たまの日記

最近は弾丸旅行ばかりです。

大阪・神戸旅行記(2):南京町で夕食

三ノ宮で嫁と息子と合流し、JRで一駅乗って元町駅で下車。 夕食を食べに南京町へ向かう。 151011_010.JPG 151011_011.JPG 151011_012.JPG 南京町は記憶の限りでは初訪問だったと思う。 横浜中華街に比べると小ぶりで、夜も早いイメージがあったのだが、意外にも(失礼?)結構賑わっていた。 広場のあずま屋が工事中なのが残念だが、雰囲気もなかなか良い感じ。 151011_013.JPG 151011_014.JPG 子連れなので、敷居の高い店を選ぶわけにもいかず、どこにしようかな…と迷ううちに、呼び込みが激しかった「北京菜館」という店に入る。 得々セット11品950円というのを頼んでみたが、写真のとおり正直うーん、という感じであった。 まあ、このあたりは横浜中華街でも安いランチとかは似たような感じなので、仕方がないのですが。 それより子ども達が無事食べられる方が重要だし、もちろん中華街なので不味くはなかったのでまあ満足。 ただ、本来ここ南京町の楽しみは小包をつまみながら食べ歩くことにあり、その点では少し物足りない。 151011_015.JPG 151011_016.JPG 151011_017.JPG ということで、広場に面した香港点心菜館という店で、娘は焼きもち、自分は焼き豚まんを注文。 アツアツの小包はとても美味しかったです!これは満足でした。 横浜中華街だと、食べ歩けるのは肉まんかタピオカミルクティーしかなく、店に入らないとあんまり面白くないのだが、ここ南京町は小包のみならず、麺類などまでいろんなものが食べられるので、ちょっとずつ楽しみたい人には逆にお勧めな気がする。 今回はほとんど食べ歩けなかったが、次来たときは食べ歩きをメインにしてみたいところだ。 151011_018.JPG さてホテルへ向かいましょうかね。 元町駅前の交差点にある金券ショップで、JRの乗車券を購入。 噂には聞いていたが、ホントこんなに堂々とした立地で自販機が置いてあるのね。カルチャーショックだわ…。