ドレスデン逍遥

2006年05月12日

ドレスデン逍遥

図書館で「ドレスデン逍遥」という本を見つけましたので読んでみた。

dresden.JPG

私はあんまり本、特に世界史の本は苦手なのだが、とても軽快な文章で面白くあっという間に読むことができた。そういう点でまず優れた本であった。

さて、ドレスデンはドイツ東部ザクセン州に位置する人口50万弱の州都であり、「エルベ川のフィレンツェ」と呼ばれる、エルベ川沿いに建つバロック様式の建築群が美しい都市である。
私はこの都市の美しさ、そして人々の素朴さがとても好きで、何度も訪れており、昨年のドイツ旅行でついに5度目の訪問となった。

なので通り一遍の歴史は知っていたつもりだったのだが、改めてこの本を読んでああ、これを読んでからドレスデンに行けばどれだけ違っただろうなあと後悔しているところである。

・フラウエン教会も再建なり、今はかつての栄光を完全に取り戻したドレスデンであるが、第二次大戦の空襲では完膚なきまでに破壊されたこと、それが人々の努力によって復元されたことで今の栄華があること。
・ザクセンの歴史を形作ったアウグスト強王初めとする王朝の文化にかける意気込み、そしてその栄光の華々しさがいかほどであったか、逆にそれとはちょっと正反対に見える世界情勢から見た歴史があること。

を改めて知ることができた。
これを読むとドレスデンは苦難の道を何度も通っていきながら、でも皆この都市に魅力があって惹きつけられてきた、というのがよくわかる。だからこそ今があるんだなあと思う。
自分もそんなドレスデンがとても好きなのである。

ドレスデンは今年建都800年の記念すべき年。W杯もあるので例年以上にドイツへ行かれる方が多いと思うが、ぜひこの本で事前勉強してドレスデンを訪れることをお勧めしたい。

ドレスデン逍遥―華麗な文化都市の破壊と再生の物語ドレスデン逍遥―華麗な文化都市の破壊と再生の物語
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ドレスデン逍遥―華麗な文化都市の破壊と再生の物語
[著者] 川口 マーン惠美
[種類] 単行本
[発売日] 2005-12
[出版..
>>Seesaa ショッピングで買う
ラベル:ドイツ
posted by たま at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック