心残留組はいっぱいいますな。

olinas.JPG

場所は北口、錦糸公園の先にある。総武線沿線住民にとっては超高層マンションBrilliaタワーの分譲広告とかの方で有名だったところ。高くて携帯の写真じゃ入りきらないでち。
ちなみにキャンセル住居が出たらしいんだが、値段が12360万円也。。。きっと100年ローンでも返せない…(汗)

んで、中も混んでいたのだが、感想としては意外にも広い。で、店が多い。単に高級感(といっても錦糸町だからたかが知れてるが)のある店だけじゃなく東急ストアとか生活感のある店も多くて使い勝手は高そう。
コムサストアとかはスイーツの店がいっぱいあって若い女性とかにはポイント高そうであった。

でもまあ、駅から遠いこともあるし半年もすれば落ち着くだろうな。
でもビビットスクエアなみに凋落はしないかも。

まあそんなわけで、近場で済まそうGW2日目は終了。
あと3日もあるなあ…何しよう。。

posted by たま at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

たま作家デビュー!?

----とタイトルをつけるほど大した話ではありません(苦笑)

私、旅行記を某旅行記サイトにアップしておりますが、そのクチコミ情報をまとめて本にするという出版社がありまして、このたびそれが本になりまして先日謝礼ということでその本が送られてまいりました。

4travel.JPG

ネットで見つけた!ソウルのツボ というタイトルで、私のウェスティン朝鮮ホテルの記事が載っています。

なので「たま」という名前もクレジットされております…がまあその名前がクレジットされても特段嬉しくはないなw

でこの本の感想ですが…うーん、ホントにネットのクチコミ情報を並べただけなんだよなあ。もうちょっと一般的な旅行案内とセットでの紹介かと思ったのですが。これで952円か…以下ry
まあ、私みたいに旅行中もPCを持ち歩くような人じゃないとすれば本にする意味はそれなりにあるのかもしれませんな。
ということで印税が入りませんので(笑)あんまり販促する気もないんですが興味のある方はぜひ買ってみてください。

ところでこの本はバンコク、香港も同時シリーズで出ていますが、私昨夏に香港に行って、その時泊まったイビスノースポイントもクチコミで書いているのですが、それは載ってないです。何でかというと本に載せるかどうかの承諾メールへの返事をし忘れただけでほかに何の他意もありません。なので、香港の本をもらい損ねますた(失敗!)。面白かったら自分で買おうかなと思っていたんですが……以下ry

ネットで見つけた!ソウルのツボネットで見つけた!ソウルのツボ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ネットで見つけた!ソウルのツボ
[著者]
[種類] 単行本
[発売日] 2006-04
[出版社] ゴマブックス

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by たま at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

ドレスデン逍遥

図書館で「ドレスデン逍遥」という本を見つけましたので読んでみた。

dresden.JPG

私はあんまり本、特に世界史の本は苦手なのだが、とても軽快な文章で面白くあっという間に読むことができた。そういう点でまず優れた本であった。

さて、ドレスデンはドイツ東部ザクセン州に位置する人口50万弱の州都であり、「エルベ川のフィレンツェ」と呼ばれる、エルベ川沿いに建つバロック様式の建築群が美しい都市である。
私はこの都市の美しさ、そして人々の素朴さがとても好きで、何度も訪れており、昨年のドイツ旅行でついに5度目の訪問となった。

なので通り一遍の歴史は知っていたつもりだったのだが、改めてこの本を読んでああ、これを読んでからドレスデンに行けばどれだけ違っただろうなあと後悔しているところである。

・フラウエン教会も再建なり、今はかつての栄光を完全に取り戻したドレスデンであるが、第二次大戦の空襲では完膚なきまでに破壊されたこと、それが人々の努力によって復元されたことで今の栄華があること。
・ザクセンの歴史を形作ったアウグスト強王初めとする王朝の文化にかける意気込み、そしてその栄光の華々しさがいかほどであったか、逆にそれとはちょっと正反対に見える世界情勢から見た歴史があること。

を改めて知ることができた。
これを読むとドレスデンは苦難の道を何度も通っていきながら、でも皆この都市に魅力があって惹きつけられてきた、というのがよくわかる。だからこそ今があるんだなあと思う。
自分もそんなドレスデンがとても好きなのである。

ドレスデンは今年建都800年の記念すべき年。W杯もあるので例年以上にドイツへ行かれる方が多いと思うが、ぜひこの本で事前勉強してドレスデンを訪れることをお勧めしたい。

ドレスデン逍遥―華麗な文化都市の破壊と再生の物語ドレスデン逍遥―華麗な文化都市の破壊と再生の物語
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ドレスデン逍遥―華麗な文化都市の破壊と再生の物語
[著者] 川口 マーン惠美
[種類] 単行本
[発売日] 2005-12
[出版..
>>Seesaa ショッピングで買う
ラベル:ドイツ
posted by たま at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

ブログ移行から1ヶ月ですが

ブログを移行しまして1ヵ月半ほどが経ちました。

とりあえず、いいところと悪いところを列挙します。

Seesaaに変えて良かった/問題ないところ。
・アクセス解析ができる(ココログはいつになったら…)
・CSSがいじり放題
・過去投稿が簡単(ココログは一旦Upしないとダメだったので)
・サブドメイン方式なので検索エンジンでヒット率が高い
・ココログよりは処理が速い(今現在。今後どうなるかは不明)

Seesaaダメポなところ。
・検索ではココログよりヒットしない(googleでの比較)
・カテゴリが複数設定できない
・過去投稿ページにおいて、左側のバーを最新にするにはサイトの再構築なる時間のかかる処理をしないといけない
・会社が無名(なのかな…?)

ってことで総論はOKでなかなか使いやすいですが、検索ヒット率と複数カテゴリはなかなか痛いところです。
っていうかココログはなんでgoogleではあんなに強いんだろう。最近の投稿をタイトルだけでもココログにUpしてしまおうかとちょっと考えています…。

まあアクセス解析を見る限りそれ相応に使われているようなので、もうしばらく(っていうかずっと)ここにしておこうかなとは思います。

posted by たま at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

カテゴリ分けについて思ふ

ブログの件について書いたカテゴリ複数設定がココログはできてSeesaaはできない件について、思うところがあるので私見を述べたいと思います。

DBなどシステム構築の世界では、カテゴライズが非常に重要だと思いまして、その分類の仕方が使いやすさを大きく左右するのだと思っております。
ところがですね、どうも最近のシステム屋さんは細かく分ければそれで良し、という風潮が多く、使いづらいんですが、そう思う方いませんでしょうか?

最近使いづらいなあ、と思うサイトをいくつか挙げます。

1) Seesaaブログ(ここであります)
ココログのときは複数設定できたので「旅行」「台湾旅行」「飛行機」とか複数設定して、どのカテゴリーでも記事が出るようにしていたんですが、ここではそれができないわけであります。
なので、台湾旅行でsignetへ行きましたが何か?って記事が飛行機じゃ出てこない、と。
まあ検索エンジン使えばいいでしょ、と言われるかもしれませんが、作者としてはできたらカテゴリ総なめしてほしいわけですよ。

2) 4travelの旅行記旅行記書いているとこです)
国内&海外のエリアが新しくなりました!
http://blog.4travel.jp/archives/50360731.html

ここで、

★海外エリア
旅行記やクチコミなどで登録可能な都市について、今回新たに16の国・約1200の都市・約380の観光地・約12の地域を追加しました!

とあります。たしかに相当マイナーな都市も登録できるようになったわけですが、これも複数登録ができません。上位互換はあるので最悪国でサーチすればいいですが、私みたいに1日で2ヵ国行くような人はそれでもダメ。
それは言いすぎだとしてもドイツみたいな小さな都市を巡るような旅行の場合、小さな都市を1個ピックアップしても必ず漏れるわけですよ。
これもまあサーチすりゃいいんでしょうけど、ランキングとかはこの都市ごとに行っていたりするんで、作者としては気になるわけで。

3) 都バス運行情報
携帯サイトから時刻表や接近情報が見れる使い勝手のいいサイトなんですが…これもまた検索しづらい。

例えば一之江駅から出るバスの時刻表を調べたいときは…
鉄道駅選択⇒東京都交通局⇒都営新宿線⇒一之江
とここまででもううんざりなんですが、さらに
⇒一之江駅前(これしかない)
っていう項目があるわけです。
1個しかないんだったらそのまま表示しろよ!と思うんですが…。
まあショートカット検索というのがあってそれを使えば楽なんですが、何とかならんかなあ。。。

4) Yahoo路線情報
私良く使っているんですが、例えば「東京」と打つと、あいまい検索で東京…という駅名がずらっと出てくるのが、今度は逆に非常にうざいんですわ。
そんな東京、なんて自明な駅名は、あいまい検索して欲しくないんだよなあ。

ってことで、システム開発者の皆様、
・きっちりカテゴライズするのはかえって検索がうざいのでやめてくらはい
・あいまい検索も度を越すとうざいのでやめてくらはい

ということでお願いしますです。
以上自称へっぽこエンジニア(きっちりカテゴライズするとたぶん違うかも…)の私見ですた。


posted by たま at 00:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

マイシティってなくなったのですか…

今日新宿駅の東へ行ってみました。
そしたら…マイシティルミネエスト(LUMINE EST)になっているではないですか?

いやあ、毎日新宿駅を使っていながら知りませんでした…



って、それにしても遅すぎですよねぇ。。。。_| ̄|○
いくら南口を乗換しか使ってないとはいえ、4月1日に変わったのに5月26日まで気づかないとは情けない…。

ま、それはともかく、マイシティといえばCMの何となくテンションが下がるキャッチが好きだったんですがもう聞けないのか…。
っていうかルミネになってもいいけどマイシティの名前は残して欲しかったな。

何か最近駅ビルの名前がどんどん統合されているようで、系列感は出るけど独自性が失われているようでちょっと悲しい気もする。
亀戸のエルナードアトレになっちゃったし、錦糸町のらがーるテルミナ2になっちゃったし(これはローカル同士(笑)だからちょっと違うか??)そのうちシャポーPoPoも一緒になるか?(いや、マスコットキャラクターのシャポー君とポポちゃんを一緒にはできないから(爆)それはないか)
ペリエとかもルミネ千葉とかになったりするのかなあ。それはそれで垢抜けていいかもしれないが。

----なんか千葉ばっかになってしまったけど、吉祥寺と三鷹にはロンロンとかいうのもありますね。これもアトレになったり…?

なんか取りとめがなくなったのでこれで糸冬 了..._〆(゚▽゚*)
posted by たま at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

札幌出張へ行ってきます

8日〜9日と出張で札幌へ行くことになった。
最近とんと出張はご無沙汰で、飛行機に乗るのは昨年4月の大阪出張以来である。
今回の目的は打合せ。前の部署だと打合せの出張はほとんど皆無で、作業のためにPCや機器を沢山持って、顧客の前で時間制限の中で終わらせないといけない悲壮感漂うなかで(⇒ちょっと言い過ぎか…)行っていたことを考えると天国のような出張である。
といっても良いこともあれば悪いこともあり。打合せに必ず付属すると言っても過言ではない懇親会に参加しないといけないのが鬱陶しい。この点、1人か2人で行く作業の方が気が楽だったなあ。

さて今月はこれまで何度も書いてきたとおり航空会社のキャンペーンがいっぱいあるので、さてどのプランで行くか…と思案したいところだったのだが、運が悪いことに今回から、エージェント経由で航空券を手配する規定になってしまい自分で購入することができなくなってしまった。
といっても便名や会社は自分で指定ができるし、規定の最高額である往復割引(=マイル100%加算(笑))も可能なのでその点はいいのだが、今やっているJALのクラスJボーナスマイルキャンペーン目当てにクラスJ席を事前に予約したりすることはできない(当日変更することはOKだけど、クラスJは人気が高いので無理な可能性もある)し、何よりクレジットカードのマイルが貯まらないのが痛い。せっかく100%加算運賃を買ってもそっちが貯まらないと実はツアーのほうがマイルが貯まるのでは…?と思ったりする。
ま、前にも書いたとおり往復運賃申請してツアーとかで行くような人(特に羽田−新千歳線はスカイマークの就航で運賃が下がったので例えば特割1を買うと往復運賃より片道あたり1万5千円近く浮いたりする。これは結構でかい!)がいるとコンプライアンス上問題になる可能性もあるのでやむを得ないのかなと思いつつも、でも…せめて自分が出張に行ってから規定変えてくれよ。。。

ということで、JALの3倍マイルにかなり引かれつつも、クラスJが取れないと目標加算率にはイマイチ届かないこともあって、無難にANA便を予約した。

しかしこの時期の札幌は何だかイヤに混んでいて、普通運賃でも結構満席が多い。明日の午前は7:00発のNH51便の後、昼過ぎまで完全満席なのである(これはJALも同じ)。自分は明日10時までに行かないといけないので7:00発で問題がなかったが、午後から行く人は大変かも。
同様にあさっての夜も混雑気味。単身赴任族が帰るのだろうか。早く終わったら早く帰りたいのだが果たして前便変更はできるのかなあ…。

さて…思い返せば出張というのにヒコーキの話以外全く書いてないぞっと(笑)。資料くらい読まなきゃ。。。っていうか寝なきゃ。

ラベル:ANA
posted by たま at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

W杯開幕−真のドイツを流して欲しい−

いよいよワールドカップが開幕する。

ドイツは他の欧州諸国に比べるとTV番組などの紹介される比率は今ひとつといった感じでドイツ好きな自分は悲しいのだが、最近はどこでもドイツの特集が流れていることが多く注文度もアップして嬉しい限りである。
でもなあ、何度も行った自分からすると「こいつらは何をやっているじゃ!」と言いたい者が多すぎ。
解説者とかが物見遊山でビアガーデンでビール三昧っていうのも、お前らはサッカーに関して仕事をしに来たんじゃないのか?と言う以前に、あまりにありきたりなドイツ紹介しかしていないという工夫のなさにまず腹立たしく思う。

まあでもこれまではその程度であったが、昨日の「報道ステーション」での古館のレポは本当に頭に来た。

東西格差を紹介して、日本の格差社会とかに結びつけたかったようだが、何しろその固定概念でドイツを巡ること自体が迷惑だ。
確かに東西格差があるのは事実で、報道されている内容も事実である。
しかし現実に行ってみると、そんなに格差は感じられないのだ。これは旧東のどのエリアに行ってもそうだ。格差を感じるとしたら、それを探そう探そうと思うから感じるのである。
またこのレポート自体も恣意的としか思えない内容が散見された。

ICE-T.JPG

フランクフルトからライプチヒを経由してドレスデンに向かうICE。旧東独エリアを結ぶと紹介されていた。それは間違いではない。しかし普通のガイドブックでは「ゲーテ街道を結ぶ」の紹介がほとんどで、そんな紹介をされることはまずない。普通の人は今やそんな意識は持たない。
そしてこのICEだけど、半分の始発駅はフランス国境に近いザールブリュッケンである。今やドイツを東西に結ぶという感覚しかないはずだが…?
あと、このICE-Tは、実は旧西エリアを主に走るICE-1,2より新しく、車内設備ははっきり言ってよほど豪華である。ICEだけでなく、旧東エリアは新車がかなりの割合で入っていて、旧西よりも設備はいいのでは?ということも多い。というか旧西ドイツ国鉄と旧東ドイツ国鉄が合併してから早12年。その比較自体が無意味であり、鉄道に関して格差はないと言い切っていいほどなのだが、その説明はない。

Leipzig.JPG

Leipzig2.JPG

そして一番腹が立ったライプチヒ中央駅のシーン。
奴はホームを降り、駅舎を出て「さびれているな」と言っていたが、駅構内のショッピングセンターは訪れる誰もが驚くほど大きく、いつ行っても賑わっている。ここを通らないと駅前には出れないのに「さびれている」とよく言えたものだ。ライプチヒに失礼としか言いようがない。

そしてベルリン。
ブランデンブルク門を挟んで東西からレポートしたが、東西の差がここではっきりわかると言ったのは今や奴以外に聞いたことがない。
美しく整備されたウンターデンリンデンを見て東の匂いを感じたとしたら、それはよっぽど鼻が詰まっているとしか思えない。
あとクレーンは旧東の復旧作業じゃなくて、地下鉄工事なんですけどね。自分が最初にベルリンに行った7年前ならまだクレーンだらけだったけど、今はそこまではないぞ。

ま、高級ホテルアドロンに泊まって掃除機がどうのこうの言っている様な奴には何を言っても無駄だろうけど、とにかく昨日のレポートには心底あきれました。
これが世界の車窓からと同じ放送局の内容とは思えない。。。
大体旧東住民に格差ありますか?って聞くほど失礼な話があるか?もっと地に足をつけた取材が必要じゃないか、と思った。

ってことで、日本の恥をさらすことなく真のドイツを流して欲しいし、真のドイツの魅力を知って欲しいと思います。
あと日本の勝利も願うことにしましょう…。

Berlin2003.JPG
↑2003年のベルリンも、サッカーボールがありました。

posted by たま at 00:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

ipodを買ってみる

ヨドバシのポイントが2万5千円ほど貯まっていたので、Nintendo DS Liteを買おうと思っていたのだが、いつまでたっても入荷する気配がない(朝とかはあるのかもしれんが…)ので、代わりに携帯音楽プレイヤーを買うことにした。

とりあえずヨドバシに見に行っていろいろ悩んだのだが、ブランド志向の強い嫁は当然?ipodを選択。中途半端なブランド志向な自分はSONYにするかいろいろ悩んだ結果今回は見送り。ということでipod nanoを買ってみますた。
個人的にはFMチューナー付に引かれたのだが、やっぱシェア7割と聞くとそれ以外を買うにはまだ躊躇するところ…やっぱブランドイメージは大事だな。

ipod.JPG

で、買ったわけなんですがおネム症候群な嫁は家でセットアップできずに毎日寝ているので(笑)今のところ自分が使っておりますです。
形から入る嫁はストラップもつけてくれたので首からかけて若者気取りで徒歩通勤のお供になっていますが…。

ま、でもやっぱ外国製というか、使いづらいなあという気がする。ホイール形操作は自分にはうまく合わないし、iTunesの操作もイマイチ。いや、コンセプトはすごいんだけどね。さすがアップルと思いますが。

ってことで、あとは自分がSONYとかを買って嫁に引き渡すだけなんですが…まだ中途半端なブランド志向に阻まれ買うことができない自分がいたりします。
うーん、どうしよーかなー。

posted by たま at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

…と思うしぃ

不甲斐ないニッポンサッカーでございますが、
当方Jリーグ開幕くらいから10年来気になることがあります。
どうしてサッカー選手はインタービューで

「○○○と思うしぃ、△△△なんでね、■■■と思います」

とこれでもかと思うくらいワンパターンな表現をするんでしょう。
当方調べでは9割型この形です。
特に「…と思うしぃ」というこの「しぃ」という言い方、非常に気になるというか耳障りで鬱陶しいんですが。
でも失礼ながら学歴の高そうな選手もこういう表現なんでもはや標準語なんですかね。
かといって野球選手の「そうですね」を必ず入れるのもうざいですが…。

なんかこういうタメ口表現っぽいインタビューばかりやっていると負けたときのしっぺ返しが怖いと思いますぞー。

posted by たま at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

セントゴアルスハウゼン???

今日のズームイン!!SUPER

朝の支度中だったのでちゃんと見てないのだがドイツ紹介で
「セントゴアルスハウゼン」
のネコ城についてレポートしていたみたいですが…おーい、セントゴアルスハウゼンって何語だよ〜。

この街のつづりは
"St.Goarshausen"
ですが、ドイツ語ではSt.は「セント」じゃなくて「ザンクト」なので
当然正しい読み方は
「ザンクトゴアルスハウゼン」
なんですかねぇ。一体どうしてこういう恥ずかしい紹介をするのか。
一応取材はしていたみたいだけど、きっと街の人とか、駅の放送とか、そういうことを全く聴いてなかったんだろうなあ。でも、ガイドブックとか見りゃわかるだろうに…。

なお「セントゴアルスハウゼン」でぐぐりましたら、こんなページもありました。
これもW杯関連のマスコミじゃん…。終わったな。

さてザンクトゴアルスハウゼンは、あのローレライがあるところでライン下り船の終点であります。
まあローレライといえばドイツ旅行に来た観光客は大体がっかりする場所なので、個人的にはドイツ初訪問の人は行くべきじゃないと思いますです。少なくとも船なんかで長時間かけて遊覧するのは退屈じゃないかと。
でもドイツを3回くらい訪れて一通りの印象をつかんだ人には逆に新鮮で面白いかもしれませぬ。かく言う自分も初訪問のときよりは4年後、6度目に列車で再度通ったときの方がよっぽど印象深かったですね。

Rhein1.JPG
↑大きくカーブするライン川に沿って走る列車の旅はなかなか楽しい

Rhein2.JPG
↑ネコ城?と思ったのだが、どうも「ネズミ城」らしいです…

Rhein3.JPG
↑ローレライ。ただの岩。

Rhein4.JPG
↑リューデスハイムからリフトに乗った先、ニーダーヴァルトからの眺め。ここからの眺望は素晴らしかった!

ところでドイツ語の英語読みといえば、昔ANAでフランクフルトへ行ったとき、妙にインテリ気取りなCAが、乗り継ぎ便放送で「ミューニッヒ行は…」とか放送していて「おいおい、ドイツ行なんだからミュンヘンでいいだろ!」と思っていたのだが、そのうちニュルンベルク行を「ニュールンバーグ行は…」と言っていたのにはおったまげますたなあ。わたし、ニュルンベルクをニュールンバーグと言う人を彼女以外には逢った事ありませぬ。
しかし、彼女はジュネーブ行は「ジュネーブ行は…」と言ったんだよなぁ。
詰めが甘いよ。ジュネーブはフランス語じゃん。それを言うなら「ジュニーバ行」でしょ!
ほんと知ったかちゃんは困りますね。
ANAは外国人CAもロンドンベースしかいないので滅多にドイツ語放送しないし(たまにバイリンガル外人CAが乗ると放送が入るが通常はテープ)、こういう点ではちゃんとフランクフルトベースのCAを乗せてきちんとしたドイツ語を放送するJALの方に軍配が上がるなあと思います。

あと、ANA(JALはどうだったかなあ…)の機内エアショーでは、ロシアのサンクトペテルブルク「セントピーターズバーグ」と表示するんですが、これアメリカの町でしょ…いい加減に直さないものかね。


posted by たま at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

チーム・マイナス6%を宣言

チーム・マイナス6%という取り組みは知っている人も多いと思うが、この度当ブログもチーム・マイナス6%を宣言しまして、左下にバナーをはっつけて見ました。

----といってもこのバナー申し込みをするとGポイントが6ポイントつくので申し込んでみたんですが(笑)

と、これだけだとあまりにもいかんので、サイトからこれまでの生活を振り返ると…

Act1:温度調節で減らそう
ま、我が家のエアコンはほとんど稼動しないのでいいかな。会社はクールビズ推奨で28度だし、これはOK。

Act2:水道の使い方で減らそう
うーん、シャワー中か。正直節水はしていたけど完全に止めてなかった(何となく、手をすぐに洗えるようにしたかったので…)。よし、今度から実行しようっと。

Act3:自動車の使い方で減らそう
我が家は自家用車ないのでOKですね。ただまあ、常々思うんですがこれを推進するためには自家用車にもバスみたいにアイドリングストップ機能を標準装備してくれと強く思いますです。昔踏切でアイドリングストップしたことがあるのだが、復帰がえらく大変だったので。

Act4:商品の選び方で減らそう
商品買ってないなあ、最近…。

Act5:買い物とごみで減らそう
一時期包装を断ってスタンプ集めに一所懸命だった時期があったけど最近やってないなあ。OKディスカウントセンターみたいに有料だったら絶対持っていくので、早いところ有料化に動いて欲しいところ(他力本願ですけど)

Act6:電気の使い方で減らそう
これねぇ。やってないなあ。よし、やろう。

ってことで、もちっと努力します。

それにしても1990年といえば自分は中学生なのだが、その頃に比較すると夜更かしで電気代は食うわ、PCはつけっぱなしだし、携帯電話の電気代もかかるし、電車に乗らずに飛行機ばかりだし、まあ致し方ない事情(特に飛行機…え、違う?)があるにしても負荷を昔よりかけているなあと思う。
とはいえ、思っているだけでは仕方ないし、かといって例えばPCのない生活なんてありえないので、他の不要なところをできるだけ削りながら何とか協力していきたいですね。

banner_rectangle.gif
posted by たま at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

水天宮へ

午後は嫁と義母と合流して水天宮へ行った。
今日は戌の日なのである。
昔、若かりし頃、半蔵門線が三越前から水天宮前に延伸したとき「何で水天宮なんてよーわからん名前なんだ、箱崎町かTCAT前でいーじゃん」とか思ってたんだけど、うーん、そういう所なんですね。
戌の日なんてつい数ヶ月前まで知らなかったですが。

Suitengu.JPG

平日で雨だったのでそれほど人は多くなかったけど、ビルに囲まれた小さな宮は妊婦さんでいっぱいだったのでした。
とりあえず今後も順調に進みますよう。

細かい出来事はここらへんでも参照してください。

posted by たま at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする