たまの日記

最近は弾丸旅行ばかりです。

松山旅行記4:朝湯に入って帰宅

明けて6日。

これから道後温泉に朝湯に行くつもりだが、その前にまずは昨日乗り残した市内電車の完乗を目指す。

松山の市内電車は主要区間は本数が多いが、支線は本数が少なく、西堀端??本町6丁目間は昼間は30分に1本しか来なかったりするので意外に乗りつぶしは難しい。

そんなわけで前夜に時刻表できちんと調べて、勝山町6:33の本町6丁目行始発電車に乗り、終点から古町まで歩いて、7:01発循環系統に乗って上一万に到着。これで市内電車も完乗した。

今日乗った区間路面電車には珍しく単線区間である。本町6丁目まではだだっ広い道に単線でちょっと哀れさを感じるが、古町??上一万間は路地裏をくねくねと江ノ電のように走る区間でこれはこれで風情を感じる。

ただ後者は環状線の一部なので10分ごとに走る。環状線なので路面走行区間も多く、そこでの遅れがあると交換待ちとかが生じるので定時運行は結構気を使うんだろうなあと思った。

さて今日の朝湯は、別館の椿の湯に行くことにした。

tsubaki

段々ランクダウンしていくが330円と一番安いのが嬉しい。

朝ということもあって地元客しかいなかった。

中は本館と同じような作りであり、しかも一番広かった。

ここが一番落ち着いたかも。

ちょうど時間は8時になったので、道後温泉駅前時計台のカーニバルを見てホテルに戻る。

本当は足湯めぐりでもしたかったのだが今日は朝から本格的な雨のためできなかった。

tokeidai

さてホテルで朝食を取ったら出発の時刻であるが、その前に大手町の平面交差を見に行った。

ここは市内電車と郊外電車が直角に交わる全国でも珍しいところである。

郊外電車は15分ごとの運転だが、市内電車は道路状況によって間隔が変わるので、うまく写真が撮れるか心配であったが、幸いにも最初の電車のときに「郊外電車と踏み切り待ちをする市内電車」の写真を撮ることができた。

otemachi

ここから歩いてJR駅へ行き、路線バスで空港へ向かった。

空港で嫁とお友達と会い、フリータイムはここでおしまい。

ちょっと時間があったので、カードラウンジへ行く。

カードラウンジは狭かったが人も少なく、フリードリンク制で落ち着いたひと時を過ごした。

MYJ_Lounge

時間になったので搭乗口へ向かう。10:45発のJL1464便は昨日乗ってきたJL1463便の折り返しである。

機材は昨日と同じB767-200・JA8231号機であった。

JA8231_2

今日は日曜ということで午後の2便は満席であったが、午前のこの便はガラガラであった。

我々も窓側への変更はできた。ただ、今回も翼の上だったが…。

JL1464

今日はずっと雲の上を飛んでいく。離着陸時に多少揺れたがそのほかは快適なフライトであった。

着陸時、雲を抜けると眼下に房総丘陵が見えてきた。昼間の上り便に乗るのは久しぶりなので返す返すも翼が邪魔である…。ただ今日はA滑走路の着陸だったので、木更津から海岸線に沿わず東京湾上空を直行したため、あまり景色の期待できるルートではなかったのが幸いであったが。

定刻より少し早く羽田空港に到着した。

15番ゲートに到着したが、第1ターミナルは旧JAS色の機材が2機いた以外は全て新JAL色であり、ついに旧JAL色を1機も見つけることができなかった。なんだか悲しいなあ…。

JAL色って一連のイメージダウンの象徴になってしまっているような気がしてならないのだが。

JA8471

ということで、1泊2日の旅行はおしまい。

午前便だったので最終日は慌しかったが、逆に午後有効に(といっても昼寝してたけど(笑))過ごせたのは良かったように思う。いつも翌日死にそうになって会社に行ってたので。

さて、こじろー君を引き取りに行きますか。

起きますよー>嫁。