たまの日記

最近はもっぱら弾丸旅行ばかりです。

東北新幹線不通真っ只中の山形出張:ホテルクラウンヒルズ山形に宿泊(2022年3月)

3月末に山形に出張する機会ができた。

が…3月16日に発生した福島県地震東北新幹線が不通となってしまった。さすがに那須塩原から福島まで普通列車で移動するのは相当面倒くさく、新潟から米坂線で行く方が早いか…とか思っていたのだが、22日に郡山まで復旧したので、郡山から福島まで東北本線に乗れば山形までは比較的順調にいくことができるようになった。

ただ、時間がかかる関係で朝どうやっても集合時間に間に合わず、山形で前泊が必要になってしまった。 復旧作業さなかの移動だし、深夜着いて翌朝出発なので大して楽しめはしないけど、まあ久々の出張はありがたいものだ。

そんなわけで、往復の記録です。

郡山から東北本線経由で山形新幹線

3月25日(金)、夕方まで家で仕事をして上野駅へ行き、19:34発なすの435号に乗って郡山へ行く。

夕方の帰宅時間帯であり、宇都宮までは3人掛けのB席に辛うじて座れるくらい混んでたが、宇都宮からは半分弱の乗車率であった。

21:01、郡山に到着。半分くらいの乗車率とはいえ10両編成の新幹線なので、多くの人が一斉に降りる。

IMG_8540.JPG

IMG_8543.JPG

IMG_8542.JPG

ここからは21:11発の臨時快速仙台行が接続していて、国鉄特急色E653系K70編成が待っていたが、21:00発の福島行普通電車が出発待ちしていて、福島まで行く人はこの電車に乗れとアナウンスされていた。臨時快速に乗客が集中していることもあり、普通電車を接続待ちさせたのだろう。

E653系にかなり食指が動いたが、既に窓側席は埋まっていたこともあり、大人しく21:00発の電車に乗る。

福島では30分弱接続待ちするので、後続の臨時快速の出発シーンを撮影。

IMG_8547.JPG

国鉄特急色E653系は実物は今回初めて見たけど、思ったよりも似合ってた気がする。 往時の東北本線の特急列車っぽい光景が見れて楽しい。

IMG_8560.JPG

IMG_8562.JPG

福島からは22:19発つばさ159号に乗る。東北新幹線が不通で奥羽本線区間のみ走る列車になっているので、在来線ホームからの出発なのが珍しい。

3月下旬だというのに板谷峠に入ると一気に雪深くなるが、山形市内に入ると雪は消え、23:26山形着。

不通になってなければ上野20:50発だったので、1時間余り時間がかかったことになる。 仙台や盛岡へ行くよりはまだまともだけど、それでも山形まで4時間近くもかかるのは疲れたなぁ…。

ホテルクラウンヒルズ山形に宿泊

今回宿泊したのはホテルクラウンヒルズ山形である。

【公式】ホテルクラウンヒルズ山形 香澄町 | BBHホテルグループ | 山形県山形市

駅前から3分ほど歩いた繁華街に位置するビジネスホテルである。

IMG_8566.JPG

外観はやや古ぼけたシティホテル然としているのだが、入ってびっくり、1階がスナックなどで埋め尽くされていた。

サラリーマンの宿泊なら別に構わないけど、家族連れとかだとドン引きしそうな設えだなぁ…。

IMG_8569.JPG IMG_8568.JPG

とはいえ、3階のフロントに上がってしまえば普通のビジネスホテルであった。 アメニティはここで必要なものをピックアップするスタイルであるが、ホットコーヒーが提供されるなどサービスは上々である。

アサインされたのは6階のシングルルームであった。

IMG_8570.JPG

IMG_8572.JPG

IMG_8573.JPG

入ってまず違和感を感じたのだが、シングルにしてはだだっ広いスペース。どうやら、ツインルームの片方のベッドを取っ払ってシングルルームにしているようだ。広くて良いっちゃ良いのだが、テレビはシングル用で小さいし、なんか中途半端な感じ…。

IMG_8571.JPG

机は広くて使い勝手は良いのだが、もともとベッドだった場所ということもあり照明が机の上になくて暗かった。 まあ今日はこんな時間から仕事するつもりもなかったので良かったのだけど。

IMG_8574.JPG

バストイレは非常に狭かった。そのうえ、お湯の出が無茶苦茶悪く、とても湯船を貯めるほどの量が出なかったのでやむなくシャワーで済ませる羽目になった。こんな設備のホテル、久々だな…。

今回は朝食付きだったので翌朝の食事会場へ。 利用してたのは自分と同じ出張風の人ばかりであった。

IMG_8580.JPG

IMG_8578.JPG

IMG_8579.JPG

IMG_8577.JPG

わずか700円のメニューなので、味はまあそれなりであるが、玉こんにゃくや芋煮など山形名物の品も揃っており山形へ来た気分にはなった。

IMG_8581.JPG

朝7時過ぎにはチェックアウト。翌朝見るとそれなりにホテル然としていた。

峠の力餅を買って帰京

山形の仕事を終え、東京へ帰る。 帰りは米沢17:44発の普通列車に乗る。

IMG_8760.JPG

719系2両編成で、青春18きっぷ期間なのでもうちょっと乗ってるかと思ったが地震の影響か10人くらいしか乗ってなかった。

この区間普通列車にしたのは、17:41発のつばさ号に乗っても結局福島で乗り換える東北本線普通列車の時間が変わらないので特急料金を節約しようと思ったこともあるが、もう一つ、峠駅の「峠の力餅」を買おうと思ったからというのもあった。

自分は1990年、中学2年の頃板谷峠スイッチバックが無くなる直前にこの区間を各駅停車で通り、峠の力餅も食べたことがあるのだが、それ以後32年、この区間は何度か通るも山形新幹線ばかりで大変ご無沙汰であった。各駅停車で通るなんてまたとない機会なので、昼に電話して予約もしておいた。

IMG_8766.JPG

米沢の市街も雪は残っていたが、板谷峠に差し掛かると雪が一気に深くなり冬に逆戻りである。

トンネルをいくつか抜けると、いよいよ峠駅に到着。 一番後ろの扉で待つようにということで最後尾で待機し、無事峠の力餅を手に入れることができた。

IMG_8773.JPG

スノーシェッドに覆われた峠駅を売り子さんが歩くが、残念ながら今回購入したのは自分だけだったようだ。

IMG_8775.JPG

IMG_8777.JPG

立ち売りで売られているのは8個入り1000円の1種類で、一人ではすぐに食べられない量だが、そんなことよりも駅で立ち売りで購入できること自体が素晴らしいことだ。 早速1個食べてみるが、あんこが甘くて柔らかく非常に美味しかった。 家に帰って子供たちへのお土産にしようと思う。

山形出張のまとめ

普段であれば山形新幹線で慌ただしく往復するだけなことを考えると、郡山から福島まで在来線に乗ったり、奥羽本線も各駅停車に乗るなど、出張にしてはバラエティ富んだ往復ができてなかなか楽しかった。

ただ、片道1時間以上余計にかかるのはやっぱり仕事で行くと面倒だ。今回土曜日の仕事だったから比較的ゆったりだったけど、平日だと空いてる時間に会議とかも入りこむことも多いし、その時間が減るのはなかなか厳しい。

4月2日に福島まで復旧し、山形までは直通列車が走るようにはなり、14日にはいよいよ全線復旧となるけど、徐行区間が残っていてまだ本調子ではない。早く完全復旧してほしいところです。

そしてホテルクラウンヒルズ山形は、まあ設備的には今一つなホテルであったが、金曜宿泊なのに4000円しなかったのでこんなものでしょうね。 朝食が提供されただけ充分であったが、観光で来るならもうちょっとまともなホテルに泊まりたいかな…。