たまの日記

最近はもっぱら弾丸旅行ばかりです。

何となくソウル日帰り旅行記6:復路

金浦空港駅を降りて、近くのEマートへ行き土産物探し。

ここはとても広いスーパーで、噂通り食料品が安い!ライトな土産だったらここで十分だと思う。

101202_060.JPG

歩いて空港へ向かう。時刻は19時半過ぎ。

既にカウンターはほぼクローズしていた。

101202_061.JPG

時間はないが根性でアシアナラウンジへ向かう。

ここは何故か出国審査前にあるのであまりゆっくりはできない。

ジュースを1本だけ貰うと、クローズの案内となった。

101202_062.JPG

101202_063.JPG

さて、あとは出国して搭乗するだけである。

出発ロビーから出国審査場へ向かいましょう。

101202_064.JPG

101202_065.JPG

ところが…

入口の係員が、羽田で出てきた搭乗券を見ると「このEチケットは交換が必要、1階に行け」と言う。

そんな訳ないこれはEチケットじゃなくて搭乗券だ、と言っても1階に行けと言うばかり。

うーん、困った。時間は搭乗30分前。

カウンターにはまだ係員がいるんだろうか。いなかったら…!?

と、一瞬かなり焦るが、幸いカウンターにはまだ係員がおり、無事普通の搭乗券に変更してくれた。

後でわかったが金浦空港はバーコードで搭乗口を通すやり方ではなく、旧来からのもぎり方式なので、レシート方式の搭乗券ではNGなのだ。

よく考えたら最近宣伝している搭乗券を事前に打ち出すクリックチェックインも、金浦は窓口での交換が必要と書いてあった。

が、自宅のPCで打ち出す搭乗券とは違い、羽田の自動チェックイン機で出てきた搭乗券はちゃんとした航空会社が打ち出したものであり、それもダメとは知らんわ。

てか、そんなダメな搭乗券打ち出さないでエラー吐いてくれよと小一時間。

よって教訓。日帰り旅行者は自動チェックイン機使ってはいけません。

カウンターで紙の搭乗券を打ち出さないと出発口で汗をかくことになります…。

ま、そんな人多くはないだろうけど。

101202_066.JPG

101202_067.JPG

前にもどこかで書いたが、金浦空港は99年の卒業旅行が大韓航空の金浦乗り継ぎだった記念すべき場所であり、出発ゲートは何となくその頃を思い出させてくれて懐かしい。

101202_068.JPG

JA709A号機は無事羽田まで往復してソウルに戻ってきていた。

20:20発NH1166便は定刻に出発。

ソウル市街は離陸後、あっという間に雲に隠れていく。

さよならソウル。

101202_069.JPG

往路と異なり、復路は前方こそ埋まっていたが、後方は半分くらいしか乗っておらず、自分の隣席も空席で楽ちんであった。

離陸後30分で機内食。さすがにメニューが複数ないと早い。

てか、台湾便とかも1時間かけずに30分で出してほしい…。

101202_070.JPG

■前菜

季節の前菜の取り合わせ

■メインディッシュ

ビーフの和風ミートボール・御飯添え

■デザート

■コーヒー または 紅茶

ちょうど小腹がすいた頃で、ボリュームもちょうど良く美味しく頂いた。

101202_071.JPG

さて往路は動かなかったスカイマップであるが、復路はちゃんと動いていた。

うーん、やっぱ往路は起動ミスだな、きっと。

これがあるかないかで大違いですわ。

食事を取ってひと眠りするともう着陸体制である。

朝は晴れていた日本列島は雲に覆われ、どこを飛んでいるのかわからなかったが、ようやく雲を抜け、眼下に灯りが見えてきたが、ふと横を見てみると…

なんと赤い尾翼が見えるではありませんか!

10月のD滑走路オープン後、同時着陸がしばしば見られるという噂は聞いていたのだが、まさか自分が見れるとはラッキーである。

惜しむらくは写真が撮れなかったこと。今度は昼間に写るんですとかで狙うことにしよう。

JAL機は小さいように見えたのでB738か?若干こちらの方が速かったようだが、海ほたるを挟んで並行してアプローチするシーンは感動であった。

やがてこちらはA滑走路、JAL機はC滑走路へ着陸。

羽田カーブがほとんど味わえなくなって残念と思っていたが、この同時着陸はそれに勝るとも劣らない面白さになりそうだ。

A滑走路だったので国際線ターミナルはすぐそこ。

定刻よりも少し早く、22:10頃に朝と同じ110番ゲートに到着。

デジャブな世界だ。

101202_072.JPG

101202_073.JPG

入国審査はすぐ終わり、最後の関門は税関検査。

やましいことは何もないのだが、用もないのに日帰りなことをつつかれて時間がかかったらヤダなあと思っていたが、「仕事ですか?」「はぁ(!?)」と答えたらおしまい。

無事、通過できた。

ま、世の中にはソウルタッチとかしている人もいるから日帰り旅行者はそれに比べりゃマシか。

101202_074.JPG

そんなわけで、10分かからずに到着ロビーへ。この早さは羽田ならではである。

カウンターが混んでいたが、無事22:25発のバスに乗り、23:30前に自宅へ。

いやあ、やはり奄美大島より近いとはいえ、海外旅行で日帰りってのはなかなか充実感というか不思議な感じがしますね。

しかし、奄美大島日帰りをやった2年前に比べると、体力の衰えなのか疲れましたわ。

やっぱ週の真ん中に日帰り旅行はしんどい。

金曜がつらかった…。

なのでもしやるとしたら次は翌日休みじゃないといけませんね。

あと、ソウルでまいったのはハングルの洪水。

あれは自分にはどうしても合わないなぁ。楽しかったんだけど。

なので、次回日帰りするなら台湾だな(ぼそ)

チャイナエアラインだと特典航空券ってわけにいかないが、10万くらいあればビジネスで行けるだろう。

まあ、ビジネスで機内食食べまくると小籠包食べられなくなって困りそうだけど。

てことで、初海外日帰り旅行は無事終了です。

次回はどこへ?