成東でいちご狩り

2005年03月12日

成東でいちご狩り

今日は嫁とその会社の皆さんで行くいちご狩りツアーについていった。
前日に実家へ車を取りに行ったので今日は車である。9時過ぎに出発。途中宮野木??貝塚間で渋滞していたがその他はおおむね順調で10時半には成東市街へ入った。まずは国道126号沿いにある目的地「ストロベリーハウスおて」へ。

ote

いちご狩りは30分1300円である。料金を支払いへた入れを受け取り、道路を挟んで反対側のビニールハウスへ向かう。入ると中は暖かく、いちごの甘い香りがプーンとただようが、中には先客がいるだけで時間をチェックしている人はいないようであった。これじゃいくらでもいられるじゃないの?と思うが。

house

とりあえず各自列に入っていちご狩り開始。集団で来たのにとりあえず黙々と食べるあたりはカニを食べるのに近いかな。まずは10分ほどひたすら食べに食べまくる。甘くておいしいが結構個体差が激しい。

ichigo

とりあえず10分くらいしてひと満足し、写真とか珍しい形のいちごなどを集めたりして、満腹…というか、もういちごを見たくない…くらいに思ったのがちょうど30分後であった。まあいちごのみで30分以上はいられないってことなんだろうと思う。
最後にへたの数を数えたら92個だったので、ロスタイムで8個食べてちょうど100個。今年はあまりいちごを食べてこなかったので、1年分のいちごを食べ尽くした気分で満足であった。ただこの後実家用に土産を買ったが、やはりこっちのほうが圧倒的においしかった。いちご狩りは質より量といったところなんだろう。

時間はちょうど昼前であったが、おなかはふくれているので車を走らせ蓮沼海浜公園へ向かった。親子連れなどがちらほらといたが、アトラクションは動いてないものの方が多かった。まだ春休み前とはいえ、この公園の前途がちょっと心配である。仕方なく展望台へ上り、景色を楽しむ。ただ私にとっては景色より上空を飛び交う成田発の飛行機のほうが気になって仕方ない(笑)。ちょうど欧州行のピークを過ぎたくらいだったのでバンバンと飛び立っていくが、そのほとんどが4発機であった。もちろんA340とかかもしれないが、やはり双発機が多くなってもまだまだB747は成田の主役なんだなあと実感。

hasunuma

展望台を降りて、近くの南浜海水浴場へ向かう。今日は天気は悪いが波はそれほど高くないようであった。そして成田はこの頃Runwayチェンジがあったようで今度は着陸機のラッシュになった。着陸機の方が全景がよく見えるのでますます気になって仕方がない…。

さておなかがこなれたところで、公園北部にある「土屋水産」という食堂へ向かった。ここは海産物を自ら焼いて食べることができる。バーベキュー定食と九十九里ラーメン、ごはんなどを注文。バーベキュー定食は1人前に干物、いか、えび、はまぐり5個、ほたてがセットになったもので、どれもおいしかったが特にはまぐりは塩味が効いていて美味であった。ラーメンやいわしのつみれ汁もおいしく、ここはおすすめの店だと思う。

tsuchiya

帰途、成東駅近くの食虫植物群落へ立ち寄り(ただ見学期間は4月1日からなので、単なる荒地だったが…だったらいちご狩りの地図に書かないでください>観光協会)、皆さんとお別れして千葉そごうへ行って買い物。店に入ろうと思ったら、ちょうど知事候補の森田健作氏がやってきたところで、人だかりができていた。とりあえず写真を一枚。

morita

まあ、私はもう千葉県民じゃないので関係ないけど、彼と千葉の関係って…?堂本氏の政策はジェンダーフリー推進とかは?だがそれ以外はまあ悪くはないと思っているので、どうなるのかは見ものである。
ということで、久々に充実した土曜日であった。
posted by たま at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック