2019年06月30日

インドネシア旅行記(4):プランバナン寺院を見学

ジョグジャカルタ・アジスチプト空港からまずは世界遺産・プランバナン寺院へ向かうことにする。



空港からプランバナンまでは10キロもないほどと極めて近く、弾丸旅行者にはとても都合が良い。
もっとも、ジョグジャカルタは今年5月に開港した新空港に徐々に移転するらしいので、今後は行きづらくなるんだろうなぁ…。

トランスジョグジャでプランバナンへ


地下道で線路をくぐると、空港に隣接したマグウォ(Maguwo)駅に着く。

190430_034.JPG

190430_035.JPG

ここからは本数は少ないがジョグジャカルタやソロへ向けた列車が走っており、空港アクセスとしても使える。
地図を見るとプランバナン寺院の近くに駅があるのでうまく時間が合えば列車で行きたいなぁと思ったのだが…。

190430_036.JPG
(クリックで拡大)

なんとプランバナン駅に行く列車は1日たった2本しかなかった。
次の列車(しかも終電!)は12:46発とまだ先だったので、鉄道で行くのは断念。
だからネットでいくら調べてもプランバナンに鉄道で行った記録が出なかったのか…しかしなんだかなぁ、30分毎くらいに走らせてもバチは当たらないのではと思うんだけど…。

ということで、その先にあるトランスジョグジャの乗り場へ向かう。
トランスジョグジャは、ジョグジャカルタ市内を網羅する路線バスで、旅行者にも便利な存在だ。何よりどこまで乗っても3500ルピアと安いのもありがたい。

190430_037.JPG

190430_038.JPG

トランスジョグジャは鉄道と同じように改札で料金を払って停留所から乗車する仕組みになっている。
外国人からするとバスはなかなか乗りづらいなか、このようなわかりやすいシステムはありがたい。
ただ、待合室はエアコンがないので、風通しが悪くて暑かったのと、すべての系統がここを通るので、乗り間違いには注意しないとならないが、待合室のスタッフの人がどこ行きのバスかアナウンスしてくれるので不便さはない。

190430_039.JPG

10分ほど待って1A系統のバスに乗り込む。
途中のバス停は無人なので車掌さんもいたが、待合室のスタッフと言い、低賃金で雇える(と思われる)インドネシアだからできるシステムだなぁと感じた。
エアコン完備なので涼しいが、とにかく飛ばす飛ばす!

190430_040.JPG

190430_041.JPG

10分ほどで終点に到着。プランバナン寺院へはここから10分ほど先にある。ベチャに乗れという誘いを振り切り、人通りのほとんどない通りを歩くと、いよいよプランバナンだ。

ロロ・ジョングラン寺院へ


プランバナンはさすが世界遺産だけあって、団体バスがひっきりなしに入り、多くの人で賑わっていた。

190430_042.JPG

190430_044.JPG

外国人用入口へ行き、外国人向け入場料35万ルピアを支払う。
外国人向け価格があるのはもちろん知っていたが、ネットで調べた値段と違う。どうも最近また値上げしたみたいだ。
先ほどのバスが3500ルピアだったことを考えると、値段感覚がおかしくなるなぁ…。

190430_043.JPG

プランバナンは遺跡公園として整備されている。
中心となるロロ・ジョングラン寺院は入り口からほど近い距離にあるが、北端のセウ寺院まではかなりの距離があるようだ。

190430_045.JPG

炎天下の道を歩くことしばし、ロロ・ジョングラン寺院が見えてきました。

190430_046.JPG

いやはや、写真で見るよりもスケールが大きい。そして装飾の細かさに目を見張る。
このロロ・ジョングラン寺院は、ヒンドゥー教の寺院。現在のジャワ島はイスラム教徒が大多数を占めるが、この寺院が創られた9世紀頃のこのあたりはヒンドゥー教の王朝が支配していたのだという。
ジャワ島の歴史を細かくは知らないけど、今となっては異教徒であるヒンドゥーの寺院が世界遺産として賑わうというのは興味深い。

190430_047.JPG

まずは中央に位置するシヴァ堂へ向かう。塔の高さは47メートルもあり、間近で見るととても大きい!

190430_048.JPG

190430_049.JPG

巨大なカーラをはじめ、獅子像を中心に左右にレリーフを配した装飾は、見事と言うほかない。よくまあ屋外建築で現在までこの細かさが維持されていたものだと感服するばかりだ。

190430_050.JPG
<シヴァ像>

190430_052.JPG
<ドゥルガ像>

190430_051.JPG
<ガネーシャ像>

190430_053.JPG
<アガスティア像>

シヴァ堂には東西南北に側室があり、それぞれ像が祀られている。
が、正直側室は小さくて写真で撮らないと良く見えないし、人が多すぎて暑苦しくあんまりおもしろくはなかったかなぁ。
ドゥルガ像はロロ・ジョングラン姫の呪われた姿とかいう伝説の話は興味深いのだが。

190430_054.JPG

寺院内は日陰となる場所がなく、外に出ると実に暑い!
しかも、外はものすごく賑やかで、よくネットの旅行記にも出てくる「外国人にインタビューしてくる子供たち」に自分も突撃されてしまいましたわ…。
仕方がないのであれこれたどたどしい英語で答えていたのだが、先生が日本人か、京都は良いところだね、と仰られた。
そう、ここジョグジャカルタは京都みたいなところなんだよね。

190430_055.JPG

シヴァ堂正面に立つ小堂には、シヴァ神の乗り物である聖牛ナンディの像が祀られている。
が…それよりも小さな子猫に目が行った!むっちゃかわいいが、こんなところでちゃんと生きていけるのかな…。

190430_056.JPG

190430_057.JPG

190430_058.JPG

シヴァ堂の左右に並ぶヴィシュヌ堂、ブラフマー堂を眺めつつ、中苑の南側から全景を望む。
度重なる地震で倒壊した建物のガレキが生々しく並び、今でも修復作業は続いているそうだ。

190430_059.JPG

小一時間のロロ・ジョングラン寺院探訪であったが、とにかく装飾の精細さには驚きであるが、人が多すぎてちょっと観光地化しすぎだなぁという気がした。その分綺麗なのは良いのだけど。

静寂のセウ寺院へ


せっかくなので、一番北のセウ寺院まで足を延ばしてみることにした。
乗り物も走っているようだが、お金がもったいないので歩いて移動。
ちょっと外れるだけで観光客は一気にいなくなった。
歩くこと10分ちょいで到着。

190430_060.JPG

先ほどのロロ・ジョングラン寺院とよく似た造りだが、このセウ寺院は、仏教寺院だそうだ。
こんな近くにヒンドゥー教と仏教が混じり合うというのはとても興味深い。
入口の像が威圧感を感じさせる。

190430_061.JPG

190430_062.JPG

「セウ」というのは「千の」という意味らしいが、今はガレキの山に覆われている。
しかし、何よりも先ほどのロロ・ジョングラン寺院とは趣が異なるのは、観光客がほとんどいないこと。
静寂の世界が、なんとも神聖さをより増しているのがとても印象深く、とても見応えがあった。
セウ寺院まで足を伸ばして本当に良かったと思う。

ロロ・ジョングラン寺院だけではプランバナンの本来の姿は感じられない気がするので、時間に余裕があればぜひセウ寺院まで行ってほしいと思う。

さて、一通り見学も終わったので出ることにしよう。

190430_063.JPG

プランバナン遺跡群の出口は入口とは別にあり、お土産屋を通らないと出れない。
幸い客引きも大していなかったので何も買わずに出たが、それよりも店が密集していて風通しが悪く、非常に気分が悪かった。
あんなところでお土産買う人なんかいるのかなぁ…。

さて、続いてはもう一つの世界遺産であり今回の旅の目的地であるボロブドゥールへ向かうことにしよう。

(つづく)

posted by たま at 23:02 | Comment(0) | インドネシア旅行 2019.04.29-05.02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

インドネシア旅行記(3):GA204便でジョグジャカルタへ

ジャカルタからは7:55発ガルーダインドネシアGA204便に乗り継ぎジョグジャカルタへ向かう。

スカルノハッタ空港ターミナル3で楽々乗り継ぎ


ANAは2018年11月12日からターミナル3へ移転したので、ガルーダへの乗り継ぎはとても便利になった。

190430_010.JPG

190430_011.JPG

到着ロビーをまっすぐ出ずに、右に向かうと国際線乗り継ぎ連絡通路がある。

190430_012.JPG

エスカレーターに乗って出発ロビーへ向かうと、国際線の出発ロビーに着く。国内線はちょうど反対側なので延々歩かないといけない。
名前に偽りありな乗り継ぎ案内だが、スカルノハッタ空港は出発ロビーに入るためにセキュリティチェックを受けねばならず、この通路を通れば再検査不要なのである。それだけでも便利っちゃ便利だ。
むしろ変にインドネシアの空気を吸うために何もない外に出ても意味がないので、乗り継ぎ客であれば素直に案内に従った方がよさそうだ。

190430_013.JPG

国際線のカウンターを通り抜けると国内線のカウンターがあり、自動チェックイン機でチェックインを行う。
チェックイン機が動いているのに搭乗券が印刷されないインドネシアクオリティな機械に当たってしまうが、別の機械で無事発券できた。

出発ロビーには早朝にも関わらず店がいくつか開いていたが、特にそそる店もなかったのでとっとと保安検査場を抜けてラウンジへ行くことにした。

スカルノハッタ空港国内線ガルーダラウンジ


保安検査場は行列もなく通過し、国内線の搭乗エリアへ。早朝にも関わらず、結構人は多かった。

190430_014.JPG

国内線ガルーダラウンジはM2階の搭乗エリアを見下ろす場所に位置している。

ガルーダインドネシア航空はスカイチームに所属しているが、ANAと提携しており、スタアラゴールド会員はラウンジに入れることになっている。
ただ、今回買ったチケットはANA経由ではなくガルーダのWebサイトで買ったものだし、またGA204便はANAとのコードシェア便ではない。ネットを見ると入れなかったという記事も見たことがあって、ちょっと心配だったのだが…。

190430_015.JPG

190430_016.JPG

果たして、搭乗券とSFCカードを見せると係員が笑顔で迎えてくれ、無事入ることができた。やれやれ良かった。

190430_017.JPG

190430_018.JPG

中は搭乗ゲートに沿ってかなり細長い構造になっていた。トータルではそこそこ席は多かったが、テーブル席が見る限り全くなくすべてソファ席であった。
まあ、大多数の席に電源もあり、Wi-Fiも快適につながったので、今日のようなプライベートで利用する分には全く問題はない。
奥の方の席は、最近の空港ラウンジにありがちな屋根がない開放的なエリアであった。こちらで過ごすとしようかな。

190430_019.JPG

190430_020.JPG

190430_021.JPG

食事はそこそこあったものの、インドネシア料理ばかりでちょっと朝から胃に優しくないなぁと思っていたら、6時を過ぎたあたりから卵料理のシェフサービスが始まった。これがものすごく美味しい!さっきNH871便で朝食を食べたばかりなのに、ついついオムレツとパンを食べてしまう。
そもそも国内線のラウンジであることを考えると、サービスレベルとしてはかなり高いのではと思う。

190430_022.JPG

そんなわけでラウンジでのんびりとしたひと時を過ごしたものの、正直2時間以上も滞在したので最後の方は飽きてしまった。
スカルノハッタ空港の乗り継ぎ時間はスルーチェックイン可能な航空会社との間では120分なのだが、入国に全く時間を要しなかったこともあり、30分ちょいでラウンジまで着いてしまった。
ジョグジャカルタ行は7:55までないので仕方ないのだが、6時台に便のある目的地への乗り継ぎだったら十分間に合うのではないかと思う。

まあ、SFC持ってたのでラウンジ入れたのでまだ救われたのであって、これでラウンジ入れなかったら時間つぶしはさらに大変だったろうなぁ。
ホント、上級会員資格を持っていると何かと楽だねぇ。

あと、ちょっと気になったのがトイレ。なぜか、どこへ行っても大が埋まっていて、インドネシアの野郎どもは常に個室で着替えでもしているのか?と思ったくらい。インドネシアでは、早め早めの行動を心掛けたほうがよさそうだ。

GA204便でジョグジャカルタへ


7:55発GA204便は、ラウンジからほど近い14番ゲートから出発であるが、実はここはバスゲートであり、30分前に早々とファイナルコールとなった。

190430_023.JPG

190430_024.JPG

バスに乗ってターミナルの反対側に駐機していたB737-800・PK-GMM号機に乗り込む。
インドネシアと言えば、ライオンエアのB737MAXが墜落したことが記憶に新しいし、かつてガルーダインドネシアも危険な航空会社としてリストアップされた時代もあったが、そんな時代ははるか昔、今日の機材も日本をはじめ世界中で飛んでいるB737-800なので、まあ大丈夫でしょう。
NH871便から乗り継いできたのか、インドネシア国内線にも関わらず日本人の姿を何組も見かけた。

190430_025.JPG

190430_026.JPG

ナローボディのB737なので機内は決して広くはないが、一応レガシーキャリアなのでものすごく狭いわけではない。
後方席まで見てないが、ほぼ満席のようだ。
シートTVがついているのは嬉しいが、このくらいの距離だと最近はシートTVよりもWi-Fiなり電源があるほうが嬉しいな。

190430_027.JPG

8:10頃、スカルノハッタ空港を離陸し、一路ジョグジャカルタへ向かう。

190430_028.JPG

ジョグジャカルタまでは1時間ちょっと、東京から大阪くらいの距離であるが、朝食サービスがあった。
なぜか「しょくぱん」と日本語で書かれたパンが2個入った紙袋がサーブされた。どうも、ジャカルタにあるShokupanbakeryというお店のものらしい。
さすがにお腹いっぱいなので、非常食用に取っておく。

190430_029.JPG

今日のジャワ島上空は雲に覆われていたが、雲に突き出た端正な姿山が見えてきた。地図を見る限り、ジャワ島で2番目に高いスラメット山だろうか。ちょうど、大阪に向かう時の富士山みたいな感じだね。

190430_033.JPG

…と思ったら、似たような山があと2つも見えてきた。
スンドロ山にスンビン山だろうか。ジャワ島は独立峰が多くて見とれるね…。

さて、ジョグジャカルタが近づいてきた。

190430_030.JPG

今朝降りてきたジャカルタと違い、ジョグジャカルタは背の低い茶色い建物に覆い尽くされ、いかにも古都という佇まい。
さて、どんな街なのだろうか。

190430_031.JPG

途中空港混雑のためか2度ほど旋回して時間を食ったものの、もともと所要時間に余裕があるのかほぼ定刻の9:20頃ジョグジャカルタ・アジスチプト空港へ到着。ここはボーディングブリッジなどというものはない田舎空港で、到着ロビーまで歩いて向かう。
この開放感がたまらないが…早くも暑いっ!

190430_032.JPG

到着ロビーを出ると、来ましたタクシー攻撃がっ!
久々のアジアパワーに面食らうが、今回も悲しいかな時間はないので、早速観光に向かうとしよう。


posted by たま at 17:10 | Comment(0) | インドネシア旅行 2019.04.29-05.02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする