2011年12月27日

福岡旅行記1:発端

相変わらず突然ですが、福岡へ行ってきました。

当方の勤務先は夏の期間は節電で勤務時間を短縮する代わりに秋からはその時間を上乗せするという制度を取ったため、9月下旬から毎日が長時間勤務になった。
もっとも6月までも時間外とかを考えると長時間だったのだが、短縮勤務を一度経験してしまうとどうしても体が慣れ切ってしまい、想像以上にしんどかった。

おまけに夏は楽だった代償で給料も減ったわけで(泣)毎日泣く泣く仕事をしていたわけだが、さすがにしんどいということで11月半ば頃、ふと(何故?)JALのHPで検索してみると、12月なら沖縄便とかがおともdeマイル割でも結構取れそうというのがわかった。
それではホテルはどうか?と調べてみると、さすが閑散期だけあって2年前に1泊3万(これでも安い)で泊まった日航アリビラが1泊15,000円で泊まれるようだ。
それなら出かけるか!ということで嫁に打診してみると、暖かいしいいね、と好感触ではあったものの、とはいえ冬の沖縄に行っても暖かいけれど泳げるわけではないし、何より問題なのは土曜が娘のピアノとスイミングがあって早くても夕方出発になってしまうこと。
美ら海水族館へ行こうとするとそれだけで1日コースなので、土曜夕方出発〜月曜夕方到着だとかなり慌しくなってしまう。

そういうわけでどこか良いところはないかなと思っていろいろ調べた結果、福岡にすることにした。
福岡は大都市ではあるが、ベイエリアとかに遊び場は沢山あるので、好都合かなと。
もっとも、九州とはいえ日本海側の福岡は下手すると東京より寒いのであるが…。

あとは日程であるが、12月はさすがに慌しく、唯一行けそうだったのが忘年会のあった週末。
最初は忘年会から帰って娘の習い事を終わらせてそのまま行こうと思ったのだが、福岡ならば無理に土曜夕方出発にしなくてもいいかなということで日曜の朝発にした。
日曜は娘の5歳の誕生日なので、名目(?)は誕生日旅行としましょう。

ということで、自分と娘は9月に出かけたばかりであるが、またまた旅行へ行くことになりました。
息子は9か月にして初飛行機であるが、大丈夫かな?
6カ月で初飛行機だった娘はホテルに行ける!と大喜び。
うーん、やっぱり育て方を間違えたか…。

posted by たま at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡旅行 2011.12.11-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

福岡旅行記2:NH243便で福岡へ

出発の日。
早起きして5時半に起床。
なんだかんだで準備に時間がかかり、寝たのが2時過ぎだったので眠い…。

もっとも、嫁も子供たちもなかなか起きてくれず(怒)、最初の予定は6時過ぎには出る予定だったのだが6時半過ぎにようやく出発。
前日夜に皆既月食を楽しませてくれた満月がちょうど北西の空に沈もうとしていた。

111211_001.JPG

途中ガソリンスタンドとかに寄ったので、結局羽田空港に着いたのは7:40。
当初予定では7時に着くつもりだったのに…。

111211_002.JPG

今回は国内線では久々のANA利用である。
最近の定番、JALのおともdeマイル利用にしようと思ったのだが、ANA派の嫁が「青が良い」と言ったので、たまには有償搭乗でもするかとANAにした。

とはいえ、金はないので同じ「いっしょにマイル割」で予約したのだが、驚いたことにANAカードファミリーマイルは「いっしょにマイル割」は対象外だった。
今回自分の10000マイルで手配しているので有償搭乗は嫁と娘なのだが、通常の特典航空券では合算できるのだがいっしょにマイルは合算できないのである。
なんか家族のお得な利用を封じているようで非常に気に入らない。
それにJALの場合、家族カードプログラム参加者はJALカードに入っていない娘が初回搭乗しても1000マイルボーナスでもらえるので、嫁の初回搭乗とあわせて実質8000マイルでおともdeマイルが使えてとても便利だったのだがANAはそんなプレゼントもなく。
そもそも、ANAのファミリーマイルは娘の登録に証明書を郵送しないといけない(なのでまだ娘は登録すらしてない)。
さらに、福岡線はそうでもなかったが那覇線はJALとANAで予約可能便にかなり差があり、土曜朝下り、日曜夕方上りとかはJALはクラスJさえ狙わなければそこそこ取れるのに対してANAはほぼ全滅。
なんか、家族旅行に対する会社の姿勢の違いがよくわかるような気がする。

もともとリゾート路線とかの多いJALの方が家族向けサービスは充実していながら、路線縮小とかでだいぶ差が縮まったかとも思いつつも、まだまだ差は大きいと実感。
日経トレンディだったかの調査で、業務利用ではANAの方が有利だがプライベートでは両社拮抗という結果があったけれども、この部分に限っていえば非常に納得である。
眼先であればANAのビジネス重視の戦略は正しいだろうが、だれもが24時間業務利用しているわけじゃないのだから長期的に見るとどうなんですかね。

さて前置きがかなり長くなったが、カウンターでチェックイン。
今回、空港からまっすぐ遊びに行こうと思うので、スーパー宅空便というサービスを使ってみた。
これは12時までに到着する便であればその日のうちに指定した場所へ配達してくれるサービスで、空港から手ぶらで出かけられるので非常に便利である。
何故か現金のみだったのと、配達時間が18時以降だったので早くホテルに着いてしまうと不便であるが、わずか1000円で荷物を運ぶ煩わしさから解放されるのはありがたい。
が、この手続きをしている間に時間はもうすぐ8時。時間がない…。

111211_003.JPG

結局朝ごはんを買ったらもう最終案内の時間。
ラウンジに寄る時間などなく、出発ゲートへ…。
せっかくのANA利用なのにラウンジを使えないとは非常にもったいない…。

111211_004.JPG

羽田8:20発NH243便の機材はB777-300・JA753A号機。
初飛行機の息子との記念写真を撮るヒマもなく、機内へ…。

111211_005.JPG

後方の窓側3人がけに座る。
息子は朝9時過ぎには普段寝るのだが、今日は興奮しているのかなかなか落ち着いてくれない。
大丈夫かな…。

D滑走路からの離陸だったのでだいぶ空港内をうろうろした後、離陸。
眼下には富士山が見えた。何度見ても素晴らしい景色だと思う。

111211_006.JPG

111211_007.JPG

NH243便の搭乗率は3割くらいといったところで、特に真ん中はガラガラだった。
逆に後方にツアー客が集中していて、これだったら真ん中を指定すればよかったちと後悔。
それにしても、閑散期の日曜朝とはいえ空き過ぎなような。
機材を思い切ってダウンサイズしたJALに比べ、ANAは機材の適正化が出来てないような気がした。

111211_008.JPG

オナカすいたので、空港で買ったPAULという有名らしいパン屋のクロワッサンを食べる。
なかなか美味しかったが、ANA国内線の無料ドリンクはお茶かアップルジュースしかない。
ラウンジでコーヒーを飲み損ねたので、コーヒー中毒な自分はしんどかった。
なんだかなぁ。

今回、ANAに対してはやけに辛口な記録なのだが、子連れでバタバタだったというのもあるのだが全く楽しくない搭乗だったというのが大きい。
別に嫌なことされたわけではないのだが、こんなサービスだったらLCCのピーチと何が違うの?ってなっちゃうと思う。
もう少し庶民に優しいエアラインにならないと、ANAの今後は厳しいんじゃないかなぁ。

111211_009.JPG

強烈な向かい風で、なかなか福岡が近づかない。
息子は寝ないどころかぐずぐずで、泣き叫びはしなかったが結構しんどかった。
娘は授乳したらすぐ寝たのだが、ヒコーキ嫌いなのかな。
すいていたので抱っこして散策していたのだが、やっぱりCAさんに声かけられると泣きやんでニコニコするのは男の子だね(笑)

結局定刻より10分ほど遅れて福岡空港着。

111211_010.JPG

111211_011.JPG

初飛行機はどうだったかな?
隣に駐機していたJALの怪物くんジェットを見て「怪物くんだー!」じゃなくて「鶴丸だー!」と叫んだ(笑)娘のようにヒコーキ好きになってくれるかな?

ラベル:ANA
posted by たま at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡旅行 2011.12.11-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

福岡旅行記3:マリンワールド海の中道

福岡空港から地下鉄に乗り博多へ。
博多からは鹿児島線の快速に乗り、香椎で降りて11:38発の香椎線に乗る。

111211_012.JPG

111211_013.JPG

香椎線は20分に1本ほど走る福岡近郊路線であるが、非電化しかも国鉄継承のキハ47の2両編成だった。
ATSのジリジリジリという音など、昔懐かしい旅行に来た気分がして嬉しくなる。

20分ほど乗って海ノ中道駅で下車。

111211_014.JPG

列車はガラガラで寂しい感じがしたが、ここは国営の海の中道海浜公園として整備されたリゾートエリアである。
少し歩いた先が今日の目的地「マリンワールド海の中道」である。

111211_015.JPG

ここは国内でも有数の水族館。子供たちも喜んでくれるかなと思って来てみた。
そういえば娘が1歳前に大阪へ行った時も海遊館に行ったなぁ。
あんまり見てくれなかったけど(苦笑)

ちょうど昼だったのでまずは腹ごしらえ。
イルカの泳ぐ様子が見れるマリンワールドレストランで昼食をとる。
福岡はnimocaが結構使えるようでここでも使える。nimocaはSuicaでも払えるので首都圏民にも便利だ。

111211_016.JPG

111211_017.JPG

イクラ好きな娘が選んだ海鮮親子丼(1080円)。どうも、チョイスがバブリーなんだよなぁ。。。

さて、一番の見どころであるイルカとアシカのショーを見ることにしよう。

111211_018.JPG

今日の福岡は雨女(→嫁)に雨男(→どうも息子は雨男っぽい…)がいるので、晴れ男(→自分)に晴れ女(→娘)の力及ばず、残念ながら日差しがほとんどなく、結構寒い。
特にショーは半分屋外なので寒かったが、席にはヒーターがあるのが有り難かった。

111211_019.JPG

111211_020.JPG

111211_021.JPG

アシカの演技は上手だったのだが、イルカのボール蹴りが何と4回もやり直した上に結局失敗!
緊張しているようです、とアナウンスがあったが失笑がちらほら…。
初めて失敗したイルカショーを見ましたわ。やっぱ閑散期は練習の季節なのか?
まあ、楽しいショーで良かったです。

111211_022.JPG

111211_023.JPG

クリスマス仕様の水槽や、嫁や娘の好きなチンアナゴを鑑賞。

111211_024.JPG

ナポレオンフィッシュと目を合わせようとしない息子(笑)
楽しんでくれたかな。

111211_025.JPG

クリスマスのイルミネーションが綺麗なスロープを下ると…

111211_026.JPG

111211_027.JPG

大きなパノラマ大水槽が見えてくる。
クリスマスの音楽をバックにゆったりと泳ぐ魚たちを鑑賞。

さて、この水族館、バースデープロジェクトなる特典がある。
誕生月特典と誕生日特典があるのだが、今日は娘の誕生日なので、有り難いことに誕生日特典を受けられる。
ということで外にある「かいじゅうアイランド」へ。

111211_028.JPG

ここでは、先着限定、有料のイルカタッチを誕生日特典で無料で実施できる。
ということで家族でタッチ&記念撮影。

111211_029.JPG

イルカの肌はものすごく張りがあって、びっくり。もっと柔らかいのかと思ってました。
良い記念になりました。

ちなみにガラポン特典は入場20%引き券でした。なかなか来れないんですけど…。

今日は海浜公園も入れる「エンジョイ海の中道きっぷ」を買ってあるので、早めに出たら寒いけど公園にでも行こうかと思っていたのだが、意外に時間を使ってしまい、お土産も買いつつ水族館を出たのが16時半過ぎ。
すっかり夕方で寒くなってきたので、まっすぐ16:49発の香椎線で博多へ戻った。

111211_030.JPG

水族館は楽しかったけど、何となく特色があまりなかったかな。
広かった上に上下移動が多く、ショートカットができなかったりして息子の授乳とかで行ったり来たりと意外に疲れた。

あとは…娘が言うことを聞かないで疲れた。
自分が眠かったってのもあるけど、9月は何とか怒らずに済んでいたのだが今回は全然ダメ。
うーん、どうすればいいんでしょうかねぇ。

まあ、イルカタッチとか誕生日ならではの良い記念も出来たので良かったということにしましょうか。

ということで、娘ご期待のホテルへ行くことにしましょう。

posted by たま at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡旅行 2011.12.11-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

福岡旅行記4:ヒルトン福岡シーホーク

今回の宿はヤフードーム近くのヒルトン福岡シーホークである。
もちろん、既に何度も書いているようにヒルトンプレミアムクラブジャパン(HPCJ)だと2割引きなのでここにした。というか、ヒルトンがあるから福岡にしたようなものである。
すっかりヒルトンばかり宿泊するようになったあたり、このHPCJという制度はかなり有効、というか、すっかり囲い込まれてしまった…。

ということでさっそくホテルへ向かうが、このヒルトン福岡シーホークのあるホークスタウン、ベイエリアのリゾート地区にある代わりに交通の便が悪い。
バスやタクシーを使えば別だが、地下鉄だと唐人町駅から徒歩19分もかかる。
どうやって行こうか…と思っていたのだが、何としたことか娘が寝てしまったので、娘をベビーカー、息子を抱っこひもに入れて地下鉄で行くことにした。

幸いホークスタウンで娘が起きたので、ホテルから外出するのも面倒なのでここで夕食とする。
福岡と言えばまずはラーメンということで、博多長浜ラーメン風びという店でラーメンを食べた。

111211_032.JPG

111211_033.JPG

本当はもっと有名な店で食べたかったところだが、子連れなので仕方がない。
座敷があったのでむしろ有り難かった。
細麺とこってりしながらも比較的あっさり目なスープがなかなか美味しくて満足した。

111211_031.JPG

ホークスタウンは日曜夜なのにあまり人がいなかった。
この日は優勝パレードがあったはずなのだが、その余韻もあまり感じず。
HKT48の劇場もできたらしいのだが、景気は大丈夫なのかな。

111211_034.JPG

さてホークスタウンを抜け、ヤフードーム脇を通るとようやくヒルトンが見えてきました。
しかし、寒い…。

111211_035.JPG

111211_036.JPG

このホテルは1052室もあるかなり大きなホテルで、フロントやロビーも広々としている。
クリスマスツリーや、アドベントカレンダーがあってすっかり年末ムード。

朝羽田で預けた荷物も無事ピックアップし、早速部屋へ向かいましょう。
今回の部屋は…

111211_037.JPG

船の形をしたホテルの先端にある、No.1人気の部屋らしい、パノラミックスイートである。
このホテル、市街中心部から離れている割には結構強気で値段が高かったのだが、21日前予約+配偶者特典+HPCJの2割引きを駆使して1泊26000円ちょいだった。
部屋は54平方メートルとかなり広いので期待してドアを開けると、真ん中に壁?があって、部屋が2つに区切られていた。

111211_038.JPG

右側はベッドと机だが、ベビーベッドを入れたので少し狭い。
疑問なのは、ベッド側に机やLAN配線が出ていたこと。これじゃ寝ていたら使えないじゃん…。

111211_039.JPG

リビング側。ソファが少しチャチかったが、ゆったりとくつろぐことができる。
が、このライト、低い位置にあってぶつかること数え切れず。もう少し改善してもらわないと髪の毛が燃えてハゲちゃうよ!

111211_040.JPG

奥の部屋はこの部屋の特徴であるお風呂である。

111211_041.JPG

111211_042.JPG

まず洗面所、ついでシャワールーム。洗面所はダブルシンクではなかった。
残念ながら洗い場はないのでここでシャワーを浴びるのだが、やっぱり子連れは使いづらいね。
十分広いバスルームなのだから洗い場にしてしまえばいいのに。

111211_043.JPG

さて、一番の特徴はこのお風呂。
なんとジャグジーなのである。
ちょっと水圧は弱めだが、しっかり泡がブクブクと出てきて、極楽。
洗い場はない欠点をカバーするだけの魅力はある。これはいいです。
ゆったりと入って満足しました。

111211_044.JPG

ジャグジーを乗り越えて先端から部屋に向かって1枚。
ここは船の先端のように両側に景色が広がるので、気分はタイタニック。
今は夜なので格別な景色はないが、翌朝が楽しみだ。
もっとも、天気は明日も良くないらしいが…orz

ただし、非常に残念なのは、この部屋、先端であるがゆえにものすごく寒いこと。
特にバスルームは極寒である。シャワールームからの移動の寒いこと寒いこと。
この部屋を選ぶなら夏だな。

111211_045.JPG

111211_046.JPG

福岡タワー側、ヤフードーム側両方の夜景が楽しむことができる。
都市高速のクルマの流れが綺麗であった。
が、残念なのはこの部屋が8階だったこと。
パノラミックスイートは7〜22階なので思いっきり低層である。
ま、階層指定はできないので仕方ないのだが、残念なのは今回「娘の誕生日だからできるだけ高い部屋を希望」と書いて、できるだけ配慮しますと回答があったこと。
配慮してこれかいな…。HPCJの安い客など低層にしてしまえってことなのかなぁ。

111211_047.JPG

ま、それはともかく、息子をベビーベッドに放牧して…

111211_048.JPG

ロビーのケーキ屋、「コート・ド・フルール」で買ってきたケーキでハッピーバースデー。
無事、5歳の誕生日を迎えられて良かったです。

111211_049.JPG

さ、寝る時間ですよ。

ベッドの上は閉められるものの、完全には暗くならず、このあたりは札幌のクロスホテルのほうが狭い割にうまくできていたと思うが、まあこのホテルはヒルトンとしては1年ほどだが開業したのは15年も前なので、設備が何となく古臭いのは致し方がないところ。

111211_050.JPG

子供たちが寝た後、コンビニに買い物に行ったのだが、22時を過ぎているのにロビーは大賑わい。
この日は、この会社の大会が開かれていて、ホテルは貸切同然な状態だったようだ。
このご時世に社員を大事にするよい会社だとも、人の高層階を奪い取った憎くき(苦笑)会社だとも思えますが…しかしすごい会社ですな。2次会会場はもう1個ディスコフロアもありました…。

早起きで眠かったので、とっとと寝ることにします。
明日は娘は良い子でいてくれるかな…。



111212_001.JPG

111212_002.JPG

おはようございます。
やっぱり西日本は朝が遅いですね。
そして、天気はよろしくないですね…orz

111212_003.JPG

さっそく朝のジャグジーを堪能。
意外にすぐ窓が曇ってしまい、景色は楽しめなかった。
まあ、8階なんで下手すると都市高速から見えちゃうので、いいのですが。

111212_004.JPG

2人仲良くEテレを見た後、朝食と行きましょう。
昨日の団体さんはもう食事は終わったらしく、すいていた。

111212_005.JPG

4階のブッフェ「シアラ」は、巨大なアトリウムの下に広がるレストラン。
非常に開放的な雰囲気はシティーリゾート気分満点。
さて、美味しいヒルトンブレックファストといきましょう。

111212_006.JPG

111212_007.JPG

111212_008.JPG

ここで驚きなのはその品数の多さ。洋食はもちろんのこと和食も非常に豊富で、和食党の嫁や娘も満足。
だが、最近自分はあんまりがっつり食べられなくなってきていて、1皿でおなかいっぱい。
歳のせいなのか…目の前に料理がいっぱいあるのに食べられないとブッフェはつまらんですな。
とはいえ、なんだかんだいって楽しみました。
ヒルトンの朝食はどこも外れがなくていいです。

111212_009.JPG

息子も、お粥やパンが食べられたので、市販の離乳食でない食事を楽しめました。

111212_010.JPG

…でも娘の攻撃は楽しくないらしい。2番目の子の宿命ですな。がんばれ!

111212_011.JPG

そんなわけでラストぎりぎりまでゆっくり食事を楽しみ、クリスマスツリーでパチリ。

本当は昼過ぎに出て天神あたりで昼食を…と思ったのだが、おなかもすいてないので部屋でのんびりを選択。HPCJの特典で再びHHonorsシルバー会員になったので、14時までのレイトチェックアウトができたので、部屋でのんびり過ごして13時半にチェックアウト。

結局、2日目は全く福岡の散策はしてないけど、まあホテルでのんびりってのは最高の贅沢なので満足でした。

111212_012.JPG

さすがヒルトンだけあって満足いく滞在ではあったが、駅から遠い、設備的には洗い場がないなど、ジャグジーは魅力的なれど結構高い部屋代を考えるとそこまでリピートするか?となるとちょっと考えてしまうかもしれない。
とか言いながら、HPCJを持っている限りはまあ次回もここだろうな(苦笑)

ということで、もうあまり時間がないので、空港へ行きましょう。

ラベル:宿泊記
posted by たま at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡旅行 2011.12.11-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡旅行記5(終):NH262便で帰京

帰りも地下鉄唐人町駅まで歩き、地下鉄で福岡空港へ。
結局天神とか、降りもしなかったな…。

111212_013.JPG

福岡空港には14時半頃到着。
帰りの飛行機は16:40発とまだ十分時間があるので、まずは買い物。
今回は会社を休んでいるので会社にも土産を買う。嫁は更に沢山買って物欲は満たされたようだ(笑)

結局バイキングでおなかいっぱいなのと、どうも体調がすっきりしないので、遅い昼食は軽く食べることにして、博多いもっ子屋というお店でおにぎりを買ってラウンジで食べることにした。

111212_014.JPG

111212_015.JPG

福岡空港のラウンジはANAラウンジとしてリニューアルされていて、落ち着いた雰囲気なのだが、今日は月曜ということで見事にビジネスマンばかり。
観光客なのは我々だけということでラウンジはシーンと静まり返っていて、0歳児が叫び声をあげないかヒヤヒヤして全くくつろげなかった…orz

111212_016.JPG

先ほど買った鶏めしで遅い昼食。
これがかなり美味しかった。鶏肉の味がごはんに染み込み、体にも優しい味だった。人気の店らしいが、納得の味であった。

111212_017.JPG

形落ち品ではあるが、こどもチャレンジの貸し出しとかもあって、何とか周りの迷惑にならずに済んだ…と思ったら机に乗ろうとしている〜こら。

てなわけで、ラウンジを出て搭乗口へ。
行きの羽田で行けなかったのでちょっと無理して寄ってみたが、子連れでラウンジというのはやっぱり大変。そうなると、自分にとってはANAを選ぶアドバンテージはあんまなくなっちゃうな…。

111212_018.JPG

16:40発のNH262便は、B777-200・JA711A号機。
スタアラ塗装のB772であったが、このスタアラ塗装はB773と同じ旧タイプの横10列詰め込み座席なので、ちと残念。

111212_019.JPG

事前改札を我が物顔で通り、CAさんに「ホテルに行ったんだよ〜」と自慢する我が娘…。
キミはもう事前改札を通れる歳じゃないんだよ。弟くんに感謝しなさい。

NH262便は到着遅れの影響で定刻より少し遅れて出発。
離陸後、雲を抜けると、久々の太陽の日差しが眩しかった。

111212_020.JPG

今回はずっとイマイチだった天気。もうちょっと良ければなぁ。

111212_021.JPG

111212_022.JPG

さてこの時間は黄昏タイムな息子であるが、今回は後ろの席の女性グループに興味津々で、席の後ろを覗き込んでニコニコ。
比較的ご機嫌で過ごしてくれました。
往路はたしか後ろはおじさんだったはずで、だから機嫌が悪かったのか(笑)誰に似たのか…。
今回もCAさんが来たらニコニコ。全然泣かないですね…って、CAさんの前だけなんですけど―。
で、息子の長いまつ毛を見て「長いまつ毛ですねぇ。このまつ毛で将来女の子を泣かすのかなぁ〜」って言われたんですが…うーん、褒め言葉なのか、自分の苦い体験を吐露したのかどっちなのか!?

111212_023.JPG

復路も後方席にしたのだが、月曜だというのにガラガラで、3割も埋まってなく中4列はほとんど人がいなかった。
なんか、大丈夫なのかANAあるいは福岡線。

復路は追い風に乗って1200km/h近くと倍くらいのスピードだったのであっという間に羽田へ…と思ったら、着陸態勢に入るといきなり眼の奥に激痛が…。
実は往路も着陸時に激痛が走っていたのだが、復路のほうがかなり長く続いて結構しんどかった。
twitterに書いたように、家に帰って調べると「飛行機頭痛」らしく、原因ははっきりとはわからず、鼻の通りをよくしたり薬を飲んで自衛したりすればいいらしいのだが、それにしても空ヲタとあろうものがこんな病気にかかるなんてありえん。
体調がよくなかったので一過性の事象だと思いたい…が、復路はともかく往路は結構元気だったはず。。。
うーん、困った。
結構想像を絶する痛みで、涙が止まらないのだが、唾を飲んでも治らないし着陸すれば回復しちゃうので、なかなか苦しみを共有もできず、はぁ、困った。
ま、今回だけじゃ一過性なのか慢性なのかわからんので、ちょっと実験のために出かけるか…?

ほぼ定刻に羽田空港着。

111212_024.JPG

111212_025.JPG

隣のスポットにはB747-400Dが駐機中だった。
意外なことに一般人も何人か写真を撮っていた。やっぱりB747は貫禄が違うよね。
JALのB747が引退した今、日系で唯一となってしまったANAのB747。
ここ最近の航空需要の減退でだいぶもてあました存在になってしまったようだが、末永い活躍を期待したい。
本当は今回も福岡線に入っている便に時間を合わせたかったのだがなかなかうまくいかなかったので、近いうちにまた乗りたいものです。

そんなわけで、帰りに空弁を買って湾岸線経由で帰宅し、メールを見てみると、なんとこんな事象が…ってことで、読んでから急におなかの調子が悪くなりました(笑)
どうも自分はメンタルが弱いようです(苦笑)

ということで、慌しい旅行でしたが、まあ子連れなんであちこち行けないのは致し方なく、ホテルでのんびりできたので逆に良かったように思うけど、なんか充実感というか、無理やり行った感があって出来栄えとしてはイマイチな旅行でしたね。
相変わらず娘は言うことを聞かないで怒られてばかりだし。
これだったら次は近所のホテルでも(でもホテルは行く…自宅は片付いてないし(笑))いいかな。

ま、何はともあれ娘もあっという間に5歳。もうあと1年ちょっとで小学生ですよ。
早いですな…。

(おしまい)
ラベル:ANA
posted by たま at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡旅行 2011.12.11-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする