たまの日記

最近は弾丸旅行ばかりです。

アジア周遊リアルタイム旅行記10:KL名所巡り

8月8日、あまり時間はないのだが午前の時間を使ってKLの名所を巡ることにした。

まずはムルデカ・スクエア周辺へ。

masjid_jamek

マスジッド・ジャメは市内最古のムスリム寺院である。

1900年代の建築なので、伝統的なたまねぎ形のドームとレンガの壁がマッチしていて、美しい。

sultan_abdul_samad

連邦裁判所になっているスルタン・アブドゥル・サマド・ビル。

大きなレンガ造りのビルである。イスラム調と西洋建築が見事に融合している、エキゾチックな建物である。

しかしマレーシアのイスラム建築は、ジョホールバルもそうだったが最近の建築が多いような気がする。

設計がイギリス人というのも多いようだ。

このあたり歴史とどう関係があるのか調べるのも面白そうである。

続いてタクシーに乗ってKLタワーへ行った。

kl_tower

高さ421m。ペトロナスツインタワーとともに親しまれている建物だが、あちらが入場が制限されており、さらに一番高いところへ行けないので、一般的にはKLタワーのほうが楽しめるのではないかと思う。

KLは緑が多く、また高層ビルと昔からの建物がごちゃごちゃに建っているのが、かえって魅力的なようであった。

そして目の前にはペトロナスツインタワーがそびえたっているのが見えた。

kl_view

今日も天気はあまりすぐれないのが残念だが、美しい眺めであった。

最後にクアラルンプール駅を訪れた。

2002年まではここが鉄道駅の中心であったが、KLセントラル駅にとって変わり現在はKTMコミューターのみが停車する駅になっている。

ただこの駅の建築は、ここも見事なムーア建築の建物であり、また一面白なので、とても優しい雰囲気を受ける。

kl_station

ここからKTMコミューターに乗り、KLセントラル駅へ戻った。