たまの日記

最近は弾丸旅行ばかりです。

ヒルトン成田 プリンセススイートに宿泊

佐倉チューリップまつり会場からクルマを走らせること小一時間。 今夜の宿泊先は… 100410_007.JPG 3度目の宿泊となるヒルトン成田である。 ここはヒルトンにしてはとても安く宿泊できるのだが、中でもエスケープトウキョウというプランは1泊2食付でプリンセススイート(ジュニアスイート相当)が30000円と激安だったので、ここでホテルステイを満喫することにした。 これだけでも満足なのだが、SFC会員向けヒルトンプレミアムクラブジャパンの初年度無料オファーに入ったので2割引となり24000円になった。 1泊2食付で1人12000円でジュニアスイートに泊まれるホテルってのはそうそうないわけで、実にすばらしい。 過去2回は前泊だったので安いが狭い中庭側のヒルトンルームであったが、今回は反対側の部屋へ。 100410_008.JPG 部屋に入るとまずリビングルーム100410_009.JPG 大きなデスクと32インチ液晶TV(ただし地デジ未対応であった)。 CNNが入ったのでずっと見ていた。ちょっとした外国気分? 100410_010.JPG 寝室はツイン。程よい硬さでいい気持ちであった。 100410_011.JPG 寝室からリビングを望む。 残念だったのは部屋間に間仕切りがなく、寝室を真っ暗にできないこと。 子連れだとこの構造だと夜更かしできません…。 そもそも、50平方メートルもある割には2部屋横に並べたようなイメージなので思ったよりも広く感じなかった。 ま、それは贅沢というものなのだけど。 100410_012.JPG バスタブは大きく、奥にシャワールームもついていたが、今回は大浴場を使ったので利用せず。 全体的になんかもう一息かな、という感じはしたのだが、それは贅沢というものでこれだけ広い部屋でのんびりできるのは有り難い。 さて、夕食である。 今回はブッフェ、和食、中華の3レストランから選べるのだが、夕食券は親の2枚しかない。 3歳は無料なのだが、定食だと娘の分がないかなと思い1階のテラスレストランで開かれているグローバルブッフェへ。 100410_013.JPG 100410_014.JPG 100410_015.JPG 100410_016.JPG 100410_017.JPG レストランは外国人が半分以上でまさにグローバル。 で、肝心の料理は、まあ美味しかったのだが、ちょっと1品1品趣向を凝らしすぎで、まとまりがないというかなんというか。 でもステーキ150gバイキングとか、手作りパフェとかなかなか面白い料理もあって満足であった。 食後は3度目にして初の大浴場を利用。 子連れにはこういう施設が本当にありがたい。 しかし残念なのは営業時間が10時~22時ということ。もっと長く営業してくれないかなあ。 100410_018.JPG 営業終了間近のプールを見ながら部屋へ。 さてこのヒルトン成田を経営しているイシンホテルグループは、最近キッズ向けグッズをそろえましたとWebで宣伝するようになった。 それは素晴らしい…と思ってフロントに電話すると「浴衣くらいしかありませんが…」というつれない返事。 そんなことはないWebに載ってたぞ、何をくれるかは忘れたけど(少し自信なし(笑))と調べさせたところ、持ってきてくれたのはこちら。 100410_019.JPG クレヨンと塗り絵。そして絵本。 有り難かったのだが、どう見ても新品同様。 これってあわててテプラで「ヒルトン成田」って書いたんじゃないよね…? 100410_020.JPG 浴衣は寝間着ではなくて本当のお祭り用って感じだったけどなかなか可愛かった…ってか行儀悪くてすみません。 てなわけで、おやすみなさい…Zzz おはようございます。 100411_005.JPG カーテンを開けると、A滑走路から離陸するヒコーキが見えた。 今日は北西方向の離陸コースらしい。 朝のピークになると次々と飛んでくるので見ていて飽きないが、プロペラ機からB747まで、近距離から長距離までヒコーキによって離陸の度合いが違うのがまた面白い。 一番ゆるゆる飛んでいったのはスイスエア。やっぱチューリヒは遠いからね。 ただヒルトンは滑走路から遠いだけあってアジア行のB767とかだとかなり上空を通る形になるのがちょっと難点。 さてヒコーキばかり見ていると嫁に怒られるので朝ごはんです。 今日も1階のテラスレストランへ。 100411_001.JPG 100411_002.JPG 100411_003.JPG ヒルトンの朝ごはんはどのホテルも美味しいと思う。 朝から暖かいスクランブルエッグにベーコン、ポテトにクロワッサンと好物ばかりで満足であった。 100411_004.JPG 嫁が面白いものを発見。 このフォーク、根元のマークを良く見るとリーガロイヤル! 2002年まではこのホテルはリーガロイヤルだったのだが、その前から使っていた食器を今でも利用しているんですね! まさかこんなところで旧ホテルの面影を見れるとは。 そんな感じで、部屋に戻ってヒコーキを見ていたら(また?)あっという間に11時のチェックアウト。 名残り惜しいが、また来ることにしましょう。 この値段でこのサービスは大満足であった。 でも、成田には用がない…。 100411_006.JPG 出発でーす。