たまの日記

最近は弾丸旅行ばかりです。

山口旅行記(2):乗り物づくしで下関へ

地下鉄で博多へ向かい、山陽新幹線のホームへ。

10:05発ののぞみ20号で小倉へ向かう。

130518_011.JPG

1駅だけ新幹線に乗るのはもったいない気もするが、たった16分で小倉なのは便利で、自由席は結構ひと駅利用客がいた。

130518_010.JPG

隣のホームにはつばめ用の800系。これもプラレールではおなじみである。

そういう意味では東京で見れるN700系のぞみじゃなくて500系とかにすれば良かったかな。

130518_012.JPG

あっという間に工業地帯が見えてきて小倉駅着。

130518_013.JPG

肝心の息子ですが…この位置から近づこうとしません。遠くで「しんかんせん!」って言うんだけど…ホント、弱虫だよなぁ。。。

さて、のぞみも見送ったので乗り換えようかと思ったら嫁が「さくら」が見たいとのこと。

うーん、ママ鉄か?

130518_014.JPG

4分後にさくら号が来るので、さくら号もお見送り。

自分としては同じN700系なので、2-2配置の指定席でも乗れば別だが、あんまり興味ないんだけどとりあえずパチリ。

続いて在来線で下関へ向かいましょう。

10:41発の下関行は…。

130518_015.JPG

130518_016.JPG

130518_017.JPG

関門トンネルは交直流電車しか走れないので、必然的に415系

さらに九州でも希少価値の高いセミクロス車とは大変素晴らしい!

ある意味この旅行の重要なポイントの一つである(笑)

下関まではわずか2駅ではあるが、MT54のモーター音を久々に堪能し、関門トンネルもあっという間に抜けて、11時前にようやく下関駅に到着です。

九州とは2時間足らずでおさらば。すいません義兄様。。。

130518_018.JPG

さて観光しますかねー。