香港シャッフル旅行記(8):最終日の朝

2014年08月23日

香港シャッフル旅行記(8):最終日の朝

あっという間に最終日。

朝食は、義姉のリクエストで菠蘿包、パイナップルパンを食べることにした。
パン生地の上にクッキー生地を被せて焼く、メロンパンに似ている菠蘿包は、茶餐廳の定番メニューということなので、ホテル近くのこちらへ。

140722_002.JPG

5年前にも行った翠華餐廳へ。香港にあちこちあるチェーン店である。

140722_003.JPG

140722_004.JPG

店内は完全ローカルな雰囲気であるが、メニューが写真付きなので選択には苦労は少ない。
さて菠蘿包は…と探すと、ありました!

140722_005.JPG

さて菠蘿包です。
義姉の分をちょっと頂いたが、メロンパンよりも生地がサクサクしていて美味しかった。

140722_006.JPG

子どもたちは翠華餐廳の名物、脆嘩奶油豬を注文。
パンにコンデンスミルクをかけてトーストしたもので、甘いパンはまさに子ども好み。

140722_007.JPG

自分はモーニングセットを注文。ラーメンはインスタントであるが、これも茶餐廳名物。

美味しいホテルブッフェも良いけど、こういうローカルな朝食も良いね。
義姉リクエストも無事こなせて満足。ごちそうさまでしたー。

今日はチェックアウトまでショッピングタイム。義姉と交代で土産を買う。
大人が2人いるとこういうことができるのは有り難い。
子どもたちはアナ雪を部屋を真っ暗にして映画館!って感じで見てました。

140722_008.JPG

140722_009.JPG

まずはB級品を買うならここ!のウェルカムスーパーへ。銅鑼湾の店は広くてなかなか楽しい。

140722_010.JPG

140722_011.JPG

そしてトイざラスへ行くと…香港MTRのプラレールが!
もっともこのMTR、郊外を走る旧KCRのSP1900型なのでちょっとイマイチではあるのだが、思わず買っちゃいましたわ。スーツケースがいっぱいだわ(苦笑)

さてあっという間に12時のチェックアウトであるが、エクセルシオール香港に泊まったからにはすぐ近くのヌーン・ディ・ガン(午砲)には最後に行っておきたいところだ。
毎日正午に鳴らされる伝統の大砲儀式は、実は2005年最初に香港に来た時に行こうと思っていたのであるが、銅鑼湾駅から結構遠く、時間切れで行けなかったので、ひそかに楽しみにしていたのである。

140722_012.JPG

140722_013.JPG

さてヌーンディガンへは、ホテル隣のワールドトレードセンターのカーパークから接続する地下道で道路を横断した先にある。が、ぱっと見た限り絶対気づかんなこれ。自分もホテルの人に聞くまで気づかなかったわ。

140722_014.JPG

時刻は昼前で日差しが厳しかったが、しばし待機していると観光客がぞろぞろ集まってきた。
いよいよ12時です。



一発勝負なのであっけないが、伝統の音は大きく迫力があり、満足であった。
さて、名残り惜しいが、そろそろ帰りましょう。

posted by たま at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港旅行 2014.07.20-22 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック