シェラトン・グランデ・トーキョーベイへ宿泊(1)

2008年07月19日

シェラトン・グランデ・トーキョーベイへ宿泊(1)

我が家は江戸川区民なので、ディズニーランドから1時間以内で家に帰る事ができる。
しかし最近出かけてないし、それじゃつまらん…ということで今回はホテルに宿泊することにした。

080718_022.JPG

080718_023.JPG

イクスピアリで夕食を調達して、ディズニーリゾートラン〜リゾートクルーザーで向かった先は…

080718_024.JPG

S字型を描く大きなホテル、シェラトングランデトーキョーベイが今夜の宿泊先である。

080718_025.JPG

洗練されたイメージのフロント。
しかしシェラトンはオフィシャルホテルの中で唯一、舞浜駅近くのウェルカムセンターでチェックインができるので今日はスルーである。
パーク閉園後とかはかなり混むらしいのでこれは非常にありがたい。

さてエレベータに乗り、今回宿泊する8階へ。

080718_026.JPG

エレベータが開くと、うって変わってかわいらしいペンギンの絵が沢山!

080718_027.JPG

部屋のドアもこんな感じでとってもキュート。

今回泊まった8階はシェラトンのキッズ向けキャラクター「トレジャーズ」のフロアなのである。
TDR近辺に数多くのホテルあれど、ここまでフロア中かわいらしいキャラクターで覆われているのは恐らくここが一番だろう。
嫁がいたく気に入ったのでこのフロア指定で予約したのである。
娘も結構喜んでいたので何より。

さて「トレジャーズルーム」と呼ばれる部屋に入ります。

080718_028.JPG

部屋に入ると、トレジャーズのメインキャラクターであるペンギンのペントンがいっぱい!

080718_029.JPG

チェアもテーブルもペントン!

080718_030.JPG

壁の柄も、掲げられている絵もみなペントン!

080718_031.JPG

子連れにもつかいやすいと、一方でスタイリッシュな液晶テレビ。
ふと、下を見ると…

080718_032.JPG

こんなところに子供心をくすぐる小さな扉が!
もっとも娘は全く興味を示しておりませんでしたが…orz

080718_033.JPG

バスは洗い場つきで子連れにとってはかなりポイントが高い。
ただ扉が開放できなかったり、洗い場がすべりやすくて娘が転んでしまったり、使い勝手としては思ったほどではなかったのがちと残念。

080718_034.JPG

この部屋の宿泊者だけがもらえるオリジナルバッグ。
最近肩にバッグをかけるのが娘のマイブームなのでこれは嬉しい。
気に入ってくれるといいな。

そんなわけで、部屋中ペントンでかなりかわいいだけでなく、部屋(36平方メートル)もそこそこ広いし洗い場付と機能面も申し分なく、かなり満足した滞在でした。
トレジャーズルームは結構高い部屋なのだが、ピーク時でなければそれなりに安く泊まれるので子連れには特にオススメしたい。

080718_035.JPG

そんなわけで、イクスピアリで調達した弁当で夕食。
しかしまあ、5年以上舞浜勤務の嫁はもちろん、その帰りとかにちょこちょこ立ち寄った自分にとってももうイクスピアリは飽き飽きする存在であり、あまりそそられない食事でした…。
ホント、舞浜はパーク外の食事事情がいけてませんな。

080718_036.JPG

今回のプランは部屋指定はできなかったので、ホテルに電話して海側を指定した(ちなみにホテルのWebではトレジャーズルームに禁煙ルームはないと書いてあるが実際には禁煙ルームがあり、こちらも指定できた)。
バルコニーを開けると、広い庭園に屋外プールの水の音が静かに響き、その奥には広大な東京湾が。
うーん、プチリゾートですね。
パークビューも捨てがたいのかもしれないが、Webで見る限りはパークよりも駐車場のほうが目立つ感じだったし、大体パーク側の景色は見飽きた景色ばかりなので海側にしたのは正解であった。

もっとも嫁は会社でもう見飽きた!とのことでしたが…orz

ところで、シェラトンに泊まるのは昨年6月の札幌以来。
12月のウェスティンも入れると、娘は1歳半なのに早スターウッド3泊目である。
何という贅沢な(ま、そんな贅沢でもないですが)こと…。

そんなこんなで、おやすみなさい。

ラベル:宿泊記
posted by たま at 23:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チェアってなに?
Posted by BlogPetのくまくまー at 2008年07月20日 12:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック