北近畿・京都くるっと旅行記2:天橋立へ

2006年04月22日

北近畿・京都くるっと旅行記2:天橋立へ

すみません、せっかくネットが使えるところに来たのですがあまりにも眠いので早く寝ることにします…。

とりあえず天橋立へ行って股のぞきしてまいりました。これで日本三景ようやく制覇であります。

---以下4/26加筆---

天橋立はいくつかの鑑賞ポイントがあるのだが、今回は正統派といえる傘松公園天橋立ビューランドから眺めることにした。
まずは対岸の傘松公園に行く。船が出ているのでそれで行くつもりだったが往路自転車、復路船というプランがあったのでそれに変更。天橋立の遊歩道を自転車で走ってみた。

060422_Amanohashidate003.JPG

060422_Amanohashidate004.JPG

入口は観光客も多く騒々しかったが、遊歩道を進んでいくにつれ段々人も少なくなり、松林が一直線に続く景色はなかなか風情があり、静かな遊歩道を自転車で走るのは爽快であった。
一方海辺から見る松林と白い砂浜も綺麗であった。

傘松公園に着きリフトに乗って上から天橋立を眺める。

060422_Amanohashidate001.JPG

ここからは天橋立を斜め一文字に眺めることが出来、股のぞきをすると天橋立が天にかかる橋のように見えるという。というわけで…

060422_Amanohashidate005.JPG

ここで股からのぞきまして、

060422_Amanohashidate006.JPG

見えますかねぇ?

帰りは観光船に乗り天橋立を横に見ながらちょっとした船旅を楽しむ。

060422_Amanohashidate007.JPG

船が通過する度に回転する廻旋橋を眺めて、近くの智恩寺へ立ち寄る。ここは「三人寄れば文殊の知恵」で有名な文殊菩薩光臨の地だという。

060422_Amanohashidate010.JPG

060422_Amanohashidate009.JPG

重要文化財の多宝塔は上重が円形、下重が方形の重厚な建造物で見ごたえがあった。

最後に駅の反対側にある天橋立ビューランドへ行き、同じくリフトで上に行く。ここからの景色は天橋立が天に昇る龍のように見える「飛龍観」と呼ばれるスポットである。

060422_Amanohashidate002.JPG

個人的にはこっちのほうがいい景色だと思うけど、ビューランドというしょぼい遊園地を併設しているので何となくありがたみがないような…。

ここでも股のぞきしてみましたが…

060422_Amanohashidate008.JPG

うーむ、どうでしょう。

ところで、こんな看板を発見。

060422_Amanohashidate011.JPG

…各所に設けられている「股のぞき台」の上で股を開き頭を深く下げていると、段々頭に血が充血して目が廻るようになり、まさに天橋立が幻想的に紫紺の空に続くようになる。…

これが一番「うん、なるほど!」と思いますた。。。

この記事へのコメント
おはようございます。
残念ながら(?)先を越されてしまいました。天橋立、前々から行こうと思っていて『まっぷる』もとっくに買ってあったのですが…なにせ、直通の高速道路が通ってないので、所要時間を考えると結局行かないという選択になっていました。
ところで、股のぞきの写真は…あっ写真を逆さにすればいいのか。。。
Posted by ばるしゃん at 2006年04月23日 07:39
股のぞきはちゃんとありますよー。といっても眠いので後日にします…。 高速は三田から舞鶴道を通れば近くまで行けるようですが、なんか知らない間にこんなJRの地方交通線レベルのところまで高速道路はできているんですね。
Posted by たま@おねむ at 2006年04月24日 00:58
とりあえず天橋立の股のぞき写真をUpしました…
Posted by たま@今日もおねむ at 2006年04月27日 00:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック