たまの日記

最近はもっぱら弾丸旅行ばかりです。

沖縄旅行記8:食事あれこれ(2)

3日目。

日航アリビラの朝食は洋食ブッフェ「ベルデマール」、和食「佐和」、和洋ブッフェ「ハナハナ」から選ぶことができる。

今日は「ベルデマール」へ行くことにした。

090713_020.JPG

ところが出遅れて8時過ぎという最も混む時間に行ってしまったため、20組待ちだとのこと…orz

うーむ、別のところへ行こうかとも思ったが、見ていると結構早く呼ばれているので待つことに。10分ちょっとで無事入れた。

店内はとても広く落ち着いた雰囲気でゆったりとした食事が楽しめそう。

090713_021.JPG

090713_022.JPG

品数はそれほど多くないが、パンの種類の多さとシェフが目の前でオムレツやフレンチトーストを作ってくれる(しかもオムレツは2人も!)のが嬉しい。

あとここの名物ともいえるのが「紅芋のバター」と「紅芋のジャム」。個人的にはバターがなかなか美味しくて気に入った。

090713_023.JPG

090713_024.JPG

090713_025.JPG

090713_026.JPG

料理はどれも美味しくて大満足。

090713_027.JPG

そして眼の前に広がる沖縄の青い海と青い空。

最高の朝のひと時を過ごすことができた。

おかげで出発もだいぶ遅くなったけど…。

さて、美ら海水族館を出た後は昼食の時間。

とはいえあまりの暑さに食欲も失せていたので、気軽に入れそうなお店を…ということで選んだ店はこちら。

090713_028.JPG

「美ら海キッチン ぱぱいや」という沖縄家庭料理屋さん。

このあたりは近くに沖縄そば街道もあっていろいろ悩んだのだが、この店も沖縄そばが結構美味しいらしいこと、店がキレいそうなこと(老舗の沖縄そば屋は子連れにはちと厳しい雰囲気なので)、駐車場も店も広くて待たずに入れること(苦笑)からここを選んでみた。

090713_029.JPG

090713_030.JPG

すでに14時をまわっていたので店内はすいていた。

海が眼の前。高台にあるので眺めは素晴らしい。

注文するとすぐに出てきた。

料理がすぐ出てくるのは素晴らしいというのを実感した(笑)

090713_031.JPG

嫁と娘が食べた特製三色沖縄そばは、ラフテー、ソーキ、牛すじが入った贅沢なメニュー。味も美味しかった。

090713_032.JPG

日替わり定食。魚はちょっと油っこかったけど美味しかった。

店名にもなっているパパイヤのサラダも入っていた。もっときつい味なのかと勝手に考えていたが、あっさりしていて美味しかった。

てことで、個人的にはなかなか満足した昼食であった。

さて夕食。

昨日の反省を踏まえ、今日は朝手配をしておいた。

ビーチから戻ってきて慌しく着替えると19時。

夕食がやってきました。

090713_033.JPG

じゃじゃん。

7月よりルームサービスに登場した「アリビラボックス」

大人2人と子供1人が食べられる量で、8300円(税サ込み)と、ルームサービスにしては安い。

前に書いたとおりアリビラのレストランは高く、安くても1人4000円くらいかかるので、だったら部屋で食べれるしいいかなと思った次第。

和洋中それぞれ5セット限定なので朝予約をしておいた。

今回選んだのは朝食を食べたベルデマール謹製の洋食メニュー。

アリビラボックスは4段の重箱からなっている。

090713_034.JPG

【1段目】

・アグー豚のミックスサンド

・トルティーヤのツナロール

・鴨のスモーク

・スモークサーモンのポテトサラダ包み

・デザート

090713_035.JPG

【2段目】

・魚フライタルタルソース

・イマイユのムニエル ラタトゥイユ

・海老のガダイフ包み

・牛ミンチのポテトコロッケ

090713_036.JPG

【3段目】

・トマトパスタ

石垣牛ミートボールとアグーソーセージのピンチョス

・紅芋ソテー

・ハーブ鶏のボローニャ

090713_037.JPG

【4段目】

・ステーキ丼ぶり てりやきソース

090713_038.JPG

【スープ】本日のスープ

…いやはや、すごいです、これ。

どれもこれも美味しいし、とにかくボリューム満点。

ただ、ちょっと野菜系がなさすぎ。肉肉肉のオンパレードでさすがの自分も最後はちょっともういいかな…って感じになった。

洋食だからというわけでもなく和食も中華もこんな感じで、日本なんだからもう少し考えてくれればいいのに…と思った。

090713_039.JPG

とはいえ、夕暮れのビーチを見ながら、BGMのスイッチをONにしてゆっくり部屋で食べる夕食はまさに贅沢の極みであり、満足満足であった。

(つづく)