本気で書いているのかまっぷるよ!

2006年05月14日

本気で書いているのかまっぷるよ!

図書館に行ってみると「まっぷるマガジンドイツ06-07」が新着にあったので、ちょっと借りてみた。
ぱらぱらぱらと見てみたのだが、信じられない記事を発見。

以前は「Deutsche Bahnドイチェ・バーン」、すなわち「ドイツ鉄道」という名前だったドイツの鉄道は、現メードルン社長の就任をきっかけに「Die Bahnディー・バーン」、その名も「ザ・鉄道」という名称に変更されたが、相性の「DB」(デーベー)も、ロゴもそのまま受け継がれている。…(以下略)

こんな記事を出版社がガイドブックで出すとは思いませんでしたが…。
まさか自分の認識が間違っているのかな??

ドイツ鉄道は今でもDeutsche Bahn AGであり(正確には運行会社が傘下に沢山あるのでこの表現も微妙に違うのであるが)、Die Bahnはあくまで愛称であって名前など一切変更されていない。
しかも、Die Bahnはメードルンが就任するずっと前からこの愛称である。
このサイトにある有名なTEEラインゴルトのパンフを見ればわかるとおり、Die Bahnは西ドイツ国鉄だった頃から使っているわけで…。

こんな記事載せてどーするんじゃい?
次の版で訂正とかするのかなあ。

ラベル:ドイツ
posted by たま at 00:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドイツで名称など見てみたのだが
ドイツ鉄道とかをディーしなかった。


Posted by BlogPetのくまくまー at 2006年05月17日 11:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック